『盲点』【鬼】75A6G との『違い』

 ハイセンスの4K液晶テレビ 【鬼比較】

※わかりにくい隠れた盲点、カタログには書かれていない隠れた盲点、も必見

画質や機能だけでなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

下記タイトルをクリックで比較記事へ

ハイセンス 75A6Gの特徴

75A6G と下位機種 50F60Eの『違い』

75A6G と上位機種 65U7Fの『違い』

※75F60Eは存在しないので上記50F60Eを参照

※75U7Fは存在しないので上記65U7Fを参照

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。



ハイセンス 75A6Gの特徴

70v型 75A6G

引用 75A6Gの仕様

 

posted with カエレバ

AIネット映像高画質処理

[AIネット映像高画質処理]

ネット配信、ネット動画やVODコンテンツを分析し、色温度/色濃度/輝度/ダイナミックガンマ補正なども自動で最適な映像処理をする。

様々な映像を高品位に再現!

高音質技術(Eilex PRISM)

最先端の音響最適補正技術の事で、高精度でより明瞭度の高い臨場感あふれる高音質を実現する。

プラットフォーム・動画配信サービス

番組一覧

ゲームモード

4Kの解像度のまま緻密な映像で楽しめる!

トップへ戻る



◯◯A6Gの口コミ・レビュー

 

口コミ・レビュー 良い面

リモコンが意外と使いやすい(NetflixとかAmazon Primeの専用ボタンがある)のと番組表が見やすい。

とてもコスパのよいテレビだと思います。

口コミ・レビュー 悪い面

あえて言うなら、2点。

1点目は、背面のHDMI端子の間隔が狭いので、amazon fireの古い型式だと2つつぶしてしまいます。

2点目は、スピーカーはちょい弱めな気がしますので、音質にこだわるのであれば外付けのほうが良いと思います。

ちなみにbluetoothはありませんので外付けスピーカーは光ケーブルかhdmi接続になるかと思います。

引用 楽天市場

75A6G と下位機種 50F60Eの『違い』

 

F60Eシリーズ 50F60E 

VS

new! A6Gシリーズ 75A6G

 

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

サイズ

50F60E : 50インチ

75A6G : 75インチ

映像処理エンジン

50F60E : × ナシ

75A6G : ◯ NEOエンジンLite

進化した高画質映像エンジン NEOエンジン Lite

基本的な映像処理だけでなく、さまざまなコンテンツやシーンに特化した映像処理を行うので美しい高画質を実現!

75A6G

4K復元・エリア別クリア復元・クリアノイズ処理・テクスチャー復元

50F60E : × ナシ

75A6G : ◯ あり

復元時に出やすいノイズを抑えながら、通常のアップコンバートより自然でなめらかな4K映像に引き上げる。

ノイズが目立ちやすい平坦なエリアは、より滑らかな映像表現となるようノイズリダクションを行う。

小さな文字の周りやエッジ周辺、処理範囲が広いときに出る様々なノイズを低減。

彩度に適した輝度になるように調整し、コントラストを際立たせて引き締めることによって、奥行きや質感の伝わる立体的な映像にしてくれる。

つまり画像の鮮明さが全然違う!

AIネット映像高画質処理

50F60E : × ナシ

75A6G : ◯ あり

[AIネット映像高画質処理]

ネット配信、ネット動画やVODコンテンツを分析し、色温度/色濃度/輝度/ダイナミックガンマ補正なども自動で最適な映像処理をする。

様々な映像を高品位に再現!

残像感軽減処理(SMR120)

50F60E : × ナシ

75A6G : ◯ あり

SMR120

※写真はSMR960の場合

どんな速い動きでも滑らかな映像表現が可能!

HDR再現処理

50F60E : × ナシ

75A6G : ◯ あり

ダイナミックレンジや特性を合わせ、正確なコントラスト表現で奥行きを感じるリアルな映像を再現。

明るいシーンでも白くなりにくく鮮やかさも失わず、美しい色合いを保てる特徴あり。

高音質技術(Eilex PRISM)

50F60E : × ナシ

75A6G : ◯ あり

最先端の音響最適補正技術の事で、高精度でより明瞭度の高い臨場感あふれる高音質を実現する。

つまり音楽や映画などをアーティストが意図した通りの音で再生可能!

プラットフォーム・動画配信サービス

50F60E : × ナシ

75A6G : ◯ あり

番組一覧

ゲームモード

50F60E : × ナシ

75A6G : ◯ あり

75A6Gの場合、低遅延やPCゲーム対応、ALLM対応あり。

つまり4Kの解像度のまま緻密な映像で楽しめる!

スマートスピーカー対応

50F60E : × ナシ

75A6G : ◯ あり

Google アシスタントやAmazon Alexaなどを搭載したスマートスピーカーに対応。

Google アシスタント

スマートスピーカーに話しかるだけでテレビの電源を消したり、チャンネルを変更も出来る。
両手がふさがりがちな料理をしている時にも便利でチャンネルを変更したり、ベッドに入った後に消し忘れたテレビを消したり、などなど。

チューナー数

50F60E : △ 少ない

75A6G : ◯ 多い

50F60Eの場合

地上デジタルx2・BSデジタルx2・CSデジタルx2

75A6Gの場合

上記プラス、BS4Kと110°CS4Kが追加される。

もちろん番組を視聴しながら、裏番組も録画可。

50F60Eとの比較記事・一覧へ

引用  50F60Eの特徴

posted with カエレバ

75A6Gの価格は ハイセンス 75A6Gの特徴へ

トップへ戻る



75A6G と上位機種 65U7Fの『違い』

シリーズ

65U7F : U7Fシリーズ

75A6G : A6Gシリーズ

映像処理エンジン

65U7F : ◯ NEOエンジン 2020

75A6G : △ NEOエンジンLite

進化した高画質映像エンジン NEOエンジン 2020

映像の美しさに直結する階調表現力と微小信号の再現性がアップ!
地デジ、BS/CS、4K放送まで、よりなめらかに、精細に、美しく映し出す!

65U7F

エリア別処理・高精細ノイズ処理

65U7F : ◯ エリア別高精細復元・高精細ノイズ処理

75A6G : △ エリア別クリア復元・クリアノイズ処理

映像を複数のエリアに分けて解析し、細かい部分はシャープネスを引き上げ、ノイズが目立つ平坦部にはノイズ処理されるので65U7Fの方が見やすく美しい。

残像感軽減処理

65U7F : ◯ SMR180

75A6G : △ SMR120

SMR120

※写真はSMR960の場合

65U7Fの方が、滑らかな映像表現が可能!

広色域

65U7F : ◯ 対応あり

75A6G : × 対応ナシ

幅広い色表現が出来るので、さらに自然な色彩を実現しデジタルシネマ規格DCI-P3のカバー率は90%を達成!

new! 2画面表示

65U7F : ◯ あり

75A6G : × ナシ

二画面表示

画面の拡大・縮小は3段階で調整できて便利!

※わかりにくい隠れた盲点

左が拡大、右が縮小にのみ対応していて、右の画面に新衛星4K放送は表示できない。
また、外部入力同士の表示、録画番組、動画配信サービス視聴中は二画面表示できないので頭に入れておく必要があるかもしれない。

2番組同時録画

65U7F : ◯ 対応あり

75A6G : × ナシ

ちなみに75A6Gは裏番組録画は可能となっている。

65U7Fとの比較記事・一覧へ

65U7F

引用 65U7Fの特徴

posted with カエレバ

75A6Gの価格は ハイセンス 75A6Gの特徴へ

トップへ戻る



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに