家電の徹底比較

3機種【鬼比較】ER-WD5000 違い口コミ:レビュー!

東芝のオーブンレンジ(過熱水蒸気式)の鬼比較と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

機能、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較候補になる機種の比較記事あり。

※鬼比較.comはプロモーションを含み、皆様からの広告収入により成り立っています

目次をクリックで比較記事へ

ERWD5000の特徴(価格は一番下へ)

過熱水蒸気オーブンレンジ

熱風2段350℃オーブンのハイグレードモデル

石窯ドーム

総庫内容量 30L

new! 石窯おまかせ焼き

肉・野菜の本格オーブン料理も簡単にフルオートでできるようになった!

家庭にある材料と一緒に並べて、メインとなる食材を鶏、豚、牛、野菜の4種類から選ぶだけの手軽さ。

詳細は下記、旧モデル ER-VD5000との違いへ。

レンジの高周波出力

1,000W/600W・500W
/200W・100W相当

ねらって赤外線センサー(1024ポイント赤外線センサー/温度センサー)

ねらって赤外線センサー

ハイグレードモデルにふさわしい高性能センサーにより、上手に加熱できる!

マイクロ波をうまくコントロールし、温度の違う2品を同時にあたためられる二品あたためにも対応。

業界最高350℃! 高火力の熱風2段オーブン

こんがり美味しく仕上げるためには加熱のはやさが重要!

ER-WD100で焼いた場合とER-WD7000で焼いた場合

ER-WD100で焼いた場合とER-WD7000で焼いた場合

オーブンの温度設定範囲

100~300℃・350℃
発酵(30・35・40・45℃)/スチーム発酵(30・35・40・45℃

スチーム調理

お手軽蒸し(100℃)/低温蒸し(35~95℃)

3機種【鬼比較】ER-WD5000 違い口コミ:レビュー!

スチームにより牛肉のたたきまで出来てしまうのが凄い!

深皿調理

めんどうな火加減の調整も、裏返しも不要な全52レシピあり

トマト煮込みハンバーグの場合

フライパンで調理する手間とオーブンごはんの手軽さの違いは歴然!

ほったらかしたまま、さまざまな食材がそれぞれちょうどよく焼き上がるだけでなく、時間を有効活用でき生活が豊かになる。

3つの解凍

お急ぎ解凍(少量50gから可能)/
スチーム全解凍(少量50gから可能)/さしみ・半解凍

庫内コーティング

とれちゃうコート( セラミックコート )( 扉部、底面を除く )

庫内全面お手入れらくらく

セラミックの方が汚れや臭いが落ちやすい。長く使うことを考えれば差がつくポイント。

四隅も丸い庫内

四隅も丸みを帯びているから、簡単に拭きあげ可。

スマートダンパー

スマートダンパー

大きな音を立てず閉まるのでスマート。扉が閉まる手前でハンドルから手を離しても大丈夫とのこと。

奥行き39.9cm

業界最小の薄型コンパクトなだけでなく、左右と背面にもぴったり設置できる便利さ!業界最小!奥行き39.9cmm※1の薄型コンパクト

専用付属品

3機種【鬼比較】ER-WD5000 違い口コミ:レビュー!

深皿(鉄板ホーロー)41.2×29.1cm 1枚/遠赤包み焼き角皿(とれちゃうコート)41.2×29.1cm 2枚/焼網/取扱説明書/別冊料理集/(給水カセット・水受けは本体に装着済み)

自動メニュー(抜粋) 石窯おまかせ焼き 肉 / 野菜
便利なあたため機能 ふっくらパン(パンあたため)/カラッとあたため(揚げ物のあたため)/スチームあたため
時短・お手軽メニュー(抜粋) 分量おまかせ!スピードメニュー/おつまみ1分/3分・5分・7分メニュー
トースト(6枚切り2枚) (グリルでの焼き上げ時間) トースト:5分30秒(約4分で裏返し)冷凍トースト:7分30秒(約5分10秒で裏返し)スチームトースト:6分30秒(約4分30秒で裏返し)

 

new! 新モデルになって追加された機能の詳細は下記、旧モデル ER-VD5000との違いを参照


詳細は各公式へ

(型番 ・ERWD5000Kグランブラック)

new! ER-WD5000の新モデル(後継機種)も登場!→ ER-XD5000との違いへ

トップへ戻る(特徴紹介へ)



旧モデル ER-VD5000との違い

 

new!  ER-WD5000 新モデル

(ER-WD5000-Kグランブラック)

VS

ER-VD5000 旧モデル

(ER-VD5000-Kグランブラック)

 

ER-WD5000の型落ち・旧モデルがER-VD5000である。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いた【鬼比較.com】へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

new! 石窯おまかせ焼き

ER-WD5000 : ◯ あり

ER-VD5000 : × ナシ

肉・野菜の本格オーブン料理も簡単にフルオートでできるようになった!(以前は最上位機種だけの機能)

メインとなる食材を鶏、豚、牛、野菜の4種類から選ぶだけで、温度センサーで食材や分量に合わせて火加減を自動で調節し調理してくれる。

食材をならべてスタートするだけ!

つまり家庭にある材料と一緒に並べるだけ。温度設定、時間設定が不要で、分量フリーの自動調理できるのがポイント!(食材の分量は200g~1kgまで)

※わかりにくい隠れた盲点

最上位機種のER-WD7000では魚と深皿煮込み も追加されててさらに便利。

new! 簡単同時調理

深皿と角皿の上下2段で調理をすることで、同時に2種類の料理を作れる3レシピを新搭載へ!

簡単中華セット・簡単オムレツセット・簡単パスタセット

つまりレトルト食品や冷凍食品などの手軽な食材を使い、加熱時間30分で作れる、時短料理を楽しめるようになった!(予熱は不要)

ER-WD5000とER-VD5000の違いは、新しく搭載された石窯おまかせ焼き機能と簡単同時調理の有無による便利さの違い!毎日の料理をラクにしたいなら断然ER-WD5000がおすすめ。

型落ち品は安い代わりに製造年が古いため、気が付かない程度に経年劣化していることもお忘れなく。


型落ち ERVD5000

写真は各公式へ

(型番・ERVD5000Kグランブラック)

ER-WD5000の価格は 東芝 ER-WD5000

東芝 オーブンレンジ の【鬼比較】一覧 も参考に

トップへ戻る(特徴紹介へ)



ER-WD5000の口コミ:レビュー!

 

口コミ:レビュー! 良い面

さすが高いだけあってパワーやクオリティは感じますね。
とはいえこのレンジでコンビニメシを温めるとかちょっとシュールです。
活躍の場が多い人は元も取れるんじゃないでしょうか。

どこがいいのか、どう使い勝手がいいのかなど納得できて良かったです。
オーブンに350°cも出るのには理由があったのですね。
レンジしか使わない人にはボタンを押すだけなので簡単に使えて助かりますが、奥さん、子供はそれ以外の機能が充実しているので満足しているようです。
あと以前使っていたものよりコンパクトになっているのも良かったです。

最近のオーブンレンジはボタンが少なくなっているので、よく使う温め機能がボタンで簡単に使えるところが気に入って購入しました。
調理モードによって金属NGのマークが表示されるので安心して使えます。特に蒸し料理でアルミホイルが使えるのが良かったです。

試しにフランスパンを焼いてみました。スチーム機能が付いているので、途中で霧吹きや蒸気注入の手間が無く、焼き上がりもパリッパリッのモチモチでした。
焼き色を付けたい料理も綺麗な焦げ色で美味しく出来ました。
いくつかの機種で悩んだけれど、これにして正解でした。

引用 ビックカメラ

口コミ:レビュー! 悪い面

【静音性】
パワーがあるので騒音はしょうがないかな…。
長時間の調理だと気になる事もあります。

【サイズ】
さすがに大きいのは仕方ない気もしますが…大きいのは間違いないです。

購入したのは東芝の石窯オーブンER-VD5000です。7000と3000も候補に上がりましたが、7000との違いはオートのメニュー数とスマホとの連動、液晶表示くらいです。値段は約20,000円の差がありますがこのような性能は不要なので候補から除外されました。3000との違いは最高温度が300°か350°、庫内のセンサー数です。さらに深皿調理にも差があります。こちらも価格差約20,000円ですが、ここには圧倒的な差があると思い、中間の5000を購入しました。 使い始めの空焼きも庫内を軽く拭き掃除してから行ったところ、他サイトの口コミにあるような、異常な匂いはありませんでした。 早速、バケットを焼いてみましたが満足な仕上がりでした。深皿メニューなども興味深いので是非チャレンジしたいと思います。

引用 ヤフーショッピング

ER-WD5000の価格は 東芝 ER-WD5000

トップへ戻る(特徴紹介へ)



ER-WD5000とER-WD7000の違い

 

new! 魚,深皿煮込みの石窯おまかせ焼き

ER-WD7000 : ◯ あり

ER-WD5000 : × ナシ(鶏肉,豚肉,牛肉,野菜はできる)

どちらも好きな食材、分量で、並べるだけ。あとはオーブンが自動調理してくれる楽さ(石窯おまかせ焼き)

POINT2 選んだ食材に合わせて、焼き上げる!

お好みに合わせて仕上がり調節できる

今までは食材に合わせて時間を考える必要があったが、石窯おまかせ焼きなら骨つき肉もブロック肉も野菜の温度も時間もおまかせで調理できる!

ER-WD7000なら深皿煮込みも出来て、さらに料理のレパートリーが広がる。

カラータッチ液晶

ER-WD7000 : ◯ あり

ER-WD5000 : × ナシ

カラータッチ液晶

業界最大5インチカラータッチ液晶は表示面積が大きく、見やすく、使いやすく進化している!

シボ加工のハンドル

ER-WD7000 : ◯ あり

ER-WD5000 : × ナシ

シボ加工のハンドル

指紋がつきにくいので汚れにくい仕様。

総レシピ数(自動メニュー数)

ER-WD7000 :  ◯ 501(497)

ER-WD5000 : △ 334(148)

スマホ接続

ER-WD7000 : ◯ あり

ER-WD5000 : × ナシ

IoLIFEというアプリを使えば外出先から対応家電の遠隔操作や運転状況などが確認できるようになる!

スマホからかんたんラクラク設定

さらにスマートフォンからレシピの加熱情報を本体に送信したり故障時などにエラー内容お知らせ機能もあり。

メニュー選びも、スマートフォンで調理法や食材からも検索。買い物中でも、キッチンでも、材料やつくり方をチェックできて便利!

new! 栄養バランスサポート(アプリ)

ER-WD7000 : ◯ あり

ER-WD5000 : × ナシ

検索したレシピの栄養バランスを表示したり、不足を補うレシピを提案したりする機能を新搭載へ!

今まではレシピ検索機能があったが、摂りたい栄養成分を選んで検索できる機能が追加された事で、バランスを考慮した献立作りがラクにできるようになる。

new! 音声操作(アプリ)

ER-WD7000 : ◯ 可能

ER-WD5000 : × できない

スマートスピーカーと連携してオーブンの温度やレンジのワット数、時間を音声操作で設定できるようになった!

画面に触れなくても操作でき、調理中で手が汚れている時などに便利(ワット数、加熱時間や温度など)

本体色

ER-WD7000 : 2色あり

ER-WD5000 : 1色だけ

ER-WD5000とER-WD7000の重要な違いは、石窯
おまかせ焼きで魚・深皿煮込みが出来るかどうかと、5インチカラータッチ液晶の有無やスマホ接続・栄養成分表示・音声操作などによる操作性と便利さの違い!料理のバリエーションが抜群に増えるER-WD7000の方がおすすめ!

東芝 ER-WD7000の比較記事

写真は各公式へ

ER-WD5000の価格は 東芝 ER-WD5000

トップへ戻る(特徴紹介へ)



最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いた【鬼比較.com】へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。