MC-NX700KとMC-NS100Kの違いを比較

【パナソニック】MC-NX700KとMC-NS100K の違い口コミ レビュー!新しい紙パック式

パナソニックのコードレススティッククリーナーのMC-NX700KとMC-NS100Kの違いは、本体デザイン/サイズ/重さ・運転時間・運転音・集じん方式・消費電力・紙パック交換頻度・ナノイー効果・付属品・発売日・価格の違いである。

どちらもクリーンドック(自動ゴミ収集機能)搭載のコードレスクリーナーで、ダストボックスを本体から切り離し、充電スタンドと一体化。ゴミ捨ての手間が省けてメンテナンスがラクな機種。

好評を得て今年は3機種も登場!

その中の上位2機種の比較。

中級クラスMC-NS100Kの発売日は2023年11月20日

最上位MC-NX700Kの発売日は2024年3月下旬

※鬼比較.comはプロモーションを含み、皆様からの広告収入により成り立っています。new! 各ページ内にある型番順に平均最安価格を表示する新機能を追加しました。右下の価格ボタンからチェック可能。型番が多いページでぜひチェックしてみてください。

MC-NS100K-W(ホワイト)の価格

posted with カエレバ

MC-NX700K-W(ホワイト)の価格

posted with カエレバ

違いは何?

MCNX700KとMCNS100Kの違い

MC-NX700K MC-NS100K

発売年度

2024年3月 2023年11月

運転時間

長い 短め

運転音

  • スティック:64~約59dB
  • クリーンドック:約69~約27dB
  • スティック:72~約64dB
  • クリーンドック:約65~約27dB

集じん方式

  • スティック: フィルターレスサイクロン式
  • クリーンドック: 紙パック式
  • スティック: 紙パックレス式
  • クリーンドック: 紙パック式

集じん容積

  • スティック:0.15 L
  • クリーンドック:0.9 L
  • スティック:0.05 L
  • クリーンドック:0.8 L

ドック消費電力

少しだけ高い 標準

お手入れ

  • フィルターレスサイクロン、ダストボックス水洗いOK
  • クリーンドック: 紙パック交換の目安 約60日に1回
  • スティックのフィルターケース水洗いOK
  • クリーンドック: 紙パック交換の目安 約50日に1回

除菌・脱臭

効果が高い 効果あり

付属品

  • ふとん清潔ノズル
  • ブラシ付きすき間ノズル
  • S型紙パック(1 枚)
  • すき間用ノズル
  • S型紙パック(1枚)

本体質量

標準 軽い

本体デザイン

new! 下記参照 下記参照

外観

MC-NX700Kのデザイン

セパレート型コードレススティッククリーナー MC-NX700Kの写真

MC-NS100Kのデザイン

セパレート型コードレススティッククリーナー MC-NS100Kの写真

スマホで横スクロール↓

【パナソニック】MC-NX700KとMC-NS100K の違い口コミ レビュー!新しい紙パック式

MC-NX700Kの本体

MC-NX700Kの商品画像

MC-NX700Kで掃除をしている写真

MC-NS100Kの本体

MC-NS100Kの商品画像

MC-NS100Kで軽々と掃除できる

MC-NX700KとMC-NS100Kが並んだ写真

一番左がMC-NX700Kで、真ん中がMC-NS100K

右のMC-NS70Fは、フローリングが主な床材で、主に日常的な掃除を行う狭〜中程度の住宅に住んでいる人、特に、手軽さとコストパフォーマンスを重視する人が対象になる。

MC-NX700KとMC-NS100Kの機能と仕様の比較表

↑スマホで横スクロール

MC-NX700K MC-NS100K

運転時間

  • HIGH:約10分
  • AUTO:約16~28分
  • LONG:約35分/約70分(付属ノズル使用時)
  • HIGH:約6分
  • AUTO:約10~15分

MC-NX700Kは強モードで約10分、ロングモードでは30分以上使用可能。

そして本体が大きめな分、スティック内にためておけるゴミの量はMC-NS100Kの3倍ある。

MC-NX700K MC-NS100K

本体質量

  • スティック時:2.0 kg
  • クリーンドック:3.8 kg
  • (スティック時とは、本体・延長管・床用ノズル・バッテリーの合計質量)
  • スティック時:1.5 kg
  • クリーンドック:3.0 kg
  • (スティック時とは、本体・ハンドル・床用ノズル・バッテリーの合計質量)

軽さ重視ならMC-NS100K。

MC-NX700K MC-NS100K

運転音

  • スティック:64~約59dB
  • クリーンドック:約69~約27dB
  • スティック:72~約64dB
  • クリーンドック:約65~約27dB

スティック使用時はMC-NX700Kの方が静かだが、クリーンドッグの最大音はMC-NS100Kの方が静か。

だが、夜間など音が気になる時には一時的に自動ゴミ収集を止めるモードも共通で搭載。

MC-NX700K MC-NS100K

除菌・脱臭

  • 効果が高い
  • ナノイーX(9.6兆)
  • 効果あり
  • ナノイーX(4.8兆)

MC-NX700KはナノイーXの除菌・脱臭効果が高い

どちらもナノイーXにより除菌・脱臭できるが、MC-NX700Kの方が効果が高い。

MC-NX700KとMC-NS100Kのナノイー効果の違い

引用 ナノイーXの7つの効果

MC-NX700K MC-NS100K

集じん方式

スティック: フィルターレスサイクロン式 スティック: 紙パックレス式

紙パックレス式というのはカプセル式とも呼ばれ、掃除機で集めたゴミをダストカップでなく、カプセルに集めることができる低コストなタイプ。

そして紙パックが不要なので、ランニングコストが抑えられるメリットがある。

フィルターレスサイクロン式は、従来のサイクロン式に比べお手入れがラクなタイプ。

従来はプリーツフィルターのお手入れが必要だった

フィルターレスなので面倒なプリーツフィルターのお手入れは不要。
パーツも少なく、ダストボックスは丸ごと水洗い可能なのがMC-NX700K

MC-NX700K MC-NS100K

お手入れ

フィルターレスサイクロン、ダストボックス水洗いOK スティックのフィルターケース水洗いOK

名称は違うが、MC-NS100Kもフィルターケース水洗いOK

MC-NX700K MC-NS100K

付属品

  • ふとん清潔ノズル
  • ブラシ付きすき間ノズル
  • S型紙パック(1 枚)
  • すき間用ノズル
  • S型紙パック(1枚)

ふとん清潔ノズル

MC-NX700Kのふとん清潔ノズル

毛ブラシとローラーで、ふとんのダニをたたいてかき出し吸い取る。

ブラシ付き すき間ノズル

MC-NX700Kのブラシ付き すき間ノズル

届きにくい家具のすき間など、棚上掃除でも活躍。

すき間用ノズル

MC-NS100Kのすきま要ノズル

ブラシは付いてないが、様々なところで使える、すきまノズル

機能まとめ表

MC-NX700K MC-NS100K

運転時間

長い 短め

運転音

静か 標準

本体質量

標準 軽い

集じん容積

  • スティック:0.15 L
  • クリーンドック:0.9 L
  • スティック:0.05 L
  • クリーンドック:0.8 L

お手入れ

クリーンドック: 紙パック交換の目安 60日に1回 クリーンドック: 紙パック交換の目安 約50日に1回

除菌・脱臭

効果が高い 効果あり

付属品

  • ふとん清潔ノズル
  • ブラシ付きすき間ノズル
  • S型紙パック(1 枚)
  • すき間用ノズル
  • S型紙パック(1枚)

MC-NX700Kは高吸引力、長時間駆動、簡単メンテナンス、静音性を備え、広範囲の掃除や高品質な掃除機を求める人におすすめ。

MC-NS100Kは軽量で手軽な掃除が得意で、予算に優しいモデル。簡単な日常清掃を求める方に最適。

MC-NS100Kの値段

MC-NS100Kの機能紹介ページ公式

posted with カエレバ

こちらも参考に

MC-NS100KとMC-NS10K 新旧違い

MC-NX700Kの値段

MC-NX700Kの機能紹介ページ公式

posted with カエレバ

口コミ・レビューをチェック!

新モデルMC-NX700Kの口コミ・レビュー

本体はとても軽くて使いやすいです。 ベースは掃除機本体から吸引する部分が壁側よりも離れているため、意外と場所をとります。それなりに存在感はありますが、洗練されたデザインなので、見える所に置いていてもあまり気になりません。 発売前に店頭に触りに行った時は気にならなかったですが、自宅で吸引されるとまあまあうるさいです。夜は吸引を止めたほうが良いかも。 掃除機本体のサイクロン部分が持ち手側なので、その辺に立て掛けられないのは残念です(倒れやすく壊れやすいと思われる) 布団用ノズル、隙間用アダプタ、掃除ブラシなどを収納できればもっと良いのにと思いました。

吸込み性能の良さと自動ごみきゅいん

日立のコードレスも使っていますが、あまりにも軽量化を優先したようで、きゃしゃな感覚を免れません。
パナソニックのこの製品はどっしりしていて、ブラシの性能も良く絨毯に吸い付いてしまうのではなくよくごみが取れてきれいになります。
またスタンドに戻すと自動でスタンド内の紙パックに吸い込まれるのも大変に使い勝手が良いです。
紙パックへごみを吸い取ると最初に聞いたときは昔の紙パック掃除機をイメージしましたがやはり確実に進化しています。
デザインもそうですが、スタンドとのバランスも良く不安定さがありません。久しぶりにヒット製品という感じがします。
値段が高いのが気になりますが、バッテリーの耐久性や交換時期の訪れ方が十分であれば購入しても良い掃除機だと思われます。

ヤフーショッピング

両親に結婚祝いのお返しとして購入しました。大変満足してくれており、購入してよかったなと思っています。

とにかくバッテリーの持ちがいいです。
今までは⚪︎⚪︎ソン2台使わないと家掃除が終了しませんでしたが、今はこれ1台で十分。
ただ、少々本体の重量が気になりますが、これを差し引いても十分満足しています。

吸引力もありコードレスなのですごくお掃除しやすいですね!インテリア的なデザインが気にいってます‼️

アマゾン

スティック掃除機に充電台は必須
【デザイン】
充電台との一体感あるデザインは好きです。
が、反面差すときにスッと入らなかったので慣れが必要かも

【静音性】
出た当初の機種と比べると吸い込みの音は結構小さくなりました。

【サイズ】
充電台の大きさが少し大きいです。
でもNS100Kと比べてそこまで大きく変わるかというとそこまでは。
なので、置き場所にもよりますが本体のバッテリーの持ちで選ばれた方がいいかもしれません。

【手入れのしやすさ】
紙パック式なので楽です。

【総評】
今までのスティック掃除機だとそこそこ重さがありましたが、最近のは軽くなってきたので高齢者の方にもオススメしやすくなりました。
とりあえず、スティック掃除機に充電台は必須だと思うので今後もこの商品を継続して出して欲しい。

価格.com

軽い!
ずっと気になっていたセパレート式のコードレスクリーナー
デザインや色も他のメーカーよりも私好みでこちらの商品しか選択の余地はありませんでした。
やっと発売日になり早速使用してみました。
組み立ても簡単で、軽くてスイスイお掃除できました。2LDKの広くはない家ですが十分にお掃除できます。
これからは気軽に掃除機が使えるので本当に買って良かったです。

買ってよかったです
すごく使いやすい。
充電ができるできないのスイッチがあればいいなと思いました。過充電を防ぐためにコンセントを抜いています。
あと10分くらいうごいてくれるといいのですが、少し動く時間が短いかなと感じます。

ビックカメラ

初代セパレート型コードレススティッククリーナーMC-NS10Kの口コミレビュー

Panasonicのコードタイプは使い勝手が悪くフィルター掃除や圧縮袋用に使いダイソンは重いですが吸引力は抜群なのでカーペットや布団などで使い、その他の毎日の床や棚上などには軽くささっと掃除が出来るマキタをメインに使ってます。

ですがマキタだと髪の毛がローラーに絡まり吸い込み口まわりに埃と髪の毛がくっついて中へ吸い込まれず残り毎回取る必要があり大変でダイソンは吸引力はあるけど重いし髪の毛も分解しないと取れない所に髪の毛がひっからまって床の普段使いには不向きでPanasonicのコードータイプは何度もコンセントを抜き差しで大変。

しかし、こちらは髪の毛が絡まらず毎回は手を汚さず床掃除を終えられるので家事が楽になりました。 ただクリーナー内に交換時までゴミを溜め込む作りではないのにスリムボディなのに重い。これは予想外で-☆。 各部屋をまわると結構腕がやられ、そこはマキタの方がよかった! 重さと吸引力はマキタとダイソンの中間よりダイソンよりです。 改良し軽さも出たらメイン掃除機にぴったりなので今後に期待します!

引用 ヤフーショッピング

軽くて取り回しがイイ 髪が絡まない
【デザイン】 白物でお気に入り

【使いやすさ】 慣れれば使いやすい

【吸引力・パワー】 普通かな

【静音性】 静かですがドックでの吸い上げはうるさいかな

【サイズ】 軽くてGOOD 最高の推しポイント

【手入れのしやすさ】 髪が絡まないのがGOOD

【取り回し】 軽くて扱いやすい

【総評】 完成形ですがドックの吸引の音レベルをもう少し下げられれば神商品かと

  • 掃除をしているときの音は、ダイソンよりかなり静かです。ただゴミをドックに移行するときの音は結構うるさいです。

新モデルはクリーンドックの運転音が、より抑えられている)

  • コードレスでまた本体にゴミ貯めがないので、本体は棒のようなものなのに掃除してくれ、大変だった毛の絡まりもなく、ゴミは充電すると勝手に充電器のほうに移動、まさに夢のような掃除機だと思います

引用 価格.com

口コミ・口コミ・レビューをチェック!

  • 髪の毛が絡みにくく、取り回しが簡単。
  • 掃除機内のゴミ貯めが簡単で、手を汚す必要がない。
  • 掃除時の音は比較的静かで、快適に使用できる。
  • コストパフォーマンスに優れ、予算に合った掃除機として好評。

ただし、本体が軽量であるため、一部のユーザーからは本体の軽さが過度に軽すぎるとの指摘も(初代MC-NS10Kの場合)

MC-NX700KとMC-NS100Kの特徴

お手入れ

MC-NX700KとMC-NS100Kは、高級ロボット掃除機のように、本体をドックに戻すだけでゴミを紙パックに自動収集・充電。

MC-NX700KとMC-NS100Kのごみ自動収集ドッグ

面倒なゴミ捨ては約2か月に1回だけ!

紙パック式なのでゴミが舞わず、最後まで清潔。

従来の場合

従来の機種は、ゴミ捨て時にゴミが舞う

セパレート型コードレススティッククリーナーの場合

MC-NX700KとMC-NS100Kは紙パックなので、ゴミが舞わない。

MC-NX700KとMC-NS100Kは、片手で取り出し、ボタンを押せば手に触れることなく簡単にゴミ捨て可能。

MC-NX700KとMC-NS100Kの紙パック

からまないブラシ(抗菌ブラシ)

MC-NX700KとMC-NS100Kのからまないブラシ

MC-NX700KとMC-NS100Kは、円すい形のダブルブラシ。からんだ髪の毛やペットの毛を効果的に取り除き、ブラシのメンテナンスにかかる手間を削減。99 %以上からみつかない実証済。

自走式パワーノズル

MC-NX700KとMC-NS100Kの自走式パワーノズル

MC-NX700KとMC-NS100Kは、高トルクのダブルのモーターと高性能回転ブラシで、軽快な自走性とともにじゅうたんの奥のゴミまでしっかりかき出す。

フローリングの菌までふき掃除

MC-NX700KとMC-NS100Kはフローリングの菌までふき掃除可能

MC-NX700KとMC-NS100Kは、プラスに帯電したハウスダスト・菌をマイナスイオンで床面から引きはがす。

クリーンセンサー

MC-NX700KとMC-NS100Kのクリーンセンサー

見えないゴミまで検知し、取り逃さない

MC-NX700KとMC-NS100Kのクリーンセンサーはゴミが多いと赤が早く点滅、キレイになると青が点灯

MC-NX700KとMC-NS100Kは、ゴミが多いと赤が早く点滅、キレイになると青が点灯するので、わかりやすい。

アイドリングオフ機能

MC-NX700KとMC-NS100Kのアイドリングオフ機能

MC-NX700KとMC-NS100Kは、掃除中に床用ノズルを3~5秒以上持ち上げると、掃除機は自動的に停止し、再びノズルを床に戻すと再開。

掃除をしていないときの電力消費を削減できる。

共通点まとめ

  1. スティック型の掃除機で、掃除が手軽かつ簡単に行える。
  2. ゴミの自動収集機能があり、クリーンドックにゴミを蓄積する。
  3. クリーンドック内は除菌と脱臭(ナノイーX)が行われ、清潔な状態を保つ。
  4. 紙パック方式を採用し、ゴミ捨てが簡単で約60〜50日に1回の交換だけ。
  5. ブラシの設計が「からまないブラシ」として、髪の毛やペットの毛を効果的に取り除く。

MC-NS100Kの価格

posted with カエレバ

MC-NX700Kの価格

posted with カエレバ

MC-NX700KとMC-NS100Kの仕様・スペック

MC-NS100Kの仕様・スペック

集じん方式

スティック:紙パックレス式
クリーンドック:紙パック式

電源方式

コードレス式

集じん容積

スティック:0.05L
クリーンドック:0.8L

使用時間の目安

HIGH:約6分
AUTO:約10~15分

充電時間

約3時間

運転音

スティック:72~約64dB
クリーンドック:約65~約27dB

発見センサー

クリーンセンサー

アイドリングオフ機能

ノズル

タイプ
パワーノズル
ブラシ
からまないブラシ
ローラー
特殊加工ローラー
ふき掃除性能
フローリングの菌までふき掃除
壁ぎわまでキレイ
壁ぎわ集じん

寸法(幅×奥行×高さ)

スティック時:213×130×1,045mm
クリーンドック:134×282×417mm

質量

スティック時:1.5kg
クリーンドック:3.0kg

使用電池

リチウムイオン電池

お取扱い先を限定

一部店舗ではメーカー指定価格での販売となる

MC-NS100Kの仕様

MC-NX700Kの仕様・スペック

集じん方式

スティック:フィルターレスサイクロン式
クリーンドック:紙パック式

電源方式

コードレス式

集じん容積

スティック:0.15L
クリーンドック:0.9L

使用時間の目安

HIGH:約10分
AUTO:約16~28分
LONG:約35分/約70分

充電時間

約3時間

運転音

スティック:64~約59dB
クリーンドック:約69~約27dB

発見センサー

クリーンセンサー

アイドリングオフ機能

ノズル

タイプ
パワーノズル
ブラシ
からまないブラシ
ローラー
特殊加工ローラー
ふき掃除性能
フローリングの菌までふき掃除
壁ぎわまでキレイ
壁ぎわ集じん

寸法(幅×奥行×高さ)

スティック時:253×193×1,130mm
クリーンドック:220×331×782mm

質量

スティック時:2.0kg
クリーンドック:3.8kg

使用電池

リチウムイオン電池

お取扱い先を限定

一部店舗ではメーカー指定価格での販売となる

MC-NX700Kの仕様

仕様比較まとめ

違いのある項目を抜粋

スマホで横スクロール↓

MC-NX700KとMC-NS100Kの仕様比較表

MC-NS100Kの価格

posted with カエレバ

MC-NX700Kの価格

posted with カエレバ

写真つきで、わかりやすい機能比較表はこちら

仕様には記載がないが、本体デザイン・消費電力・紙パック交換頻度・ナノイー効果・付属品も重要な違いとなる。

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較.comへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに