『盲点』【(鬼)】NI-FS570 との『違い』

2021年版 衣類スチーマー 【鬼比較】

パナソニックから発売の衣類スチーマー360°タイプ!

※わかりにくい隠れた盲点、カタログには書かれていない隠れた盲点、も必見

機能の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

下記タイトルをクリックで比較記事へ

パナソニック NI-FS570の特徴

NI-FS570 と 旧モデル NI-FS560の『違い』

NI-FS570 と 下位機種 NI-FS420の『違い』

NI-FS570 と 上位機種 NI-FS770の『違い』

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。



パナソニック NI-FS570の特徴

 

 

写真参照  NI-FS570の特徴

型番 NIFS570

posted with カエレバ

立ち上がり 約19秒

スピード立ち上がり約19秒

すばやく立ち上がるので、慌ただしいときにも便利!

360°くるくるスチーム

パナソニックなら360°パワフルスチーム

360°スチームが出るので、コートやワンピースなどの長い衣類も、かがまずに衣類スチームできる利点がある。

連続スチーム 約4分

1回の注水で、たっぷり衣類ケアできて便利!

さらに、スチームボタンを押している間は連続パワフルスチームとして、一定量のスチームが安定的に出続ける。

タンク容量は50 mL

瞬間3倍パワフルスチーム

パワフルスチームと瞬間3倍パワフルスチームの比較

連続パワフルスチームの約3倍のスチーム量を瞬間的に噴射するので、しっかりサッとシワ・ニオイとりできる!

使用シーンと比較写真(スチーマー使用前と後のシャツ)

プレス仕上げ

 

衣類スチーマーでありながらアイロンのようなプレス仕上げも可(テカリ防止のため、あて布の使用がオススメ)

NI-FS570はドライアイロンとして使える?

実は本体に水を入れなければドライアイロンとして使える。
その代わりスチームボタンを押さずに使うこと!

アイロン面先端拡大画像

 

生地が引っかかりにくい角がない構造。

ワイシャツの襟やハンカチなどもシャキッと!

アイロン面 画像 「セラミックコート」

すべりの良いセラミックコートを採用なので、軽いかけ心地。

脱臭・除菌

洗いにくいジャケットやコートに(生活5大臭+2臭)

洗いにくいジャケットやコートなど、頻繁に洗えない衣類に対しては特に便利!

生活5大臭 (生乾き臭/ペット臭/タバコ臭/汗臭/飲食臭)

プラス+加齢臭/防虫剤臭までスッキリ!

赤ちゃんの肌着なども/洗濯後の布マスクも

付属品

スタンド・専用カップ

軽量約690g(スタンド含まず)

 

耐熱スタンドなので使用中や、使用後の本体が熱い状態でもすぐに置ける仕様。

【1】タンクに水を入れる様子

専用カップで水道水をタンクに入れる。

コードの長さ

ゆったり約2.5m

約2.5 mで長い。

トップへ戻る



パナソニック NI-FS560 と NI-FS570の『違い』

 

NI-FS560 旧モデル

(NI-FS560-Pピンク)(NI-FS560-Kブラック)

VS

new!  NI-FS570

(NI-FS570-Tダークブラウン)(NI-FS570-PNピンクゴールド調)

※NI-FS570の型落ちはNI-FS560である

新モデルになって進化あり!

 

立ち上がり時間

NI-FS560 : △ 23秒

NI-FS570 : ◯ 19秒

NI-FS560の水の流路や温度検知部を工夫し改善させ早くなった。

忙しい朝にも最適なのはNI-FS570!

本体色の変化にも注目。

 

型番 NIFS560

360°スチームモデル

引用 NI-FS560の特徴

型落ち品は安い代わりに製造から年数が経っていることをお忘れなく!

posted with カエレバ

NI-FS570の価格は パナソニック NI-FS570の特徴へ

トップへ戻る



NI-FS570 と 下位機種 NI-FS420の『違い』

タイプ

NI-FS570 : 360°スチームタイプ

NI-FS420 : コンパクトタイプ

パナソニックなら360°パワフルスチーム

どんな向きで使っても、スチームたっぷりなのはパナソニックならでは!

※NI-FS420は220°まで

その理由

どんな向きでもスチームたっぷり!

長い衣類も、かがまず​下向きにさせるだけで裾まで簡単ケアできてしまう。

※わかりにくい隠れた盲点

 360°スチームになるのは、ハンガーにかけた衣類に平行に向けた場合という条件つき。だが、それでも十分すごい。

瞬間3倍パワフルスチーム

NI-FS570 : ◯ あり

NI-FS420 : × ナシ

パワフルスチームと瞬間3倍パワフルスチームの比較

連続パワフルスチームの約3倍のスチーム量を瞬間的に噴射するので、しっかりサッとシワ・ニオイとりできる(スチーム穴の数は6個)

使い方

【3】スチームボタンを押している様子

まずスチームボタンを約10秒間長押し。ランプが2つ点灯したら瞬間3倍パワフルスチームがスタンバイされる。

【2】電源スイッチと通電ランプの位置の写真

両方点灯中にスチームボタンを連続2回押すと3倍パワフルスチーム

スチームボタンを連続で2回押すと、瞬間3倍パワフルスチームが噴射!

以下の2種はどちらも搭載

連続パワフルスチーム

衣類へのスチーム残りが少なく、サラッと仕上げられる。

ワイドスチーム

広範囲なスチームで衣類をケアできる。

立ち上がり時間

NI-FS570 : ◯ 約19秒

NI-FS420 : × 約30秒

忙しい朝にもってこいなのがNI-FS570。

自動ヒーターオフ

NI-FS570 : ◯ あり

NI-FS420 : × ナシ

慌てていても安心機能あり。

コンパクトタイプ

引用  NI-FS420の特徴

NI-FS420との比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

NI-FS570の価格は パナソニック NI-FS570の特徴へ

トップへ戻る



NI-FS570 と 上位機種 NI-FS770の『違い』

タイプ

NI-FS570 : 360°スチームタイプ

NI-FS770 : 大容量360°スチームタイプ

大容量タンク搭載のNI-FS770なら連続スチームでも 10分持つ!

※NI-FS570は4分

パナソニックなら360°パワフルスチーム

どんな向きで使っても、スチームたっぷりなのはパナソニックならでは!

その理由

どんな向きでもスチームたっぷり!

長い衣類も、かがまず​下向きにさせるだけで裾まで簡単ケアできてしまう。

※わかりにくい隠れた盲点

 360°スチームになるのは、ハンガーにかけた衣類に平行に向けた場合という条件つき。だが、それでも十分すごい。

使い方

タンク容量

NI-FS570 : 50 mL

NI-FS770 : 115 mL

パワフルスチーム

NI-FS570 : △ 瞬間3倍

NI-FS770 : ◯ 瞬間4倍

パワフルスチームと瞬間4倍パワフルスチームの比較

 

連続パワフルスチームの数倍のスチーム量を瞬間的に噴射するので、しっかりサッとシワ・ニオイとりできる(スチーム穴の数は6個)

使用シーンと比較写真(スチーマー使用前と後のシャツ)

使い方

【3】スチームボタンを押している様子

まずスチームボタンを約10秒間長押し。ランプが2つ点灯したら瞬間3倍パワフルスチームがスタンバイされる。

【2】電源スイッチと通電ランプの位置の写真

両方点灯中にスチームボタンを連続2回押すと3倍パワフルスチーム

スチームボタンを連続で2回押すと、瞬間パワフルスチームが噴射!

以下の2種はどちらも搭載

連続パワフルスチーム

衣類へのスチーム残りが少なく、サラッと仕上げられる利点あり。

ワイドスチーム

広範囲なスチームで衣類をケアできる。

温度調節機能

NI-FS570 : × ナシ

NI-FS770 : ◯ あり

高・中・低 3段階

デリケートな衣類もやさしくお手入れできて便利(ドライアイロンとして使用する場合

低温:ベルベット・シルク・アクリル など
中温:ポリエステル・レーヨン・ウール など
高温:綿・麻(混紡含む) など

 

大容量・360°スチームタイプ

引用  NI-FS770の特徴

NI-FS770との比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

NI-FS570の価格は パナソニック NI-FS570の特徴へ

トップへ戻る



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに