家電の徹底比較

【鬼比較】55X8900Lと型落ち55X8900Kの違い3機種口コミ:レビュー!東芝4K有機ELレグザ55V型

55X8900Lの鬼比較と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

55X8900Lは東芝の55V型4K有機ELレグザで、高いピーク輝度とほぼ完全な黒の再現を可能としたシリーズである。

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較候補になる機種の比較記事あり。

※鬼比較.comはプロモーションを含み、皆様からの広告収入により成り立っています。new! 各ページ内にある型番順に平均最安価格を表示する新機能を追加しました。右下の鬼価格ボタンからチェック可能。型番が多いページでも、ぜひチェックしてみてください(在庫無しの型番だけ非表示)

目次をクリックで比較記事へ

55X8900Lの特徴(X8900Lシリーズ)

 

有機ELパネルなので深みのある美しい“黒”を再現する

フルハイビジョンテレビの約4倍となる約829万もの画素が、自ら発光する「自発光方式」によりピクセル単位の発光で映像を表現するので、高いピーク輝度とほぼ完全な黒の再現を可能としている。

チューナー

地上デジタル×3、BS/110度CSデジタル×3、BS/CS 4K放送×2。地デジ/BS/CSの2番組同時、4K放送を視聴しながら別の4K放送の裏番組を別売りの外付けUSB HDDで録画できる機種。(4Kダブルチューナーウラ録・BSも地デジも3チューナーW録)

new! 高画質と快適な操作性を両立する新世代レグザエンジンZR IIを新搭載へ!

美肌フェイストーンZR II

【鬼比較】55X8900Lと型落ち55X8900Kの違い3機種口コミ:レビュー!東芝4K有機ELレグザ55V型

撮影環境の影響を受けて不自然に感じる人肌を補正し、立体感や質感を向上させ、自然で美しい肌・表情を再現する。

おまかせAIピクチャーZR II

室内の明るさと照明や外光の色温度の違いを検出し、視聴環境にあわせて適切な画質に自動調整。周囲の色温度にも合わせて画質調整され便利。

夜間に浴びると睡眠に影響があると言われるブルーライト抑制もできるので、健康的で快適なテレビライフを送れる。

地デジAIビューティZR II

テロップまわりのノイズや動きのある映像で発生しがちな動きボケを抑制。

クリアな映像に変換しクラウド上にある番組やジャンルごとの映像調整パラメータを利用しながら高画質処理。

ネット動画ビューティZR II

ネット動画の特性に合わせて高画質処理する機能。

コントラスト・精細感をアップさせ、低フレームレートコンテンツもなめらかに再生できる。

レグザナビ

人気の番組をランキング形式で表示する

重低音立体音響システムXP

実用最大出力合計値72Wのマルチアンプにより、のびやかでクリアな高域再生とパワフルな低音再生を実現!音域のつながりを向上させる高遮断クロスオーバーフィルターも搭載。

【鬼比較】55X8900Lと型落ち55X8900Kの違い3機種口コミ:レビュー!東芝4K有機ELレグザ55V型

立体音響技術ドルビーアトモスにも対応しているので、映画館のように立体的で迫力のあるサウンドを楽しむことができる。

オーディオキャリブレーション

テレビから発するテストトーンを、リモコンのマイクで測定。

リビングやベットルームなどの各部屋に最適なオーディオ設定に自動調整してくれるので、適切な設定で臨場感あるサウンドを楽しめる。

スピーカー構成

ダブルパッシブラジエーターを組み合わせたフルレンジスピーカー、クリアツイーターの合計6個

オートゲームアジャスト機能

ゲーム機の出力映像に合わせて、臨場感あふれる美しい映像を再現。ゲーム専用の高画質モードも搭載。

回転スタンド

スイーベル対応のスタンド付属(有機ELレグザで初!

new! その他の新しく追加された機能は下記、新旧比較 55X8900Kと55X8900Lの違い を参照


55X8900Lの価格

写真は各公式へ

posted with カエレバ

new! 55X8900Lの新モデル・後継機種も登場!→ 55X8900Nとの違いへ

こちらも参考に

カタログ比較表↓は緑の四角をクリックで各鬼比較へ

トップへ戻る(特徴紹介へ)



新旧比較

55X8900Kと55X8900Lの違い

 

55X8900K 旧モデル

VS

new! 55X8900L 新モデル

55X8900Lの型落ち・旧モデルが55X8900Kである。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いた【鬼比較.com】へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

新モデルに進化あり!

 

搭載エンジン(プロセッサ)

55X8900K : △ レグザエンジン Cloud PRO

55X8900L : ◯ new! レグザエンジンZR2

新モデルは新開発の高画質映像処理エンジンへ進化!

4K放送などやネット動画も高精細に楽しめ、さらなる高速レスポンス、進化したノイズリダクション、快適な操作性で快適になった。

美肌高画質・地デジ高画質・ネット動画高画質・自動映像調整機能すべてにおいてレベルアップ!

有機ELパネルの違い

55X8900K : △ 倍速 低反射4K有機ELパネル

55X8900L : ◯ new! レグザ専用高コントラスト4K有機ELパネル

55X8900Lは、高輝度を実現する自社開発の高冷却インナープレートとメタルバックカバーの組み合わせにより、圧倒的なコントラストと鮮やかな色調を再現できるようになった!

リモコンのダイレクトボタン

55X8900K : △ YouTube、ABEMA、Hulu、U-NEXT、 Prime Video

55X8900L : ◯ new! YouTube、ABEMA、Netflix、Hulu、U-NEXT、 Prime Video、Disney+、TVer、dTV

comfortable-1-2

新レグザリモコンは動画配信サービスへのダイレクトボタンがさらに追加され便利になった!

My.Choiceボタンはどちらも搭載で、ここにはないお気に入りの動画配信等のアプリケーションのショートカットを登録することが可能

OS

55X8900K : △ Android/Google TV

55X8900L : ◯ レグザ専用Linux OS

映像メニューや各種設定などの従来のレグザメニューが新しいプロセッサに移植されて、さらに使いやすくなり進化している。

new! スイーベルスタンド

55X8900K : ✕ ナシ

55X8900L : ◯ 新搭載!

回転式スタンドのことで、左右水平25度の角度調整が可能なため、視聴環境に合わせて最適な位置での視聴できるようになった!例えば配線作業や掃除もさらにラクになる。


つまり55X8900Lと55X8900Kの違いは、有機ELパネルと搭載エンジン(プロセッサ)・リモコンのダイレクトボタン・OSの違いとスイーベルスタンドの有無である。さらに映像が鮮やかに美しくなって操作性もアップした55X8900Lがおすすめ!


型落ち 55X8900Kの比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

55X8900Lの価格は 東芝 55X8900L

トップへ戻る(特徴紹介へ)



口コミ・レビューをチェック!

55X8900Lの口コミ・レビュー

  • 買ってよかった。有機ELで約15万円、コスパ良し。デザイン、画質、音質問題なし。操作性はリモコンが少しわかりにくい。サイズはもう少し大きくても良かったかも。

  • レグザリンクではネットワーク連携期待できず。家庭内の全資源が見えるパナソニックのお部屋ジャンプリンクと比較し、ネットワーク連携重視にはお勧めできない。

  • 16年前のREGZAからの買い替えで圧倒的映像美。4K、地デジでも非常にきれい。コントラスト良く、黒が際立つ。見やすさ増え、ブルーレイレコーダーもスムーズに接続。

  • 初めての4K有機ELテレビ。画質非常に良く、YouTubeの4K夜景動画が今までの液晶テレビと比べ大変きれい。

引用 価格.com

  • 液晶テレビレグザの画面が半分映らなくなり、急遽有機ELに買い替え。価格の安さに驚き、大正解だった。

  • 10年ぶりのテレビ買い替えで有機テレビの映像進歩に感動。音声調節が便利で満足。

  • 液晶と迷ったが有機ELにして正解。48型と55型で迷ったが、55型で良かった。鮮明な色合いで綺麗。

  • REGZAの液晶テレビから有機ELに買い替え。色の違いが段違いで、メリハリが出て見やすくなった。

  • 液晶か有機ELで悩んだが、有機ELにし鮮やかな画像に満足。選択して正解だった。

  • 画素がとても綺麗で多くのアプリが入っていることが素晴らしい。

  • すごくキレイな画面で、色鮮やかで音質も良く、今まで見ていたテレビとは全然違う。

  • LGの有機ELテレビからレグザに買い替え。LGに負けず劣らず綺麗な画面に満足。

  • 32インチから55インチに買い替え。48インチと迷ったが、55インチで正解だった。綺麗で満足。

  • 13年前に購入した47インチのレグザが壊れたので、55インチのレグザに買い替え。美しい画面で大満足。

引用 ビックカメラ

型落ち55X8900Kの口コミ・レビュー

大自然系の壮大な映像見るとうっとりで迷ったけれど有機ELにしてよかったと思いました。音質は物足りないというレビューをみていましたが、予想よりもずっしりした音も出て日常の番組やYouTubeなどチェックする分には個人的には十分と思います。

4kに関しては、さすがに今まで使ってたTVでは出せない映像美です。BSの4k映像ではREGZAの映像美の感じがわからないのでYouTubeの8kや12K映像を見て映像美に納得し満足してます。音に関しては…やはりTVのスピーカーです。

映画を見ました。 動きの滑らかさ、暗いシーンでの再現率は驚きでした。 音に関してはまぁ、仕方ないですが映画を見るにはやはりサブウーファーは必要でしょう。

37型は壁掛けをしていたので、55型の重量が気になりましたが約3Kgしか違わず、さすがに金具は買い換えるものの、いずれまた壁掛けで使用する予定です。 今のところ、不満という不満は無いですが、Netflixアプリがインストールできないのと、時々OKGoogleが聞き違いをして勝手に何かを始めることです。

映画によっては話し声が小さく効果音が大きすぎなこともありましたが、音声設定でクリア音声にしてしまえば話し声もよく聞こえ解決。 録画機能もキャプチャーついててCM飛ばすの楽だし、今まではFire stickでアマプラ観てましたが内臓されてるので便利!とっても良い買い物をしました!

引用 paypayモール

やっぱり量販店で見る大きさと自宅に配置した時の大きさは感じ方が違う。65型にしなくて良かった!置き換えですが、画面のキレイさは格段に違いますね!

かなり古い、世界の亀山モデルの32インチの液晶からの買い替えです。当初50インチぐらいを考えていたのですが、有機ELは48の次は55ということでおみせでみたときは48はちょと小さく感じたため、
55インチを購入しました。が!届いてみると、マジででかい!

画像はすごくキレイで写り込みが少ないて良い。ただ音が微妙…。サウンドバーを買った方がいいかもしれない。色味は自然でいいと思う。反応は機敏で良い。

大画面でゲームをプレイしたい人におすすめです。画面もすごく綺麗です。ゲーム機へ切り替えたところ、自動でゲームモードになっていたのがすごく便利でした。

引用 nojimaonline

ゲームモードがある・反射が少ないということでこの商品一択でした。値段もお手頃でよい買い物ができました。

画質はめちゃくちゃいいです!ゲーム用鑑賞用とどちらでもいい感じです 残念なのはネットフリックスがなかったことですね

プラズマテレビからの買い替えです。4K映像はもちろん美しく映ります。

引用 楽天市場

こちらも参考に 東芝の液晶テレビ・一覧



55X9400Sと比較

55X8900Lと上位機種 55X9400Sの違い

 

地上デジタルのチューナー数

55X9400S : 9

55X8900L : 3

55X9400Sの場合

別売のUSBハードディスクを接続するれば地デジ番組を最大6チャンネル約80時間分も、まるごと録画できてしまう!(タイムシフトマシン4Kレグザ)

チューナー数が多いので見たい番組が「あとで」見られる、見逃した番組が「これから」見られるなど、自由な視聴スタイルを実現できるのがタイムシフトマシン

タイムシフトマシンで今まで面倒だった時間も節約!

テレビ番組を途中からリアルタイムで見はじめた場合は、始めにジャンプ機能で番組の冒頭部にさかのぼって視聴可。

テレビをつけた時やチャンネルを替えた時、オンエア中のスポーツやニュースなど途中から見始めてしまった時に便利。

リモコンボタンを押すだけの簡単仕様!

さらに詳しくはタイムシフトマシンの特徴へ

※タイムシフトマシン対応のUSB HDDが必要↓

posted with カエレバ

以下の2つはどちらも共通

4Kダブルチューナーウラ録

4K放送を見ながら別の4K番組を録画できる。

BSも地デジも3チューナーW録

BSも地デジも3チューナーだから番組を見ながら別の2番組を同時に録画もできる!

まるごとチャンネル

55X9400S : ◯ あり

55X8900L : × ナシ

放送中の地デジ番組最大6チャンネルを画面上に同時に表示!

これと始めにジャンプ機能を組み合わせれば、選んだ番組を最初から楽しめるのだ。

ダブルウインドウ

55X9400S : ◯ あり

55X8900L : × ナシ

地上デジタル放送を2番組または、地上デジタル放送と外部入力を同時に見ることができます。画面の拡大・縮小は3段階で変更でき、左右画面の入れ替えもリモコンの青ボタンで簡単。4K放送と4K入力にも対応。

スピーカー・出力

55X9400S : ◯ フルレンジ:4個、ツィーター:2個、
トップツィーター:2個、ウーファー:2個 ・142W (12W+12W+12W+12W+12W+12W+15W+15W+20W+20W)

55X8900L : △ フルレンジ:4個、ツィーター:2個 ・72W (12W+12W+12W+12W+12W+12W)

Tv-sound-2

ダイレクト6スピーカーと「重低音バズーカユニット」により、ダイレクトに響くボーカルの声、躍動感あるドラムの重低音から繊細なピアノの響きまで、臨場感ある迫力のサウンドを再現できる55X9400S

リモコンのダイレクトボタン

55X9400S : △ YouTube、ABEMA、Hulu、U-NEXT、 Prime Video、Netflix

55X8900L : ◯ new! YouTube、ABEMA、Netflix、Hulu、U-NEXT、 Prime Video、Disney+、TVer、dTV

comfortable-1-2

新レグザリモコンは動画配信サービスへのダイレクトボタンがさらに追加され便利になった!


55X9400Sの比較記事へ

写真は各公式へ

posted with カエレバ

55X8900Lの価格は 東芝 55X8900L

トップへ戻る(特徴紹介へ)

 

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較.comへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに