KJ-43X85K

新旧【鬼比較】KJ-43X85K 違い3機種・口コミ・レビュー!

最終更新日:2022年11月29日

KJ-43X85Kの比較記事と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

KJ43X85Kはソニーの4K液晶ブラビア43V型で、動きの速い映像をなめらかで見やすく表現する倍速パネルを搭載のシリーズである。

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

目次をクリックをクリックで比較記事へ

新旧比較 KJ-43X85KとKJ-43X85Jの違い

似ている KJ-43X85Kと KJ-43X80Kの違い

KJ43X85Kの特徴(価格は一番下へ)

(X85Kシリーズ)

倍速駆動パネル搭載で動きの速い映像もなめらかに。独自の高画質機能と多彩な便利機能を搭載した4K液晶テレビ

 

チューナー

BS4Kx3 110度CS4Kx3 地上x3 BS×3 110度CS×3

2K/4K放送を問わず、外付けHDDを接続で2番組同時録画と1番組の視聴が可能。

高画質プロセッサーHDR X1X85K高画質TOP

HDR相当の映像にアップコンバートする4K高画質プロセッサーなので白飛びしやすい明るい部分の色味や、つぶれてしまいがちな暗部の階調も緻密に再現できる。

放送番組・ゲーム・ネット動画など、様々な素材をデータベース型超解像処理で4K化する専用エンジン4K X-Reality PROも搭載。y kj x85k 4k x reality pro 12 - 新旧【鬼比較】KJ-43X85K 違い3機種・口コミ・レビュー!

倍速駆動パネル 

映像の動きを予測して、前後のコマの間に新しいコマを生成して補間。1秒間120コマで描画することで、残像感が低減され、スポーツシーンなど、動きの速い映像をなめらかで見やすく表現する!

モーションフローXR240 

動きの速い映像をくっきりと再現してくれる機能。

具体的にはバックライトオン/オフ技術で映像の表示時間を4倍速(1秒間240コマ)の映像と同等にする。

残像感を効果的に低減し(フレームごとにLEDバックライトの発光を制限)より鮮明でリアリティーのある映像表現を可能にする!

トリルミナスプロ

より細部まで忠実な色を自然に再現することが可能になり、今まで表現しきれなかった繊細な色のニュアンスや、人肌のみずみずしい質感までも明るく色鮮やかに描き出せるようになっている。

サウンド

テレビ本体のスピーカーで3次元のリアルな立体音響を実現できるドルビーアトモス対応

音の高低によって変化しやすい出力レベルを一定にでき、デジタルアンプ搭載でクリアな音質を再現。

視聴環境に合わせて音声のバランスを自動調整する音場補正もあり。

X-Balanced Speaker(エックス バランスド スピーカー)

音の歪(ひず)みを低減する形状の振動板を採用した、「X-Balanced Speaker」により音の解像感が向上し、クリアな高音質を再現!X85K高音質TOP

そして大容量のスピーカーボックスなので、迫力のある重低音を楽しめる。

スピーカー

フルレンジ×2基・出力 10W+10W

Bluetooth対応機器(別売)

ケーブルの煩わしさから解放されて、テレビの音を快適に楽しめる!Bluetooth対応のヘッドホンやスピーカーを使えばワイヤレスで接続可能。

※わかりにくい隠れた盲点

A2DPに対応している必要あり

操作性

スマホを使っているかのような操作性で使いやすい。

アプリの起動やテレビ番組の切り替えが速く、豊富なコンテンツから見たい映像を快適に楽しめる!

リモコン

Hulu・Netflix・U-NEXT・Prime Video・ABEMA・new! Disney+・YouTube ・My BRAVIAボタン搭載で、テレビの電源がオフの状態でも、ワンプッシュでかんたんにアプリを起動できる。

この無線リモコン(Bluetooth接続)はテレビの受光部に向けなくても操作できて便利。(ただし電源オン・オフとチャンネルポンは、いままで同様に赤外線により動作)

※チャンネルポンとは、電源を入れなくてもリモコンのチャンネルボタン(数字ボタン)を押すだけでテレビがの電源が付いて選局も完了する機能

スマホと連携

スマートフォンのコンテンツをテレビに映し出せるChromecast built-inとApple AirPlay 2に対応。Android・iPhoneのスマートフォンのコンテンツをブラビアの大画面にキャスト!

Google TV機能

ネット動画の視聴にも最適で映画、音楽、ゲームなどあらゆるジャンルのコンテンツを楽しめる。

視聴履歴や趣向から個人に最適化されたおすすめコンテンツが、ホーム画面に表示される。

従来のようなサービス提供会社別ではなく、「番組」「映画」といったコンテンツ軸で表示されるので、お好みの動画にすばやくアクセスできる利点あり!

Googleアシスタントも搭載し、音声での操作が可能。

テレビの設置シミュレーションもできる

最近話題のインテリア試着アプリだが、RoomCo ARを使えば
スマホを使って自宅のブラビアの設置イメージを確認可!

サイズ確認や置いたときのイメージがわかって便利。

new! 新しく追加された機能は下記、新旧比較 KJ-43X85JとKJ-43X85Kの違い を参照


KJ-43X85Kの価格

写真は各公式へ

posted with カエレバ

トップへ戻る(特徴紹介へ)



新旧比較

KJ-43X85JとKJ-43X85Kの違い

 

KJ-43X85J 旧型番

VS

new! KJ-43X85K 新モデル

KJ-43X85Kの型落ち・旧モデルがKJ-43X85Jである。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

 

新モデルに進化あり!

 

new! ハンズフリー音声検索

KJ-43X85J : × ナシ

KJ-43X85K : ◯ あり

「OK Google, ○○○して」と直接テレビに話しかけるだけでテレビの電源や音量コントロール、チャンネル変更などの操作がハンズフリーで可能となった!

YouTubeなどの動画検索も声だけで操作できるので、思ってた以上に快適な視聴ができる。

ちなみにこの機能を使うにはインターネット環境とGoogle アカウントでのログインが必要となる(Google TVのため)

従来のKJ-43X85Jの場合は、リモコンの「 Google アシスタント」ボタンを押しながら話をして検索する必要があったので大幅な進化!

new! BRAVIA CAM(ブラビアカム)対応

KJ-43X85J : × ナシ

KJ-43X85K : ◯ あり

ブラビア専用の外付けカメラで、より快適な楽しいテレビライフにしてくれる独自の補助装置。

画面の上部に装着し、テレビに向かってジェスチャーをするだけで、リモコンいらずで操作ができるようになったり(ジェスチャーコントロール機能)設定距離より近い位置での視聴を検知すると画面上にアラートを表示でお知らせ(近すぎアラート)テレビの前に視聴者がいない間は輝度を落として消費電力を抑えてくれる自動省電力モードにも対応できるようになる。

ビデオチャット機能(Google Duo)では、遠方の家族や友人とテレビの大画面を見て会話でき楽しい。

ソニーのジェスチャーコントロール機能 - 新旧【鬼比較】KJ-43X85K 違い3機種・口コミ・レビュー!

ジェスチャー操作の一部↑

近すぎアラートは小さな子どもや赤ちゃんがいる家庭で特に重宝しそうだ。

一部の機能はソフトウェアアップデートで対応予定との事。

(ブラビアカムはA95Kシリーズ以外は別売りなので注意。BRAVIA CAMの型番はCMU-BC1で、市場想定価格は24,000円前後とのこと)


つまりKJ-43X85KとKJ-43X85Jの違いは、ハンズフリー音声検索とBRAVIA CAM(ブラビアカム)対応の有無である。

型落ち品は安い代わりに製造から年数が経っていることもお忘れなく!


型落ち KJ-43X85Jの比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

KJ-43X85Kの価格は ソニー KJ-43X85K



レビュー比較

(型落ちKJ-43X85J含む)

YouTubeとかAmazonプライムとかのボタンがあるので便利です。画質も音も最高です。

実写・スポーツはそこまで派手に効きが目に見える感じはないですが、スポーツ・モータースポーツと言った動きの速いシーンでも残像感がなく綺麗な動きになります。

画質や操作性は良好。満足です。ゲームでも目立った遅延は感じず快適です。

動きの滑らかさや、HDRの画質やサウンドバーと繋いだときの音のクオリティは全然違います。HDRがこんなに綺麗なものだとこのテレビではじめてわかりました

とてもいい買い物をしました!YouTubeも見れるし、スタンドも丈夫で何よりハードディスクを追加するだけで予約録画できる!本当にいいです。操作も簡単!

音は壁掛け状態かテレビ台に置いている状態かの2種類から選べます。そのため、立体的に音が伝わる感じが多少変わります。

内蔵スピーカーの音質は好みハッキリ分かれると思いますが良くないと思います。まぁ自分は内蔵スピーカー使わないんでいいんですが、気になる方は別途サウンドバー買ったほうがいいです。総評は購入から設置、視聴、操作感まで引っかかる不満点がなく、画質も非常に美しいので★5にしました。

引用 amazon

設置簡単で、画像も素晴らしかった。高かったけど良かったです。

画像も音も綺麗で、TVでYouTubeやAbemaTV等色々楽しめてとても良いです!これにして大正解でした(o^^o)壊れずに長く使えますように!!

家の回線の問題かわかりませんが、Netflixが勝手に落ちてしまう事がたまにあります それ以外は大満足です!

引用 楽天市場

十分の画質と性能です。特に倍速液晶の効果が顕著で今まで残像しまくっていた動きがぬるぬる動いて普段見ていたものでもこうも変わるものかと感心しました。少し残念だったのが2画面表示がないのと、ハードディスクに録画したものが再生時に早見再生ができなかったことです。

久しぶりに最新テレビに買い替えていろいろと期待していたが、期待通り、いろんな機能があってよかった。

引用 nojimaonline

 画像がとても綺麗で満足です。ランクを下げないで良かった! ポイントが沢山もらえて安く購入できました。 唯一の不満は、TVの足がカニ足みたいな所。昔のTVや他社メーカーの様に普通にして欲しいです。

他社メーカーがAndroid TVの中Google TVであることやPS5との互換性も良いとのことで購入。同規格で見ると値段は高めだが満足。

 画像もとても綺麗でうごきもなめらかです。他のサイトの口コミで音質が悪いと見かけましたが自分的には特に気にならなかったです。

引用 paypayモール

こちらも参考に ソニーの液晶テレビ・一覧へ

新旧違い【鬼】X85K・X85J・X80Kの3シリーズ・口コミ・レビュー!

トップへ戻る(特徴紹介へ)



KJ-43X80Kと比較

KJ-43X85KとKJ-43X80Kの違い

 

倍速駆動パネル

KJ-43X85K : ◯ あり

KJ-43X80K : × ナシ 

映像の動きを予測して、前後のコマの間に新しいコマを生成して補間。1秒間120コマで描画することで、残像感が低減され、スポーツシーンなど、動きの速い映像をなめらかで見やすく表現する!

※実はテレビの映像は静止画の連続なのでパラパラ漫画と同じ原理。枚数が多いほど映像がなめらかに見える仕組み

モーションフローXR240

KJ-43X85K : ◯ あり

KJ-43X80K : × ナシ 

動きの速い映像をくっきりと再現してくれる機能。

具体的にはバックライトオン/オフ技術で映像の表示時間を4倍速(1秒間240コマ)の映像と同等にする。

残像感を効果的に低減し(フレームごとにLEDバックライトの発光を制限)より鮮明でリアリティーのある映像表現を可能にする!


つまりKJ-43X80KとKJ-43X85Kの違いは、倍速駆動パネルとモーションフローXR240機能の有無である。動きの速い映像をよりなめらかに、鮮明でリアリティーのある映像表現が出来るのはKJ-43X85K!


KJ-43X80Kの比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

KJ-43X85Kの価格は ソニー KJ-43X85K

トップへ戻る(特徴紹介へ)

 

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに