家電の徹底比較

【鬼比較】DQ1ライン/ DS1の違い口コミ:レビュー!まとめ

 シャープの4K有機EL(アクオスOLED)【鬼比較】

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

new! シャープ液晶テレビの型番・比較記事一覧はこちら

このページではDS1ラインの特徴と比較候補になるDQ1ラインとの違いまとめ。

後半に比較候補になる機種の比較記事あり。

※鬼比較.comはプロモーションを含み、皆様からの広告収入により成り立っています

目次をクリックで比較記事へ

DS1ラインの特徴

明るいリビングでも明暗豊かに描く高輝度有機ELパネル搭載、
最高峰4K有機ELテレビ!

 

チューナー数

BS4K/110度CS4Kチューナー×2、地上/BS/110度CSデジタルチューナー×3

多様な18チャンネルを4Kで放送中!

【鬼比較】DQ1ライン/ DS1の違い口コミ:レビュー!まとめ

地上デジタル、BS・110度CS放送は、2番組同時録画、BS4K・110度CS4K放送は、裏番組録画に対応!※USBハードディスク(別売)が必要。

posted with カエレバ

※専用オプションの4R-C40B1は容量4TB

new! 新開発エンジン Medalist S2

8Kで培った画像処理と高機能を実現する新エンジンを搭載へ!

有機ELパネルから new! S-Brightパネルへ!

有機ELの発光に伴う発熱を効率的に抑える新たな独自構造と輝度性能に優れた発光素材の採用により、あらゆる映像の輝度を高め、有機ELパネルより明るく鮮やかに映し出せるようになった!

【鬼比較】DQ1ライン/ DS1の違い口コミ:レビュー!まとめ

画素ごとに光量を制御できるので、深い黒と輝き、鮮やかな発色により息をのむような高画質になる。

倍速駆動パネルでもあるので動きの早い映像もなめらかに表現できる。

4Kスポーツビュー

動きのボヤケを低減し、スポーツを臨場感豊かに楽しめる機能。

ネット動画

インターネットにつなぐだけで、ネット動画やゲームなどのアプリが楽しめる。

new! リモコンのボタンが追加され、更に使いやすくなっている!

スリム・軽量になっただけでなく、7つの有名動画サービス(Netflix/Prime Video/U-NEXT/Hulu/ABEMA/Paravi/ YouTubeTM )のダイレクトボタンを新搭載。

サウンド(FRONT OPEN SOUND SYSTEM プラス

独自のフロントオープンサウンドシステム(特許取得済)を進化させ、テレビ筐体の薄型化と高音質化を両立。

反射構造により大容量・薄型スピーカーBOXの音声をより効率的にテレビ前方へ導く。

ネオジウムマグネット採用のツィーターを前向きに配置。クリアで伸びやかな高域を再生し、聞き取りやすさを高め、総合出力50Wの臨場感豊かな高音質を実現させている。

Eilex PRISM 搭載

空間全体の音響パワーの変化をとらえて補正する音響補正技術。

スピーカー

ツィーター×2個、ミッドレンジ×4個、サブウーハー×1個

65W(10W+10W+15W+15W+15W)音声実用最大出力(JEITA)/Dolby Atmos

HDR

HDR10/HLG/Dolby Vision

ネット動画サービス対応(無線LAN対応)

本体に無線LAN内蔵。

【鬼比較】DQ1ライン/ DS1の違い口コミ:レビュー!まとめ

インターネットにつないでリモコンの専用ボタンを押すだけ。

ビジュアル番組表

放送中の番組や出演者の情報を画像付きでわかりやすく表示。

おまかせオートチャプター機能

録画をする時、音声によりシーンの切り換わり部分を検知するので自動でチャプターマークを記録できる。

AQUOSタイムシフト

今見ている番組をAQUOSブルーレイが自動で録画するので、大切なシーンを見逃さない!

テレビを離れるときは、AQUOSのリモコンで放送中の番組を一時停止。用事が済み次第、続きから視聴を再開できる(ちょっと待っテレビ)

見逃した場所、もう一度みたい場合は、そのシーンまでさかのぼってもう一度見られる(ちょっと戻っテレビ)

※AQUOSタイムシフト機能対応のAQUOSブルーレイとのHDMI接続すると使えるようになる機能

回転式スタンド

【鬼比較】DQ1ライン/ DS1の違い口コミ:レビュー!まとめ

テレビとスマホ・ネット連携

ココロビジョン、ココロサービス、ココロホームなどに関してはシャープ公式 ネットサービス(後半)

その他、新しく追加された機能は下記、DQ1ラインとDS1ラインの違い を参照


写真は各公式へ

参照 DS1ラインの特徴

posted with カエレバ

new! DS1ラインの新シリーズES1ラインも登場!⇒ 【鬼】ES1ラインとDS1ライン・EQ1/EQ2ライン 違い口コミ:レビュー!まとめ

トップへ戻る(特徴紹介へ)



DQ1ラインとDS1ラインの違い

ラインナップ

DQ1ライン

4T-C55DQ1(55v型)    /       4T-C65DQ1(65v型)

DS1ライン

4T-C55DS1(55v型)    /       4T-C65DS1(65v型)

パネルの違い

DQ1ライン : △ 従来の有機ELパネル

DS1ライン : ◯ new! S-Brightパネル

【鬼比較】DQ1ライン/ DS1の違い口コミ:レビュー!まとめ

有機ELの発光に伴う発熱を効率的に抑える新たな独自構造と輝度性能に優れた発光素材の採用により、あらゆる映像の輝度を高め、より明るく鮮やかに映し出せるようになった!

有機ELパネルの輝度性能を最大限に引き出す独自制御技術

DQ1ライン : △ Sparkling Drive

DS1ライン : ◯ Sparkling Drive Plus

スパークリングドライブは、映像の輝度情報に応じて、発光量を画素ごとに緻密に制御する独自のパネル制御技術。

例えば画面全体が暗く一部だけが明るい映像では、漆黒から煌めきまで緻密にコントラストを表現し、テレビとは思えない程の自然な立体感を生み出す。

【鬼比較】DQ1ライン/ DS1の違い口コミ:レビュー!まとめ

Sparkling Drive Plusは高輝度「S-Brightパネル」を最適に制御できるので明暗と色彩の表現をさらに高め、まるでその場に居るかのような美しい映像を堪能できる!

スピーカー

DQ1ライン : △ ツィーター×2個、フルレンジ×4個

DS1ライン : ◯ ツィーター×2個、ミッドレンジ×4個サブウーハー×1個

サブウーハーの有無も重要!

せっかく購入するのであればサブウーハー付きがおすすめ!低音があるだけでも臨場感が全然違う。

ツィ-ターによりクリアで伸びやかな高域の再生も実現させる。

音声実用最大出力(JEITA)

DQ1ライン : △ 50W(10W+10W+15W+15W)

DS1ライン : ◯ 65W(10W+10W+15W+15W+15W)

出力が大きいことのメリットは、家庭での使用に限って言えば、音の鳴り方に余裕があり、ゆったり感がある点。スピーカーの個数と種類も重要!

new! ハンズフリー音声操作

DQ1ライン : × ナシ

DS1ライン : ◯ あり

アクオスに「OK Google」と話しかけるだけでテレビを音声操作できるようになった!

帰宅して手を洗う前や料理中で手が離せない時などにも便利。

声で電源のオン/オフや選局だけでなく、最新のヒット映画や動画配信サービスの番組、マルチプレーヤーゲームまでGoogleが探してくれるのだ。

スマートホームデバイスに接続すれば、照明を暗くできたり、タスクを管理してカレンダーを確認、知りたいことの答えをテレビで見る事もできる!

つまりDS1ラインとDQ1ラインの違いは、パネルと有機ELパネルの輝度性能を最大限に引き出す独自制御技術の違いによる映像の美しさの違いと、スピーカーの違いによる音の臨場感の差、ハンズフリー音声操作機能の有無である。4Kではあり得ないほどの映像を堪能するならDS1ラインがおすすめ!

写真は各公式へ

参照 DQ1ラインの特徴

posted with カエレバ

new! DQ1ラインの新シリーズEQ1/EQ2ラインも登場!⇒ 【鬼】EQ1/EQ2ラインとDQ1/DQ2ライン・ES1ライン 違い口コミ:レビュー!まとめ

DS1ラインの価格は シャープ DS1ライン

こちらも参考に シャープの液晶テレビ・一覧へ

トップへ戻る(特徴紹介へ)



DS1ラインの口コミ:レビュー!

 

PanasonicのJZ2000の物理的な放熱性能が突き抜けていますが、AQUOSの中でもこのDS1は維持できる明るさにおいて勝負できています。
放熱がうまくいってるようです。
SONYは画面から音が出るセールスポイントにより、有機ELパネル真裏にスピーカーユニットをおくためパネルの放熱が物理的に限界があり、短時間で明るさが失われます。
AQUOSにおいて、出遅れた有機ELで勝負できるモデルでした

引用 ビックカメラ.com

4T-C55DS1の口コミ:レビュー!

55インチ思ったより大きかったです。
画像美しい。汗まで写ります。自慢の黒も綺麗です。
もう液晶には戻れないかもしれません。

画質が良く、かなり満足しています。

DQも別の部屋にあるのですが、音と画質の違いが素人の私でも分かります。

設定にもよるでしょうが、良いテレビだと思います。

リモコンはアプリボタンとして色々ついてますが、少しダサいです。

テレビにairpodsなどブルートゥースを変換機外付けすることなく使えます。

鮮やかで綺麗。1.5メートル程度の位置で見ていても疲れません。接続や設定は簡単でした。大人と未成年の女子2人で持ち上げて壁掛けにもできました。

引用 ビックカメラ.comノジマ楽天市場

DQ1ラインの口コミ:レビュー!

さすが有機ELです。
10年前のAQUOSからの買い替えですが音もいいし、なんと言っても奥行きのいい画質です。
値段も有機ELとしては安価な部類ですが問題なしです

引用 アマゾン

4T-C55DQ1の口コミ:レビュー!

【画質】
さすが有機ELですね。ネットの4K動画を見てみましたがとてもきれいでした。
・コントラストが良い。特に黒色が深い。真っ黒です。液晶にはこの黒は真似できない。
・空の映像などのグラデーションもすごくなめらかで自然です。液晶は境目が分かりますよね。

【音質】
もともとメーカーを問わず、テレビ本体の小さいスピーカーには期待していません。
いくら音質を調整してもやはり薄っぺらい音でした。
別売りのサラウンドスピーカーに接続しています。

液晶にするか有機ELにするか迷ったが、画質が良く、価格もリーズナブルで
有機ELにして大変満足しています。
なお、思ったより重くて、セッティングに家族の手を借りたが
スムーズにできた。

【デザイン】
ごく一般的な印象です。小さな台にも置けるような設計なんでしょうが今どきのTVとしては、もっとスッキリした下回りでも良いかと思います。

【操作性】
以前はレグザでしたが録画リストの削除の操作が面倒だと思いました。番組表の録画予約、削除の操作はレグザの方が解り易くて、しやすかったと思います。

引用 価格

こちらも参考に

DS1ライン4T-C55DS1と  DQ1ライン4T-C55DQ1の違い

DS1ライン4T-C65DS1と  DQ1ライン4T-C65DQ1の違い


家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較.comへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに