家電の徹底比較

エディオン【鬼】ERWD80EKとの違い

ERWD80EKの鬼比較と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

【鬼比較】 東芝のオーブンレンジ 2021年版

エディオンオリジナルの東芝!

機能、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較候補になる機種の比較記事あり。

目次をクリックで比較記事へ(特徴以外)

※鬼比較.comはプロモーションを含み、皆様からの広告収入により成り立っています

東芝 ERWD80EKの特徴

 ERWD80EKと一般の市販モデル(ベースモデル)ER-WD80の違い

ERWD80EKと上位機種 ER-WD100の違い

ERWD80EKと下位機種 ER-WD70の違い

ERWD80Eの特徴(価格は一番下へ)

角皿式スチームオーブンレンジ

 

エディオンオリジナル仕様(以下の1つ)

お手入れ操作パネルがあるので簡単お手入れ可・10分間のスチームで汚れを浮かして落としやすくする。

26L(ワイド&フラット庫内)

丸みを帯びた丸い天井なので拭き掃除がラクなタイプ。

オーブン温度

100~250度

ノンフライ調理

油を使わずヘルシー料理ができる!

あたため機能(抜粋)

ごはん/おかず/お好み温度/のみもの/
ゆで野菜/コンビニ弁当

便利なあたため機能 ふっくらパン(パンあたため)/カラッとあたため(揚げ物のあたため)/スチームあたため
時短・お手軽メニュー(抜粋) おつまみ1分/3分・5分・7分メニュー
トースト
(6枚切り2枚)
(グリルでの焼き上げ時間)
トースト:6分5秒(約4分20秒で裏返し)
冷凍トースト:8分(約5分40秒で裏返し)
スチームトースト:9分30秒(約6分で裏返し)

フラット庫内

間口が広く、毎日の食品の出し入れがしやすいタイプ。

付属の角皿

考え抜かれた溝により余分な油が周囲に流れやすくヘルシーに仕上がる!

それでいて食品を入れた容器が傾かないフラットな形状。

 

公式のヤフー・楽天エディオン店あり!

トップへ戻る(特徴紹介へ)



似ている ER-WD80との違い

 

ER-WD80EK エディオンオリジナル

(ERWD80EKブラック)

VS

ER-WD80 一般市販モデル

(ER-WD80-Kブラック) 

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いた【鬼比較.com】へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

エディオンオリジナル仕様(以下の1つ)

ERWD80EK : ◯ あり

ER-WD80 : × ナシ

お手入れ操作パネルがあるので簡単お手入れ可・10分間のスチームで汚れを浮かして落としやすくする。

以下は両機種に共通

new!  デザインを一新!

操作部分を横に配置しただけでなく、操作しやすいダイヤル式へ進化!

従来は下部のボタンを押す時に猫背になりがちだったが、新モデルでは時間設定やメニュー選択もしやすく、スマートに操作できるようになった。

新デザインによる利点がもう一つ。

赤外線センサーが上面配置にした事により、食材の表面をしっかり検知し、温める時の精度が上がった!(容器の影響を受けにくい)

ホワイトから新色ブラックに変化しているのもポイント。

new!  庫内よごれプロテクト

さらに進化したコーティングにより撥水・撥油性がアップ!

東芝のオーブンレンジは3種類

 ◯ オーブンレンジ(過熱水蒸気)

 △ オーブンレンジ(角皿式スチーム)

ただのオーブンレンジ 最安

過熱水蒸気式が給水カセット式の本格タイプ。角皿式スチームと違い100℃を超える水蒸気(過熱水蒸気)で焼くので気になる油や塩分をカット出来る。野菜の場合は乾燥を抑えて焼き上げることが可能!

角皿式スチームは角皿にお湯を注いで水蒸気を発生させる簡易的な調理方法の事。

東芝の場合、美味しさを考えれば断然、過熱水蒸気式がおすすめ!


東芝 ER-WD80へ

ERWD80EKの価格は 東芝 ERWD80EK

東芝 オーブンレンジ の【鬼比較】一覧 も参考に

トップへ戻る(特徴紹介へ)



ERWD80EKとER-WD100の違い

容量

ERWD80EK : 26L

ER-WD100 : 30L

加熱方式

ERWD80EK : △ 石窯ドーム構造/庫内4面遠赤(底・奥・左右)/(上)ガラス管ヒーター/(下)シーズヒーター(埋め込み)

ER-WD100 : ◯ 石窯ドーム構造/庫内まるごと遠赤(扉部を除く)/(上)ドームヒーター/(下)シーズヒーター(埋め込み)

火力の違い。

「庫内まるごと遠赤*」で中までしっかり加熱。

中までしっかり加熱できるのはER-WD100。

ERWD80EKまでは石窯グリルという名称だがER-WD100になって大火力石窯ドームグリルへランクアップ!

new! 石窯おまかせ焼き

ERWD80EK : × ナシ

ER-WD100 : ◯ あり

肉・野菜の本格オーブン料理も簡単にフルオートでできるようになった!(以前は最上位機種だけの機能)

メインとなる食材を鶏、豚、牛、野菜の4種類から選ぶだけで、温度センサーで食材や分量に合わせて火加減を自動で調節し調理してくれる。

食材をならべてスタートするだけ!

つまり家庭にある材料と一緒に並べるだけ。温度設定、時間設定が不要で、分量フリーの自動調理できるのがポイント!

「石窯おまかせ焼き」が新搭載。肉・野菜の本格オーブン料理もかんたんフルオート

※わかりにくい隠れた盲点

食材の分量は800gまで(ER-WD100より上位機種は200g~1kgまで)最上位機種のER-WD7000では魚と深皿煮込み も追加される。

ハイブリッド調理

ERWD80EK : × ナシ

ER-WD100 : ◯ あり

オーブンに過熱水蒸気を使うことで油や塩分がカットされたハイブリッド調理ができる。

この調理の利点は一気に焼いて旨味や水分を閉じ込め、過熱水蒸気が中までじっくり加熱してくれる点。

おいしくヘルシー!

8つ目赤外線センサー

ERWD80EK : × ナシ

ER-WD100 : ◯ あり

「8つ目赤外線センサー」が庫内の温度をワイドに検知。

庫内の温度をワイドに検知して正確に温める。ERWD80EKの場合はたまにムラが出来るかもしれない。

総レシピ数(自動メニュー数)

ERWD80EK :  △ 142(99)

ER-WD100 : ◯ 179(113)

エディオンオリジナル仕様

ERWD80EK : ◯ あり

ER-WD100 : × ナシ


東芝 ER-WD100の比較記事へ

写真の参照 ER-WD100の特徴

ERWD80EKの価格は 東芝 ERWD80EK

トップへ戻る(特徴紹介へ)



ERWD80EKと下位機種 ER-WD70の違い

 

オーブンレンジ

ERWD80EK : ◯ オーブンレンジ(過熱水蒸気)

ER-WD70 : △ オーブンレンジ(角皿式スチーム)

ERWD80EKが給水カセット式の本格タイプ。角皿式スチームと違い100℃を超える水蒸気(過熱水蒸気)で焼くので気になる油や塩分をカット出来る。野菜の場合は乾燥を抑えて焼き上げることが可能!

角皿式スチームは角皿にお湯を注いで水蒸気を発生させる簡易的な調理方法の事。

東芝の場合、美味しさを考えれば断然、過熱水蒸気式がおすすめ!

過熱水蒸気調理

ERWD80EK : ◯ あり

ER-WD70 : × ナシ

 

過熱水蒸気調理は食材の乾燥をおさえて焼き上げられる利点がある。

一般的なオーブンレンジでは無理だった低温蒸し、スチームトースト、スチームレンジでも効果を発揮!

スチーム料理

ERWD80EK :  ◯ あり

ER-WD70 : × ナシ

これは焼きではなく、蒸す調理。食材や料理に応じてぴったりの温度で蒸せるので美味しくつくれる!

解凍

ERWD80EK : お急ぎ解凍/スチーム全解凍/さしみ・半解凍

ER-WD70 : 解凍/さしみ

冷凍の刺し身でも食べごろに!

お急ぎ解凍は調理中の下ごしらえにも便利。

スチーム全解凍は低温スチームを使って丁寧に解凍するので端煮えが抑えられる。

さしみ・半解凍は包丁がはいりやすく、中が少し凍った状態に解凍できる。

総レシピ数(自動メニュー数)

ERWD80EK :  ◯ 142(99)

ER-WD70 : △ 123(96)

手間なしお手入れコース

ERWD80EK :  ◯ あり

ER-WD70 : × ナシ

自動メニューの手間なしお手入れコースを選べば、スチームで浮かせて、汚れを落としやすくできるのでラク!

エディオンオリジナル仕様

ERWD80EK : ◯ あり

ER-WD100 : × ナシ

つまり操作パネルにお手入れコースがあるかどうかの違い。


ER-WD70の比較記事へ

写真の参照 ER-WD70の特徴

posted with カエレバ

ERWD80EKの価格は 東芝 ERWD80EK

トップへ戻る(特徴紹介へ)



最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いた【鬼比較.com】へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。