『盲点』【鬼】MC-RSF700 との『違い』

2021年版 ロボット掃除機 【鬼比較】

※わかりにくい隠れた盲点、カタログには書かれていない隠れた盲点、も必見

機能、容量の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

下記タイトルをクリックで比較記事へ

パナソニック MC-RSF700の特徴

パナソニック MC-RSF700 と MC-RSF600(下位機種)の『違い』

パナソニック MC-RSF700 と MC-RSF1000(最上位機種)の『違い』

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。



パナソニック MC-RSF700の特徴

驚くほど賢く、丁寧。,レーザーSLAM搭載,RULO,ルーロ

引用 MC-RSF700の特徴

MC-RSF700との比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

パナソニック独自の三角形の形に理由あり

お部屋のスミや壁ぎわ、家具のキワのゴミ・ほこり取れてますか?RULOはゴミのたまりやすい場所をしっかり掃除!

壁ぎわやスミを掃除してるイメージ画像

クリーンセンサー搭載

クリーンセンサーの説明画像

①往復運動,赤点滅,②本体の首振り

レーザーSLAM

マッピングしているイメージ図

部屋全体を検知して正確に間取りを認識するのに重要なレーザーを搭載。

レーザーセンサーで検知しているイメージ図

半径約8 m先まで360°全方位に検知できるようになったので高精度に自己位置を認識することが可能になった。

それによりルーロが間取りをすばやく正確に把握して、お掃除に備え考える。

エリア分割と走行パターン例(充電台から)

上はエリアごとに効率よくラウンド&ルート走行するパターンの例。

色んな形の部屋でも掃除可能。

ゴミマップ

「ゴミマップ」で掃除結果を確認する画面のイメージ図

スマートフォンとロボット掃除機を連携さることで使えるようになる機能。

クリーンセンサーで検知したゴミの量をマップ上に表示。

さらに

スマホのゴミマップ上でゴミのたまりやすくなっている場所を本人が確認し、サッとそのエリアだけロボット掃除できる お手軽モードも備える。

スマートフォンアプリ「RULOナビ」で外出先などからの操作も可能

さらに詳しくは アプリ「RULOナビ」で外出先からもスマートフォンで操作 を参照

new! otomo(おとも)機能

otomo(おとも)機能イメージ

簡単操作で人の足を認識させるとルーロがついてきて「スポット掃除」してくれるのだ!
これにより以前のように本体を持ち運ぶ手間がなくなる。

トップへ戻る



MC-RSF700 とMC-RSF600の『違い』

どちらも同時期に発売された機種で何が違うのか調べてみた!

MC-RSF700

(MC-RSF700-Nシャンパンゴールド)(MC-RSF700-Kブラック)

VS

MC-RSF600 (下位機種)

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

MC-RSF600: ホワイトの1色

MC-RSF700 : シャンパンゴールドとブラックの2色

最大稼働面積

MC-RSF600 : 約50畳

MC-RSF700 : 約120畳

障害物検知センサー(超音波)

MC-RSF600 : × ナシ

MC-RSF700 : ◯ あり

ルーロMC-RSF700の超音波は、鏡や透明な障害物、黒色に対しても検知出来る。

つまりMC-RSF600だと物がないと認識されてぶつかってしまい、上手く掃除出来ない可能性がある。

otomo(おとも)機能

MC-RSF600 : × ナシ

MC-RSF700 : ◯ あり

otomo(おとも)機能イメージ

これを使うにはスマートフォンの設定はいらない。

簡単操作で人の足を認識させるとルーロがついてきて「スポット掃除」してくれるのだ!
これにより以前のように本体を持ち運ぶ手間がなくなる。

ロボットが付いてくるのだから、楽しく掃除できるきっかけにもなるのではないだろうか?

電池寿命

MC-RSF600 : △ 繰り返し放充電 約1100回

MC-RSF700 : ◯ 繰り返し放充電 約1500回

セルフ電池は交換可能なので安心。

カタログには書かれていない隠れた盲点

1か月以上使わないときは、満充電にしたあと電源を切って保管し、最低でも1年に1回は充電してくださいとの事。
実は充電式リチウムイオン電池は電池残量のない状態で長時間ほおっておくと、性能や寿命の低下の原因になる。

電池の交換にはネジを回す必要があるのでドライバーが必要となる。

充電時間

MC-RSF600 : 約3時間

MC-RSF700 : 約5時間

MC-RSF700の方が時間は長いが、最大稼働面積の違いも考慮すべし。

連続使用時間

MC-RSF600 : 約70分

MC-RSF700 : 約100分

サイドブラシ

MC-RSF600 : △ 1個

MC-RSF700 : ◯ 2個

MC-RSF700の場合

ブラシの稼働イメージ

ワイドな吸込口の近くに、サイドブラシ2個を配置。

2つあるからこそV字型構造のブラシへ中央にゴミを集め、しっかり吸い込むのだが、1個だと心もとない。

家具を避けてキワまで掃除。,レーザーSLAM搭載,RULO,ルーロ

引用 MC-RSF600の特徴

MC-RSF600との比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

MC-RSF700の価格は パナソニック MC-RSF700の特徴へ

トップへ戻る



パナソニック MC-RSF700 と MC-RSF1000の『違い』

 

最大稼働面積

MC-RSF700 : 約120畳

MC-RSF1000 : new! 約130畳

MC-RSF1000は、RULOナビのアプリと本体ソフトウェアがアップデートされ約130畳まで掃除できるようになった!

スマートスピーカー対応

MC-RSF700 : × ナシ

MC-RSF1000 : ◯ あり

音声操作例:「OK Google,ルーロをスタートして」などで動作します。

別売りの「OK Google」 搭載スマートスピーカーを使えば声でロボット掃除機に指示が出来てさらに便利!

new! アクティブリフト

MC-RSF700 : × ナシ

MC-RSF1000 : ◯ あり

スムーズに乗り越えて掃除

これがあるのとないのでは大違い!

従来は薄いマットやラグでも引っかかってしまったり毛足の長いじゅうたんの上は沈んで動けなくなる場合があったが、今回の進化バージョンならしっかり走行!

フロント3Dセンサー

MC-RSF700 : × ナシ

MC-RSF1000 : ◯ あり

段差を検知。

アクティブリフトの動き,フロント3Dセンサーが段差を検知,アクティブリフトで本体をリフトアップして乗り越える

敷居を乗り越えるイメージ図

敷居(段差最大2.5 cm)も余裕。

マットを乗り越えるイメージ図

床面検知センサー

MC-RSF700 : × ナシ

MC-RSF1000 : ◯ あり

new! 掃除の精度

MC-RSF700 : △ 普通

MC-RSF1000 : ◯ 高い

MC-RSF1000はアプリと本体ソフトウェアのアップデートにより障害物検知も接近時に赤外線センサーに加えることで精度を高め、より正確障害物を検知することが可能になっている。

「RULO AI」進化例イメージ(従来 障害物接近時 赤外線センサーのみで検知、アップデート後 レーザーセンサーと赤外線センサーでより正確に検知)

MC-RSF1000との比較記事・一覧へ

ロボット掃除機への不安も取り除くルーロ。,MC-RSF1000,レーザーSLAM搭載,RULO,ルーロ

引用 MC-RSF1000の特徴

posted with カエレバ

MC-RSF700の価格は パナソニック MC-RSF700の特徴へ

トップへ戻る



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに