Z970M-series

4K液晶レグザ【鬼比較】Z970Mシリーズと型落ちZ875Lシリーズの違い口コミ レビュー!

東芝REGZAの新旧モデルとなる新モデルZ970Mシリーズ型落ちZ875Lシリーズの徹底比較と特徴をご紹介。

どちらもタイムシフトマシン搭載の最高峰4K液晶フラッグシップモデル75V型で、新モデルは業界初のミリ波レーダーを用いた新機能により4Kレグザ史上 最高画質・音質を実現!

※鬼比較.comはプロモーションを含み、皆様からの広告収入により成り立っています。new! 各ページ内にある型番順に平均最安価格を表示する新機能を追加しました。右下の鬼価格ボタンからチェック可能。型番が多いページでも、ぜひチェックしてみてください(在庫無しの型番だけ非表示)

Z970Mシリーズの発売日は2023年4月21日

※ 85V型の85Z970Mだけ5月

Z970Mシリーズは85V 型が追加された⬇

型落ち 新モデル
85V 型 ナシ 85Z970M
75V 型 75Z875L 75Z970M
65V 型 65Z875L 65Z970M

Z875LシリーズからZ970Mシリーズへ変化。

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

新モデル Z970Mシリーズ

Z970Mシリーズ
引用 東芝公式

posted with カエレバ

新旧比較

新モデルZ970Mシリーズと型落ちZ875Lシリーズの違い

 

発売年度

Z875Lシリーズ : 2022年 6月

Z970Mシリーズ : 2023年4月・5月

画質の進化

new! 業界初・ミリ波レーダー

Z875Lシリーズ : ✕ ナシ

Z970Mシリーズ : 新搭載!

新モデルは、ミリ波レーダーが検知した位置情報に基づき視聴距離に即した適切な画質に自動調整できるようになった。

4K液晶レグザ【鬼比較】Z970Mシリーズと型落ちZ875Lシリーズの違い口コミ レビュー!

近距離ならノイズを抑制して自然な高画質に、遠距離なら精細感を高め、メリハリのある高画質を実現させる。

new! レグザセンシング

レグザの前に人を検出できない状態が一定時間続くと、自動的にレグザが省エネモードに入るようになった!

電源オフの時にはレグザが近づく人を検知し、電源オンで素早く起動へ。(new! 高速電源オン)

センシング レグザ公式へ

new! 液晶の違い

さらに新モデルは、新開発4K Mini LED広色域量子ドット液晶パネルモジュールを新搭載へ!

4K液晶レグザ【鬼比較】Z970Mシリーズと型落ちZ875Lシリーズの違い口コミ レビュー!

右が新モデル⬇

Z875Lシリーズ
Z875Lシリーズ
Z970Mシリーズ
Z970Mシリーズ

新開発のパネルモジュールは、レグザ史上最高輝度のMini LEDを採用し、エリアコントロール数を従来比約10倍に拡充。

電流とパルス幅変調(PWM)を組み合わせ、点灯値の生成に仮想細分割エリアを用いて絵柄に適したLED点灯させる階調重視信号補正を行うことで、発生しがちなハロを抑制するとともに、階調性豊かな高コントラスト映像を実現します。

さらに、新開発のAR処理により外光反射を抑え、明所のコントラストも従来比約 2倍に向上させました。

視野角補正シートも採用しており、さまざまな視聴環境において、高画質な映像をお楽しみいただけます。

引用 「Z970Mシリーズ」発売

つまり新モデルは、さらに高画質!

new! 低反射 ARコート

Z875Lシリーズ : ✕ ナシ

Z970Mシリーズ : 新搭載!

4K液晶レグザ【鬼比較】Z970Mシリーズと型落ちZ875Lシリーズの違い口コミ レビュー!

スマホの方は横にして見るとさらに拡大表示 ⇑

液晶表面に、外光の拡散反射を抑制しながら映り込みを抑制するシートを新採用!

斜めから見ても明るさが失われにくくキレイに映像を再現でき、明るいリビングでも鮮明な映像を映し出せるようになった。

高画質機能

Z875Lシリーズ : △ AI ナチュラル フォーカス テクノロジー

Z970Mシリーズ : AI ナチュラル フォーカス テクノロジーPRO

新モデルは、ディープニューラルネットワークAIエンジンにより画像の構図を正確に把握し高画質化できるようにになった!

4K液晶レグザ【鬼比較】Z970Mシリーズと型落ちZ875Lシリーズの違い口コミ レビュー!

従来よりも高い精度で、被写体の顔や髪・衣装などの質感や精細感を向上させつつ背景のノイズを抑制し、空間の奥行きまでリアルに再現可能。

アニメビューティPRO(アニメ顔検出)

Z875Lシリーズ : ✕ ナシ

Z970Mシリーズ : 新搭載!

4K液晶レグザ【鬼比較】Z970Mシリーズと型落ちZ875Lシリーズの違い口コミ レビュー!

AIによる顔検出がアニメのキャラクターの顔をも検出できるようになった!

アニメの顔のバンディングノイズを低減し、アニメキャラクターの輪郭もくっきりに補正。

背景のノイズも低減し、アニメでもより高画質で楽しめるようになった。

高画質レグザ公式へ

new! タイムシフトのざんまいスマートアクセスが進化

4K液晶レグザ【鬼比較】Z970Mシリーズと型落ちZ875Lシリーズの違い口コミ レビュー!

テレビ番組だけでなく、新たにネット動画も横断して、好きなジャンルやアーティスト出演のコンテンツを探すことができるようになった!

ネット動画・ネットで連携レグザ公式へ

new! ゲームセレクト

4K液晶レグザ【鬼比較】Z970Mシリーズと型落ちZ875Lシリーズの違い口コミ レビュー!

従来はただのゲームモードだったが、新モデルはゲーム画質に最適な「スタンダード」、画質がきれいで見やすい「ロールプレイング」、操作性を重視した低遅延と、暗部をより見やすくする「シューティング」の3種類から選べるようになった。

ゲーム・快適・便利 公式へ

音質の進化

new! ミリ波レーダー高音質

Z875Lシリーズ : ✕ ナシ

Z970Mシリーズ : 新搭載

4K液晶レグザ【鬼比較】Z970Mシリーズと型落ちZ875Lシリーズの違い口コミ レビュー!

テレビの正面にいても、斜めの位置にいても、自動的に視聴位置にあわせた適切な高音質が楽しめるようになった!

4K液晶レグザ【鬼比較】Z970Mシリーズと型落ちZ875Lシリーズの違い口コミ レビュー!

画面のセンターからずれた位置で視聴した場合は、左右のスピーカーからの出力タイミングを自動調整。

たとえ斜めに居ても画面から音が出ているように感じられる!

視聴者が複数人の場合は、テレビに最も近い人を基準に自動調整。

ミリ波レーダーを新搭載したからこそ出来るようになった機能。

この技術、実はテレビ画面の見え方にも影響を与える。

音声がクリアになるので映像に合わせて音量を上げる必要がなくなり、映像と音声のバランスが良くなり、さらに鮮明さと臨場感アップ!

サウンドシステム

Z875Lシリーズ : △ 重低音立体音響システムZP

Z970Mシリーズ : new! 重低音立体音響システムZHD

型落ち Z875Lシリーズ 新モデルZ970Mシリーズ
重低音バズーカを含む7個のスピーカーを70Wのアンプで駆動。 重低音バズーカを含む新たに開発した11個のスピーカーを112Wのアンプで駆動。

新モデルはスピーカーの数、音質の向上だけでなく、新搭載 レグザセンシング ミリ波レーダーにより、あなたの位置を検出しサウンドがさらにハイクオリティに!

※85Z970Mのみ、実用最大出力合計値82Wのマルチアンプと10個のスピーカーを搭載

4K液晶レグザ【鬼比較】Z970Mシリーズと型落ちZ875Lシリーズの違い口コミ レビュー!

どちらも立体音響技術「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」にも対応しており、映画館のように立体的で迫力のあるサウンドを楽しむことが出来る。

高音質レグザ公式へ

new! 新リモコン(右)

Z875Lシリーズ
Z875Lシリーズ
Z970Mシリーズ
Z970Mシリーズ

リモコンのダイレクトボタンはdTVの代わりにWOWOWオンデマンド・NHK+が追加、ネット動画サービスやアプリの一覧がみられるホームボタン追加、4K・CSボタン位置変更。

「地デジ」「BS/CS」「BS/CS 4K」など視聴に関するボタンが集中したので、切り替えがよりスムーズになった。

入力切換の選択肢に「メディアプレーヤー」「スクリーンミラーリング」「AirPlay」が追加。

入力切換ボタンの操作で簡単にアクセスできるようになった。

使いやすさに配慮した設計になり快適に操作できる新レグザリモコン。

2シリーズの仕様

型落ち Z875Lシリーズの仕様

新モデルZ970Mシリーズの仕様

new! Z970Mシリーズ発売ページへ

東芝レグザ/液晶テレビ有機EL 型落ちも含む まとめ

Z875LシリーズからZ970Mシリーズへの機能追加まとめ

新搭載のミリ波レーダーにより視聴者の位置情報に基づいて最適化、さらなる高画質化・高音質化。

新開発4K Mini LED広色域量子ドット液晶パネルモジュールにより従来比約1.3倍の高輝度化、高コントラストかつ色鮮やかになり、より高画質に!

外光の拡散反射を抑制しながら映り込みを抑制できる、低反射ARコートを追加。

ネット動画ビューティ・地デジAIビューティ・美肌フェイストーンがPROへと進化し、さらなる高画質へ。

ゲームセレクト3モードアニメ顔の検出機能を新搭載へ(従来はゲームモードのみ)

タイムシフトのざんまいスマートアクセスでネット動画も検索可能になり、さらに、好きなタレントの出演シーンだけを一覧表示できるようになった。

リモコンのダイレクトボタンにWOWOWオンデマンド・NHKプラスの2つが追加された(従来はdTV

ネット動画サービスでDAZNが追加された(従来から主要なものはカバー)

iPhoneもandroidだけでなく、新たにAirPlayもミラーリング対応になり、スマホ連携がさらに強化。

入力切換の選択肢に「メディアプレーヤー」「スクリーンミラーリング」「AirPlay」が追加された。

新シリーズのラインナップ 従来の65V 型と75V 型に加え、85V 型が追加された。

new! 地デジAIビューティPRO

4K液晶レグザ【鬼比較】Z970Mシリーズと型落ちZ875Lシリーズの違い口コミ レビュー!


型落ち品は安い代わりに製造年が古いため、気が付かない程度に経年劣化していることもお忘れなく!


現在の価格

型落ち Z875Lシリーズの比較記事

公式の説明ページへ

65V型 65Z875L

75V型 75Z875L

posted with カエレバ


新モデル Z970Mシリーズ

公式の説明ページへ

65V型 65Z970M

75V型 75Z970M

85V型 85Z970M

posted with カエレバ

型落ち

Z875Lシリーズ
Z875Lシリーズ

Z970Mシリーズ
Z970Mシリーズ
Z875Lシリーズ Z970Mシリーズ

※ZRαの名称は旧シリーズと同じだが、新モデルZ970Mは最新のアルゴリズムを使用した2023年版・上位ZRαの位置づけ。

こちらも参考に

東芝レグザ カタログ比較表

口コミ・レビューをチェック!

Z970Mシリーズの口コミ レビュー

(全Z970Mシリーズ含む)

85インチテレビのレビュー: Z9DとZ970Mの比較

  • 画質の優れた点: MiniLED技術によりHDRと黒色が鮮明。おまかせAIによる自動画質調整が状況に応じて優秀。
  • 画質の弱点: Z9Dに比べシーンの認識精度が向上しているが、完璧ではない。
  • 音質: 11個のスピーカー搭載も関わらず、低音が不足し安っぽい。サウンドバー推奨。
  • ゲームモード: 遅延が少なく、Z9Dと比較して色合いも自然。ゲーム音声の低遅延モードはeARCが2chに限定される。
  • 録画機能: 通常3番組、タイムシフト6番組可能だが、4Kは1番組のみ。タイムシフト機能が中途半端。
  • UI: torneに匹敵する高速性で操作感が快適。
  • メニュー機能: 過剰なメニューオプションによる混乱。機能重複と不明瞭な差別化。
  • テレビスタンド: 安定性と配置の問題で不便。大型モデルは専用スタンドが必要かも。
  • HDD: タイムシフト用外付けHDDの取り付けにUSBケーブル長さが不足。
  • 設定: 不明瞭な設定項目と説明不足。特にゲーム音声低遅延モードの影響が不透明。
  • リモコン: 操作性に問題。ボタンの配置が不合理で、類似機能が散在。
  • 安定性: AirPlay使用時のシステム応答不良。メモリリーク疑いあり。
  • 総評: 技術的には進化しているが、使用体験に一部不便あり。画質と快適なUIはプラス点。

アマゾン

  • 画質と機能性が購入の決め手: MiniLEDと量子ドット技術により、PS5やYouTubeでの使用が鮮明で楽しくなる。
  • 地震対策が必要: 地震で揺れると感じるため、購入後の安定化措置推奨。
  • ゲーミングとHDRのパフォーマンスが優秀: PS5でのHDR表示が特に素晴らしい。
  • タイムシフトと録画: タイムシフト機能や通常録画が便利で、割引と値引きでの購入が可能。
  • 配送と設置サービスの質に問題あり: 配送時の取り扱い不良や、設定サービスの知識不足が目立つ。
  • HDMI 2.1対応でサラウンド強化: 前モデルからのアップグレードで、サラウンドが強化されたものの、初期設定で目に刺すほどの明るさとコントラストに注意。
  • リモコンの改善が必要: 反応が時々鈍いが、前モデルに比べ改善。
  • 録画UIの変更に慣れが必要: 新しいUIには慣れが必要だが、特に機能的な変更はなし。
  • 外部デバイスとの接続問題: スプリッターを介した接続でDolby Visionが不安定に。
  • 音声設定のカスタマイズ推奨: おまかせ設定では満足できない場合があるため、カスタム設定が推奨される。
  • 視聴体験の向上: 大型化による視覚体験の向上と、VODアプリの快適な使用感。

ヨドバシカメラ

  • 全体的な満足度: 高評価。特に画質、デザイン、操作性に満足。
  • 画質: MiniLEDと量子ドット技術採用による明るく鮮明な画像。明るい部屋でも視聴に適しており、映り込みが少ない。色の自然さと明るさのバランス調整には個人差あり。
  • 音質: 全体的に良好だが、迫力に欠けるとの意見も。外部スピーカー推奨の声あり。
  • 操作性: リモコンの応答性が良く、ネット動画サービスのアクセスが便利。一部は操作面での改善点を指摘。
  • 応答性能: 必要十分との評価。
  • 機能性: タイムシフト機能が便利。USB HDDを接続することで容易に利用可能。ネット動画の視聴が地デジチャンネルのように簡単。
  • サイズとデザイン: フレームレスでスタイリッシュ。設置場所によっては一回り小さいサイズが望まれることも。
  • センシング機能: 人がテレビ前にいないと判断するとセーブモードに自動で入る便利機能。

総合評価

  • 画質の進化: MiniLEDによる鮮明な画像と、直射日光が当たる場所でも快適に視聴可能。
  • 操作と応答性: 高速反応のリモコンと直感的な操作性が特徴。
  • 機能面の充実: タイムシフト機能をはじめ、多彩な機能を備える。ただし、色調整には若干の手間が必要。
  • 価格対性能: 高価格帯ながら、提供する機能と画質の進化を考慮するとコストパフォーマンスは悪くない。

価格.com

  • 画質に大満足: 15年前のモデルからの買い替えで、画質の美しさに感動。有機ELと比較しても遜色なく、明るいリビングでの視聴に適しているとの評価。
  • 音質も高評価: サウンドに関しても満足の声多数。液晶にしては良好な音質。
  • 操作性の便利さ: リモコンの大きさや首振り機能が便利との意見あり。ユーザーインターフェースに対する満足度も高い。
  • 初期設定後のカスタマイズ: 映像設定の調整により、昼夜問わず鮮やかな画面で視聴を楽しんでいる。特に「画面の明るさ」を調整することで満足度が上がるとの声。
  • 価格に対する評価: 高価だが、その価値はあるとの意見。特に、最安値での購入ができた場合のコストパフォーマンスには満足している様子。
  • 地デジビューティー機能: 地デジ視聴時の画質改善機能に驚きと満足を感じているレビューあり。オン/オフでの違いが顕著。
  • 有機ELとの比較: 有機ELとの比較で、画質面ではほぼ差がないと評価。特に明るい場所での視聴や価格面でのメリットを感じている。
  • 焼き付きの心配なし: 液晶なので焼き付きの心配がなく、これが購入の決め手になったとの声も。

ビックカメラ 楽天市場

型落ちZ875Lシリーズの口コミ レビュー

発色はかなり強いです。AIおまかせでも、眩しく感じるので、好みで調整かと。正面だとあまり違いを感じないくらいですが、少し角度がつくと有機ELと比較すると画質が落ちます。ただ、キレイな映像見たければ、正面から見ろよ、とも思います。別途、サラウンドシステムを使用してますが、本機単体でもそれなりに鳴らしてくれます。

画質、音質ともに期待したとおりであった。特に赤の発色がさすが量子ドットと思える鮮やかさである。音質も少し音量を上げると顕著にその良さが感じられる。音質・画質に無頓着な人には宝の持ち腐れになると思う。

引用 ヤマダ電機

マイナス点
・他の875Lユーザーが書かれているように、リモコンの受信範囲が狭い。
・電源のLEDが暗いので、近くへ行って確認しないとONになったかわからない。
・AI処理の為だと思うが、チャンネル切り替えに時間がかかる。
・全面白画面の時まぶしい。

・人物が浮かび上がる画像処理が売りのようだが、私にはクロマキー合成に見えてしまう。また、建物はCGに見えてしまうことも。

プラス点
・まるごとchボタンで地デジほぼ全局を同時に確認できる。
・75インチで40kgと、意外に重くない(東芝は重いという印象が今まであった)。
・有機EL65インチと同程度の価格で75インチが手に入る。価格自体もキャッシュバックで他メーカーより安めだった。

大画面で観るテレビはやはり見え方が違ってきますね。迷ったら大画面を選んで間違いなし。

地デジが75インチなのに断然綺麗に見えるのはビックリしました画像処理は進化しているようです。今までAmazon Prime Videoなどは初代4k fire tvを使用していましたが動作など早くなりましたので不満ありません。リモコン赤外線出力が弱いのか反応範囲は狭いですスマートリモコンNature Remoは横からの配置で普通に使えます。音質はavアンプ使用してサラウンド組んでいるので無評価 タイムシフトは変わらず便利です画面もサイズアップして満足な買い物でした。

引用 価格.com

共通の機能

搭載チューナー

地上デジタル×9(タイムシフトマシン含む)、BS/110度CSデジタル×3、BS/CS 4K放送×2。

地デジ/BS/CSの2番組同時、4K放送を視聴しながら別の4K放送の裏番組を別売りの外付けUSB HDDで録画できる機種。(4Kダブルチューナーウラ録・BSも地デジも3チューナーW録)

放送済みの番組をさかのぼって見られる全録機能「タイムシフトマシン」も搭載。

4K液晶レグザ【鬼比較】Z970Mシリーズと型落ちZ875Lシリーズの違い口コミ レビュー!

タイムシフトマシン公式へ

レグザエンジンZRα

目指したのは、想像をはるかに超える感動体験。

人間の感性を持ったかのような映像解析能力を備えたレグザ最新のハードウェアAIエンジンZRαは、
ディープニューラルネットワークを駆使して、高ビットの信号処理と最新の超解像技術を用い、人が見ている世界をより自然な美しさで再現。
圧倒的なテクスチャー再現力により、手を伸ばせば届きそうなほどの質感や、まるでその場に居るかのような空気感まで表現できる!

美肌高画質

4K液晶レグザ【鬼比較】Z970Mシリーズと型落ちZ875Lシリーズの違い口コミ レビュー!

レグザエンジンZRαにより、映像の中から人物の顔を探して、肌の色がカラーシフトしているか判定。
照明などの影響により不自然に映し出される肌の色をより自然に描き出す。

リアルで立体感ある映像になるので美しい!

64色軸リッチカラーイメージコントロール

4K液晶レグザ【鬼比較】Z970Mシリーズと型落ちZ875Lシリーズの違い口コミ レビュー!

色が驚愕のリアル!

広色域映像を表現するには緻密な色彩コントロールが必要。

映像信号として圧縮された色域に対して、レグザは7168項目のカラーデータベースを参照し、64もの色軸による高精度な色空間変換を行う。

これにより淡い色の繊細なニュアンスなど、オリジナルに近い自然な色を再現する。

オーディオキャリブレーション

テレビから発するテストトーンを、リモコンのマイクで測定。

4K液晶レグザ【鬼比較】Z970Mシリーズと型落ちZ875Lシリーズの違い口コミ レビュー!

リビングやベットルームなどの各部屋に最適なオーディオ設定に自動調整してくれるので、適切な設定で臨場感あるサウンドを楽しめる。

はじめにジャンプ(タイムシフトマシン)

テレビ起動時やチャンネル選局時に気になる番組を見つけたら、ボタン1つでオープニングから視聴できてしまう。

レグザナビ

人気の番組をランキング形式で表示する

ゲーム機能

瞬速ゲームモード

 4K/120P入力もVRRPも 約0.83m secの低遅延で速い!(PS5などの最新ゲーム機の性能を遺憾なく発揮できる)
臨場感あふれる映像で美しい
480i/p、720p入力も大画面表示

4K液晶レグザ【鬼比較】Z970Mシリーズと型落ちZ875Lシリーズの違い口コミ レビュー!

HDR規格

HDR10、HLG、HDR10+、Dolby VisionのHDR規格、視聴環境にあわせて最適な映像を映すHDR10+ ADAPTIVE、Dolby Vision IQに対応