MC-NS70FとMC-NS100Kの違いを比較

【鬼比較】MC-NS70FとMC-NS100K の違い口コミ レビュー!【パナソニック】セパレート式コードレススティック掃除機

パナソニックのセパレート型コードレススティッククリーナーのMC-NS70FとMC-NS100Kの違いは、からまないブラシ・抗菌ブラシ・フローリングの菌までふき掃除/アイドリングオフ機能・ナノイーXの有無と、本体デザイン/サイズ/重さ・運転音・価格などの違いである。

MC-NS70FとMC-NS100Kは、クリーンドック(自動ゴミ収集機能)搭載のコードレスクリーナーで、ダストボックスを本体から切り離し、充電スタンドと一体化。ゴミ捨ての手間が省けてメンテナンスがラクな機種。

好評を得て今年は3機種も登場!その中の下位2機種の比較。

MC-NS100KとMC-NS70Fの発売は2023年11月20日

※鬼比較.comはプロモーションを含み、皆様からの広告収入により成り立っています

スタンダード MC-NS100K-W(ホワイト)の価格

posted with カエレバ

最安 MC-NS70F-H(ライトグレー)の価格

posted with カエレバ

MC-NS70FとMC-NS100Kの違い

最安MC-NS70F MC-NS100K

ノズルタイプ

動くノズル(フローリング・畳専用) 自走式パワーノズル

からまないブラシ

ナシ あり

抗菌ブラシ

ナシ あり

フローリングの菌までふき掃除

ナシ あり

抗菌ブラシ

ナシ あり

壁ぎわ集じん

少し弱い しっかり

アイドリングオフ機能

ナシ あり

除菌・脱臭

ナシ あり

クリーンドック運転音

うるさめ 標準

本体質量

さらに軽い 軽い

本体デザイン/色とサイズ

new! 下記参照 下記参照

外観の違い

MC-NS70F(ライトグレー)のデザイン

MC-NS70Fの写真

MC-NS100K(ホワイト)のデザイン

 MC-NS100Kの写真

スマホで横スクロール↓

サイズの違い

【鬼比較】MC-NS70FとMC-NS100K の違い口コミ レビュー!【パナソニック】セパレート式コードレススティック掃除機

ヘッドの形状が違うため、MC-NS100KよりもMC-NS70Fの奥行きの方が2cm近く大きい。

MC-NS70Fのサイズとデザイン

MC-NS70Fで掃除している写真

MC-NS70Fのヘッド

MC-NS100Kのサイズとデザイン

MC-NS100Kの写真

MC-NS100Kの持ちて部分

一番右がMC-NS70Fで、真ん中がMC-NS100Kの写真

一番右がMC-NS70Fで、真ん中がMC-NS100K

左にある最上位モデルのMC-NX700Kは、郊外戸建てなどの広い住居の使用も考慮した長時間駆動タイプ。

MC-NS70FとMC-NS100Kの機能比較表

↑スマホで横スクロール

MC-NS70F MC-NS100K

ノズルタイプ

動くノズル(フローリング・畳専用) 自走式パワーノズル

最安MC-NS70Fは新開発された動き出すノズル技術を初導入!

MC-NS70Fで家具の脚回りを掃除する様子

まるでモップのように椅子の足を掃除できる。

MC-NS70Fで家具の脚回りを掃除する様子

このノズルは左右に動く機能を持っており、交換する手間なく、隙間や家具の周辺など細部の掃除が行えて便利。

MC-NS70Fのノズルが狭いところに入り込む写真

特に床面がフローリングで広い現代のマンションやアパートで、その利便性を発揮!

一方、MC-NS100Kは、自走式パワーノズル

MC-NS100Kの自走式パワーノズル

高トルクのダブルのモーターと高性能回転ブラシで、軽快な自走性とともにじゅうたんの奥のゴミまでしっかりかき出せる。

以下の4つはMC-NS100Kのみ搭載。

からまないブラシ(抗菌ブラシ)

MC-NS100Kのからまないブラシ

MC-NS100Kは、円すい形のダブルブラシ。からんだ髪の毛やペットの毛を効果的に取り除き、ブラシのメンテナンスにかかる手間を削減。99 %以上からみつかない実証済。

フローリングの菌までふき掃除

MC-NS100Kのフローリングの菌までふき掃除

MC-NS100Kは、プラスに帯電したハウスダスト・菌をマイナスイオンで床面から引きはがす。

アイドリングオフ機能

MC-NS100Kのアイドリングオフ機能

MC-NS100Kは、掃除中に床用ノズルを3~5秒以上持ち上げると、掃除機は自動的に停止し、再びノズルを床に戻すと再開。

掃除をしていないときの電力消費を削減できる。

除菌・脱臭

MC-NS100KのナノイーX

ナノイーXによりドック内を除菌・脱臭できるのがMC-NS100K

MC-NS100Kのナノイー効果

引用 ナノイーXの7つの効果

壁ぎわ集じん

公式の比較表ではMC-NS100Kの方だけ○が付いていてMC-NS70Fは壁ぎわまでキレイと表記されている。

ヘッドが違うため、比較すればMC-NS100Kの方がキレイに壁ぎわ集じんできる。

MC-NS100Kのヘッドで壁ぎわ掃除

MC-NS100Kのヘッドで壁ぎわ掃除出来る仕組み

MC-NS70F MC-NS100K

クリーンドック運転音

うるさめ 標準

MC-NS70Fは約65dBなのに対し、MC-NS100Kの場合は約65~約27dBで静かな時もある。

MC-NS100Kの型落ちの口コミでは、運転音に関しての口コミが目立っていた。

夜間など音が気になる時には一時的に自動ゴミ収集を止めるモードも共通で搭載。

MC-NS70F MC-NS100K

本体質量

  • スティック時:1.2 kg
  • クリーンドック:2.8 kg
  • (スティック時とは、本体・ハンドル・床用ノズル・バッテリーの合計質量)
  • スティック時:1.5 kg
  • クリーンドック:3.0 kg
  • (スティック時とは、本体・ハンドル・床用ノズル・バッテリーの合計質量)

軽くて小回りが効くのはMC-NS70F。

MC-NS100Kの仕様

MC-NS70Fの仕様

MC-NS70FとMC-NS100Kのまとめ

MC-NS100Kは、機能性と快適性を追求する人に適している。自走式パワーノズルはじゅうたんを含む様々な床材の掃除に適しており、特にペットの毛が絡みやすい環境や、清潔を特に重視する家庭に最適。さらに、除菌・脱臭機能やアイドリングオフ機能はエコ意識の高い人や、より衛生的な環境を求める人には魅力的な特徴となる。

一方MC-NS70Fはベーシックな使い勝手と軽快性を重視する人に向いている。フローリングが主な床材で、主に日常的な掃除を行う狭〜中程度の住宅に住んでいる人、特に、手軽さとコストパフォーマンスを重視する人が対象になる。

MC-NS70FとMC-NS100Kの値段

MC-NS100Kの価格

機能紹介ページ公式

posted with カエレバ

こちらも参考に

MC-NS100KとMC-NS10K 新旧違い

MC-NS70Fの価格

機能紹介ページ公式

posted with カエレバ

MC-NS70FとMC-NS100Kの口コミ・レビュー

※ MC-NS70Fの口コミは登場次第、追記

MC-NS100Kの口コミ・レビュー

充分な吸引力とバッテリー保ちです
うちはルンバの侵入禁止エリアとベッドの掃除機掛けぐらいにしか使わないのでこれで充分です
チキンと吸い上げるパワーもありますし、申し分ないです
しかし、ストッカーのフィルター容量が小さすぎると思います
もう少し大きくしていただけたら満点でしたね

引用 楽天市場

軽くてパワフル
一年も前から欲しいと思っていた商品の最新版を持っているコードレス掃除機が故障したのを機に購入しました。念願の掃除機が届き、紙パックにゴミが集積されて簡単に捨てられるとは
サイクロンでありながら、ゴミ破棄の手間が手を汚

引用 ビックカメラ

初代セパレート型コードレススティッククリーナーMC-NS10Kの口コミレビュー

軽くて取り回しがイイ 髪が絡まない
【デザイン】 白物でお気に入り

【使いやすさ】 慣れれば使いやすい

【吸引力・パワー】 普通かな

【静音性】 静かですがドックでの吸い上げはうるさいかな

【サイズ】 軽くてGOOD 最高の推しポイント

【手入れのしやすさ】 髪が絡まないのがGOOD

【取り回し】 軽くて扱いやすい

【総評】 完成形ですがドックの吸引の音レベルをもう少し下げられれば神商品かと

  • 掃除をしているときの音は、ダイソンよりかなり静かです。ただゴミをドックに移行するときの音は結構うるさいです。

新モデルはクリーンドックの運転音が、より抑えられている)

  • コードレスでまた本体にゴミ貯めがないので、本体は棒のようなものなのに掃除してくれ、大変だった毛の絡まりもなく、ゴミは充電すると勝手に充電器のほうに移動、まさに夢のような掃除機だと思います

引用 価格.com

Panasonicのコードタイプは使い勝手が悪くフィルター掃除や圧縮袋用に使いダイソンは重いですが吸引力は抜群なのでカーペットや布団などで使い、その他の毎日の床や棚上などには軽くささっと掃除が出来るマキタをメインに使ってます。

ですがマキタだと髪の毛がローラーに絡まり吸い込み口まわりに埃と髪の毛がくっついて中へ吸い込まれず残り毎回取る必要があり大変でダイソンは吸引力はあるけど重いし髪の毛も分解しないと取れない所に髪の毛がひっからまって床の普段使いには不向きでPanasonicのコードータイプは何度もコンセントを抜き差しで大変。

しかし、こちらは髪の毛が絡まらず毎回は手を汚さず床掃除を終えられるので家事が楽になりました。 ただクリーナー内に交換時までゴミを溜め込む作りではないのにスリムボディなのに重い。これは予想外で-☆。 各部屋をまわると結構腕がやられ、そこはマキタの方がよかった! 重さと吸引力はマキタとダイソンの中間よりダイソンよりです。 改良し軽さも出たらメイン掃除機にぴったりなので今後に期待します!

引用 ヤフーショッピング

口コミ・レビューまとめ

  • 髪の毛が絡みにくく、取り回しが簡単。
  • 掃除機内のゴミ貯めが簡単で、手を汚す必要がない。
  • 掃除時の音は比較的静かで、快適に使用できる。
  • コストパフォーマンスに優れ、予算に合った掃除機として好評。

ただし、本体が軽量であるため、一部の人からは本体の軽さが過度に軽すぎるとの指摘も(初代MC-NS10Kの場合)

共通の特徴

お手入れ

MC-NS70FとMC-NS100Kは、高級ロボット掃除機のように本体をドックに戻すだけで、ゴミを紙パックに自動収集・充電。

MC-NS70FとMC-NS100Kのクリーンドッグ

面倒なゴミ捨ては50日に1回だけ!

紙パック式なのでゴミが舞わず、最後まで清潔。

全機種共通で、夜間など音が気になる時には一時的に自動ゴミ収集を止めるモードも搭載

従来の場合

従来はゴミが舞っていた

セパレート型コードレススティッククリーナーの場合

MC-NS70FとMC-NS100Kはゴミが舞わない

MC-NS70FとMC-NS100Kは、片手で取り出し、ボタンを押せば手に触れることなく簡単にゴミ捨て可能。

MC-NS70FとMC-NS100Kのクリーンドッグは紙パック式

クリーンセンサー

MC-NS70FとMC-NS100Kのクリーンセンサー

見えないゴミも検知し、取り逃がさない

MC-NS70FとMC-NS100Kはゴミが多いと赤く速く点滅、キレイになると青が点灯

MC-NS70FとMC-NS100Kは、ゴミが多いと赤く速く点滅、キレイになると青が点灯するので、わかりやすい。

すき間用ノズル

MC-NS70FとMC-NS100Kのすき間用ノズル

ブラシは付いてないが、様々なところで使える、すきまノズルはMC-NS70FとMC-NS100K共通で搭載。

MC-NS100Kの値段

posted with カエレバ

MC-NS70Fの値段

posted with カエレバ

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較.comへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに