HD-LX1223とHD-LX1222の違いを比較

【鬼比較】HD-LX1223とHD-LX1222 新旧違い口コミ レビュー!ダイニチ加湿器

【加湿器】ダイニチの新モデルHD-LX1223と型落ちHD-LX1222の違いは、発売年度・型番・価格の違いである。

新旧どちらも業界初のお手入れ機能カンタン取替えトレイカバーを搭載した機種で、お手入れ不要で捨てるだけの抗菌気化フィルターも特徴的。

HD-LX1223(HDLX1223)の発売日は2023年8月23日

※鬼比較.comはプロモーションを含み、皆様からの広告収入により成り立っています。new! 各ページ内にある型番順に平均最安価格を表示する新機能を追加しました。右下の鬼価格ボタンからチェック可能。型番が多いページでも、ぜひチェックしてみてください(在庫無しの型番だけ非表示)

新モデル

HD-LX1223-W(スノーホワイト)

posted with カエレバ

HD-LX1223-H(モスグレー)

posted with カエレバ

【鬼比較】HD-LX1223とHD-LX1222 新旧違い口コミ レビュー!ダイニチ加湿器

違い

新モデルHD-LX1223 型落ちHD-LX1222
発売年度 2023年8月 2022年8月

機能は同じ。

現在の値段

型落ち

機能紹介ページ公式

HD-LX1222-W(スノーホワイト)

posted with カエレバ

HD-LX1222-H(モスグレー)

posted with カエレバ

新モデル

機能紹介ページ公式

HD-LX1223-W(スノーホワイト)

posted with カエレバ

HD-LX1223-H(モスグレー)

posted with カエレバ

ちなみに型落ち品は安い代わりに製造年が古いため、気が付かない程度に経年劣化していることをお忘れなく。

さらに型落ち

型落ちHD-LX1222のさらに型落ち・旧モデルはHD-LX1221

口コミ・レビューをチェック!

HD-LX1223の口コミ・レビュー

  • デザイン:モスグレー色が部屋に溶け込んでおり、デザインに満足。

  • 加湿能力:高気密住宅の大きな部屋用に購入したが、設定湿度にすぐ到達。冷たい風が出ない点も評価されている。

  • 使いやすさ:説明書を読まなくてもほぼ全ての機能が使える程度の簡単さ。実用的。

  • 静音性:加湿開始時はファン音あり。到達後は非常に静かで、水の供給音も気にならない。

  • サイズ:部屋のサイズを考慮するとコンパクトとの評価。色も小さく見える効果があるかもしれない。

  • 総評:初めての加湿器購入で、スチーム式と比較し選んだが、優秀な製品だと感じている。メンテナンスの簡単さについては、まだ検証が必要。

  • 静音性の追加評価:再レビューで静音性を最高に修正。定常時はほとんど無音に近く、部屋のエアコンのファン音よりも小さい。加湿器の存在をほとんど感じさせない。

引用 価格.com

  • 効果と満足度:非常に効果的で、リビングの湿度が驚くほど上昇。購入して良かったとの感想。

  • お手入れと電気代:お手入れが簡単で、電気代も購入の決め手となった。

  • 追加購入:リビング用に加えて、ワンサイズ下の機種を寝室用にも購入。

  • 比較と性能:他社製品と比較し、静かで冷たい風が出ない点でこちらの製品を選択。メンテナンスと性能を考慮すると、価格に見合う良い買い物との評価。

  • サイズと能力:筐体は小さいが、実際の部屋サイズよりも広い範囲をカバーできる能力。以前は2台の加湿機を使っても湿度を38~40%に保つのがやっとだったが、この製品1台で50%に到達。

  • 価格と給水の頻度:価格は少々高いと感じる場合があるものの、効果を考慮すると満足度が高い。給水の頻度が増えたが、それは加湿の効率の良さを示している。

引用 ビックカメラ

  • 加湿能力:非常に高い加湿能力が評価されている。大きなLDKでも1時間で湿度50%を超える効果があり、以前の加湿器と比較しても明らかに優れている。

  • 水の補充:タンクがしっかり持てて補充が楽。また、消耗品の交換が頻繁に必要そうな点はネガティブな要素として挙げられているが、全体の満足度は高い。

  • 稼働時の音:稼働時の音は静かで、水が無くなると音で知らせてくれる便利さがある。

  • デザインと使い勝手:見た目がスタイリッシュで、家族全員がそのデザインに感動。持ち手の位置がよく考えられているため、給水の際に便利。

引用 楽天市場

型落ちHD-LX1222の口コミ・レビュー

良い点:

  • 加湿力が非常に強く、速やかに効果を発揮。

  • 静かな運転音で日常生活に影響が少ない。

  • 使い捨てのトレーとフィルターで、お手入れが簡単。

  • ecoモードで電気代を節約できる。

  • シンプルなデザインで部屋に溶け込む。

  • 赤ちゃんがいる家庭でも安心して使用可能。

悪い点:

  • スチームが冷たく、部屋が寒く感じることがある。

  • 加湿器が大きいため、部屋を圧迫することがある。

  • 手入れのしやすさに関する期待外れの可能性もある。

  • 加湿器の効果はあるものの、温度調整が難しいことも。

引用 ヤフーショッピング

買ってよかった
テレビで紹介していたので、ずっと気になっていました。今まで使っていた加湿器は見た目重視で購入した物で、手入れが面倒でした。
この加湿器にしてから、もっと早く購入しておけば良かったと思いました。大容量タンクで給水頻度も少なくし、手入れが楽なのが一番です。

引用 ビックカメラ

満足
デザインはシンプルで大き過ぎず、個人的に好きです。
加湿力は強いです。20畳のリビングでの使用ですが、あんなに静かなのに、湿度計の数字は確実に上がっていますので、パワーを感じています。以前はシャープの加湿器を使っていましたが、21畳まで対応とのことですけど、強で運転してもなかなか上がらないです。しかもうるさいです。

引用 価格.com

共通の特徴

省エネ性能と加湿力のバランスが取れたハイブリッド式

プレハブ洋室で33畳まで対応

サンドホワイト、モスグレーの2色あり

【鬼比較】HD-LX1223とHD-LX1222 新旧違い口コミ レビュー!ダイニチ加湿器

静音ナンバーワン

ダイニチは加湿器の風の経路、部品形状などを徹底研究。

業界トップの静かさによりメーカー販売シェア10年連続ナンバーワンとなっている。

加湿方式

ハイブリッド式

省エネ性能と加湿力のバランスが取れたタイプがハイブリッド式。

ダイニチ公式 ハイブリッド式だから、電気代のムダなく運転

1200mL/hの高い加湿能力と、どこでも使いやすい本体サイズ、部屋に溶け込むデザインを融合させたリビングの主役になるモデル。

設定湿度が選べる

 50・60・70%

現在しつど

1%刻みでデジタル表示。

おやすみ快適運転

おやすみ加湿で音が静か

ボタンを押してからの1時間は最小運転音(13dB)で静かさ優先で運転できる!

しかも50・60・70%の3段階から設定湿度が選べて、便利!

従来から音の静かさには定評があったが、さらに眠りにつくまでの快適さを追求したダイニチ。

もちろん自動で切り替わるのでラク!(表示部の明るさも70%減光され眠りを妨げない)

加湿フィルターは抗菌気化フィルター

キレイにうるおう4つの抗菌加工

フィルター寿命は5シーズンと長め。

抗菌エアフィルター搭載(上の写真右側)

雑菌の繁殖以外にもカビ・アレル物質 (スギ花粉・ダニの死骸) の繁殖まで抑えるフィルターあり。

抗菌フラットトレイ

フラットかフラットでないか。地味に見えるが重要な違いで、仕切りの突起がないという事は水垢をきれいにしやすい事でもある。

※ カンタン取替えトレイカバーを使っている場合は、気になる時はトレイ内部を清掃する程度で良い。なので普段のお手入れは仕切板を水洗いするだけでラクラク!

カンタン取替えトレイカバー

業界初!カンタン取替えトレイカバー

加湿器では重要な水回りの清潔に関する項目。実は使い捨てカバーなのでトレイの洗浄が面倒と思っていた人には嬉しい。

タンクWとって

水が入った重たいタンクもWとってでラクラク運べます

満水時には約7㎏も入るタンク。とってが2つなので両手でしっかり持てて便利!

Ag+抗菌アタッチメントEX

Ag+抗菌アタッチメントEX

抗菌成分が溶け出して、水を抗菌

タンクキャップに装着しているアタッチメントから水中にとけ出した抗菌成分が、タンク内の雑菌の繁殖を抑える部品。

水回りの家電製品では重要なポイント!

ターボ運転

一気に部屋を加湿させたい時に使える機能。朝、出かける前や帰宅後の利用が想定される。(設定湿度に達するまで、加湿量を約15%アップ)

日本製・3年保証あり

寒い冬場は加湿器を上手に使うことでエアコン暖房などの省エネにもなる。

体感温度では1.7℃も温かい結果が

同じ室温でもしつどの違いで体感温度が変わるのだ。

入/切タイマー

毎日の決まった時間のご使用やおやすみ時などに便利な機能(2時間後・4時間後・6時間後・8時間後)

チャイルドロック

あり。

給水サイン

タンクの水がなくなるとブザー音と点滅でお知らせし、運転を停止。

スマートリモコン対応

スマートリモコンを使って遠隔操作できるようになった!

【鬼比較】HD-LX1223とHD-LX1222 新旧違い口コミ レビュー!ダイニチ加湿器

乾燥した部屋をしっかり加湿するには、少し時間がかかる。

帰宅前など離れたところから操作できれば、快適な安全空間にすることができる!

※わかりにくい隠れた盲点

注意点としては独立したリモコンが付属しているわけではなく、市販のスマートリモコンを使用する。

つまりスマートリモコンのアプリをダウンロード、加湿器の運転モードをスマートリモコンに登録し、インターネット通信・赤外線で加湿器を操作する。

お部屋でも外出先でも操作ができます

必要なもの

インターネット環境
アクセスポイント(無線LANルーターなど)
端末(スマートフォンやタブレット)
スマートリモコン(登録機能付き)

スマホ画面で操作・確認できる項目
運転モード
湿度設定
運転入/切

カタログ比較表

こちらも参考に

カタログ比較表↓は緑の四角をクリックで各鬼比較へ

ダイニチの加湿器 カタログ比較表

ダイニチの加湿器(型落ちもあり)まとめ

HD-LX1023と比較

加湿能力は少しさがるが、同じ機能のHD-LX1023も比較候補になる。

適用床面積

HD-LX1023

プレハブ洋室 27畳(44m²)まで
木造和室 16畳(27m²)まで

HD-LX1223

プレハブ洋室 33畳(55m²)まで
木造和室 20畳(34m²)まで

連続加湿時間

HD-LX1023

標準 7.3
静音 8.8
おやすみ快適 8.8
eco 11.7 
のど・肌 7.3 
ターボ

HD-LX1223

標準 5.8
静音 8.8
おやすみ快適 8.8
eco 11.7
のど・肌 5.8
ターボ

実は本体サイズ、タンクの容量は同じ。

運転音

HD-LX1023

標準:最大~最小 34~13
静音:最大~最小 27~13
おやすみ快適:最大~最小 27~13
eco:最大~最小 34~13
のど・肌:最大~最小 34~25
ターボ:最大~最小 40~40

HD-LX1223

標準 最大~最小 34~13
静音:最大~最小 27~13
おやすみ快適:最大~最小 27~13
eco:最大~最小 34~13
のど・肌:最大~最小 34~25
ターボ:最大~最小 40~40

【鬼比較】HD-LX1223とHD-LX1222 新旧違い口コミ レビュー!ダイニチ加湿器


HD-LX1223とHD-LX1023の違いは、適用床面積・加湿量・連続加湿時間・運転音の違い。

 

HD-LX1223-W(スノーホワイト)

posted with カエレバ

HD-LX1223-T(モスグレー)

posted with カエレバ

HD-LX1023-W(スノーホワイト)

posted with カエレバ

HD-LX1023-H(モスグレー)

posted with カエレバ

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較.comへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに