RE-WF183

4機種【鬼比較】RE-WF183 違い口コミ:レビュー!シャープ PLAINLYオーブンレンジ

シャープのオーブンレンジRE-WF183の鬼比較と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になるWF182/ SD18A/ WF233との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

REWF183は1段調理タイプのコンパクト18Lで、全解凍・サックリ解凍も可能な機種。フリーズドライスープメニューも新搭載へ。

機能、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較候補になる機種の比較記事あり

目次をクリックで比較記事へ

RE-WF183の特徴(価格は一番下へ)

コンパクトサイズのオーブンレンジ

総庫内容量

18L(1段調理)

全国で使えるヘルツフリー(50Hz-60Hz)

オーブン温度調節範囲

110~250℃、発酵(40℃)
レンジ出力

900W・600W・500W・200W相当

らくチン!センサー

食品から発生する蒸気量で、食品の状態を検知するタイプ。

分量が変わっても自動で調理できる利点があり、レンジ加熱可の容器であれば、ガラス製でもプラスチック製でも使える!

冷凍パスタなどの場合、出力(W)・加熱時間を設定せずに自動であたため可。

らくチン1品

好きな食材を耐熱容器に入れてメニューを選ぶだけで、1〜2人分まで自動で野菜を使った1品メニューや煮物が作れるようになった!

つまり分量も材料もアレンジでき、ラクに作れる。

メニュー例

カラフル野菜のマスタードあえ(らくチン!ベジ)、サツマイモの甘辛煮(らくチン!煮物)

ノンフライ調理・トースト

揚げずにから揚げが作れる。トーストは約6分で焼ける。ただし、上位機種と違い途中で裏返す必要あり。

全解凍・サックリ解凍

ミンチ肉のサックリ解凍イメージ

使うぶんだけサックリ切ることができれば、残りはもう一度冷凍できる!

全解凍では、ひき肉はほぐしやすく、薄切り肉ははがしやすくして、すぐに調理できる状態に解凍する。

定格消費電力

レンジ1,420W
オーブン1,350W
グリル1,350W

シンプル操作

シンプル操作で、迷わず使いやすい

左から右へ流れるような操作性で使いやすいキー&ダイヤル

コンパクトサイズのワイドフラット

間口が広いので食品の出し入れも、庫内のお手入れもしやすい機種。

その他

臭いが気になる時に便利な「お手入れ」自動メニュー搭載

調理後のにおいを抑える、脱臭クリーンコート

電源オートオフ機構

new! 新モデルになって追加された機能の詳細は下記、旧モデル RE-WF182との違いを参照


RE-WF183の価格

写真は各公式へ

トップへ戻る(特徴紹介へ)




型落ち RE-WF182との違い

new!  RE-WF183 新モデル

(RE-WF183-Wホワイト) (RE-WF183-Bブラック)

VS

RE-WF182 旧型番

(RE-WF182-Wホワイト) (RE-WF182-Bブラック) 

RE-WF183の型落ち・旧モデルがRE-WF182である。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いた【鬼比較.com】へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

new! フリーズドライスープメニュー

RE-WF183 : ◯ 新搭載!

RE-WF182 : × ナシ

マグカップに市販のフリーズドライスープの素と水を入れ、メニュー番号を選んでスタートキーを押すだけ。

フリーズドライのスープ

新モデルは、ちょうど良い飲みごろ温度のスープができあがるようになった!

レイアウトの進化

RE-WF183 : ◯ あり

RE-WF182 : × ナシ

操作部イメージ

従来は文字だけだった扉にあるメニュー表示にアイコンがついて、わかりやすくなり、選びやすさアップ!


つまりRE-WF182とRE-WF183の違いは、フリーズドライスープメニューの有無とレイアウトの違いである。さらに使いやすく、便利になったRE-WF183がおすすめ!

型落ち品は安い代わりに製造年が古いため、気が付かない程度に経年劣化していることもお忘れなく。


型落ち RE-WF182の比較記事へ

写真は各公式へ

RE-WF183の価格は シャープ RE-WF183

シャープ オーブンレンジ の【鬼比較】一覧 も参考に

トップへ戻る(特徴紹介へ)



レビュー比較

RE-WF183(型落ちRE-WF182)の口コミ:レビュー!

クッキーと焼きパンを作ってみましたが、思っているよりよくできました。静かだと思います。作動中あまり音しない。デザインも良くて、お料理も楽しくできます。

使いやすくて形も色も気に入りました。

レンジ、オーブン、グリルの3大ニーズ+パンが焼けるトースト機能がついているので、こだわりがなければ十分です。大きすぎず、キッチンまわりもスッキリ。

機能が沢山あるから、まだ使いこなせていないけど、大満足!大きさも大きすぎずに良かったです。

意外にデカくてびっくりしましたが、冷蔵庫の上にピッタリ収まってとてもオシャレになりました。

様々なモードで調理、製菓できるため、重宝してます。

黒いオーブンレンジを探していたところ、こちらを発見。容量もいい大きさで使いやすいです。

スタイリッシュな見た目とシンプルな機能でとても良いです。

引用 ビックカメラ.com

音も静かで、フラットテーブル、本体は黒ですごく気に入っています。

ボタンがシンプルで使いやすいし、ポットに合わせて黒色にしたのでとても締まった感じでとてもカッコいい感じになりました。

ボタン操作もシンプルで使いやすいです。音も静かです。 オーブンも使用していますが、問題ありません。

回したダイヤルの真ん中にスタートボタンがあるのが使いやすいです。

 使いやすく、スタイリッシュでとても気に入りました。 液晶も、シンプルでみやすくわかりやすいです。

とてもシックな外観でおしゃれなオーブンレンジだと思います。今時の機能が沢山ありすぎて使いこなせない物よりも断然こちらの方が使いやすくて便利だと思います。ただドア部分を閉める時少し強い感じがしますが慣れれば気にならない位かと思っています。

 幅狭め 操作パネルが下のタイプでスッキリさしていて かなり気に入っています ダイヤルも使いやすいです

スペックはあんまりキタイしてなかったけど、各種レージン、オーブン機能、騙されたつもりで使ってみたらどれも美味しく仕上がる。とくに揚げ物の温め直し機能が、天ぷら、唐揚げがカラッとしてて感動。

引用 ヤフーショッピング

冷凍ご飯や豚バラ肉の解凍など以前のレンジはムラが酷かったのですが、冷凍ご飯をチンしたら上手に温めることが出来て満足です。

店舗で購入出来ず、こちらで購入しました。欲しかった商品が買えて満足です。

シンプルでインテリアにもあいそう。お料理が楽しみです。

ケーキやオーブン料理もしましたがちゃんと温度も高温になり焼き目もきれいにつきました。レンジ機能もムラなく温まります。何よりも静か!何度かスタートボタンを押し忘れたかと確認したほどです。前の物がどれだけ音が大きかったのかわかります。このお値段でしたらコスパ良いかと思います。

小型のものが欲しかったのでこちらにしました。使い勝手も良いです。

オシャレなデザインだし、解凍も上手なのでオススメです。

引用 楽天市場

最高の使い勝手です

スタイリッシュな黒でシンプルながらコンパクトながら中は幅が広く使い易い。パワーも申し分無くレンジはもちろん、オーブンも庫内にしっかり熱くなり250度迄上がって調理が可能です。また意外にも動作音が静かで、その分動作後の音、アラームの音が大きく感じます。

引用 amazon

RE-WF183の価格は シャープ RE-WF183

トップへ戻る(特徴紹介へ)




RE-SD18Aと比較

RE-WF183とRE-SD18Aの違い

デザイン

RE-SD18Aの場合

gallery 2 - 4機種【鬼比較】RE-WF183 違い口コミ:レビュー!シャープ PLAINLYオーブンレンジ

RE-WF183の場合

RE-WF183-B 斜め

どちらもボタンを極力減らしたシンプルデザインだが、RE-SD18Aの方がダイヤルだけの簡単操作。

本体色

RE-SD18A : 1色

RE-WF183 : 2色(ホワイト・ブラック)

クックブックメニュー数(自動メニュー数)

RE-SD18A : 38(43)

RE-WF183 : 35(40)

別冊メニュー集

RE-SD18A : ◯ あり

RE-WF183 : × ナシ

RE-SD18Aの場合は、メニュー集付の取扱説明書以外に、別冊メニュー集があって便利。

自宅で手軽にバルのような気分が楽しめる、お酒との相性がいいバルメニューがあるのはRE-SD18A↓

シーフードアヒージョ、ベーコンオムレツ、肉と野菜のピンチョス、バゲットピザ、チーズケーキ、えびのマスタード、レンジ加熱でさっと作れるおつまみメニュー“レンジでタパス”など。

液晶の違い

RE-SD18A : ブラックバックライト液晶

RE-WF183 : 大型ホワイトバックライト液晶

見やすいのはRE-WF183


RE-SD18Aの比較記事

写真は各公式へ

RE-WF183の価格は シャープ RE-WF183

トップへ戻る(特徴紹介へ)



RE-WF233と比較

RE-WF183と上位機種 RE-WF233の違い

総庫内容量

RE-WF233 : 23L(1段調理)

RE-WF183 : 18L(1段調理)

過熱水蒸気での調理

RE-WF233 : ◯ 可能

RE-WF183 : ✕ できない

スチームカップを使いスチームあたためや、過熱水蒸気とヒーター加熱の組み合わせによりノンフライ揚げ物メニューも作れる。

3品献立セット

RE-WF233 : ◯ 可能

RE-WF183 : ✕ できない

3品献立セット

複数のおかずを一度に作れるメニュー。

オーブン温度調節範囲

RE-WF233 : ◯ 110~250℃ 、発酵(35・40・45℃)

RE-WF183 : △ 110~250℃ 、発酵(40℃)

RE-WF233の方が応用が可能。作れる品数も変わってくる。

掲載メニュー数(自動メニュー数)

RE-WF233 :  56/  62

RE-WF183 :  34 /41

液晶部分の大きさ

RE-WF233 : ◯ 大型ホワイトバックライト液晶

RE-WF183 : △ ホワイトバックライト液晶

RE-WF233の方が見やすく操作しやすい。

左右・後ろピッタリ置き

RE-WF233 : ◯ 可能

RE-WF183 : ✕ できない

RE-WF233の方が設置できるバリエーションが多い。


RE-WF233の比較記事

写真は各公式へ

RE-WF183の価格は シャープ RE-WF183

トップへ戻る(特徴紹介へ)



シャープのオーブンレンジは3種類

 ◯ ウォーターオーブン ヘルシオ(水で焼く!タンク式)

 △ 過熱水蒸気オーブンレンジ(付属のスチームカップ使用したスチーム)

ただのオーブンレンジ 最安

ヘルシオが給水タンク式の本格タイプ。最初から最後まで水で焼くシャープ独自のウォーターヒート技術!スチームカップと違い100℃以上にした高温の水蒸気(過熱水蒸気)で焼くので気になる油や塩分をカット出来る。野菜の場合は乾燥を抑えて焼き上げることが可能!

過熱水蒸気オーブンレンジはスチームカップにお湯を注いで水蒸気を発生させる簡易的な調理方法の事。

メーカーによっては過熱水蒸気の名称のオーブンが最上位機種の場合があるので注意が必要。

シャープの場合、美味しさを考えれば断然、ヘルシオがおすすめ!


最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いた【鬼比較.com】へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。