家電の徹底比較

【東芝レグザ】Z670Lと型落ちZ670K /Z770L 違い口コミ:レビュー!

2022年8月発売Z670Lの鬼比較と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

東芝の4K液晶レグザで、量子ドット倍速パネルを新搭載したシリーズである。

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較候補になる機種の比較記事あり

※鬼比較.comはプロモーションを含み、皆様からの広告収入により成り立っています。new! 各ページ内にある型番順に平均最安価格を表示する新機能を追加しました。右下の鬼価格ボタンからチェック可能。型番が多いページでも、ぜひチェックしてみてください(在庫無しの型番だけ非表示)

目次をクリックで比較記事へ

Z670Lシリーズの特徴(価格は一番下へ)

液晶テレビは、色で決まる
ひときわ鮮やかな映像を楽しみ尽くす、
色彩のレグザ

 

チューナー

地上デジタル×3、BS/110度CSデジタル×3、BS/CS 4K放送×2。地デジ/BS/CSの2番組同時、4K放送を視聴しながら別の4K放送の裏番組を別売りの外付けUSB HDDで録画できる機種。(4Kダブルチューナーウラ録・BSも地デジも3チューナーW録)

new! 高画質と快適な操作性を両立する新世代レグザエンジンZR IIを新搭載へ!

美肌フェイストーンZR II

【東芝レグザ】Z670Lと型落ちZ670K /Z770L 違い口コミ:レビュー!

撮影環境の影響を受けて不自然に感じる人肌を補正し、立体感や質感を向上させ、自然で美しい肌・表情を再現する。

new! 量子ドット倍速パネル

早い動きの映像もスムーズに再現し、スポーツなどの動きが速いシーンもなめらか。

詳細は下記の新旧比較へ。

おまかせAIピクチャーZR II

室内の明るさと照明や外光の色温度の違いを検出し、視聴環境にあわせて適切な画質に自動調整。周囲の色温度にも合わせて画質調整され便利。

夜間に浴びると睡眠に影響があると言われるブルーライト抑制もできるので、健康的で快適なテレビライフを送れる。

地デジAIビューティZR II

テロップまわりのノイズや動きのある映像で発生しがちな動きボケを抑制。

クリアな映像に変換しクラウド上にある番組やジャンルごとの映像調整パラメータを利用しながら高画質処理。

ネット動画ビューティZR II

ネット動画の特性に合わせて高画質処理する機能。

コントラスト・精細感をアップさせ、低フレームレートコンテンツもなめらかに再生できる。

レグザナビ

人気の番組をランキング形式で表示する

重低音立体音響システムZ

【東芝レグザ】Z670Lと型落ちZ670K /Z770L 違い口コミ:レビュー!

実用最大出力合計値60Wのマルチアンプを採用し、新開発バスレフボックススピーカー、重低音バズーカなどのスピーカーを駆動。

音域のつながりを向上させる高遮断クロスオーバーフィルターも搭載で、パワフルで臨場感あふれるサウンドを再現!

立体音響技術ドルビーアトモスにも対応。映画館のように立体的で迫力のあるサウンドを楽しむことができる。

オーディオキャリブレーション

テレビから発するテストトーンを、リモコンのマイクで測定。

リビングやベットルームなどの各部屋に最適なオーディオ設定に自動調整してくれるので、適切な設定で臨場感あるサウンドを楽しめる。

スピーカー構成

フルレンジ×2、トップツイーター×2、ウーファー×1

オートゲームアジャスト機能

ゲーム機の出力映像に合わせて、臨場感あふれる美しい映像を再現。

回転スタンド

あり。

new! その他の新しく追加された機能の詳細は下記、新旧比較 Z670KシリーズとZ670Lシリーズの違い を参照


Z670Lシリーズの価格

写真は各公式へ

posted with カエレバ

new! Z670Lの新モデル・後継シリーズも登場!→ REGZA【レグザ】Z670NとZ670Lの違い

トップへ戻る(特徴紹介へ)



新旧比較 Z670KシリーズとZ670Lシリーズの違い

 

Z670Kシリーズ 旧シリーズ

VS

new! Z670Lシリーズ 新モデル

Z670Lシリーズの型落ち・旧モデルがZ670Kシリーズである。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いた【鬼比較.com】へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

 

新モデルに進化あり!

 

搭載エンジン(プロセッサ)

Z670Kシリーズ : △ レグザエンジンZR1

Z670Lシリーズ : ◯ new! レグザエンジンZR2

新モデルは新開発の高画質映像処理エンジンへ進化!

4K放送などやネット動画も高精細に楽しめ、さらなる高速レスポンス、進化したノイズリダクション、快適な操作性で快適になった。

美肌高画質・地デジ高画質・ネット動画高画質・自動映像調整機能すべてにおいてレベルアップ!

量子ドット倍速パネル

Z670Kシリーズ : △ 倍速 高輝度全面直下LED

Z670Lシリーズ : ◯ new! 新開発 直下型高輝度 広色域量子ドット 倍速 4K液晶パネル

新モデルは、かつてない広い色域で鮮やかな高画質を実現した新パネルを採用へ!

quality-koryoshidot

つまりリアルで鮮やかな映像美を楽しめる高コントラストパネルへと進化した!

バックライトに通常サイズの青色LEDを使用したことにより、画質の向上とコスト削減を両立させたという。

量子ドットのメリットは多いが、コストが高かったので今までは上位機種で採用されていた。

技術的にも安定し、量産体制も確立されたのでミドルクラスのZ670Lでも搭載となった。

リモコンのダイレクトボタン

Z670Kシリーズ : △ YouTube、ABEMA、Hulu、U-NEXT、 Prime Video

Z670Lシリーズ : ◯ new! YouTube、ABEMA、Netflix、Hulu、U-NEXT、 Prime Video、Disney+、TVer、dTV

comfortable-1-2

新レグザリモコンは動画配信サービスへのダイレクトボタンがさらに追加され便利になった!

My.Choiceボタンはどちらも搭載で、ここにはないお気に入りの動画配信等のアプリケーションのショートカットを登録することが可能

OS

Z670Kシリーズ : △ Android/Google TV

Z670Lシリーズ : ◯ レグザ専用Linux OS

映像メニューや各種設定などの従来のレグザメニューが新しいプロセッサに移植されて、さらに使いやすくなり進化している。


つまりZ670LシリーズとZ670Kシリーズの違いは、搭載エンジン(プロセッサ)・リモコンのダイレクトボタン・OSの違いと量子ドットの有無である。さらに映像が鮮やかに美しくなって操作性もアップしたZ670Lシリーズがおすすめ!

型落ち品は安い代わりに製造年が古いため、気が付かない程度に経年劣化していることもお忘れなく。


型落ち Z670Kシリーズの比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

Z670Lシリーズの価格は 東芝 Z670Lシリーズ

口コミ・レビューをチェック!

Z670Lの口コミ:レビュー!

43V型

購入の決め手:高画質、価格、瞬速ゲームモード
4K倍速
首振りできて小さいテレビ台でも設置可
ドルビーアトモス対応でスピーカーが多い
低遅延ゲームモード搭載
43型で量子ドット搭載
3チューナーでダブル録画可能
(悪かった点)
省エネ性能は高くない
それなりに重い
(総評)
予算10万円以下で43型4K倍速TVを探してた。
このモデルは本命の一つだったが、ネット最安値と家電量販店とで、かなり値段に差があり、よく知らないネットショップを使うのは躊躇していた所、ヨドバシがポイント考慮するとネット最安値になったので、迷わず購入。
設定も簡単、音も画質も合格点。次世代機のZ670Nとも迷った。ただ、価格の面で断念。

別宅の設置場所43形くらいが限界だが近年の高機能が欲しくてコチラを見つけました。
モデルチェンジ前で他店よりポイント分計算したら最安値なので決めました。【良いところ】
4K、倍速、量子ドット搭載、ドルビーアトモス対応、スピーカー数が多い、ウラ録画

【悪いところ】
あまり使ってないので分かりませんが省エネ性能が低い事と、
最近の説明書は基本のみで事細かく書いていないので困りました。
(ネットで調べる事になりました。)

【総評】
イロイロ設定を試し、画質・音質ともにおまかせAIで
昼間の陽射しがある時や照明を暗くした夜もおまかせAI自動調整が
良い感じに調整してくれてます。

画面もきめ細かくて色は少しビビットですが綺麗で、
音は映画は迫力ありますしニュースも聞き取りやすいです。
ネット配信もリモコンですぐに一発で見られて嬉しいです。
ただリモコンボタンが少し小さくてボタンが多いので高齢者には不評です。

ヨドバシカメラ

コストパーフォーマンスは良いです。
段ボール外箱にひきづったような小さな傷とテープの一部が少しだけ剥がれていました。
テレビとパソコンのモニター兼用(主に写真の編集、ニュースの視聴、メール、EXCEL)で使用しています。
量子テレビとしては下位のクラスですが、黒のしまり、純白度は良好で、テレビ局側のカメラの性能(収差・解像度など)やカメラの種類(静止カメラと動画カメラ)の違いもわかります。
パネルがIPSではないので、視角により画面が白っぽくなるのは承知で購入しましたが、ほぼ個人使用で大勢で視聴しないので問題無しです。
多人数で視聴される場合には、IPSパネルのテレビをお勧めします。

ケーブルの接続
アンテナケーブルは道具を使用しないで指で接続する旨の説明書きが有りますが、テレビ本体側がやや狭小で接続がしにくかったです。
電源コードはパソコンやオーディオなどと同じくらいの要領・力で差し込むとグラグラではずれてしまい、販売店へ連絡したところ修理業者さんから電話があり、強く押し込むように言われて(テレビ側が壊れるかな?と思いつつ)かなり強引に押し込んだところ接続できました。
修理業者さんは経験上強く押し込まないと正常に接続が出来ないことが分かっておられていたのでしょう。ちなみに、「訪問すると出張料が必要となるので、先ずは電話を致しました。」とのことで良心的でした。

43Z670Lは東芝ブランドですが中国で製造したものでした。ハイセンスから全く同一のテレビが発売されているならハイセンスの方が多分安く買えると思われます。ただし、アフターサービスの体制は???です。

価格.com

画質にこだわり、新開発の高画質映像処理エンジンと広領域の量子ドット倍速パネル(鮮やかな映像美とコントラストパネル)がミドルクラスで搭載されたZ670Lを購入しました。 横幅に制限があり置けるのが最大で43V型でしたが、その分価格が安くバランスいいと思います。有機ELなど高位機種は大きすぎ、Z670Lも50V型と違いバックライトのエリアコントロールがありませんが仕方ありません。実際店舗で見比べましたが、同じ映像で並べて比較すると好みの違いで、家では差を感じず慣れます。 音も上下スピーカーの立体音響ですが、前のTVとの違いは拘りないのかよく分かりません。 一般購入時によく気にされるのが液晶パネル。前のTVは視野角の広いips方式、こちらは斜めから見ると画面が白っぽいというVA方式(店員曰く)。参考に比較の静止画と動画を撮りました。個人的には気になりません。 機能では気になる面あり、解消できるか次回購入時に検討しますが総合的にはコスパとバランス良いかと思います。

マイホームで12年間使った東芝製液晶テレビは、まだ画像、音質も問題なく観れるですが、個人的な事ですがケーブルテレビの回線が光ファイバーになったので、地デジを含め4K,BSを高画質で観たいと思い、選定条件が4K対応、部屋6畳と狭く43型までといろいろ制約のある中で購入を検討した結果、このテレビにしました。 有機ELテレビも我が家にあるのですが、それと比べるとちょっとくっきり感(パネルの構造上による黒の鮮度の違いか…)が弱い感じはするが、全体的評価として4K画像、9個のスピーカー搭載(パンフレット情報)の音質に満足、安価で買えたこともあり、コスパはとても良いと思う。

ヤフーショッピング

期待した程ではなかった。
日立wooo32型液晶からの買い換え。
色合いは12年前のwoooの方が良いですね。日立の技術の高さを感じました。
オートで見ていますが肌の色が不自然です。
価格は高くても有機ELを買うべきだったと後悔しています。
また、正常に見える範囲が狭く少し斜めから見ると霞がかかったように白くなります。
個人用には良いですが、家族向きでは無いようです。
WOOOの音は悪いのでPC用スピーカーに接続していましたが、
それと比べると期待した程では無く、新たなスピーカーシステムを追加予定です。

一週間くらいかかるのかなと思っていたらすぐに届いて驚きました。
この商品の43Vを購入したのですが、ちょうどいい大きさで組み立ても一人で出来たので良かったです。
組み立てはできれば二人で出来るなら二人のほうがいいとは思います。一人でも可能です。
画質満足です。普通にきれいです。色合いがはっきりしていて、自然です。少し明るいので設定で暗くすると普段使いで丁度良いです。PCモニターとしても使っても優秀です。YOUTUBEめっちゃキレイで感動しました。楽しいですね。初めての4Kでしたが、お勧めです。

楽天市場

画質、音質とも満足しています。組立て、設定も簡単ですぐに視聴できました。ただ、気になる点があります。以前使っていたTV(ソニー製)に比べてチャンネル切り替え時に一瞬間があります、慣れれば大した問題ではないのかもしれませんが・・・。それと私はyoutubeやサブスクの映画を観ることが多いのですが、時々視聴できなくなります。電源を一度切ったり、設定し直したりすると元に戻りますがそれなりに面倒です。ネット環境の所為か、ネット通販製品の問題なのかまだよくわかりませんので、しばらく様子をみている状態。しかし、この製品自体は良いものだと思うし気に入っていますのでこの評価です。

梱包が丁寧、画面きれい、高音、低音設定、音響設定でき、
音質がかなり良い。映画や音楽意外ならこの音質で満足出来る。
値段相応でREGZAブランドの安心感に満足です。

アマゾン

50V型

まずうれしかったのが、スタートが速くすぐに視聴ができること。ネットも使えるので、NHKプラスとか予定表とかもテレビで見ています。
一点だけ不満なのは、SeeQVaultをサポートしなくなったこと。過去に撮りためたものがあるのに、見ることができませ

良いです
パナソニックVIERAが6年で壊れたため、以前も10年以上使用できたREGZAに買い替えました。43型から50型にしたので、画面も大きく見やすいです。画質は自動調整にしてあるのですが、個人的にはやや白っぽく見えます。

ABEMAやTVer楽しんでます
引っ越しを機にリビングに大きめのテレビが欲しくて買いました。
今まで持っていたテレビはネットで見れなかったので見逃した番組やアニメが観れるのでとてもいい感じです!
もう少し値段が安価だともっと嬉しかったです。

ビックカメラ

満足のいく機種です
操作性についてはレグザリンクで他メーカーのレコーダーでもリンクできるので良かったです。
画質については正面からだと鮮明で申し分ないですが、斜めからだと少し白く見え、視野角が狭く感じます。音質については低音も出て、このクラスでは迫力もあり、とても満足しています。
総評としては、このサイズでは、コストパフォーマンスがよく、おすすめの機種だと思います。

価格.com

地デジになるタイミングで2006年に購入したテレビが、ついに壊れました。シャープのアクオス32インチからの買い替えです。以前から東芝のレグザが欲しいと思っていて、せっかくなら大きな画面が良いなと思い、今まで使用していたテレビ台に乗るサイズの50インチを選びました。

液晶画面が外枠のギリギリまであり大迫力です。スピーカー部分は正面に見えませんが低音がに厚みがあり音質は良いです。リモコンも数字が大きくはっきり見えるので老眼でも安心です(笑)ボタン一つでネットアプリに繋がり、すぐに見れるので大変便利です。17年前のテレビと比べると格段に進化してます。

星が1つマイナスなのは画質の色合いです。バラエティのスタジオ収録の番組を見ると赤みが強くて、人の顔が全員赤ら顔に見えてしまいます。設定画面から色あいの補正をして「緑」を強くしましたが、なんかイマイチ自然な色になりませんでした。ドラマやCMは普通の顔色に見えるので、どう調整したものか・・・好みの問題化もしれませんが。

ヤフーショッピング

リビングに10年以上前に購入のハイビジョン32インチを置いていましたが、そちらの入れ替えで。テレビ台に置ける最大サイズで50インチをセレクトしましたが、最初はあまりにも大きさが異なり違和感が大きかったです。(数日で慣れました)
有機EL48インチと天秤にかけ悩みましたが、焼付きというワードが気になり液晶を選択。結果としては10年以上前のモノとは比べ物にならない見た目に音響に応答性で十分満足です!

楽天市場

REGZAを購入して家族が、特に主人が喜んで見てます。画像が綺麗でネット動画も楽しんでます。

機能性能ともほぼ満足度だが、周辺からの視聴で白っぽくなり描写角が狭いのは残念である。

S社2014年製42型より50Z670Lに買い替え。11万代でコスパはかなり良いと感じた。
4Kは確かに綺麗だけど慣れる。Youtubeの4K景色映像が1番感動した。BS4Kはそこまで。横からの視聴に弱いから少人数で正面から見る人向け。バックライト四隅に少し黒落ちあり。量子ドットはバックライトが青いので輝度が落ちると赤く、輝度が高いと青い。Youtubeの公式regzaの動画を見ながら細かい設定をしなければ不自然。
ネット動画の操作は快適。firestick4Kmaxにも負けてない操作感。
音は良い。重低音が効きすぎて籠ることなく声が聞きやすい高さ。音楽もテレビにしては音域が広い。
1番良いのは録画機能が充実していること。1万円ちょっとの公式外付けHDD6TB(バッファロー)を繋げばブルーレイディスクレコーダーいらないと思う。マジックチャプターもフォルダー分けも番組欄からの毎回録画もやりやすい。
ちなみにS社2014年製42型傷なしはセカストで9千円で売れた

アマゾン

型落ちZ670Kの口コミ:レビュー!

操作性 ストレスなく切り替わります。
アプリ Netflixやディズニーチャンネル、アップルTVなども対応してほしい。YOU TUBEやプライムなどの視聴はFire TVよりもキレイです。
OK Google  不調に陥る時があります。まるで機能しなくなる。これはどのアンドロイドTVも同じような症状がでるようですね。

引用 アマゾン

画質はこのクラスの標準(普通にキレイです)といったところですが、直下型LEDで輝度高めのため、初期設定画質だと、暗めのリビングではちょっとチカチカします。輝度や彩度調整をすれば、好みの画質になって問題ないです。
想定外に音が良くて、嬉しくなりました。ライブや映画で迫力増しそうです。

引用 ノジマ

インターネット機能が充実しているのに驚きました。スマホのようにアンドロイドアプリも使え、動画や音楽配信を楽しめるのでもはやテレビというよりはネットの端末のようです。

引用 paypaymall

サイズアップでしたが大きさにとても満足しています。画質も綺麗です。音質は交換前が前面両サイドに大型スピーカー付きのモデルでしたが遜色ないです。

概ね満足です。Netflixは直接見る事は出来ません。Amazon Fire TVを利用して見てます。

引用 コストコ

もう小さい画面には戻れません。
音に拘ったテレビだけに音が良いです。

googleの設定で戸惑ったものの簡単にテレビ設定が終わり、最近のテレビは本当に簡単に設定ができることにびっくり その後4k映像をみると奥行き感が全く違う、また色が鮮やかで自然の色を見たままであり全く別物な映像美にまたまた感激 本当にこのテレビにして良かったと思います。これからのAVライフ楽しむぞ!ノジマさんありがとう

引用 ノジマ

私はテレビ番組等の編集業をしていますが、そのままだとニュース番組等で白が眩し過ぎると感じたので、オススメの映像設定を書いておきます。

1.映像メニュー→放送プロにする
2.コントラスト感調整→ヒストグラムバックライト制御をオフ
3.明るさ検出→オン
4.コントラスト感調整→ユニカラーで明るさを微調整(私は-20にしました)
5.好みで黒レベルを下げる

引用 ノジマ

こちらも参考に 東芝の液晶テレビ・一覧へ

トップへ戻る(特徴紹介へ)




Z770LシリーズとZ670Lシリーズの違い

タイムシフトマシン

Z770Lシリーズ : ◯ あり

Z670Lシリーズ : ✕ ナシ

過去の番組表から番組を選べるので見逃した試合も、録画し忘れた映画も今すぐ楽しめる新しい視聴スタイルを実現!

その人に合った番組を厳選しておすすめするスマート機能もおすすめ。

詳しくはタイムシフトマシンの機能へ

※タイムシフトマシン対応のUSB HDDが必要↓

レグザ純正USBハードディスクTHD-600D3を使えば、地デジ番組を最大6チャンネル約80時間分まるごと録画可(地上デジタル放送のHD番組)

THD-600D3

posted with カエレバ


Z770Lシリーズの比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

Z670Lシリーズの価格は 東芝 Z670Lシリーズ

トップへ戻る(特徴紹介へ)


こちらも参考に

43V型 43Z670L の違い3機種

50V型 50Z670L の違い3機種

クリックで各比較記事へ。

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較.comへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに