40E30Kと40E40Hの違いを比較

ハイセンス40E30Kと40E40Hの違い口コミ:レビュー! 40V型フルハイビジョン | 鬼比較.com

Hisense 40V型フルHDテレビ40E30Kと40E40Hの徹底比較を端的にご紹介。比較候補になる機種をカタログ比較表でもチェックできる唯一のサイト。厳選された口コミ・レビューも要チェック!

※鬼比較.comはプロモーションを含み、皆様からの広告収入により成り立っています。new! 各ページ内にある型番順に平均最安価格を表示する新機能を追加しました。右下の鬼価格ボタンからチェック可能。型番が多いページでも、ぜひチェックしてみてください(在庫無しの型番だけ非表示)

新旧比較

 

上位機種 40E40H / E40Hシリーズ

VS

新機種 40E30K / E30Kシリーズ

 

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

 

新機種40E30Kと上位機種40E40Hを比較

40E30Kの仕様40E40Hの仕様を公式サイトなどで徹底比較した結果、以下の違いと共通点があった。

特徴 新機種40E30K 上位機種40E40H
画面サイズ 40v型 40v型
解像度 1920×1080 1920×1080
パネル方式 VA VA
消費電力(稼働時) 67W 74W
年間消費電力 67KWh 73KWh
省エネ基準達成率 123% 117%
映像エンジン NEOエンジン 2K NEOエンジン2Ksmart
音質(スピーカー出力) 14W (フルレンジ×2) 14W (フルレンジ×2)
高音質機能 なし eilex PRISM、eilex FOCUS、ダイレクトサウンド、自動音声モード、DOLBY AUDIO
ネット動画 VIDAAプラットフォーム、豊富なVODサービス対応
チューナー 地上デジタル、BS・110度CSデジタル 地上デジタル、BS・110度CSデジタル
無線LAN内蔵 なし IEEE802.11ac/a/b/g/n
入出力端子(HDMI) HDMI2.0b×2 HDMI×2
USB端子 1 2(USB2.0)
録画機能 外付けHDD裏番組録画、簡単連続録画など 外付けHDD裏番組録画、簡単連続録画など
本体質量(スタンド含む) 5.5kg 5.5kg

両モデルは多くの基本的なスペックが似ているが、E40Hは映像がキレイで、音質機能が充実しており、ネット動画VODサービスにも富んでいる点が大きな違い。さらにE40Hには無線LANが内蔵されており、より多くのUSB端子を持っているため、接続性と使い勝手の面でも利点がある。


現在の価格

上位機種 40E40Hの価格

機能公式ページへ

posted with カエレバ

new! 新機種 40E30Kの価格

機能公式ページへ

posted with カエレバ

型番をクリックで各比較記事へ

新機種E30K 上位機種E40H
40V型 40E30K 40E40H
32V型 32E30K 32E40H



口コミ・レビューをチェック

40E30Kの口コミ:レビュー!

  • コスパに優れた選択
    • AQUOSテレビが故障したため、コストパフォーマンスが魅力的であったこのテレビを選択。一部レビューに悪い評価もあったが、視聴には十分な性能を提供し、コスパは良好と評価。
    • 初のハイセンス製品として、リモコンが小さくシンプルで、映像品質が日本製品と遜色ないレベル。耐久性については今後の課題。
  • 機能性と利便性
    • 寝室専用としても満足の性能。映像が非常に綺麗で、リモコンの応答も良好。一部で残像が残る場合があるものの、価格を考えれば納得の範囲。
    • リモコンの使い勝手に若干の難があるものの、価値に見合った製品との意見もある。
  • 画質と設定の容易さ
    • 価格の割に高い画質と音質を提供し、設定も比較的容易。Amazon Fire Stickの継続使用が可能で、6畳の部屋に40型がちょうど良いサイズ感。
  • 耐久性と保証
    • 耐久性については様々な意見があり、一部は過去の製品の耐久性に不安を感じつつも、今回の製品には満足している様子。保証期間にも注目し、念のため長期保証をつけた人も。
  • 設計上の課題
    • ケーブルの差し込み口が互いに近すぎるため、特定の機器を同時に接続する際に問題が生じる場合がある。特に、Amazon Fire Stickと他の機器を同時に使用する際に干渉が生じることが指摘されている。

アマゾン

上位機種 40E40Hの口コミ:レビュー!

  • デザインと操作性が際立つ
    • スッキリとしたデザインで視界に入ってもストレスを感じない。
    • Androidテレビで、リモコン操作が簡単で直感的。
  • 画質と音質に満足
    • 画質は全体的に満足。
    • 音質も良好と評価。
  • 応答性能と機能性
    • 快適な応答性能。
    • インターネット接続により機能が充実。
  • 選択の決め手はコスパ
    • 寝室用に40インチのテレビを探しており、ハイセンスとレグザの間で比較。価格とコスパでハイセンスを選択。
    • セールで価格が下がったことも購入の大きな理由。
  • エンジンとコスパの評価
    • リモコンやスピーカーではコスト削減を感じるが、全体的にコスパが良いとの評価。
    • デザインはスリムで画面が大きく見える。操作性、画質、音質も妥協できる範囲内。
  • 使い勝手と機能性
    • 設定が簡単で、REGZAとの類似性がある。フルハイビジョンでありながら、コスパに優れる。
    • ネット動画サービスが利用可能で、応答性能も良好。サイズはコンパクトで軽量。

価格.com

カタログ比較表

こちらも参考に

カタログ比較表↓は緑の四角をクリックで各鬼比較へ

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較.comへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに