3機種【鬼比較】NJ-VWC10 違い・口コミ・レビュー

最終更新日:2022年11月15日

NJ-VWC10の比較記事と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

【鬼比較】 三菱電機の炊飯器 2021年版

機能や釜の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

目次をクリックをクリックで比較記事へ(特徴以外)

三菱電機 NJ-VWC10の特徴

新型と旧型→  NJ-VWC10とNJ-VWB10の違い

NJ-VWC10と下位機種 NJ-VXC10の違い

※NJ-VWC18は存在しないので上記、NJ-VWC10を参照

NJVWC10の特徴(価格は一番下へ)

 

大火力を実現する本物の「炭」でできた内釜(純度99.9%)

実は炭とIHは非常に相性が良く、炭ならではの遠赤効果も加わり、お米の芯までしっかり火が通るのだ!

釜底中央部10mm(泡昇り釜底)により気泡をより多く発生させ、激しい熱対流を起こすため、ふっくら炊き上がる。

特許を取得へ! 連続沸騰

強火を絶やさないので、お米のうまみを引き出し、三菱電機が思い描く絶妙な食感に炊ける。

内蓋

カートリッジと放熱板が一体なので洗いやすく、部品も軽い。

この独自の大容量のカートリッジにより大火力でもふきこぼさず、「おねば」からうまみだけをごはんに還元し連続沸騰を実現させている。

合ピタカップ

白米・無洗米兼用で使えて1合も0.5合もラクに正確に計れる計量カップを付属。

new! 長粒米(ちょうりゅうまい)モード

本格タイカレーやカオマンガイ、ガパオライスなどタイ料理だけでなくマレーシア料理、ベトナム料理、インドネシア料理、シンガポール料理にも対応できる!

new! その他の新モデルになって進化した部分に関しては下記、旧モデル NJ-VWB10との違いを参照。

NJ-VWC10の写真は各公式へ

トップへ戻る(特徴紹介へ)



旧モデル NJ-VWB10との違い

 

new! NJ-VWC10

(NJ-VWC10-W 月白・ホワイト)(NJ-VWC10-B 黒曜こくよう)

VS

 NJ-VWB10 旧モデル

(NJ-VWB10-R 赤紅玉あかこうぎょく)(NJ-VWB10-B 黒真珠くろしんじゅ)

NJ-VWC10の型落ち・旧モデルがNJ-VWB10となる。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

新モデルになって進化あり!

 

new! 長粒米(ちょうりゅうまい)モード

NJ-VWC10 : ◯ あり

NJ-VWB10 : × ナシ

最適な炊飯技術を使って長粒米を炊ける専用モードを新搭載へ!

粘りが少なく、香りがあり、パラッとした食感のお米に使える。

長粒米の特長を引き出すふつうだけでなく、炊込み炒飯おかゆモードなども選べて便利!

炊込みでは生の鶏肉と一緒に炊飯できるようになり、タイ料理のカオマンガイも作りやすくなった。

new! 冷凍用モード

NJ-VWC10 : ◯ あり

NJ-VWB10 : × ナシ

冷凍しても、おいしいご飯が炊けるようになった!(時間をかけて吸水するモード)

直前にレンジで温めるだけなので、まとめて炊いて冷凍しておけば時間の節約にもなる。

new! 炒飯モード

NJ-VWC10 : ◯ あり

NJ-VWB10 : × ナシ

炒飯を作る時に便利な新モードを搭載へ!

粘りを少なく炊いてくれるので炒めても、ごはんがほぐれやすくなる利点あり。

具材と一緒に炒めても、団子状に固まらない。誰でも炒飯をラクにおいしく作れるようになった!

元々しゃっきり系のご飯は、三菱電機の炊飯器が得意とする分野でもあるので、これは期待できる。

つまりNJ-VWC10とNJ-VWB10の違いは、本体色の違いと新搭載された長粒米(ちょうりゅうまい)モード・冷凍用モード・炒飯モードの有無である。さらに美味しく便利になったNJ-VWC10がおすすめ!

型落ち品は製造から月日が経っている事をお忘れなく。


三菱電機 NJ-VWB10の写真は各公式へ

NJ-VWC10の価格は 三菱電機 NJ-VWC10

トップへ戻る(特徴紹介へ)



NJ-VWC10の口コミ・レビュー

 

早炊きのスピードが今までのより短くて、仕事終わってから夕食作ろうと思う回数が増えました‼︎オススメですよー

弁当のご飯が全然違うと家族がいいます。 すごく美味しいそうです。 少ない量でも美味しくたけて、買って良かったです

同じ米を使って炊いてみても以前んのものよりも美味しく炊けて大満足でした!

引用 ヤフーショッピング

圧力IHでは好みの「硬め・しゃっきり」な炊き上がりになりにくいので、一択でした。希望通りの食感のごはんで大変満足しています。四角いスタイルも他のキッチン家電に馴染んでとても気に入っています。

やっぱり炭釜で炊くお米は冷めても美味しいです。他メーカーを買わなくて本当に良かった。ただし、ボディの脇に取り付けられていたしゃもじ置きが無いデザイン。

引用 楽天市場

スクエアな形状で収まりがいいのが好印象だ。内部の構造も全体的にフラットで、お手入れもしやすい。内蓋はワンタッチで簡単に取り外すことができ、カートリッジと放熱板が一体なため、非常に洗いやすい。反面、ブラックのモデルは手垢が少し目立ちやすい点が少し気になるところ。

フタの開閉スィッチが正面にあり、慣れるまでちょっと使いにくかった。コンソールパネルは、タッチ式ではない。音声サポート、またよく使うボタンの側には点字もあり、視力の落ちた人にも優しい。

内釜にあるWピタ目盛。 お米を研いだ後の水加減がわかりやすく、0.5合分の水も入れやすい。 非常にコントラストが高くはっきりと見えるのもポイント。

引用 価格.com

三菱電機 炊飯器 の【鬼比較】一覧 も参考に

トップへ戻る(特徴紹介へ)



NJ-VWC10と下位機種 NJ-VXC10の違い

 

釜の違い

NJ-VWC10 : ◯純度99.9%炭の釜(本炭釜)

NJ-VXC10 : ×金属の釜

まずこれが一番重要な違いである。

三菱電機の炊飯器を選ぶからには最低限この本炭釜にするべき。

NJ-VWC10の場合

なんと職人の手作り!

炭がまるごと発熱体となるので、内釜全体が一気に発熱する特徴あり。遠赤効果も加わり、お米の芯までしっかり火が通りふっくら炊き上がる。

少量の0.5合だけでなく、最大容量の5.5合いっぱいまで炊いても、美味しく仕上がる本炭釜はやっぱり凄い。

とにかく炭にこだわっているのが三菱電機の炊飯器である。

そして沸騰力!

釜の底が進化してさらに気泡をより多く発生させる事ができるようになった。泡昇り釜底による激対流を起こし、よりふっくらしたご飯に!!

想像以上のご飯の美味しさを体感。。。

※わかりにくい隠れた盲点

炭による極上のご飯を味わえる代わりに本炭釜の取り扱いには少しだけ注意が必要。床に落としてしまうなど強い衝撃が加わると破損する可能性がある。気になる耐衝撃性は、一般の陶器や土鍋と同程度との事。炭と聞くと弱そうなイメージはあるが本炭釜は職人が作った立派な製品なので安心。

NJ-VXC10の場合

こちらは金属の釜。

備長炭コーティングだが剥がれに強いコーティングのため、内釜でそのまま洗米できる。

美味しさは純度99.9%炭の釜(本炭釜)NJ-VWC10の勝ち!

匠芳潤炊き

NJ-VWC10 : ◯ あり

NJ-VXC10 : × ナシ

じっくり時間をかけ、お米の甘みを熟成。炊飯量を設定することで、量に合わせてピッタリ加熱。

特に急ぎでなければ、ぜひ試して頂きたい機能。

内釜内面コートに3年保証

NJ-VWC10 : ◯ あり

NJ-VXC10 : × ナシ

内釜内面コートに3年保証ありなので、安心して毎日使える。

ちなみに本炭釜のNJ-VWC10でもそのまま中で洗米可能。炭とコーティングは相性が悪そうに思えるが実は炭の粉を固めて作る本炭釜は表面に細かい凹凸があり、コーティングが密着しやすいため内釜剥がれに強いとの事。

少量名人(白米・無洗米)機能

NJ-VWC10 : ◯ あり

NJ-VXC10 : × ナシ

今までは少量のご飯だと上手く炊けない事が多かった。少量名人があれば一人暮らしでも毎回炊きたての美味しいご飯が食べられる!

音声ナビ

NJ-VWC10 : ◯ あり

NJ-VXC10 : × ナシ

選択したメニューや大切なお知らせを声で案内してくれる便利な機能。
誤操作の防止にもなる。音量は3段階で調整可能なのでお好みで。

以下は両機種に共通する特徴ある機能

熱密封かまど構造

熱を逃さず効率よく加熱することで、ご飯を旨くする。美味しさの違い。

芳潤炊き(玄米・発芽米)

玄米と発芽米を食べる人には必須メニュー。うまさが違うだけでなく吸水しにくい玄米が、一晩の浸け置きなしでもふっくらおいしく仕上がるのがポイント。

ちなみに芳潤炊き(白米・無洗米)モードはどちらも搭載済。

金のいぶき(玄米)モード

金のいぶきモードでプレミアム玄米を美味しく炊ける専用コース。もちもち食感の玄米はハマる!

うま早モード

早く炊けるのに美味しいご飯が出来る便利なモード。時間がない現代では重要である。

季節炊き

季節で変わるお米の水分(季節)に合わせて炊き上がりを自動調整。これにより新米も古米も一年中おいしく食べられるようになる。

例えば

春夏モードの場合は収穫から時間がたち乾燥ぎみのお米をしっとり炊くなど調整。

保温に関して

※カタログには書かれていない隠れた盲点

三菱電機の炊飯器は24時間まで保温可能なのだが、実は白米や無洗米以外のご飯は保存しないでくださいとなっている点はあまり知られていない。つまり炊き込み、おこわ、おかゆ、麦飯、長粒米は保温でほったらかしにしない事。

結論

金属の釜と本炭釜の違いは歴然!これぞ三菱が目指した本物の炊飯器なのだ!断然、炭から作られた釜のNJ-VWC10がおすすめ!


三菱電機 NJ-VXC10の比較記事へ

NJ-VXC10の写真は各公式へ

NJ-VWC10の価格は 三菱電機 NJ-VWC10

トップへ戻る(特徴紹介へ)

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。