ハイセンス【鬼】50E6800と【鬼】50A6800の違い

最終更新日:2021年2月21日

 ハイセンスの液晶テレビ 【鬼比較】

※カタログには書かれていない隠れた盲点、※わかりにくい隠れた盲点も必見

画質や機能、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

E6800シリーズ 50E6800

VS

A6800シリーズ 50A6800

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

50v型 50E6800

 

引用 50E6800の特徴

50E6800との比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

※追記 これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ソフマップ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシン、オノデンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。

 

引用  50A6800の特徴

50A6800との比較記事・一覧へ

posted with カエレバ



重要な違い

高音質機能

50E6800 : ◯ DOLBY AUDIO、Hi-Sound Pro、ダイレクトサウンド、サウンドノイズ軽減技術

50A6800 : △ DOLBY AUDIO、Hi-Sound Pro、BASS BOOST

ダイレクトサウンドとは?

ダイレクトサウンド

特殊な技術により音像位置を補正して改善。画面から音が聞こえてくるような映像と音が一体となった自然な音を体感できる!

サウンドノイズ軽減技術とは?

サウンドノイズ軽減技術

共鳴により発生する不快なノイズを低減するので、より繊細でクリアな音になる!

HDMI入力端子

50E6800 : 4

50A6800 :  3

B-CASカード

50E6800 : B-CASカード

50A6800 :  mini B-CASカード

B-CASカードは、デジタル放送受信機に同梱されているICカードである。

BS・110度CS・地上デジタル対応受信機には赤色のBS・CS・地上共用カードが同梱。

地上デジタル専用受信機には青色の地上デジタル専用カードが同梱。
B-CASカードは、地上デジタル放送、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送の番組の著作権保護、有料放送、自動表示メッセージ、データ放送の双方向サービスなどに利用されている。

以下は両機種に共通する特徴ある部分

地デジ、BS・110°CSの3波だけでなく、BS/CS 4K チューナー内蔵なので新 4K 衛星放送も見られる機種(外付けチューナーやレコーダーが不要)

BS 4K / 110°CS 4K

地上DIGITAL ×3 / BS DIGITAL ×3 / 110°CS DIGITAL ×3

2番組同時録画もできる!

プラットフォーム・動画配信サービス

プラットフォーム・動画配信サービス - ハイセンス【鬼】50E6800と【鬼】50A6800の違い

ゲームモード

低遅延やPCゲーム対応あり。

つまり4Kの解像度のまま緻密な映像で楽しめる!

スマートスピーカー対応

Google アシスタントやAmazon Alexaなどを搭載したスマートスピーカーに対応。

スマートスピーカーに話しかるだけでテレビの電源を消したり、チャンネルを変更も出来る。
両手がふさがりがちな料理をしている時にも便利でチャンネルを変更したり、ベッドに入った後に消し忘れたテレビを消したり、などなど。



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに