3機種比較【鬼】TH-58JX750 違い・口コミ・レビュー

 パナソニックの4K液晶テレビ(ビエラ) 【鬼比較】

※わかりにくい隠れた盲点、カタログには書かれていない隠れた盲点、も必見

機能や画質の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

下記タイトルをクリックで比較記事へ

パナソニック TH-58JX750の特徴

新旧比較 TH-58JX750 と TH-55HX750の『違い』

TH-58JX750 と 上位機種 TH-49JX850の『違い』

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

パナソニック TH58JX750(JX750シリーズ)の特徴

BS4K/110度CS4Kダブルチューナー内蔵&4K VOD対応!
AI技術により映像シーンを判別、自動で最適な画質に調整

 

BS4K/110度CS4Kチューナー×2、地上/BS/110度CSデジタルチューナー×2のスタンダードモデル

スピーカー:20W 音声実用最大出力(JEITA)

HDR:HDR10/HDR10+ ADAPTIVE/HLG/Dolby Vision™/HLGフォト

LAN接続:〇(有線/無線)

ビデオ・オンデマンドサービス(VOD)対応

OK Google/Amazon Alexa音声操作対応

お部屋ジャンプリンク

HDMI端子:3(ARC対応×1)

USB端子:2

スマートスピーカーと連携

[スマートスピーカー連携] スマートスピーカーに話しかけて操作ができる

話しかるだけで、ビエラの電源オンやチャンネル切換、音量の調整などリモコンなしで、操作できる!

その他、新しく追加された機能は下記、新旧比較 TH-55HX750 と TH-58JX750の違い を参照

写真は各公式へ

参照 TH-58JX750の特徴

posted with カエレバ

new! TH-58JX750の新モデル・後継機種も登場!→ TH-55LX800との違いへ

トップへ戻る



新旧比較 TH-55HX750 と TH-58JX750の違い

 

new! TH-58JX750 新モデル JX750シリーズ

VS

TH-55HX750 旧モデル HX750シリーズ

TH-58JX750の型落ち・旧モデルがTH-55HX750である。

※TH-55JX750は存在しないので上記TH-58JX750を参照

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

新モデルに進化あり!

 

new! オートAI画質

TH-58JX750 : ◯ あり

TH-55HX750 : × ナシ

新たにディープラーニングを活用したAI技術によるシーン認識アルゴリズムを搭載へ!

スポーツ中継 補正前と補正後イメージ(明るいシーンも最適な補正)

シーンに応じて画質を自動で最適化するオートAI画質はコンテンツに応じて自動で最適な画質にしてくれるので、何もしなくても最高画質を堪能できる。

例えば映画の暗いシーンでは細部までコントラスト豊かに描き、晴天のスポーツのシーンは芝生の色まで明るく色鮮やかに表現!

オートAI画質イメージ

放送や映画など100万を超える映像のシーンから構成される学習用データベースをディープラーニングを活用してAIが学習し、シーン認識アルゴリズムを生成しているとの事。

[オートAI画質] AI(人工知能)がシーンに合わせて映像を自動で最適化

new! ヘキサクロマドライブ

TH-58JX750 : ◯ あり

TH-55HX750 : × ナシ

[ヘキサクロマドライブ] 色鮮やかに美しく、あらゆる色を忠実に再現

今までよりも色域を拡大したパネルを搭載することにより、色鮮やかで階調豊かな映像表現を実現できるようになった。

4K映像本来の色を忠実に描き出す高画質技術で、人肌など淡い色や、輝く陰影の中の微妙な色合いまでも、リアルに映しだしてくれる。

明るい部分から暗い部分まで優れた色再現

明るい部分から暗い部分まで優れた色再現になる。

高画質

TH-58JX750 : ◯ HDR10+ ADAPTIVE・Dolby Visionなど

TH-55HX750 : △ HDR10+ ・Dolby Visionなど

TH-58JX750の場合

HDR10+ ADAPTIVEによりHDR10+の高輝度映像を、部屋の明るさに合わせて自動調整してくれるので見やすい!

new! 高コントラストへの進化

TH-58JX750 : ◯ エリアコントラスト制御PRO  AI HDRリマスター  HDR規格対応  ダイナミックメタデータクリエーション

TH-55HX750 : △ エリアコントラスト制御 HDR規格対応  ダイナミックメタデータクリエーション

AI HDRリマスターとは?

AI HDRリマスター

AI(人工知能)技術で賢く変換させ、今までの映像も最新の映像も高コントラストにしてしまう!

つまり地上デジタル放送などの通常の映像もHDRのような高コントラスト映像に変換でき、画質を大幅に向上させた映像を見られる。

ちなみに4K放送などのHDR映像であれば、さらに美しくなる。

ゲームモード

TH-58JX750 : ◯ ALLM対応

TH-55HX750 : × ナシ

アクションゲームなどの遅延を防ぐ専用モードを搭載。

ゲーム機などの入力機器からの情報に連動して、自動的に低遅延のモードに切り替えてくれる。

ゲームをするならTH-58JX750の方が快適!

つまりTH-58JX750とTH-55HX750の違いは、オートAI画質・ヘキサクロマドライブ・HDR10+ ADAPTIVE・AI HDRリマスターなどの有無によると画像の美しさと高コントラストかどうか、遅延を防ぐ専用ゲームモードの有無である。

型落ち品は安い代わりに製造から年数が経っていることをお忘れなく!

TH-55HX750との比較記事・一覧へ

写真は各公式へ

参照 TH-55HX750の特徴

posted with カエレバ

TH-58JX750の価格は パナソニック TH-58JX750の特徴へ

こちらも参考に JX750シリーズとHX750シリーズの違い『まとめ』

トップへ戻る



TH-58JX750の口コミ・レビュー

 

口コミ・レビュー 良い面

久しぶりにテレビを買い替えました。以前はほとんどテレビを見ることがなく買う必要もなかったのですが価格がとても安いし58インチというイレギュラーなサイズが販売されたのでなんとなく購入してみたら!今のテレビって凄いんですね。Amazonのファイアースティックがなくてもプライムビデオが見れたり、youtubeが見れたり・・・なので今ではYouTubeでほとんどテレビが付いています。その間タブレットもスムーズに使えるので以前よりストレス減です。
ポイントがたくさんついたので後からスイッチのソフトも購入しました!

コストパフォーマンスが非常に良い商品です。 リモコンについても、NetflixやAmazon primeなどのボタンが付いており、選択すれば切り替わります。※ダウンロード要 4k画質も非常に綺麗であり、おすすめです。

口コミ・レビュー 悪い面

4Kのスタンダードモデルになるので、贅沢な事は言えないのですが、綺麗な画面を見た後に見ると少し白っぽさが目立ってしまうのと、リモコンがチャチでマイク機能がなかったりなど安いから仕方ないな思ってしまう所がチョコチョコありました。 でもこの金額で58インチが買えたので総合的に満足しています。

引用 ノジマヤフーショッピング



パナソニック TH-49JX850 と TH-58JX750の『違い』

 

画面サイズ

TH-49JX850 : 49型(JX850シリーズの最大サイズ)

TH-58JX750 : 58型

※TH-58JX850は存在しないので上記TH-49JX850を参照

地上・BS・110度CSチューナー数

TH-49JX850 : 3

TH-58JX750 : 2

TH-49JX850の場合は、4K放送の2番組同時録画、地上デジタル/BS・110度CSデジタル放送の2番組同時録画と2番組同時裏録にも対応。

高画質機能(Dolby Vision IQ)

TH-49JX850 : ◯ Dolby Vision IQ

TH-58JX750 : △ Dolby Vision

TH-49JX850の場合

ドルビービジョンとHDR10+の画質を最大限に引き出す技術「Dolby Vision IQ」「HDR10+ ADAPTIVE」に対応!

Dolby Vision IQ 室内の明るさに合わせて自動で最適化

室内の明るさに合わせて「ドルビービジョン」「HDR10+」の画質を自動で最適化してくれるので、TH-49JX850の方が室内の環境に左右されることなく常に最高の画質で楽しめる!

ゲームモード

TH-49JX850 : ◯ ALLM対応・4K120p入力対応

TH-58JX750 : △ ALLM対応

4K120p入力対応とは?

従来の2倍のフレーム数の4K映像信号の入力に対応し、滑らかな映像を実現させる。

つまりTH-49JX850の方がゲームモードでも快適!

スピーカー
音声実用最大出力(JEITA)

TH-49JX850 : ◯ 30W(15W+15W)・ドルビーアトモス対応

TH-58JX750 : △ 20W(10W+10W)

TH-49JX850の場合

[ドルビーアトモス対応] テレビのスピーカーだけで立体音響を楽しめる

Dolby Atmos(ドルビーアトモス)にも対応し、テレビのスピーカーのみで上下左右から音に包み込まれる迫力の立体音響!

立体音響技術「ドルビーアトモス」は映画館で採用の最新音声フォーマットであり、高さ方向の音表現も可能にする。

リモコン音声操作

TH-49JX850 : ◯ 可能

TH-58JX750 : × ナシ

発話例

使い始めるとこれがかなり便利!

番組検索だけでなく、天気予報や経路検索、写真の表示もビエラのリモコンのマイクに話しかけるだけで出来てしまう。

Google アシスタントやAmazon Alexaも使えて、対応の家電やその他の機器を声で操作することもできる。

転倒防止スタンド(固定)

TH-49JX850 : ◯ あり

TH-58JX750 : × ナシ

[転倒防止スタンド] 地震に強く倒れにくいスタンド

スタンド底面の吸盤とテレビ台との間を真空に近い状態にできるのはパナソニック独自で特許も取得済!

設置面から離れる力がはたらくと、テレビ台に吸盤がピタッと吸着し、テレビを倒れにくくするのが凄い。

揺れによる薄型・大画面テレビの転倒を防止

つまり地震に強く倒れにくい!
小さな子供がいる家庭にもおすすめの安心設計になっている。

例えば子供がテレビに手をかけたり叩くなどの行為をしても、テレビが倒れるのを防いでくれる。

吸着オン/オフは、ボタンを押すだけでかんたんに切り替え可能。掃除や引越しの時にはラクに移動可。

TH-49JX850との比較記事・一覧へ

写真は各公式へ

参照 TH-49JX850の特徴

posted with カエレバ

TH-58JX750の価格は パナソニック TH-58JX750の特徴へ

こちらも参考に パナソニックの液晶テレビ・一覧へ

JX750シリーズとJX850シリーズの違い『まとめ』

トップへ戻る



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに