55Z870L

3機種【鬼比較】55Z870L 違い口コミ:レビュー!

55Z870Lの鬼比較と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

55Z870Lは東芝の4K液晶55V型レグザで、新高画質映像処理エンジン「レグザエンジンZRII」を新搭載したシリーズである。

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較候補になる機種の比較記事あり。

※鬼比較.comはプロモーションPRフュージョンを含み、皆様からの広告収入により成り立っています

目次をクリックで比較記事へ

55Z870Lの特徴(価格は一番下へ)

(Z870Lシリーズ)

圧倒的な高輝度と、
鮮明で華やかな色彩
新開発Mini LEDパネル搭載!

 

チューナー

地上デジタル×9、BS/110度CSデジタル×3、BS/CS 4K放送×2。地デジ/BS/CSの2番組同時、4K放送を視聴しながら別の4K放送の裏番組を別売りの外付けUSB HDDで録画できる機種。(4Kダブルチューナーウラ録・BSも地デジも3チューナーW録)

new! 新開発 Mini LED広色域量子ドット液晶パネル

純度の高い色表現で、かつてない鮮やかな映像が楽しめる新パネルを採用へ!

そして倍速パネルなので早い動きの映像もスムーズに再現し、スポーツなどの動きが速いシーンもなめらか。

new! 高画質と快適な操作性を両立する新世代レグザエンジンZR IIを新搭載へ!

4K放送などやネット動画も高精細に楽しめ、さらなる高速レスポンス、進化したノイズリダクション、快適な操作性で快適。

美肌フェイストーンZR II

5ea913cd580f23e10e9705cd96e47856 - 3機種【鬼比較】55Z870L 違い口コミ:レビュー!

撮影環境の影響を受けて不自然に感じる人肌を補正し、立体感や質感を向上させ、自然で美しい肌・表情を再現する。

おまかせAIピクチャーZR II

室内の明るさと照明や外光の色温度の違いを検出し、視聴環境にあわせて適切な画質に自動調整。周囲の色温度にも合わせて画質調整され便利。

夜間に浴びると睡眠に影響があると言われるブルーライト抑制もできるので、健康的で快適なテレビライフを送れる。

地デジAIビューティZR II

テロップまわりのノイズや動きのある映像で発生しがちな動きボケを抑制。

クリアな映像に変換しクラウド上にある番組やジャンルごとの映像調整パラメータを利用しながら高画質処理。

ネット動画ビューティZR II

ネット動画の特性に合わせて高画質処理する機能。

コントラスト・精細感をアップさせ、低フレームレートコンテンツもなめらかに再生できる。

タイムシフトマシン

地デジ番組を最大6チャンネルまるごと録画可能。

過去番組表から、見逃した番組や録画し忘れた番組が自由に選べる。
膨大な過去番組から、それぞれの人に合った番組を厳選しておすすめするスマート機能も便利。

見たかった番組はもちろん、知らなかった話題にも出会え、テレビ視聴がいっそう楽しくなる!

レグザナビ

人気の番組をランキング形式で表示する

立体音響技術ドルビーアトモス対応あり

映画館のように立体的で迫力のあるサウンドを楽しむことができる。

オーディオキャリブレーション

テレビから発するテストトーンを、リモコンのマイクで測定。

リビングやベットルームなどの各部屋に最適なオーディオ設定に自動調整してくれるので、適切な設定で臨場感あるサウンドを楽しめる。

スピーカー構成

フルレンジ:2個、ツィーター:2個、トップツィーター:2個、ウーファー:1個

リモコンのダイレクトボタン

YouTube、ABEMA、Netflix、Hulu、U-NEXT、 Prime Video、Disney+、TVer、dTV、Net.TV

comfortable-1-2

新レグザリモコンは動画配信サービスへのダイレクトボタンがさらに追加され、さらに便利!

My.Choiceボタンはどちらも搭載で、ここにはないお気に入りの動画配信等のアプリケーションのショートカットを登録することが可能

オートゲームアジャスト機能

ゲーム機の出力映像に合わせて、臨場感あふれる美しい映像を再現。ゲーム専用の高画質モードも搭載。

レグザ専用Linux OS

映像メニューや各種設定などの従来のレグザメニューが新しいプロセッサに移植されて、さらに使いやすくなり進化している。

2wayスタンド

設置場所に合わせてスタンドの位置が選べて便利。スタンドの位置を外側・内側にできる。

new! その他の新しく追加された機能の詳細は下記、新旧比較 55Z770Lと55Z870Lの違い を参照


55Z870Lの価格

写真は各公式へ

posted with カエレバ

new! 55Z870Lの新モデル・後継シリーズも登場!→ 55Z870Mとの違いへ

トップへ戻る(特徴紹介へ)

55Z770Lと比較

55Z770Lと55Z870Lの違い

 

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いた【鬼比較.com】へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

 

 Mini LED広色域量子ドット液晶パネル

55Z770L : △ ナシ(4K液晶パネル)

55Z870L : ◯ あり

純度の高い色表現で、かつてない鮮やかな映像が楽しめる新パネルを採用へ!

広色域量子ドットにより、人間が見ている色域の広さに迫る純度の高い色表現が可能になった。

バックライトには多くのLEDを緻密に配置しコントロールすることにより、従来モデル比約2倍の高輝度化を実現!

鮮やかな映像表現だけでなく、広色域復元でも55Z870Lの方が上(3次元カラーリマスター)

青色LEDの光を無駄にことなく緑・赤に波長変換し、ピークと純度の高いRGB光を生み出している。

音声実用最大出力

55Z770L : △ 60W (10W+10W+10W+10W+20W)

55Z870L : ◯ 70W (10W+10W+10W+10W+5W+5W+20W)

音質もの方が上でサウンドシステムは重低音立体音響システムZP

重低音バズーカを含む新たに開発した7個のスピーカーを70Wのアンプで駆動。トップツイーターがサラウンド感を高めるので、いつものリビングが、まるでライブ会場にいるかのような迫力のサウンドに包まれる!

回転スタンド

55Z770L : あり

55Z870L : ナシ

55Z770Lは、スイーベル対応のスタンド付属


つまり55Z870Lと55Z770Lの違いは、量子ドット液晶パネルの有無とサウンドシステム・音質・スタンドの違いである。映像が鮮やかで美しく音も良い55Z870Lがおすすめ!


55Z770Lの比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

55Z870Lの価格は 東芝 55Z870L

こちらも参考に 東芝の液晶テレビ・一覧

トップへ戻る(特徴紹介へ)

レビュー比較

55Z870Lの口コミ・レビュー

最後まで有機ELと迷いましたが明るいリビングの我が家では、こちらにして大正解でした。ソニーも候補だったのですがあまりに鮮やかすぎて長時間見るのは、正直辛かったです。唯一、音は調整が必要です。もしくはサウンドバーをお勧めします。

引用 楽天市場

10年選手のレグザ32インチからの買い替えです。家電量販店で画質を比較して決めました。BSや4K映像はどのメーカーでも素晴らしい画質ですが、一番メーカーの差を感じたのが地デジ放送でした。我が家の視聴番組は地デジメインであることから、地デジの映像が美しいレグザシリーズの中から選択する事を決めました。

使いきれないほどテンコ盛りです。タイムシフト機能は申し分ないです。ですが、録画再生の操作性についてはもう少し整然としてほしいです。ちなみにDTCP機能 NASへのアクセス性が思い切り悪くなっています。録画やコピーができません。再生もドライブの選択が面倒だし、早送り戻しのステップが1/20で微調整ができません。ネット関係も不便なくできますがFireTVの方が親切です。

今年モデルの中では、性能と価格がちょうど満足できる製品です。ただ、価格的にもっと安い金額となるのなら当時店頭に出たばかりだった下位の55Z770Lで十分だとも思っていました。ところが購入時での家電店の見積もりでは、この製品との値段差がほとんど無くて、こちらを購入することとしました。

【デザイン】無駄がないのでいいと思います。
【操作性】テレビとして及第点だと思います。
【画質】絵がリアルめいて綺麗でした。液晶では映画、アニメを見るのにこれが一番向いていると思います。
【音質】スピーカーが多いだけあり映画、BD などの音はチャンネルごとの音声になります。マンションでは十分だと思います。
【応答性能】やはりminiLEDと量子ドットとはいえ液晶ゆえに移り変わりが激しい映像は乱れます。神経質な人には気になると思います。
【機能性】もはやテレビは機能としては並び立ったと思います。
【サイズ】PSと繋げることとBD鑑賞のためだったのでサイズは十分です。

コレという弱点があまりありません。それだけにリモコンは残念ですね。2022年モデルの液晶テレビでは画質音質共に頂点でしょう。

視野角も広く、光の表現や青の発色が気に入ってます。まぁ、映像エンジンが最新では無いものの、余りこだわり過ぎないのであれば充電満足できると思います。ある程度映像が綺麗な方が良い、複数チャンネル録画がしたい、音もそこそこ良ければみたいな人にはオススメかもしれません。

引用 価格.com

型落ち55Z770Kの口コミ・レビュー

画質、音質共に凄く良く、買って良かったです。タイムシフトも便利で満足しています。

タイムシフトマシンを使い始めると、もう手放せません。見逃した番組をタイムシフトで見たり、ながら見をしていた番組やニュースで、もう一度見たい場面を再生したり、とても役立っています。画像も綺麗で、画面の下から5センチ幅がスピーカーになっていて音も良いです。

有機ELも気になりましたが予算の都合でこちらにしました。

タイムマシン機能は最高に便利です。巣ごもり時間が多くなり過去番組を自由な時間に事前準備なく観れますので非常に重宝しています。TVが私のライフタイムに合わせてくれます。

画像はきれいでくっきりなので文句ないです。タイムシフト機能は一回使ってしまうと手放せないですね。

斜めから見ることが多く、これまでのパネルとは少し色見が異なる点と、スイッチONの時に画面表示に少し時間がかかる点を危惧していましたが、許容できるレベルで全く不満はありません。操作性に戸惑うこともなく、進化した機能を楽しんでいます。

使い始めて6ヶ月になるがトラブルはない。タイムシフトは無くても困らないが、有ったらそれなりに便利。

引用 ヨドバシ.com

ネットでテレビを購入するのは初めてで、少し不安でしたが配送もまあまあで設置も問題ありませんでした。 画像は綺麗で、特にYouTubeでゲームのデモなどを観るとわかります。 下にあるスピーカーも重低音が響いて良いですね。 店舗よりもお安く、ポイントも付いて大満足です。

音声がストレートに聴こえてきて聞き取り易かったのでこちらの商品に決めました。値段も少し高かったですが、永く使う商品なので良しとしました。あと10数年前の37インチからの買い替えで50と55インチも悩みましたが、最初は大きく感じましたが、直ぐ慣れて見やすいので正解でした。

最新機種では全録の曜日ごと時間帯指定が可能となり便利です。 画面は大変綺麗です。明る過ぎるので少し照度を落として丁度よいです。 ひとりで設置しましたが17kgの重量のため55型が限度です。

タイムシフトテレビからの買い替えです。注文する前日まで有機ELと迷いこのタイムシフトの液晶にしました。決め手は有機ELの焼き付きに対し保障が無い事。なので今回は液晶で我慢です。音に関しては、この商品にして正解!  低音の出方や高音との繋がりも自然で迫力のある音を提供してくれます。

タイムシフト、画質、実物で確認済みにて購入なので、申し分ないです。 外付けHDDは、タイムシフト対応をご購入くださいね そして、外付けHDDは通常録画用も、いりますよ。

画質や機能は素晴らしく進化していると思います。リモコン操作も、少し以前の機種とは使用するボタンの色が変わったりしていますが、直感的に使えて違和感はすぐなくなりました。

引用 ヤフーショッピング




65Z875Lと比較

 

Z875Lの55V型55Z875Lは存在しないので、65Z875Lで比較。

映像処理エンジンの違い

55Z870L : △ レグザエンジンZRⅡ

65Z875L : ◯ レグザエンジンZRα

Z875Lはさらに高性能なプロセッサへ進化!

ミニLEDへの高精度な制御技術はZ875Lの方が上で、新開発のアルゴリズムが導入されている。

美肌高画質・地デジ高画質・ネット動画高画質・広色域復元など、すべてにおいてZ875Lの方が美しい。

目指したのは、想像をはるかに超える感動体験。

人間の感性を持ったかのような映像解析能力を備えたレグザ最新のハードウェアAIエンジンZRαは、
ディープニューラルネットワークを駆使して、高ビットの信号処理と最新の超解像技術を用い、人が見ている世界をより自然な美しさで再現。
圧倒的なテクスチャー再現力で、手を伸ばせば届きそうな質感や、その場にいるかのような空気感を表現できるのが65Z875L!

お金に余裕があるなら迷う必要はない。

AI ナチュラル フォーカス テクノロジー

55Z870L : ✕ ナシ

65Z875L : ◯ あり

レグザエンジンZRαが、被写体と背景を識別。

それぞれに適切な超解像処理を行い、まるで肉眼で見ているような奥行きと立体感ある映像を描き出し、これまでにない没入感がすごい!

64色軸リッチカラーイメージコントロール

55Z870L : ✕ ナシ

65Z875L : ◯ あり

65Z875Lの方が色がリアル!

広色域映像を表現するには緻密な色彩コントロールが必要。

映像信号として圧縮された色域に対して、レグザは7168項目のカラーデータベースを参照し、64もの色軸による高精度な色空間変換を行う。

これにより淡い色の繊細なニュアンスなど、オリジナルに近い自然な色を再現する。


65Z875Lの比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

55Z870Lの価格は 東芝 55Z870L

トップへ戻る(特徴紹介へ)

 

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較.comへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに