3機種比較【鬼】NE-FL222 違い・口コミ・レビュー

投稿日:2021年9月18日 | 最終更新日:2022年11月24日

NE-FL222の比較記事と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

【鬼比較】 キッチン家電・オーブンレンジ

機能、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

目次をクリックをクリックで比較記事へ(特徴以外)

パナソニック NE-FL222の特徴

NE-FL222と旧モデル NE-FL221の違い

上位機種 NE-SA1とNE-FL222の『違い』

下位機種 NE-FL100とNE-FL222の『違い』

NEFL222の特徴(価格は一番下へ)

メタルブラックデザイン。フラットな庫内の単機能レンジ

 

落ち着いたトーンでシンプルな外観デザイン

NE-FL222の画像です。

スクリューアンテナ

独自のスクリューアンテナでマイクロ波を攪拌(かくはん)し、ムラを抑えて解凍。ただし、g設定が必要。

蒸気センサー

ごはんは約1分でスピーディーにあたため可能。

※わかりにくい隠れた盲点

高周波出力1000Wは短時間高出力機能(最大1分30秒)で、調理中自動的に600Wに切り替わる仕様。自動メニュー(「あたため」ボタン、「飲み物」ボタン)で働くので、任意で1000Wにできる機種ではない。

フラットな庫内

NE-FL222の庫内の画像です。

このタイプは、お手入れも簡単!

new! 新モデルの進化点に関しては下記、旧モデルとの違いを参照。

写真は各公式へ

posted with カエレバ

トップへ戻る(特徴紹介へ)



NE-FL222と旧モデル NE-FL221との違い

 

NE-FL221-K 旧モデル

VS

new! NE-FL222-K

どちらもメラルブラック

※NE-FL222の型落ち・旧モデルがNE-FL221である


new!  新モデルはデザインの進化あり!

型落ち NE-FL221の場合

レンジ画像

新モデル NE-FL222の場合

NE-FL222の画像です。

はっきりと黒が際立つデザインになって、さらに落ち着いたトーンの色になっている。

表示部分

型落ち NE-FL221の場合

細部画像

新モデル NE-FL222の場合

細部画像

赤色からオレンジ色へ変化。ダイヤル部分の違いにも注目↑


つまりNE-FL222とNE-FL221の違いは、デザインの黒がさらにきわだって、オシャレになったかどうかである。機能は同じ。

型落ち品は製造から月日が経っている事をお忘れなく!


NE-FL221の比較記事

写真は各公式へ

NE-FL222の価格は パナソニック NE-FL222

パナソニック オーブンレンジ の【鬼比較】一覧 も参考に

トップへ戻る(特徴紹介へ)



NE-FL222の口コミ・レビュー

 

口コミ・レビュー 良い面

容量は大きく、デカイ弁当を買っても余裕で入ります。
単機能レンジなので機能は求めてません。普通に使えてます。

ターンテーブルが無いので、手入れもしやすい。

温めは段階があって標準で結構熱々になるので途中で取り消しを押すかレンジ機能で調節しています。
温め段階に弱めがあれば最高でした。

見た目もすっきりとしていて高級感があり,満足しています。

動作時間設定がダイヤル式で行えるので、とても、簡単・楽です。
自動調理もパワフルで、大変、満足。 購入して良かったです

ブラックな外観で見た目最高です。

タッチボタンか大きくて使いやすい。

引用 ビックカメラ

口コミ・レビュー 悪い面

扉を開ける際結構強めにボタンを押さなければいけないこと、また任意では600wまでしか使えないことなど、どうしても温め機能においても多機能レンジに負けてしまうのは悔しいところです。 また、あたため、をつかうと、温め具合を2段階選べるのですが、低い方を選んでもクソ熱くなります。はっきり言えばかゆいところには手が届いてないです。

オーブン機能付では無いのに気が付かず。オーブントースターを別途購入しました。

引用 ヤフーショッピング



上位機種 NE-SA1とNE-FL222の『違い』

 

容量

NE-FL222 : ◯ 22L

NE-SA1 : △ 16L

NE-SA1は一人暮らしにもピッタリのサイズ。

庫内形状

NE-FL222 :  フラット

NE-SA1 :  ターンテーブル

ターンテーブルで回ってくれたほうが、温めムラが少ない。

センサー

NE-FL222 :  蒸気センサー

NE-SA1 :  重量センサー

蒸気センサーとは水分が発熱した後の蒸気を検知する古い仕組みのタイプ。それにより加熱度合いを検知し自動運転に活かすタイプ。

それには欠点があって、ラップをすると蒸気が出ない、器の形状にも左右され加熱しすぎてしまう場合あり。

重量センサーとは最初の重量と加熱後の重量の重さの差により自動であたためるようにしたタイプ。実はこちらにも欠点があり、陶器やガラスなどの重い器に食材を入れた場合は蒸気が出ても全体の重量に比べるとわずかな変化に過ぎず、加熱しすぎてしまう。

なので重い容器を使う時用の設定に指定したり、軽量の容器に入れるなどの工夫が必要。

さらに上位機種になると赤外線センサーなのでラク。

解凍

NE-FL222 :  × グラム設定が必要

NE-SA1 :  ◯ 解凍 / 半解凍

NE-SA1の方は自動なので簡単。

発酵

NE-FL222 :  × できない

NE-SA1 :  ◯ スチームなし40℃あり

パンなどを作るときにも便利。

NE-SA1は電子レンジではなくオーブンレンジなので、じゃがいものグラタンやスポンジケーキまで作れてしまう。

自動お手入れ

NE-FL222 :  × ナシ

NE-SA1 :  ◯ 脱臭あり

デザインの違い

NE-FL222の場合

NE-FL222の画像です。

細部画像

NE-SA1の場合

オーブンレンジ NE-SA1


NE-SA1の比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

NE-FL222の価格は パナソニック NE-FL222

トップへ戻る(特徴紹介へ)



下位機種 NE-FL100とNE-FL222の『違い』

 

どちらも同じ22Lの容量。

自動出力

NE-FL222 : ◯ 1000W

NE-FL100 : △ 900W

素早くあたためたい場合はワット数が多いほうが良い。

ちなみにNE-FL222の場合、ご飯のあたためなら約1分でOK!

ロック機能

NE-FL222 : × ナシ

NE-FL100 : ◯ あり

子供が誤ってボタンやダイヤルに触れても操作できないように、しっかりロックされる。

機能面での差は少ないが、操作性・デザインの違いは大きい↓

NE-FL222の場合

NE-FL222の画像です。

細部画像

NE-FL100の場合

操作パネルのボタンです。

 


NE-FL100の比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

NE-FL222の価格は パナソニック NE-FL222

トップへ戻る(特徴紹介へ)



最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。