家電の徹底比較

3機種【鬼比較】TH-55LZ1800 違い口コミ:レビュー!

パナソニックの独自設計・組立てによる4K有機EL液晶テレビ(55v型ビエラ)TH-55LZ1800の鬼比較と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

LZ1800は、360立体音響サウンドシステムを新搭載したシリーズである。

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較候補になる機種の比較記事あり。

※鬼比較.comはプロモーションを含み、皆様からの広告収入により成り立っています。new! 各ページ内にある型番順に平均最安価格を表示する新機能を追加しました。右下の価格ボタンからチェック可能。型番が多いページでぜひチェックしてみてください。

目次をクリックで比較記事へ

TH55LZ1800の特徴

(LZ1800シリーズ)

独自設計・組立ての有機ELディスプレイを採用
映画館のような立体音響を楽しめる上向きスピーカー搭載!

 

自発光ディスプレイこそ最高のテレビである、というパナソニックのこだわり

美しいコントラスト表現力と色彩豊かで高精細な4K高画質を再現!

3機種【鬼比較】TH-55LZ1800 違い口コミ:レビュー!

new! 新たに進化したポイントに関しては下記、新旧比較を参照

チューナー数

BS4K・110度CS4K×2/地上・BS・110度CS×3

4K放送の2番組同時録画に対応!

3機種【鬼比較】TH-55LZ1800 違い口コミ:レビュー!

地上デジタル/BS・110度CSデジタル放送チューナーは3基なので番組を見ながら2つの裏番組を外付けハードディスク(別売)へ同時に録画ができる。

例えば新4K衛星放送を視聴しながら別の新4K衛星放送やハイビジョン放送を録画できる。

オートAI画質

ディープラーニングを活用したAI技術によるシーン認識アルゴリズムを搭載!

[オートAI画質]従来品と新製品の比較

シーンに応じて画質を自動で最適化するオートAI画質はコンテンツに応じて自動で最適な画質にしてくれるので、何もしなくても最高画質を堪能できる。

例えば映画の暗いシーンでは細部までコントラスト豊かに描き、晴天のスポーツのシーンは芝生の色まで明るく色鮮やかに表現!

放送や映画など100万を超える映像のシーンから構成される学習用データベースをディープラーニングを活用してAIが学習し、シーン認識アルゴリズムを生成しているとの事。

new! ヘキサクロマドライブ プラス

3機種【鬼比較】TH-55LZ1800 違い口コミ:レビュー!

業務用マスターモニターにも採用されている3次元カラーマネジメント回路(3D-LUT)を有機ELパネルの特性に合わせて進化

3機種【鬼比較】TH-55LZ1800 違い口コミ:レビュー!

画面の明るさに合わせて、動的に色の補正量を変化させ、暗部だけでなく明部でも階調と色彩を忠実に再現している。

高画質機能(Dolby Vision IQ)

3機種【鬼比較】TH-55LZ1800 違い口コミ:レビュー!

ドルビービジョンとHDR10+の画質を最大限に引き出す技術「Dolby Vision IQ」「HDR10+ ADAPTIVE」に対応!

室内の明るさに合わせて「ドルビービジョン」「HDR10+」の画質を自動で最適化してくれるので、室内の環境に左右されることなく常に最高の画質で楽しめる!

オブジェクト検出 倍速表示

一般的な倍速表示よりも、さらになめらかな動きをくっきり再現できるのがオブジェクト検出 倍速表示。

スポーツなど動きの激しい映像に対応するため、映像内で物体(オブジェクト)が動く量を検出。背景とオブジェクトを分離することで、よりクリアな倍速補間が可能になっている。

画面全体で大きく動く映像や、小さな物体が動く映像でも、輪郭をクリアに保ちながら、なめらかな動きで表示可能!

音声実用最大出力・スピーカー

80W(15W+15W+15W+15W+20W) イネーブルドスピーカー:2
フルレンジ:2 ウーハー:1

3機種【鬼比較】TH-55LZ1800 違い口コミ:レビュー!

迫力のある音を体感できる360立体音響サウンドシステム

オートAI音質

学習用データベースからシーンに合わせて、自動で最適化

[オートAI音質] 学習用データベースからシーンに合わせて、自動で最適化

シーンに応じて理想的な音場と音質に自動的に調整する機能。

ニュースやトーク番組の声がハッキリと聞き取りやすい

ニュースのシーンは音を画面中央に定位させて声をハッキリと聞き取りやすく。

トーク番組も声がハッキリと聞き取りやすくなる。

スポーツ中継は歓声が広がり、実況の声もクリアに聞こえます

スポーツの中継ではスタジアムのように歓声が広がり臨場感あふれる音場に自動調整、実況の声もクリア。

ドルビーアトモス対応

3機種【鬼比較】TH-55LZ1800 違い口コミ:レビュー!

映画館で採用の最新音声フォーマット・ドルビーアトモスは高さ方向の音表現も可能にする。

従来のように天井も含めてリビングの様々な場所にスピーカーを設置する必要なく、テレビ本体のスピーカーだけでかんたんに立体音響を楽しめる!

LAN接続:〇(有線/無線)

ビデオ・オンデマンドサービス(VOD)対応

OK Google/Amazon Alexa音声操作対応

お部屋ジャンプリンク

HDMI端子:4(ARC対応×1)

USB端子:3

スマートスピーカーと連携

話しかるだけで、ビエラの電源オンやチャンネル切換、音量の調整などリモコンなしで、操作できる!

ゲームモード エクストリーム

ALLM対応・4K120p入力対応・AMD FreeSync™ Premium対応・VRR対応

3機種【鬼比較】TH-55LZ1800 違い口コミ:レビュー!

最新のゲーム機にも採用されている「HDMI2.1規格」の4K120p入力に対応。

アクションゲームなどの遅延を防ぐ専用モードも搭載。

ゲーム機などの入力機器からの情報に連動して、自動的に低遅延のモードに切り替えてくれる。

4K120p入力対応とは?

従来の2倍のフレーム数の4K映像信号の入力に対応し、滑らかな映像を実現させる。

AMD FreeSync™ Premium対応とは?

AMD社の認証プログラムにより、対応グラフィックス・カードとの接続時に低遅延かつティアリングのないスムーズなゲームプレイ体験を楽しめることが保証されている。

VRR対応とは?

映像ソースのフレームレートとディスプレイのリフレッシュレートのズレによって起こる画面割れを防ぐ

リモコン音声操作

使い始めるとこれがかなり便利!

番組検索だけでなく、天気予報や経路検索、写真の表示もビエラのリモコンのマイクに話しかけるだけで出来てしまう。

Google アシスタントやAmazon Alexaも使えて、対応の家電やその他の機器を声で操作することもできる。

転倒防止スタンド

スタンド底面の吸盤とテレビ台との間を真空に近い状態にできるのはパナソニック独自で特許も取得済!

設置面から離れる力がはたらくと、テレビ台に吸盤がピタッと吸着し、テレビを倒れにくくするのが凄い。

つまり地震に強く倒れにくい!
小さな子供がいる家庭にもおすすめの安心設計になっている。

例えば子供がテレビに手をかけたり叩くなどの行為をしても、テレビが倒れるのを防いでくれる。

吸着オン/オフは、ボタンを押すだけでかんたんに切り替え可能。掃除や引越しの時にはラクに移動可。

new! その他、新しく追加された機能は下記、新旧比較 TH-55HZ1800とTH-55LZ1800の違い を参照


現在の価格

TH-55LZ1800

写真は各公式へ

posted with カエレバ

new! TH-55LZ1800の新モデル・後継機種も登場!→ TH-55MZ1800との違いへ

トップへ戻る(特徴紹介へ)

新旧比較

TH-55HZ1800とTH-55LZ1800の違い

 

new! 55v型 TH-55LZ1800 新モデル LZ1800シリーズ

VS

55v型 TH-55HZ1800 旧モデル HZ1800シリーズ

※ TH-55LZ1800の型落ちがTH-55HZ1800である。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いた【鬼比較.com】へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

 

新モデルに進化あり!

 

new! パネルの進化

TH-55LZ1800 : ◯ Dynamicハイコントラスト有機ELディスプレイ

TH-55HZ1800 : ☓ 有機ELディスプレイ

Dynamicハイコントラスト有機ELディスプレイ

パネルの発光性能を向上させるために、パナソニックが独自設計・組立てを行い、さらに独自素材の貼り付け構造とバックカバー一体型の放熱プレートを採用した、特別仕様の有機ELディスプレイが【Dynamicハイコントラスト有機ELディスプレイ】

独自のパネル制御技術で駆動させることにより、パネルの性能を最大限引き出し、さらなる高コントラストな映像を実現できるようになった!

new! 4Kファインリマスターエンジンの進化

TH-55LZ1800 : ◯ 進化あり

TH-55HZ1800 : ☓ 従来のまま

素材解像度検出処理を搭載し、新4K衛星放送はもちろん、地上デジタル放送やネット動画など、あらゆる映像4Kコンテンツも最適に高精細化するのが4Kファインリマスターエンジン。素材解像度検出 4Kファインリマスターエンジン] 様々な映像を素材に合わせて賢く4K高画質化

TH-55LZ1800の場合は、映像信号を部分ごとに情報量や輝度を解析し、時間軸方向の前後の映像もあわせて参照し、ノイズとディテールを高精度に判別できる。

ノイズを抑制しながら映像の精細感をさらに高めることが可能となり、高い質感とノイズレスな画質を両立できるようになった!

つまりTH-55LZ1800の方が画像がきれい。

従来のステレオ音声なども立体音響に変換して再生することが可能に!

new! ヘキサクロマドライブ

TH-55LZ1800 : ◯ 進化あり

TH-55HZ1800 : ☓ 従来のまま

TH-55LZ1800は、ヘキサクロマドライブ プラスへ進化!

業務用マスターモニターにも採用されている3次元カラーマネジメント回路(3D-LUT)を有機ELパネルの特性に合わせて使っている。

画面の明るさに合わせて、動的に色の補正量を変化させ、暗部だけでなく明部でも階調と色彩をより忠実に再現できるようになった!

明るい部分から暗い部分まで優れた色再現に!

new! 360立体音響サウンドシステム

TH-55LZ1800 : ◯ 新搭載

TH-55HZ1800 : ☓ ナシ

3機種【鬼比較】TH-55LZ1800 違い口コミ:レビュー!

上下左右から鳴り響くクリアな迫力サウンドを楽しめるようになった!

テレビ背面上部に搭載したイネーブルドスピーカーは、音を天井に反射させるので立体的で臨場感ある音を生み出すだけでなく、音像を画面中央に持ち上げるのでリアルになる。

new! オートチャプター

TH-55LZ1800 : ◯ 新搭載

TH-55HZ1800 : ☓ ナシ

録画設定からオートチャプターの設定が可能になり、録画番組を視聴する時、シーンを飛ばして見たい部分だけを手軽に頭出しができるようになった!

new! リモコンのダイレクトボタン

TH-55LZ1800 : ◯ 追加あり

TH-55HZ1800 : ☓ 従来のまま

3機種【鬼比較】TH-55LZ1800 違い口コミ:レビュー!

TH-55LZ1800は、ParaviとDisney+とYoutubeへのダイレクトボタンが追加され、さらに便利になった!(Rakuten TVへのダイレクトボタンは削除された)

アプリを登録しておけば、すぐにアプリを起動できるマイアプリボタンもあるので、ダイレクトボタンにない場合は追加すると良い。

new! ゲームコントロールボード

TH-55LZ1800 : ◯ 新搭載

TH-55HZ1800 : ☓ ナシ

ゲームに特化したユーザーインターフェイス「ゲームコントロールボード」を新搭載へ!

ゲームプレイ時に映像のフレームレートやHDRメタデータなどのソース情報を表示できる機能や、映像の暗部を調整して映像の陰の部分を見えやすくする「暗部視認性強調」など、ゲームプレイに特化した機能も満載。


つまりTH-55LZ1800とTH-55HZ1800の違いは、4Kファインリマスターエンジンの進化・パネルの進化・ヘキサクロマドライブ プラス・360立体音響サウンドシステム・オートチャプター・ゲームコントロールボードの有無とリモコンのダイレクトボタン数の違いである。

型落ち品は安い代わりに製造年が古いため、気が付かない程度に経年劣化していることをお忘れなく!


型落ち TH-55HZ1800の比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

TH-55LZ1800の価格は パナソニック TH-55LZ1800

トップへ戻る(特徴紹介へ)

口コミ・レビューをチェック!

TH-55LZ1800の口コミ:レビュー!

regzaはストリーミング系で、変なサーバー処理が入るが、vieraは何も介入しない所が良い。

とにかく音声も映像も非常に素晴らしい。また、本機とほかの部屋に設置しているCATVデジタルSTB (パナ製TZ-HDT620)をネットワークで接続すればチューナーや接続されたHDDを相互連携(お部屋ジャンプリンク)が出来るので非常に便利である。

同社同型のプラズマテレビから買い替えです。フチが細くなったせいか小さく感じました。コントラストが高く美しい映像です。音声も聞き取りやすくなりました。映像と音声は状況やジャンルによってメニューを設定変更でき、特に音声(マルチスピーカー音場も)は都度メニュー設定していますが、その効果は高くテレビとしてはとても良いです。

引用 楽天市場

昼間も反射に強めです 操作もスムーズで簡単で使いやすいです。あんまり4K放送はないですが、有機ELでクッキリなので目の悪い高齢者にも良いです。メーカー推奨は55型は8畳用ですが、10畳以上3メートル以上離れても十分です
大画面は映画や景色は良いですが、情報番組などは55型で目にも程良いです

これまで26inchブラウン管TV、43inchプラズマTV、50inchプラズマTVとその次代ごとのいわゆる大画面TVを使用してきたが、約10年で驚くほどの進歩である。すべて満足である。強いていうならば、AVアンプでDolby ATMOSシステムを構築している自分にとってはスピーカー不要なのでスピーカーレスもしくはスピーカーを2chでもっとELを上位モデル同様にするかあるいはローコストにしてほしかった。

機能性もネット通信も含め良く自宅内のネットワーク環境さえ整っていれば不便もなくアプリも使い勝手も良いかなと感じました。基本に使っているアプリは決まっていて、You Tube・Disney+・プライムビデオ・dTV・TVerがメインで使いますが、ひかりTVを元々見てはいるので、多ジャンル見てはいる形です。トータルとして映像及び音響も良く見やすく聞きやすいので、55インチでの購入をして良かったと思います。操作なども慣れ動作の遅延なども無いので満足出来ています。

スリムですっきりとした外観に迫力のある音を求めるのは酷かなと思います。音質に拘る場合は,何らかの外付けのスピーカーを併用されることをお勧めします。

10年前のテレビと比べると機能がてんこ盛りで便利になりました。プラズマと同様に画質も良く、これ以上は私の目では区別がつきません(笑 スピーカーだけ不満ですが、今の薄型では仕方がないかと。まぁまぁ聞けるのでいいと思います。総じていいテレビだと思います。

引用 価格.com

型落ちTH-55HZ1800の口コミ:レビュー!

映像は黒が鮮明で、音声は迫力があります。

すごい綺麗で人が本当に浮き出てきそう。自然が綺麗に映るし音もすごくてスピーカー無くても映画館みたい

画像がとてもキレイなのと音もとても良いので購入して良かったです

録画機能が内蔵されているのでスッキリして良い。

デジを見てもとても綺麗ですし、ブルーレイの映画はもっと綺麗で音も迫力が有ります。購入して良かったです。

軽いし見た目が綺麗で吸盤有るのが良い

店頭で見た時の予想を遥かに超える画質、音質でした。一般家庭でも十分に満足できる商品です。

引用 ヤマダ電機

テレビは有機ELだけあって滑らかな動きと映像が綺麗で、音声もダイナミックで大満足です!
配送も設置も手際よくしていただき大変助かりました。

引用 楽天市場

今までがプラズマだったので、最後まで液晶と悩みました。どう見比べても明らかに有機ELが綺麗で、妥協はできませんでした。明るいリビングでも映り込みは気にならず、まぶしいくらいの光量です。前向きスピーカでハッキリ聞こえ、ウーハも思った以上に低音が出ます。有機ELにして本当に良かったです。

話言葉はTVの内蔵スピーカーの方が断然聞きやすいのでシアターラックは使わずTVの音だけで聞いています。音楽、スポーツ観戦でも十分です。

さすが有機EL!画質はすごくきれいで見やすいです。音は1800でもウーファー付きのサウンドバーには勝てないかなという印象。

画質も音質も申し分ない黒色の表現が違い過ぎ前に使ってた液晶テレビではもう視聴出来ません!wちょっと奮発してこれにして正解でした…。

液晶と迷いましたが、有機ELテレビで正解でした画像も鮮明で画面パネルも薄くてとてもセンスを感じるデザインでしたもちろん動画配信サービスもサクサクです!

映像がとても綺麗で、スピーカーも迫力のある良い音が出てます。とても、満足です。

映像がとても綺麗でBlu-rayでトイストーリー4を家族で見ましたがCGの映像が実写に見えるほど綺麗で驚きました。またスピーカーの音も良く、低音が響いてとても気に入っています。

とにかく見やすいしキレイだし。リモコンひとつでYoutubeとかいろいろ見られるし最高です

引用 ビックカメラ.com

画質・音質共に最高のコストパフォーマンスです。また、メーカーのキャッシュバックキャンペーンも購入の後押しになりました。

昔の映画や地上波の番組も今までよりクッキリ綺麗です。動きのある映像は若干酔いそうです。早い動きが少し不自然、低い音が聞き取りにくい、とくに男性の声が。白が眩しいなど…気になるところは少しずつ自分好みに調整したいと思います。

液晶にするか有機ELにするか悩んだ末、本製品を選択しました。ガラス製造の仕事をしていたので液晶と有機ELの違いは理解していたので本製品を購入しました。画像、温室とも申し分なく満足しています。

やっぱし黒の発色は良いです、映画を見るのは有機ELがいいですね。Netflixの推薦TVだけあってNetflixの画質もいいです。スピーカーのドルビーアトモスの音も良く本当に買って良かったです。

音が良い 画質も良い 値段以上の満足度

引用 amazon



TH-55LZ2000と比較

 

パネルの違い

TH-55LZ1800 : ○ Dynamicハイコントラスト有機ELディスプレイ

TH-55LZ2000 : ◎ new! Dynamicハイコントラスト有機ELディスプレイ NEO

フラッグシップモデルTH-55LZ2000は、パナソニックが独自設計・組立てを行う特別仕様の有機ELディスプレイを新搭載へ!

高輝度有機ELパネルに独自のディスプレイ構造を組み合わせ放熱効率をより向上させ、有機ELパネルの性能をさらに引き出すことに成功。フラグシップにふさわしい、さらなる高コントラストな映像を映し出せるようになった!

Dynamicハイコントラスト有機ELディスプレイ NEO従来の有機ELディスプレイとの比較

new! Bright Booster

TH-55LZ1800 : ☓ ナシ

TH-55LZ2000 : ○ 新搭載

「3次元映像信号解析」と「温度センサー」により、パネルの発光状態を画素ごとに管理できるようになった!。

独自の電流制御アルゴリズムでパネルを駆動させ、有機ELセルの発光性能を最大限に引き出せるのがTH-55LZ2000

スピーカー
音声実用最大出力(JEITA)

TH-55LZ1800 : △ 80W(15W+15W+15W+15W+20W)イネーブルドスピーカー:2
フルレンジ:2
ウーハー:1

TH-55LZ2000 :○ 150W(70W+15W+15W+15W+15W+20W) ラインアレイスピーカー:1セット
イネーブルドスピーカー:2
ワイドスピーカー:2
ウーハー:1

TH-55LZ2000の場合

TH-55LZ1800のさらに上をゆく360立体音響サウンドシステム+(プラス)を新搭載!

※ 55LZ2000は150W

新搭載のラインアレイスピーカーにより空間上の音の定位感がより明確に、イネーブルドスピーカーとワイドスピーカーにより音が上下左右に広がり、部屋中が音に包まれる圧倒的な臨場感を実現。

中央に配置したウーハーユニットは、迫力の低音を奏で、究極の臨場感を堪能できるのがTH-55LZ2000!

ラインアレイスピーカー(前向き)

ラインアレイスピーカー(前向き)

前向き配置により、セリフやボーカルの音声を聞き取りやすいクリアな音で再生できる。

3機種【鬼比較】TH-55LZ1800 違い口コミ:レビュー!

ワイドスピーカー

ワイドスピーカー

フルレンジスピーカーが横向きに配置されているので、左右の音場を拡張し、スタジアムやライブ会場の歓声などもリアルに再現でき臨場感を高められる。

サウンドフォーカス

TH-55LZ1800 : ☓ ナシ

TH-55LZ2000 : ○ あり

音波の向きを制御する独自の技術などを用いて、生活シーンの中で普段とは違う状況に合わせた音の聞こえ方にしたい場合に使える便利なワンポイント機能。

ピンポイントモード

夜中に自分だけ聴こえるようにしたい時に

ピンポイントモード

スポットモード

きこえに不安がある方と一緒で、一人だけ音を大きくしたい時に

スポットモード

エリアモード

近くに音を気にする人がいる時や周囲に気兼ねなく音を大きくしたい時に

エリアモード

アンビエントモード

カフェのように部屋中を音で満たした空間を演出したい時に

アンビエントモード
スイーベル(首ふり)

TH-55LZ1800 : ☓ ナシ

TH-55LZ2000 : ○ あり

TH-55LZ2000の場合

テレビの向きを左右に変えられ,見やすい画面の向きにかんたんに動かせるので、快適に視聴できる。

3機種【鬼比較】TH-55LZ1800 違い口コミ:レビュー!

実は背面のケーブルの抜き差しや掃除するときにも便利!


TH-55LZ2000の比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

new! TH-55LZ2000シリーズの新モデル・後継機種も登場!→ TH-55MZ2500シリーズとの違いへ

TH-55LZ1800の価格は パナソニック TH-55LZ1800

こちらも参考に パナソニックの液晶テレビ・一覧へ

トップへ戻る(特徴紹介へ)

 

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較.comへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに