◯『シャープ』EC-SR3S とEC-AR3SXの『違い』

 シャープの掃除機 【鬼比較】

機能、容量の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

両機種ともにコードレススティック掃除機タイプ

シャープ EC-SR3S

(EC-SR3S-Pピンク)

VS

シャープ EC-AR3SX

(EC-AR3SX-Nゴールド)(EC-AR3SX-Pピンク)

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

EC-SR3Sとの比較記事・一覧へ

※追記 これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ソフマップ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシン、オノデンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。

EC-AR3SXとの比較記事・一覧へ



重要な『違い』

パワーの違い

シャープ EC-SR3S : ◯ 充電式(リチウムイオン電池、25.2V)

シャープ EC-AR3SX : △ 充電式(リチウムイオン電池、18V)

シャープ EC-SR3Sの場合

 

新採用の高電圧25.2Vバッテリーと、大風量高圧3Dファンモーターを新たに採用し、本体構造も吸排気経路を最適化することで、従来機に比べ吸引性能が約55%アップしました。

パワーがあれば家中くまなくしっかりお掃除可能!

着脱式バッテリーの数

シャープ EC-SR3S : 一個

シャープ EC-AR3SX : 二個

バッテリーが1個の場合、バッテリーが切れてから交換して使うことができないのが問題。バッテリーが2個あれば、掃除中に充電器にセットして充電しながら掃除することができ便利。

従来はコードレスにありがちな充電のし忘れがあった。バッテリー1個あたり最長で約32分使える。

シャープ EC-SR3Sをもし強モードで使用したとすれば約12分しか使えないので注意!

※カタログには書かれていない隠れた盲点

実はバッテリーは交互に使用することが長持ちの秘訣となる。もう一点は掃除が終わったあとは必ず充電すること、使い切った状態で放置すると劣化につながるからだ。

パワーヘッドの違い

シャープ EC-SR3S : ◯ スミワザ機能採用

シャープ EC-AR3SX : △ 新シャッター構造

「スミワザ」機能

 

これはなかなか考えられた工夫

吸込口のバンパーが壁を検知して自動的にパワーを上げるのがポイント

必要な時だけ自動で強い吸引力で掃除できるし無駄な電力を抑えることにより省エネにもなる。

動画でみればわかりやすい。

掃除機もどんどん進化しています。

新シャッター構造とは

 

壁際や隅に溜まるゴミを強力に吸引する構造で掃除がよりラクに

以下は両機種に共通する特徴ある部分

スグトルブラシ

立ったまま、吸込口をカンタン着脱、気になるホコリをサッと取る事が出来る。

※カタログには書かれていない隠れた盲点

ピアノなどの傷つきやすい家具などにはスグトルブラシは使わないでくださいとの事。一度にゴミを大量に吸わせるのもバツなので注意。

ラグ越え機能

 

ラグマットなどの段差を乗り越えるための機能。日本の家庭では意外にこのような絨毯が多いはず。

日常的に使用する家電は使いやすさが重要!

ちょいかけフック

 

ラバー製のフックがついているので壁で滑ってずり落ちて倒れることがない。

サッと立てかけて、いつでもスムーズに掃除を再開することができる。



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに