mc-sb32j

4機種【鬼比較】MC-SB32J 新旧違い・口コミ・レビュー!

投稿日:2021年10月8日 | 最終更新日:2022年11月14日

MC-SB32Jの比較記事と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

2021年版 掃除機 【鬼比較】

機能、容量の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

目次をクリックをクリックで比較記事へ

新旧比較 MC-SB32JとMC-SB31Jの『違い』

パナソニック MC-SB32JとMC-SB52Kの『違い』

パナソニック MC-SB32JとMC-SB10Jの『違い』

(価格は一番下へ)

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

 

MCSB32Jの特徴

 

軽いスティック掃除機

重さ 1.6kg(スティック時)

用途に応じて握る位置が変えられる

パワーノズル

壁ぎわのゴミまでスッキリ吸い込める便利なパワーノズルを採用。しかもノズルの前方が薄いからブラシが壁ぎわまで届く仕様。

毛先の違うブラシで、フローリング、じゅうたんの奥、畳にも対応。

立てかけ充電可能

壁ぎわ集じん,V字ブラシ

ハンディクリーナーにした場合

カラー(ホワイト、グレー)、付属ノズル(ブラシ付きすき間ノズル)

水洗い可能


現在の価格

トップへ戻る(特徴紹介へ)



旧モデル比較

 

MC-SB31J 旧式

(MC-SB31J-Wホワイト)(MC-SB31J-Hグレー)

VS

new! MC-SB32J

(MC-SB32J-Wホワイト)(MC-SB32J-Hグレー)

MC-SB32Jの型落ち・旧モデルがMC-SB31Jである。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

 

機能は同じ。

以下は2020年版の進化点↓

new! 小型モーター採用で、パワフル

小型モーター

具体的には新モデルになって付属ノズル使用時の運転時間の目安が約25分から30分(ONの時)にアップした!

※HIGH(一番強)では約6分

アタッチメント

 ブラシ付きすき間ノズルを付属へ!

ブラシ付きすき間ノズルで高いところを掃除する様子

MC-SB31Jより以前は、すき間用ノズルにはブラシがついてないので、MC-SB31Jの方が使い勝手が良い!


つまりMC-SB32JとMC-SB31Jの違いは発売年度の違いで型番が違うだけで、機能は同じ!


型落ち MC-SB31Jの比較記事

写真は各公式へ


MC-SB32Jの価格




レビュー比較

 

強い吸引力で掃除をしてると電池残量がなくなりやすいので、広い家には向かないかもしれません。(フル強だと33平米の部屋でも時間をかけて掃除してると途中で止まりますが、早目にササっと掃除を済ませば止まる事なく満足に使う事ができてます) 良い点は他にも床用ノズルのブラシに猫の毛が絡みにくいのでたまにブラシの掃除をするくらいです。 また、ダストボックスに溜まった猫の毛を含んだゴミ捨ても簡単です。

めちゃくちゃ軽い。

ヘッドは小さめですが吸引力もしっかりあります。スタンドがないですが、壁に寄りかからせてピタッと固定できる小さいゴムが本体に付いているので倒れることはありません。紙パックでは見えませんでしたがダストカップに綿ぼこりがすごくたまるのが面白くてまめに掃除する気になります(笑)

吸引力はコードのあるものと比べると少し劣りますが、普段使いには問題ないです。強にすれば遜色ないですが、充電器が早く無くなります。がワンフロアーは充分つかえます。階段は今まで、コードを差し替えたり、本体が階段から転げ落ちたりとたいへんでしたが、コードが無いのはとても使いやすいです。

本体への充電も大きいバッテリー台みたいなのに差し込む必要なく、アダプターから直接穴に差し込むだけなので置き場所を選びやすい。本体のお手入れもわかりやすく簡単。

初めてのスティックタイプで対比できませんが、重さも軽いように思います。 吸引力も劣らず、しっかりと掃除機としての役目を果たしてくれています。充電にもさほど時間がかかっていないと思います。スティックタイプのため保管にも場所を取らないため、置き場所も困りません。

シンプルで軽くストレスなく簡単掃除が出来ます。 家族構成・住宅事情でそれぞれ用途もあると思いますが、平屋で二人暮らしの普段のお掃除には十分役に立ちそうです。 届いてすぐに充電し早速使用しました、購入して良かったです。

引用 ヤフーショッピング

こちらを選んだ理由は、価格とダストボックスの分解掃除のしやすさだと思います。見た目もシンプルかつスッキリといった感じで、どんな家にも溶け込むと思います。操作もシンプルで直感的なので我が家の高齢の両親でも問題ありませんでした。強いて言えば充電スタンドが欲しいですね。

製品本体結構軽くて、吸い力強くて、満足してます。

片手でも疲れる程重くはないです。カーペットもちゃんと綺麗に掃除できました。ゴミの溜まり具合もキャニスタータイプとかわらず、簡単に片付けできます。音も静かだと思います。平日はワイパーで掃除するのですが、これなら掃除機だす頻度も上がると思います。

スティクタイプであるために小回りが効き、汚れやゴミが目についた時に手軽にお掃除ができます。掃除していても疲れがないくらい軽く、コードやホースと繋がる本体がない分、移動に制限が無くなり、今までお掃除出来なかった所まで掃除できる様になり、階段や部屋毎にコンセントを抜き差しすることもなく掃除が楽しく、時間の短縮にもなりました。

日本人にあっているのか階段の掃除もなんなくこなします。自走式なので子供でも簡単に使えます。吸引力はあるに越したことはないですが、あくまで用途が日々のパパッと掃除なのでとても理にかなっています。大掃除の時は有線の掃除機を出します。買ってよかったです。高齢の母にも買ってあげる予定です。

機能が色々あっても、結局そんなに使わないからシンプルなものを選んで正解でした。

隙間ノズルや布団用ノズルも使えるため、この機種で十分です。ただ壁に立て掛けておくだけでは不安定で倒しそうなので、何か工夫したほうが良さそうです。

吸引力、小回り、重さ、申し分ありません。酷くホコリだらけでなければ、部屋の掃除はこれで充分。買って良かった…としみじみしながら使ってます。

コードレス掃除機って、「こんなに吸うんだっ!」ってビックリするほどキレイにゴミを吸いました。

引用 楽天市場

軽くてパワーもいい 便利なサイズ

軽くて使い回しが良いしボディーカラーも気に入っている。おすすめです。

価格もそれ程高額でないのに、軽くて吸引力もあり使い勝手が良いです。ゴミ捨ての時の分解及び取り付け時がほんの少し手間がかかるかな。

ヘッドが軽くて掃除しやすいです。組み立ても簡単でした。これなら気軽に掃除しようと思える。もっと早く買えばよかった。。

海外ブランドと比較すると圧倒的に軽い。スタンド不要で壁に立て掛けておける。使い勝手が良く、一度使うと手放せない。

付属品は最小限でその分値段が安めに買えました。今まで紙パック式を使っていたのでサイクロン式は若干面倒なイメージがありましたが、簡単にゴミを捨てられるので問題なく使っています。軽くてこまめにかけられるようになって買い替えて良かったです。

引用 ビックカメラ.com

型落ちMC-SB31Jの口コミ・レビュー

 

口コミ・レビュー 良い面

軽いので腕が疲れない。そのため気軽に掃除機を使う気になれる。

軽くて、取り回しもしやすいです。コード付きの掃除機にはもう戻れません。吸引力や充電の持ち具合も十分です。

軽くて強いということですが、強さはスティックタイプでは強い方だと思います。やはりなんといっても軽いです。子どもも掃除が好きになるくらい軽くて使いやすいです。

口コミ・レビュー 悪い面

【手入れのしやすさ】集塵容器に付着した粉上のチリは取りにくいが、ブラシが付属しており、便利です。

スタンドがない
リチウムイオン電池の寿命(たぶん5年が限界?)

吸引が心配でしたが、まあまあフローリングならいけます。何より軽くてコードレスなので掃除が苦になりません。

引用 ヤフーショッピング



MC-SB52Kと比較

 

どちらもとにかく軽いコードレススティック掃除機「パワーコードレス」

new! からまないブラシ

MC-SB52K : ◯ あり

MC-SB32J : × ナシ

ブラシの新旧比較イメージ図

99%以上からみつかない実証済!

V字構造になり、サイドから中央の吸込口に向かって風が通り、毛が集まりやすくなっている。

ブラシを取り外す必要もなくなり、お手入れがラクになった!

ブラシは抗菌加工で清潔。

new! ローラーにも特殊加工を採用

表面がなめらかになり毛がからみにくくなった!

つまり、お手入れの負担が軽減されている。

クリーンセンサー

MC-SB52K : ◯ あり

MC-SB32J : × ナシ

検知するとランプが赤く光り、綺麗になると消灯するので、取り残しなく目で見てしっかり掃除できているのを体感。

目に見えない約20 μmのハウスダストまで検知可能。

ハウスダストにはダニ、ダニの死骸、フン、花粉なども含まれる。

しかもゴミの多いところでは自動的に吸引力が上がって、しっかり掃除してくれる!

アイドリングオフ機能

MC-SB52K : ◯ あり

MC-SB32J : × ナシ

自動節電により、電気代の節約になる。長く使うことを考えればお得!

ふとん清潔ノズル

MC-SB52K : ◯ あり

MC-SB32J : × ナシ

ふとん掃除するなら必須!

繊維にからんだダニや花粉までたたいて掻き出す!

本体質量(スティック時)

MC-SB52K : △ 1.8 kg

MC-SB32J : ◯ 1.6 kg

MC-SB52K : 1色のみ

MC-SB32J : ◯ 2色あり


MC-SB52Kの比較記事

写真は各公式へ

new! MC-SB52Kの新モデル・後継シリーズも登場!→ MC-SB53Kとの違いへ


MC-SB32Jの価格

トップへ戻る(特徴紹介へ)




MC-SB10Jと比較

 

パナソニック MC-SB10J

(MC-SB10J-Nシャンパンシルバー)

VS

パナソニック MC-SB32J

(MC-SB32J-Wホワイト)(MC-SB32J-Hグレー)


本体の重さの違い(スティック時)

パナソニック MC-SB10J : × 2.7kg

パナソニック MC-SB32J : ◯ 1.6kg 軽い

日常的に使う家電は軽さも重要。

重さの違い(ハンディ時)

パナソニック MC-SB10J :  1.4kg

パナソニック MC-SB32J :  1.1kg 軽い

本体中央部を取り外してハンディタイプになることが、商品の側面写真で説明されています。

引用 MC-SB10Jの特徴

MC-SB10Jの場合はハンディといっても1.4kgあるので、片手で持ち回るのは少し重いと感じる人がいるかもしれない。

MC-SB32Jのハンディ時

ハンディクリーナーとしての使用イメージ

スタイルの違いにも注目。

デザインの違い

パナソニック MC-SB10Jの場合

MC SB10Jの商品写真 1 - 4機種【鬼比較】MC-SB32J 新旧違い・口コミ・レビュー!

パナソニック MC-SB32Jの場合

壁ピタゴム

バランスの良い直線レイアウト

用途に応じて握る位置が変えられる

軽くて操作性が抜群の機種である。

new!  LEDライト

パナソニック MC-SB10J : ◯ あり

パナソニック MC-SB32J : ☓ ナシ

暗い場所のゴミを照らしてくれるので、かなり便利!

充電時間

パナソニック MC-SB10J : × 約5.5時間

パナソニック MC-SB32J : ◯ 約3.5時間

2時間の差は意外に大きい。

付属品の違い

パナソニック MC-SB10J : すき間用ノズルとタナ用ブラシ

パナソニック MC-SB32J : ブラシ付きすき間用ノズル

MC-SB10Jのタナ用ブラシとは?

タナ用ブラシ - 4機種【鬼比較】MC-SB32J 新旧違い・口コミ・レビュー!

MC-SB32Jの場合は上記のようなブラシは付属してないので注意。

お手入れ

パナソニック MC-SB10J : -

パナソニック MC-SB32J : ◯ ダストボックス水洗いOK

※カタログには書かれていない隠れた盲点

長年の使用が大差となる。パナソニック MC-SB10Jは水洗いできないとあるがどういうことなのかというと、実際はダストボックスの4部品のうちの3部品は水洗い可能で残りの1つ、パッキンが付いた容器だけが水拭きでのお手入れとなる。


MC-SB10Jの比較記事

写真は各公式へ


MC-SB32Jの価格

トップへ戻る(特徴紹介へ)



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに