家電の徹底比較

3機種【鬼】DBR-4KZ600/ 4KZ400/ 4KZ200 違い口コミ:レビュー!

DBR-4KZ600の鬼比較と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

どれも東芝から発売の4Kレグザブルーレイで、タイムシフトマシン録画機能・おまかせ録画機能を併用する4Kハイブリッド自動録画により、新4K衛星放送2番組を含む最大8番組を自動録画が可能な機種である。

機能の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

※鬼比較.comはプロモーションを含み、皆様からの広告収入により成り立っています

DBR-4KZ600とDBR-4KZ400の違い

 

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いた【鬼比較.com】へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

ハードディスク容量

DBR-4KZ400 : 4TB

DBR-4KZ600 : 6TB

新4K衛星放送 DR録画

DBR-4KZ400 : 約254時間

DBR-4KZ600 : 約382時間

AVC録画

DBR-4KZ400 : 約5603時間

DBR-4KZ600 : 約8404時間

DR録画 地上 デジタル放送

DBR-4KZ400 : 約494時間

DBR-4KZ600 : 約741時間

タイムシフトマシン 録画可能日数【24時間】

DBR-4KZ400 : 6ch/約5.5日間分

DBR-4KZ600 : 6ch/約8.5日間分


つまりDBR-4KZ400とDBR-4KZ600の違いは、ハードディスク容量の違いによる録画できる時間の違いである。たくさん録りたい場合はDBR-4KZ600に決まり!


DBR-4KZ400の価格

詳細は各公式へ

posted with カエレバ


DBR-4KZ600の価格

詳細は各公式へ

posted with カエレバ

DBR-4KZ600の口コミ:レビュー!

 

タイムシフトの使い勝手が気に入りました。

今までもつかってたので、買いました。操作性はまずまず期待通りでした。

引用 ビックカメラ.com

乗り換えですが、理解してた部分は別としても残念な部分が多すぎる、、、。不便になってた部分はあっても便利になった部分はゼロです、、、。・番組表はカテゴリ等で色分けしてみやすいようにして欲しい・タイムシフトを8番組以上にして欲しい

引用 ヤマダ電機

見た目や質感は普通です。前面パネルのインジケーターはテレビ視聴距離で全く読めないサイズとデザインで、意味が無いというか不親切です。白い筐体やもっと小型化して縦置きもできるようにとかして欲しい。

機能面で詰めの甘さがかなり目立ち、タイムシフトや編集機能等はかなり割り切った運用しか出来ないのは残念なところです。

引用 価格.com

あと2機種の口コミは記事の後半へ。



上下比較 DBR-4KZ600とDBR-4KZ200の違い

 

ハードディスク容量

DBR-4KZ400 : 4TB

DBR-4KZ200 : 2TB

新4K衛星放送 DR録画

DBR-4KZ400 : 約254時間

DBR-4KZ200 : 約127時間

AVC録画

DBR-4KZ400 : 約5603時間

DBR-4KZ200 : 約2801時間

DR録画 地上 デジタル放送

DBR-4KZ400 : 約494時間

DBR-4KZ200 :  約247時間

タイムシフトマシン 録画可能日数【24時間】

DBR-4KZ400 : 6ch/約5.5日間分

DBR-4KZ200 : 6ch/約2.5日間分


つまりDBR-4KZ200とDBR-4KZ400の違いは、ハードディスク容量の違いによる録画できる時間の違いである。たくさん録りたい場合はDBR-4KZ600に決まり!


DBR-4KZ600の価格

詳細は各公式へ

posted with カエレバ


DBR-4KZ200の価格

詳細は各公式へ

posted with カエレバ



DBR-4KZ400の口コミ:レビュー!

 

リモコン操作からのレスポンスが遅いですが、まぁ慣れると思いますし一日中録画を見る事も無いので気にならない程度です。

容量も多く、使いやすいです。

CM飛ばしは瞬時に飛ぶと思ってましたが早送りだったので少し残念です。

引用 ビックカメラ.com

多重録画が何のストレスもなくできて最高 新製品は違うわ

やっと4k対応になって画面も綺麗で満足ですがまだまだ使えてません。全体的には満足してます

先ず立ち上がるスピードが全然違います。映像の方は新型エンジンのお陰で申し分ありません。録画機能も充実しています。リモコンでの操作性も向上しておりストレスが減りました。テレビ欄の見易さは相変わらず最高ですね。

引用 楽天市場

はじめて、タイムシフト機能付きを購入しました。便利すぎて、生活が変わりました。時計表示がないのが、最初からは慣れませんでしたが、スタイリッシュでカッコいいです。

引用 paypayモール

4Kレコーダー待ってました。満足してます。

初期設定がネットでバージョンアップしないと使えなかったです。前回のモノから10年経ってるので、色々操作が、違ってて大変です。

引用 ヤマダ電機

・ファンもついているうえ、かなりの頻度で稼働してるため音がうるさいです。・録画用外付けHDD接続端子が1個しかないため、タイムシフト録画用と通常録画用の外付けHDDを分けることができないため不便です。(内蔵HDDで通常録画、外付けHDDでタイムシフト録画はできます。)

引用 nojimaonline

DBR-4KZ200の口コミ:レビュー!

 

本体が近くのお店より安く買うことが出来て大変嬉しく思っています。
4Kまで見る事ができて重宝しています。

引用 楽天市場

ブルーレイとHD-DVDの戦いに敗れて、しめつけられて、やっとブルーレイのBD-XL書き込み対応になりました。USB外付けHDDと増設すれば現状最強BDレコーダだろうと思います

今販売中の中で一番使いやすい

テレビに接続したHDDに録画していたものがあり、DVDに焼いて保存したいと思っていて、ネットワーク越しのダビングをするのに、同一メーカーの方が相性は良いと思い、これを購入。微妙な不満として、リモコンのチャンネルボタンが手触りだけではわかりにくい・・・。

引用 ヨドバシ.com

こちらも参考に 東芝のブルーレイレコーダー・一覧



以下は全機種 共通

最大8番組を同時録画

タイムシフトマシン録画機能おまかせ録画機能を併用する4Kハイブリッド自動録画により、新4K衛星放送2番組を含む最大8番組を自動録画可能!

新4K衛星放送対応チューナー2基、地上デジタル放送チューナー8基、BS・110度CSデジタル放送チューナー5基。

レグザレコーダーエンジンRR1

レグザエンジンに搭載される信号処理技術をレコーダー用にカスタマイズ。
HDR(HLG&HDR10)に対応し、臨場感あふれる高画質な映像を楽しめる。

参照 レグザの高画質を継承する新エンジン

レグザコンビネーション高画質・クラウドAI高画質連携に対応

レグザの高画質処理能力を存分に引き出すレグザコンビネーション高画質。

クラウドから情報を取得し高画質化処理を行うので、レコーダー側で録画したテレビ番組を高画質で楽しめるクラウドAI高画質連携。

おすすめ番組ボタンとシーンリスト

リモコンの「おすすめ番組」ボタンを押すと、おまかせ録画で自動録画した番組や通常録画した番組、タイムシフトマシンの番組が、おすすめの番組やジャンル、タレントごとにサムネイルで表示でき、見たい番組を簡単に探せる。

視聴中の番組のシーンをリスト表示すれば、音楽番組や情報バラエティ番組などで、興味のあるシーンやコーナーだけをすぐに視聴可能。

視聴モード

録画したテレビ番組を、4種の再生モード(通常再生、らく見、らく早見、飛ばし見)から選んで再生。本編のみの視聴、本編の早送り視聴なども可能。

タイムシフトリンク

タイムシフトマシン非搭載のレグザと組み合わせた場合、テレビリモコンの「タイムシフトリンク」ボタンを押すだけで、さまざまなタイムシフトマシン機能をテレビのリモコンで利用できるようになる。

タイムシフトマシン対応のレグザと接続すれば、レグザでの地上デジタル放送録画に加え、本機でのBS・110度CSデジタル放送の録画も可能となり、合計最大12チャンネルまでまるごと録画可能!

過去番組表も、テレビ側と4Kレグザブルーレイ側を統合し、ひとつのものとして表示されて便利。

レグザリンク

東芝テレビ「レグザ」と接続すると、テレビ側のリモコンで4Kレグザブルーレイの操作が可能。

テレビの番組表を利用して本機に録画予約できるほか、レグザのメニューから録画番組の再生やテレビ側で録画した番組を無劣化でダビングできる。



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較.comへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに