家電の徹底比較

3機種【鬼比較】NI-WL506 違いと口コミ:レビュー!

NI-WL506の鬼比較と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

2021年版 アイロン 【鬼比較】

 パナソニックのコードレスアイロン WLシリーズ!

機能の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較候補になる機種の比較記事あり。

※鬼比較.comはプロモーションを含み、皆様からの広告収入により成り立っています。new! 各ページ内にある型番順に平均最安価格を表示する新機能を追加しました。右下の価格ボタンからチェック可能。型番が多いページでぜひチェックしてみてください。

目次をクリックで比較記事へ

NIWL506(カルル)の特徴(価格は一番下へ)

 

Wヘッドベース

3機種【鬼比較】NI-WL506 違いと口コミ:レビュー!

3機種【鬼比較】NI-WL506 違いと口コミ:レビュー!

持ち替えずに前後左右にスイスイ動かせるのが特徴!

どの方向に動かしてもシワがつきにくい。

全面スチーム

【スチーム噴射位置】Wヘッドベース:約160 mm/従来:約60 mm

むらなくキレイに仕上がる全面&パワフルスチーム!

Wヘッドベースの全面スチームなら、噴射範囲が広いので、手早くかけられる。

スチーム持続時間

 180秒

パワーショット

ニットなど厚手の衣類ケアに最適!
通常スチームの約10倍のスチーム量で、 厚手の衣類もふっくら仕上がる。

ハンガーショット

衣類をハンガーに吊るしたまま、シワのばしやニオイケアができる。

蓄熱ベース・ハイパワースチーム・セーフティ形状スタンド

セーフティ形状スタンド

セーフティ形状

アイロン前方の熱いかけ面に触れにくいよう配慮されたスタンド。

蓄熱ベースのコードレス

スチーム機能を使っても冷めにくく、コード付きアイロンとほぼ同じパワーで使える蓄熱ベースを採用。

アイロンかけをきれいに仕上げる決め手のひとつは安定した温度でかける事、なのだ。

スペック 消費電力 1400W
質量 アイロン本体 約1.1kg
収納時 約2.0kg
外形寸法 アイロン本体 約 幅11×高さ13×長さ22.6cm
収納時 約 幅18×高さ21×長さ29cm
機能 持続時間 最長 約180秒
スチーム量 最大 約13g/分 (11~13g/分)
注水量 160ml
ショット ハイパワーショット
ハンガーショット
全面ハイパワースチーム
スチーム噴出量切替 2段階
全温度
かけ面 ベース サイズ コンパクト
大きさ 約170平方センチメートル
種類 Wヘッドベース
ラウンドベース
蓄熱ベース
材質 ハードチタンコート
スチーム穴数 32
使いやすさ 自動ヒーターオフ
水漏れストッパー
マイコン温度制御
カセット式
ワイドになったWヘッドベース
前後のかけ面先端がスリム&見える
収納 コード 140cm(コードリールつき)
スタンド形状 セーフティ後方コード引出口

new! 新モデルになって追加された部分に関しては下記、新旧比較 NI-WL506とNI-WL505の違いを参照


NI-WL506の価格

写真は各公式へ

posted with カエレバ

new! NI-WL506の新モデル・後継シリーズも登場!→ NI-WL507との違いへ

トップへ戻る(特徴紹介へ)



新旧比較 NI-WL506とNI-WL505の違い

 

new! NI-WL506

(NI-WL506-A ダークブルー )(NI-WL506-P ブラウンピンク)

VS

NI-WL505 旧モデル

(NI-WL505-H クリアグレー)(NI-WL505-P ピンク)

NI-WL506の型落ち・旧モデルがNI-WL505である。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いた【鬼比較.com】へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

 

new! 本体色の変化

NI-WL506 : ダークブルー ・ブラウンピンクの2色

NI-WL505 : クリアグレー・ピンクの2色

new!  抗菌ハンドル

NI-WL506 : ◯ あり

NI-WL505 : × ナシ

新たにハンドルに抗菌加工がほどこされ、使う時に触れる部分が清潔!

new! 衣類の除菌もできる!

除菌試験で実証された!

【 試験方法】アイロン面温度約120℃、スチーム量毎分約5gのモデル試験機による除菌確認

【 試験結果】3秒間の処理で、99%以上の生菌数の減少を確認(試験は2種類の菌で実施)

これからの時代は抗菌も重要!


つまりNI-WL506とNI-WL505の違いは、本体色のラインナップの変化と抗菌ハンドルの有無である。衣類の除菌もでき、清潔なNI-WL506がおすすめ!

型落ち品は安い代わりに製造年が古いため、気が付かない程度に経年劣化していることもお忘れなく。


NI-WL505の比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

NI-WL506の価格は パナソニック NI-WL506

トップへ戻る(特徴紹介へ)



下位機種 NI-WL406とNI-WL506の違い(色以外)

 

アイロン面(ベース面)素材

NI-WL406 : △ シルバーチタンコート

NI-WL506 : ◯ ハードチタンコート

3機種【鬼比較】NI-WL506 違いと口コミ:レビュー!

NI-WL506の方が、スイスイアイロンかけできるタイプ!

あて面の滑りが悪いと手首や肩を痛める原因にもなるので、しっかり考えるべし。

スチーム量

NI-WL406 : 約9.5g/分

NI-WL506 : 約11〜13g/分

注水量

NI-WL406 : 約120ml

NI-WL506 : 約160ml

大容量タンクで、スチームが長続きするのはNI-WL506。長く使うことを考えれば重要な違い。

全温度スチーム(マイコン温度制御)

NI-WL406 : × ナシ

NI-WL506 : ◯ あり

中温・低温でもスチームが使えて、デリケート素材のお手入れも簡単!

NI-WL406の場合は高温だけなので、生地によっては上手く出来ない場合がある。

うっかりストッパー

NI-WL406 : × ナシ

NI-WL506 : ◯ あり

スタンドに置いたまま約10分で自動オフ。

火事、やけどしてからでは遅い!

NI-WL506は、安全装置もばっちり。

指かけグリップ

NI-WL406 : × ナシ

NI-WL506 : ◯ あり

よく触れるハンドルも清潔キープ(NI-WL506除く)

握りやすい指かけグリップで使いやすい。

new!  抗菌ハンドル

NI-WL406 : × ナシ

NI-WL506 : ◯ あり

新たにハンドルに抗菌加工がほどこされ、使う時に触れる部分が清潔!


NI-WL406の比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

new! NI-WL406の新モデル・後継シリーズも登場!→ NI-WL407との違いへ

NI-WL506の価格は パナソニック NI-WL506

トップへ戻る(特徴紹介へ)



NI-WL506 の口コミ:レビュー!

 

口コミ:レビュー! 良い面

日頃、本製品シリーズを愛用してますが、今回は最新式のものを購入させていあただきましたが、大変満足してます。アイロンがけが楽しくなります

Panasonic製品の中でのグレード選びに迷いました。幸い、滑りの良さを最優先にした結果、大変満足できるレベルでした(軽さ・滑り★5)

口コミ:レビュー! 悪い面

良かった点は向きが両方の向きからかけられる。
だがコードレスといいつつ本体は常に充電器に差しながら使わなければいけないので少し面倒。

引用 ビックカメラ

NI-WL506の価格は パナソニック NI-WL506

トップへ戻る(特徴紹介へ)



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較.comへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに