KJ-65X75WL

【鬼比較】KJ-65X75WLと型落ちKJ-65X80WK・上位KJ-65X80L 違い口コミ レビュー!

ソニー4K液晶BRAVIAの新旧モデルとなる新モデルKJ-65X75WL型落ちKJ-65X80WKの徹底比較と特徴をご紹介。

どちらもの最安ベーシックモデル65V型で、新モデルはゲーム専用のユーザーインタフェース「ゲームメニュー」などを新搭載へ。

後半では、KJ-65X75WLの上位機種となるKJ-65X80Lとの比較も記載。

KJ-65X75WLの発売日は2023年7月15日

X80WKシリーズからX75WLシリーズへ変化。

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

※鬼比較.comはプロモーションを含み、皆様からの広告収入により成り立っています。new! 各ページ内にある型番順に平均最安価格を表示する新機能を追加しました。右下の鬼価格ボタンからチェック可能。型番が多いページでも、ぜひチェックしてみてください(在庫無しの型番だけ非表示)

KJ-65X75WL
引用 ソニー公式

新モデル KJ-65X75WL

posted with カエレバ

新旧比較

新モデルKJ-65X75WLと型落ちKJ-65X80WKの違い

 

発売年度

KJ-65X80WK : 2022年 8月

KJ-65X75WL : 2023年7月

new! ゲームメニュー

KJ-65X80WK : ✕ ナシ

KJ-65X75WL : 新搭載!

ゲームプレイの設定が便利になり、より快適にブラビアでゲームを楽しめるようになった。

【鬼比較】KJ-65X75WLと型落ちKJ-65X80WK・上位KJ-65X80L 違い口コミ レビュー!

ブラビアの画質設定をゲームに合わせてカスタマイズできる、ゲームメニューを新搭載。

ゲームモード時に「操作/録画」ボタンを押すと画面下部に設定画面が表示。

残像低減/シューティングゲームで活躍する中心点表示クロスヘア/画面を小さくして表示できる画面サイズ調整などが可能となり便利さアップ!

ゲーム ソニー公式へ

new! ECOメニュー

KJ-65X80WK : ✕ ナシ

KJ-65X75WL : 新搭載!

省電力関連の機能が1カ所に集約され、ホーム画面からかんたんにアクセスできるようになった。

【鬼比較】KJ-65X75WLと型落ちKJ-65X80WK・上位KJ-65X80L 違い口コミ レビュー!

新モデルは、より手軽に省電力設定が可能となり、よりエコな設定にすると木の葉の大きさが変化するグラフィックを使用。誰でもわかりやすく節電意識を高められる。

エコ ソニー公式へ

高画質プロセッサー

KJ-65X80WK : ○ HDR X1

KJ-65X75WL : △ X1

プロセッサーがグレードダウン。その代わり低価格へ。

X85K高画質TOP

KJ-65X80WKは、HDR相当の映像にアップコンバートする4K高画質プロセッサーなので白飛びしやすい明るい部分の色味や、つぶれてしまいがちな暗部の階調も緻密に再現できる。

トリルミナス プロ・HDRリマスター

KJ-65X80WK : ○ あり

KJ-65X75WL : ✕ ナシ

より細部まで忠実な色を自然に再現。

今まで表現しきれなかった繊細な色のニュアンスや、人肌のみずみずしい質感までも明るく色鮮やかに描き出せるようになっている。

【鬼比較】KJ-65X75WLと型落ちKJ-65X80WK・上位KJ-65X80L 違い口コミ レビュー!

HDRリマスターでは映像の中で、それぞれの被写体に応じてコントラストを向上させるオブジェクト型の映像処理を実現。

さまざまな映像をHDR相当のコントラストにまでアップコンバートすることが可能なため、白飛びや黒つぶれの少ない、明るい空の色合い、浮かぶ雲の立体感、花びらの質感など、まるで目の前にあるかのように表現する。

【鬼比較】KJ-65X75WLと型落ちKJ-65X80WK・上位KJ-65X80L 違い口コミ レビュー!

2機種の仕様

型落ちKJ-65X80WKシリーズの仕様

KJ-65X75WLシリーズの仕様

公式の2機種 比較表

各ラインナップ⬇

型番をクリックで各比較記事へ

型落ち 新モデル
75V 型 KJ-75X80WK KJ-75X75WL
65V 型 KJ-65X80WK KJ-65X75WL
55V 型 KJ-55X80WK KJ-55X75WL
50V 型 KJ-50X80WK KJ-50X75WL
43V 型 KJ-43X80WK KJ-43X75WL

新モデル 市場推定価格(税込)

75V型  242,000円
65V型  187,000円
55V型  149,000円
50V型  138,000円
43V型  127,000円

X75WLシリーズと型落ちX80WKシリーズ価格リンク一覧


型落ち品は安い代わりに製造年が古いため、気が付かない程度に経年劣化していることもお忘れなく!


現在の価格

型落ち KJ-65X80WKの比較記事

公式の説明ページへ

posted with カエレバ


新モデル KJ-65X75WL

公式の説明ページへ

posted with カエレバ

こちらも参考に

ソニーブラビア 比較表

ソニー4K液晶の鬼比較(型番一覧)

口コミ・レビューをチェック!

KJ-65X75WLの口コミ レビュー

  • コストパフォーマンスが良く、同じ性能の別モデルより安価であることが満足ポイント。

  • チューナーが3個付いているため、裏録りしながらテレビ視聴が可能。

  • 液晶が倍速でないため、動きが速い場面では画質が落ちる可能性あり。

  • Dolby Atmos対応で臨場感ある音質。

  • ネット販売モデルでありながら、サブスクリプションサービスも含めて性能に満足。

  • 国内ブランドの安心感と既存のSONY製HDDレコーダーとの連携が良い。

  • 上位機種と比べると画質・音質に差はあるが、この製品単体としては満足。

  • 中華製品と比較しても十分満足できる画質と音質。

  • 必要な機能がほぼ全て備わっており、普段使いに十分。

  • 音響が素晴らしく、画面の美しさがホームシアターのよう。

  • Google関連の機能が便利に使える。

  • 音の臨場感と迫力が印象的。

  • プラズマテレビからの買い替えで、4K画像が美しく、YouTubeも大画面で楽しめる。

  • SONYのブランドと安心感が決め手。

  • 既存のブラビアからの買い替えで、廉価でありながら画像がバッチリ。

引用 ビックカメラ

型落ち KJ-65X80WKの口コミ レビュー

【機能性】
個人的にはdアニメやdTVが入っててほしかったです。

【サイズ】
すっきりしたデザインでよいサイズだと思います。

【総評】
不満がないわけではないですが、テレビとしてはコスパはとてもよく、買ってよかったです。

引用 価格.com

メーカーのサイトで65インチの4Kは1.2mの距離でOkとあったが
実際置いてみると2mは離れて見たい。
画面いっぱいに動くものとかあると目で追うこともできなくて
1時間も見てると疲れ果ててしまう。
また、画質優先でコントラストを強くすると発光が強すぎて
眩しい。でもPS5を大迫力で楽しみたい。
テレビとゲームで輝度を変えたい。
が、それができないのが。。。
しかし安くていい買い物だったと思います。

引用 ノジマ

共通の機能

4K液晶テレビの最安ベーシックモデル

チューナー

BS4Kx3 110度CS4Kx3 地上x3 BS×3 110度CS×3

2K/4K放送を問わず、外付けHDDを接続で2番組同時録画と1番組の視聴が可能。

4K X-Reality PRO

放送番組・ゲーム・ネット動画など、様々な素材をデータベース型超解像処理で4K化する専用エンジン4K X-Reality PRO

サウンド

テレビ本体のスピーカーで3次元のリアルな立体音響を実現できるドルビーアトモス対応

音の高低によって変化しやすい出力レベルを一定にでき、デジタルアンプ搭載でクリアな音質を再現。

視聴環境に合わせて音声のバランスを自動調整する音場補正もあり。

X-Balanced Speaker(エックス バランスド スピーカー)

音の歪(ひず)みを低減する形状の振動板を採用した、「X-Balanced Speaker」により音の解像感が向上し、クリアな高音質を再現!X85K高音質TOP

そして大容量のスピーカーボックスなので、迫力のある重低音を楽しめる。

スピーカー

フルレンジ×2基・出力 10W+10W

Bluetooth対応機器(別売)

ケーブルの煩わしさから解放されて、テレビの音を快適に楽しめる!Bluetooth対応のヘッドホンやスピーカーを使えばワイヤレスで接続可能。

※わかりにくい隠れた盲点

A2DPに対応している必要あり

操作性

スマホを使っているかのような操作性で使いやすい。

アプリの起動やテレビ番組の切り替えが速く、豊富なコンテンツから見たい映像を快適に楽しめる!

リモコン

Hulu・Netflix・U-NEXT・Prime Video・ABEMA・Disney+・YouTube ・My BRAVIAボタン搭載で、テレビの電源がオフの状態でも、ワンプッシュでかんたんにアプリを起動できる。

この無線リモコン(Bluetooth接続)はテレビの受光部に向けなくても操作できて便利。(ただし電源オン・オフとチャンネルポンは、いままで同様に赤外線により動作)

※チャンネルポンとは、電源を入れなくてもリモコンのチャンネルボタン(数字ボタン)を押すだけでテレビがの電源が付いて選局も完了する機能

スマホと連携

スマートフォンのコンテンツをテレビに映し出せるChromecast built-inとApple AirPlay 2に対応。Android・iPhoneのスマートフォンのコンテンツをブラビアの大画面にキャスト!

Google TV機能

ネット動画の視聴にも最適で映画、音楽、ゲームなどあらゆるジャンルのコンテンツを楽しめる。

視聴履歴や趣向から個人に最適化されたおすすめコンテンツが、ホーム画面に表示される。

従来のようなサービス提供会社別ではなく、「番組」「映画」といったコンテンツ軸で表示されるので、お好みの動画にすばやくアクセスできる利点あり!

Googleアシスタントも搭載し、音声での操作が可能。

リモコンの「 Google アシスタント」ボタンを押して、会話をするように声で見たい動画を探せるのが音声検索機能。

BRAVIA CAM(ブラビアカム)対応

ブラビア専用の外付けカメラで、より快適な楽しいテレビライフにしてくれる独自の補助装置。

画面の上部に装着し、テレビに向かってジェスチャーをするだけで、リモコンいらずで操作ができるようになったり(ジェスチャーコントロール機能)設定距離より近い位置での視聴を検知すると画面上にアラートを表示でお知らせ(近すぎアラート)テレビの前に視聴者がいない間は輝度を落として消費電力を抑えてくれる自動省電力モードにも対応できるようになる。

ビデオチャット機能(Google Duo)では、遠方の家族や友人とテレビの大画面を見て会話でき楽しい。

【鬼比較】KJ-65X75WLと型落ちKJ-65X80WK・上位KJ-65X80L 違い口コミ レビュー!

ジェスチャー操作の一部↑

近すぎアラートは小さな子どもや赤ちゃんがいる家庭で特に重宝しそうだ。

一部の機能はソフトウェアアップデートで対応予定との事。

(ブラビアカムはA95Kシリーズ以外は別売りなので注意。BRAVIA CAMの型番はCMU-BC1で、市場想定価格は24,000円前後とのこと)

テレビの設置シミュレーションもできる

最近話題のインテリア試着アプリだが、RoomCo ARを使えば
スマホを使って自宅のブラビアの設置イメージを確認可!

サイズ確認や置いたときのイメージがわかって便利。

KJ-65X80Lと比較

KJ-65X75WLと上位機種KJ-65X80Lの違い

 

トリルミナス プロ・HDRリマスター

KJ-65X75WL : ✕ ナシ

KJ-65X80L : ○ あり

KJ-65X80Lはプロセッサーが高性能で映像がキレイ。

【鬼比較】KJ-65X75WLと型落ちKJ-65X80WK・上位KJ-65X80L 違い口コミ レビュー!

より細部まで忠実な色を自然に再現することが可能になり、今まで表現しきれなかった繊細な色のニュアンスや、人肌のみずみずしい質感までも明るく色鮮やかに描き出せるようになっている。

KJ-65X80Lは高画質プロセッサーHDR X1を搭載(KJ-65X75WLはX1X85K高画質TOP

画質の3大要素である精細感、色の鮮やかさ、コントラストを向上させるそれぞれの高画質機能をより細かくコントロール

放送番組・ゲーム・ネット動画など、様々な素材をデータベース型超解像処理で4K化する専用エンジン4K X-Reality PROも搭載。

new! BRAVIA CORE(ブラビアコア)

KJ-65X75WL : ✕ ナシ

KJ-65X80L : 新搭載!

ソニー独自のコンテンツサービスで、最新映画や大ヒット映画を映画館のような迫力ある映像と音質で堪能できるようになった。

購入ユーザーには、有効期間12カ月の5クレジットが配布

【鬼比較】KJ-65X75WLと型落ちKJ-65X80WK・上位KJ-65X80L 違い口コミ レビュー!

購入特典を利用すれば、最新作から過去の名作映画を楽しむことが可能となっている。

立体音響を体験できる「Dolby Atmos®」にも対応。

自宅でも映画館にいるような臨場感を体験できる。

BRAVIA CORE スペシャルコンテンツ公式へ

ハンズフリー音声検索

KJ-65X75WL : ✕ ナシ

KJ-65X80L : ○ あり

【鬼比較】KJ-65X75WLと型落ちKJ-65X80WK・上位KJ-65X80L 違い口コミ レビュー!

Googleアシスタントも搭載し、音声での操作が可能。

あれば便利な機能。

スタンドの違い

KJ-65X75WLの場合

【鬼比較】KJ-65X75WLと型落ちKJ-65X80WK・上位KJ-65X80L 違い口コミ レビュー!

テクノロジーとデザインの力で最高の視聴環境をつくる「Slice of Living」
映像を映していないときは、オブジェのように空間を豊かに彩るように、プロダクトとしての美しさにも配慮。フレームのヘアライン仕上げや、スタンドに丸みを持たせるなど一手間かけた造形が親しみやすい印象を生むことで人との距離感を縮め、リビングに心地よく馴染みます。

引用 デザイン・安全設計

KJ-65X80Lの場合

【鬼比較】KJ-65X75WLと型落ちKJ-65X80WK・上位KJ-65X80L 違い口コミ レビュー!

映像への深い没入感を生み出すスリムで洗練されたデザイン
映像への没入感を高めるために、画面とベゼルの段差がない「Flush Surface(フラッシュ サーフェス)」を採用することでベゼルの存在感を最小限に抑えました。さらにスタンドも安定性は維持しながらさらなる薄型化を実現し、トータルでの存在感を抑制しています。

引用 デザイン・安全設計


KJ-65X75WL

公式の説明ページへ

posted with カエレバ

KJ-65X80Lの比較記事

公式の説明ページへ

posted with カエレバ

こちらも参考に

ソニーブラビア 比較表

ソニー4K液晶の鬼比較(型番一覧)