家電の徹底比較

新旧【鬼比較】55X8900Kと55X8400の違い

東芝の4K有機ELレグザ 【鬼比較】

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

※鬼比較.comはプロモーションを含み、皆様からの広告収入により成り立っています。new! 各ページ内にある型番順に平均最安価格を表示する新機能を追加しました。右下の鬼価格ボタンからチェック可能。型番が多いページでも、ぜひチェックしてみてください(在庫無しの型番だけ非表示)

55X8400 旧モデル

VS

new! 55X8900K 新モデル

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いた【鬼比較.com】へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

新モデルに進化あり!

 

new! 映像処理エンジン

55X8400 : △ レグザエンジン Cloud PRO

55X8900K : ◯ レグザエンジンZR I(ゼットアールワン)

この新開発の高画質映像処理エンジンは、高度なダイナミックガンマ制御により、さらなる高コントラストを実現させた!

さらに36色軸カラーイメージコントロールは、繊細な淡い色などもオリジナルに近い自然な色に再現する。

さらに55X8900Kは

高い動画応答特性の有機ELパネルを、映像処理エンジンで倍速制御!

動きの速いシーンでもクリアな映像を実現させ、映画やアニメなどのコマ数が少ないコンテンツのガタツキを軽減、なめらかに表現する機能も搭載している。

自動映像調整

55X8400 : △ おまかせAIピクチャー

55X8900K : ◯ おまかせAIピクチャー ZR I

室内の明るさと照明や外光の色温度の違いを検出し、視聴環境にあわせて適切な画質に自動調整、周囲の色温度にも合わせて画質調整してくれる機能。

55X8900Kの場合は、さらにブルーライトをカットできるので目が快適!

ブルーライトは夜間に浴びると睡眠に悪影響があると言われている。

音響システム

55X8400 : △ レグザパワーオーディオX

55X8900K : ◯ レグザ重低音立体音響システムXP

55X8900Kの場合

「レグザ重低音立体音響システムXP」 イメージ

ダブルパッシブラジエーターを組み合わせたダブルレンジスピーカー、クリアツィーターなど合計6個のスピーカーを駆動し、のびやかでクリアな高域再生とパワフルな低音再生が可能!

55X8900Kの方が、クリアな高音から重低音まで臨場感豊かなサウンドを体験できる。

オートゲームアジャスト機能

55X8400 : × ナシ

55X8900K : ◯ あり

ゲーム機の出力映像に合わせて、臨場感あふれる美しい映像を再現できるのは55X8900K。

リモコン

55X8400の場合

「レグザスマートリモコン」 イメージ

55X8900Kの場合

HDR対応

55X8400 : △ HDR 10+/DOLBY VISION /HDR 10/HLG HDR

55X8900K : ◯ HDR 10+ ADAPTIVE/HDR 10+/HDR 10/HLG HDR/DOLBY VISION/DOLBY VISION IQ


つまり55X8900Kと55X8400の違いは、映像処理エンジンや有機ELパネルの進化による画質の向上・早い動きの映像もスムーズに再現できるかどうか(ゲーム機能含む)と、重低音立体音響システムXPの有無による音質の違いである。ブルーライトのカットも可能な55X8900Kがおすすめ!


型落ち X8400シリーズ

posted with カエレバ

new! 55X8400の新モデル・後継シリーズも登場!→ 55X9400Sとの違いへ


新モデル 55X8900K

写真参照 X8900Kシリーズ

posted with カエレバ

new! 55X8900Kの新モデル・後継機種も登場!→ 55X8900Lとの違いへ



以下は両機種に共通

低反射有機ELパネルなので深みのある美しい“黒”を再現する

フルハイビジョンテレビの約4倍となる約829万もの画素が、自ら発光する「自発光方式」によりピクセル単位の発光で映像を表現するので、高いピーク輝度とほぼ完全な黒の再現を可能としている。

レグザ重低音立体音響システムXP

クリアな高音から重低音まで、臨場感豊かなサウンドを再現!

 

チューナーは、4Kチューナーを2基、地上/BS・110度CSデジタル放送チューナーを3基内蔵。