GR-W510FZSとGR-V510FZS の違いを比較

東芝冷蔵庫 GR-W510FZSと型落ちGR-V510FZS の違い口コミ:レビュー! FZSシリーズVEGETA|鬼比較

東芝 冷蔵庫ベジータの新旧モデルGR-W510FZSとGR-V510FZSの徹底比較を端的にご紹介。比較候補になる機種をカタログ比較表でもチェックできる唯一のサイト。厳選された口コミ・レビューも要チェック!

どちらも容量508L 幅650mmで音声アナウンス・Bluetooth・メタリッククールパネル対応の最上位機種。新モデルGR-W510FZSは「おいしさ持続 上質冷凍」を下段冷凍室にも新搭載。新触媒の効果で菌やニオイ成分をキャッチする「きれいループ」「とってもエコ」なども新たに搭載された。

※鬼比較.comはプロモーションを含み、皆様からの広告収入により成り立っています。new! 各ページ内にある型番順に平均最安価格を表示する新機能を追加しました。右下の鬼価格ボタンからチェック可能。型番が多いページでも、ぜひチェックしてみてください(在庫無しの型番だけ非表示)

新旧比較

 

GR-V510FZS 旧型

(GR-V510FZS-THフロストグレージュ)(GR-V510FZS-TWフロストホワイト)

VS

new! GR-W510FZS

(GR-W510FZS-THフロストグレージュ)(GR-W510FZS-TWフロストホワイト)

 

東芝GR-W510FZSの型落ち・旧モデルがGR-V510FZSである。

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

 

新モデルGR-W510FZSと型落ちGR-V510FZSを比較

GR-W510FZSの機能GR-V510FZSの機能を公式サイトなどで徹底比較した結果、以下の違いがあった。

違いは何?

特徴 新モデルGR-W510FZS 型落ちGR-V510FZS
おいしさ持続 上質冷凍 new! 下段冷凍室・上段冷凍室 上段冷凍室
きれいループ new! 新搭載 無し
とってもエコ new! 新搭載 無し
かってにエコ+ new! 新搭載 無し
半ドアアラーム通知方法 庫内灯や音声アナウンスでお知らせ アラームでお知らせ
年間消費電力量 237 kWh/年 245 kWh/年

新搭載された機能など(以下の9つ)

おいしさ持続 上質冷凍

新モデルは下段冷凍室にもおいしさ持続 上質冷凍が新搭載されている。

スマホで横スクロール↓

東芝冷蔵庫 GR-W510FZSと型落ちGR-V510FZS の違い口コミ:レビュー! FZSシリーズVEGETA|鬼比較

冷凍室の温度変化により食品の品質低下を引き起こさないように特許の「ツイン冷却システム」で、霜の発生を22%も減少できるようになった!安定した保存環境により、酸化や酵素活動を抑制し品質を保てる。

スマホで横スクロール↓

東芝冷蔵庫 GR-W510FZSと型落ちGR-V510FZS の違い口コミ:レビュー! FZSシリーズVEGETA|鬼比較

ちなみに下段冷凍室というのは上の写真の開いた部分全部の事。

型落ちに適用されている上段冷凍室は開いていない左右の冷凍室の事で、製氷室とアルミトレイがある小さめの冷凍室になる。

きれいループ

この新機能により、冷蔵室内の菌やニオイを効率的にキャッチし、清潔な空気を維持できるようになった。不快なニオイを軽減しAg⁺マルチバイオ脱臭との併用で、除菌・脱臭効果が強化、扉を開くたびに保存している食品の混ざりあったニオイが気にならなくなる(冷蔵室・野菜室に搭載)

とってもエコ

これまでの「かってにエコ」モードは、扉の開閉頻度をAIが学習し約5%の消費電力削減が可能だった。この新モードは、冷蔵庫の機能を必要最低限に抑えつつ、食品を保護する安全範囲内で内部温度を調整し、最大35%の節電効果を実現!日常的な節電だけでなく、長期間の外出中に節電をしたいときにもオススメの新機能。

「とってもエコ」のデメリットは?

なぜそんなに節電できるのか。「とってもエコ」は自動節電よりも少し庫内温度を上げ、冷蔵庫の機能を最低限に絞ることでさらなる節電を可能にしている。ただし、食品保存に影響を及ぼさない範囲で庫内温度が約2~3℃高めに設定されるとの事。冷蔵庫を無線LANにつなぐ必要もある。

かってにエコ+(プラス)

食品保存に影響を及ぼさない範囲で庫内温度が約1~2℃高めに設定されることがあるが、節電効果は「かってにエコ」よりも高い(約5~10%の省エネ運転)

エコ機能は要するに食品の品質と取るか、電気代の削減を取るかなのだが、新モデルは世間の高まる省エネ意識に対応して、しっかり節電できる機能も選べるようになったという点で意味がある。

その他

新モデルは、半ドアになった時のアラーム通知がよりわかりやすくなり、省エネ性能も少しアップした。

さらに、スマートフォン専用アプリ「IoLIFE」のアプリ画面の操作や使い勝手が向上している。発売年度や価格の違いもあり。


型落ち品は安い代わりに製造年が古いため、気が付かない程度に経年劣化していることもお忘れなく!


現在の価格

型落ち GR-V510FZSの価格

posted with カエレバ

型落ち GR-V510FZSの比較記事へさらに型落ちの記載あり)

new! 新モデル GR-W510FZSの価格

posted with カエレバ




口コミ・レビューをチェック!

GR-W510FZSの口コミ:レビュー!

登場次第、追記。

型落ち GR-V510FZSの口コミ:レビュー!

(FZSシリーズ3機種)

  • 野菜の鮮度と長持ちが鍵: 野菜を長持ちさせる優れた温度管理と加湿機能を備えた冷蔵庫が好評。表面のすりガラスデザインも購入の決め手となる。
  • 使い勝手の良さが際立つ: 観音開きのドアで中身が見やすく、製氷機や冷凍食品の迅速な冷却機能が家族に好評。節電機能や進化し続ける技術も魅力的。
  • 容量と省エネを重視: 広い冷凍庫や肉・野菜の日持ちを改善する技術は評価が高く、省エネ操作の簡便さもポイント。
  • 独自の機能で差別化: タッチ操作で開くドアや、野菜室の高さ調整、ドアポケットのカスタマイズ性、急速冷凍やゴミ捨て機能、さらに音声通知機能が満足度を高める。
  • 東芝製品の忠実なファン層: 東芝冷蔵庫の忠実なユーザーからは、世代を超えた愛用や、スマート機能(声での操作やスマホからの設定)に対する高い評価。

ビックカメラ

  • 野菜保存に焦点: 東芝の冷蔵庫は野菜の鮮度と冷蔵に特化しており、10日間の鮮度保持機能が特徴。野菜室は利用しやすい中央位置にあり、専用BOXでさらに鮮度を保つ。
  • デザインと操作性: スッキリしたデザインで、フロストグレージュ色が家具と調和。タッチ操作でドアが開く機能に加え、反応部分が光ることで視覚的に知らせる。
  • 冷凍機能の進化: 冷凍機能が強化され、包丁で切れる程度に適切に冷凍。利用者はこの便利さを高く評価。
  • AIとの連携: 多彩な機能があり、最初は慣れが必要だが、AIが適切に学習して設定を自動調整する。
  • 静音性とサイズ: 夜間でも音がほとんど感じられない静かさ。550Lの大容量で、特に冷凍庫の大きさを重視。
  • チルド機能と湿度管理: 上位機種にはチルド機能や解凍機能が充実。全体をチルドにできる機能や、ラップなしでの冷蔵が可能な湿度管理技術を搭載。
  • 総評と購入動機: 東芝製品は野菜保存技術に長けており、19年使用した後も再び東芝を選択。冷凍物を包丁で切れる程度に冷凍する機能が決め手。市場の他のメーカーも競争力があり、価格が許せば上位機種の購入を推奨。

価格.com

  • 東芝製冷蔵庫の長期愛用者多数: 長年にわたり東芝の冷蔵庫を使用し、新しいモデルも東芝に決定。庫内の広さと野菜室の容量に大満足。
  • 進化した機能と使いやすさ: 18年ぶりの買い替えで、進化した機能に感激。特に600Lの大容量や、ワンタッチ開閉機能が便利であること、野菜室の配置の使いやすさを高く評価。
  • 革新的な特徴に注目: ドアのタッチ機能で手が汚れていても簡単に開けられる点、野菜の鮮度保持能力の高さ、さらにBluetooth接続スピーカーとしての機能で料理や家事が楽しくなる等、冷蔵庫の新しい利用価値を発見。
  • 顧客満足度の高さ: 東芝製品への忠誠心が高く、進化する機能性と使い勝手の良さ、革新的な特徴により、満足度が非常に高い。

ビックカメラ

カタログ比較表

容量がさらに大きいGR-W550FZSなども比較候補になる。

こちらも参考に

FZSシリーズ

最高峰 フラッグシップモデル

東芝冷蔵庫ベジータの型番一覧

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較.comへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

重要な事

想像しているよりも1サイズ大きなものを選ぶほうが冷蔵庫内の空間ができ、庫内が見やすく電気代もかからず

あとで後悔することが少ない。