HT-S400

新旧【鬼比較】HT-S400 の違い4機種・口コミ・レビュー

最終更新日:2022年11月29日

HT-S400の比較記事と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

HTS400はソニーのサウンドバーで、260Wハイパワーアンプ搭載2.1chの機種である。

機能、容量の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

目次をクリックをクリックで比較記事へ

新旧比較 HT-S400とHT-S350の違い

HT-S400と下位機種 HT-S200Fの違い

HT-S400と上位機種 HT-X8500の違い

HTS400の特徴(価格は一番下へ)

 

迫力ある明瞭なサウンドと臨場感あふれる音場を再現。260Wハイパワーアンプ搭載2.1chサウンドバー!
S-Force PROフロントサラウンド
※ イメージです
ソニー独自の高精度なデジタル音場処理技術により、前方のフロントスピーカーだけで仮想的にサラウンド音場を再現。後方にスピーカーを置く必要がなく、すっきりとしたレイアウトで、豊かな臨場感を楽しめる。
new! 新モデルになって追加された機能は下記、新旧比較へ

トップへ戻る(特徴紹介へ)



HT-S400と型落ち HT-S350の違い

 

HT-S350 旧モデル

VS

new! HT-S400 新モデル

 

※HT-S400の型落ち・旧モデルがHT-S350である。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

new!  X-Balanced Speaker Unit

HT-S350 : × ナシ

HT-S400 : ◯ 新搭載

※ イメージです

音の歪(ひず)みを低減するため新形状の振動板を採用した新開発のユニットを搭載へ!

振動板の面積を拡大させ、さらなる音の迫力と聞き取りやすいクリアな高音質を実現させた。

コーンのエッジ部分には特殊なパターンの溝である「セパレーテッドノッチエッジ」を施し、歪みの少ないクリアなサウンドを再生できるのがHT-S400

大出力アンプの違い

HT-S350 : △ フロント65W×2、サブウーファー100Wの合計230W

HT-S400 : ◯ フロント80W×2、サブウーファー100Wの合計260W

新モデルはフロントの出力が上がって、さらに音の迫力がアップ!

original HT S400 5topic soundbar - 新旧【鬼比較】HT-S400 の違い4機種・口コミ・レビュー

どちらもサブウーファーは16cmの大口径ユニットを搭載で、迫力のサウンドを手軽に楽しむことができる。

new! サウンドフィールド機能

HT-S350 : × ナシ

HT-S400 : ◯ 新搭載

original HT S400 5topic remote - 新旧【鬼比較】HT-S400 の違い4機種・口コミ・レビュー

リモコンの「サウンドフィールド」をONにすると、音に包まれるような体験が可能になり、OFFにするとよりピュアなスピーカーの音色を体感できる新機能。

new! BASSレベル

HT-S350 : × ナシ

HT-S400 : ◯ 新搭載

original HT S400 sw volume remote - 新旧【鬼比較】HT-S400 の違い4機種・口コミ・レビュー

夜間に視聴するときや、となりの部屋など周囲に音漏れが気になる場合に音量を任意の大きさに設定できるようになった!

自宅の環境に合わせて最適な音量で楽しめて便利。

new! ブラビアのクイック設定からサウンドバーの設定変更

HT-S350 : × ナシ

HT-S400 : ◯ 可能になった

※ 画像はイメージです

シアターシステム/サウンドバーを対象のブラビアに接続すれば、クイック設定にシアターシステム/サウンドバーのメニューを追加できるようになった!

クイック設定に表示する情報
・サウンドフィールド ON/OFF
・ボイスモード ON/OFF
・ナイトモード ON/OFF
・サブウーファー音量

※ 対象のブラビア
A90J/A80J/X95J/X90J/X85J/X80Jシリーズ


つまりHT-S350とHT-S400の違いは、X-Balanced Speaker Unit・サウンドフィールド機能・BASSレベル機能・ブラビアのクイック設定からサウンドバーの設定変更機能の有無と音の出力の違いである。

型落ち品は安い代わりに製造から年数が経っていることもお忘れなく!


型落ち  HT-S350の比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

HT-S400の価格は ソニー HT-S400



HT-S400 の口コミ・レビュー

 

テレビの音には戻れませんね!シアター仕様とは言いませんが、一般家庭ではこれで十分なサウンド性能、そして機能だと思います。 テレビだけでなく普段はIphone+で音楽楽しんでます。けっこう十分なサウンドですよ。

引用 paypayモール

値段はそこそこですが大迫力花火動画是非見てください

引用 ビックカメラ.com

音質もクリアで、テレビそのままより低音がきいていてYouTubeや映画を見るのにちょうどいいです。この値段でこの内容なら大満足です。買って良かったです。でもサブウーファーは古い機種より大きかったので、場所を確保するのが大切です。

引用 楽天市場

キレが良く明瞭です。一般的にサウンドバー製品は、筐体が振動して音が濁りがちですが、本機は音がスパッと空間に放たれるかのように鮮烈。「S-Force PROフロントサラウンド」機能をオンにすると、空間が広がって音の分離も良くなり、スピーカーの存在を忘れるほどです。

テレビのスピーカーと比較すると雲泥の差です。低音が特に段違いでウーファーも小さめながらいい仕事しています。床に直置きだと低音が気になる鳴り方をしますので、ホームセンターで緩衝材(天然ゴムスポンジ)を4つほど買ってきて下に敷くだけで綺麗な低音がでます。

引用 価格.com

型落ちHT-S350の口コミ・レビュー

 

音は聞き取りやすく良い音が出るのですが、映画などで臨場感がほしくて購入しました。普通のテレビ番組ならテレビのスピーカーの方が聞き取りやすいと思いますが、映画などはサブウーファーが良いかんじで臨場感が出て良かったと思います。

リモコンは少しチープですが、シネマ、ミュージック、ニュース、スポーツなどなどボタンを押すだけで簡単操作できます。音も評判どおり良く、サブウーファーの増減を自分好みに調節できるところも気に入っています。

低音がずっしり響いてきて大変満足しています。ただしウーハーがスペースを結構取りますので、テレビ周りに置くことを想定している方は事前にサイズを確認しておいたほうが良いと思います。

音が想像以上に良くて今まではTVの音は遠慮がちに 絞っていたのですがBD等を観るときはかなり大きな音で 聴いています。自分なりにかなり満足しています。

映画館で観ているような感じではありますが、爆撃音等が急に大きな音量になります。サウンドバーにしては性能良いかなと思います。

防音してない家庭内で聴くには これでいいのかと納得してます。 この値段でこのサウンドなら買い得です。

最新サウンドバーを購入しましたが、音に満足できず、アンプ付きのこちらの商品を買い直しました。 やっぱりアンプ付きは音がいい!お尻や壁までドンドンとなります。

引用 ヤフーショッピング

簡単に取り付けできました ただちょっと多いので思ったより場所使いました それ以外は納得の品という感じです

セパレートタイプは重低音がしっかりしててライブを聞くには最高です!!

臨場感とかいい感じです。ただ、テレビとの連動がイマイチ使いこなせないのか、つけた時に音が出ないなどあり、当初苦戦しました。

四六時中付けてる訳では無い、ウーハーもその都度リンクできるので便利。5.1chの置場と配線に疲れたので、コード1本で迫力出るなら充分だし、たまに部屋移動させて使えるのも勝手が良い。

このタイプが一番コスパ良く満足してます。

音質はなかなか、重低音もいいと思う。コスパ的に仕方ないが、DTSが付いていたら良かった。サウンドバーだけでなく、ウーハーが別なので音にくすみもなく、お買い得です。色々試しましたが、ウーハーは別の方が音質は良いです。

引用 ビックカメラ.com

私は6畳の部屋に設置しましたが、音量を上げると音の広がりが予想以上に騒がしく感じましたので、
8畳~10畳以上の、もう少し広い部屋に設置した方が、本来の性能を発揮出来る感じがしました。気になるところは、テレビの電源を入れてから本機の音声が聴こえるまで、若干遅れることくらいでしょうか。
今回初めてサウンドバーを購入しましたが、性能、価格とも概ね満足しております。

音は、なかなか迫力の重低音で、昔のサラウンドのような不自然さもなくとても聞きやすいです。

まず、テレビの音質アップさせたいならありだと思います。ただ、注意点としては、大きいということ…
55型くらいのテレビに対してだとちょうどいいです。

私は、ウーハーが付いているこの商品に満足です。音も良いです。重低音もリモコンで調整出来ます。もちろんスマホの音楽も聴けますし、音も満足です。

ウーファーの置き場所に困って2.0chを検討される方もいると思いますが、低音の効きが違います。ただ、横置きは自己責任ですね。プライムビデオやYoutubeを観るのが楽しくなりました。

引用 amazon

トップへ戻る(特徴紹介へ)



HT-S400と下位機種 HT-S200Fの違い

 

サブウーファー

HT-S200F : × ナシ(内蔵)

HT-S400 : ◯ あり

※ イメージです

サブウーファーは16cmの大口径ユニットを搭載!迫力のサウンドを堪能できる。

HT-S200Fの場合は、コンパクト重視なのでサブウーハーは内蔵されている。

壁掛け対応

HT-S200F : × ナシ

HT-S400 : ◯ あり

リスニング環境に合わせて、より自由なレイアウトが可能。

付属の壁掛けテンプレートを使えば、バースピーカーの水平が取りやすくなる。

new! X-Balanced Speaker Unit・サウンドフィールド機能・BASSレベル機能・ブラビアのクイック設定からサウンドバーの設定変更

HT-S200F : × ナシ

HT-S400 : ◯ 新搭載

詳しくは上記の新旧比較へ。

実力最大出力(非同時駆動/JEITA)

HT-S200F : ☓ 80W

HT-S400 : ◯ 260W

HT-S400の方が迫力のあるサウンドを楽しめる。


HT-S200Fの比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

HT-S400の価格は ソニー HT-S400

トップへ戻る(特徴紹介へ)

HT-S400とHT-X8500の違い

 

サブウーファー

HT-X8500 : ◯ 内蔵だがハイレベル

HT-S400 : あり

HT-X8500の場合

デュアルサブウーファー内蔵スリムサウンドバーで、これ1本で3次元の立体音響を臨場感あるサウンドになる。

HT-S400の場合

y HT S350 soundbar - 新旧【鬼比較】HT-S400 の違い4機種・口コミ・レビュー

サブウーファーは16cmの大口径ユニットを搭載!

Vertical Surround Engine

HT-X8500 : ◯ あり

HT-S400 : × ナシ

original HT X8500 surround 5topic - 新旧【鬼比較】HT-S400 の違い4機種・口コミ・レビュー

高さ方向の表現力が加わるので3次元の立体音響を実現!

ドルビーアトモスとDTS:X(R)に対応

HT-X8500 : ◯ あり

HT-S400 : × ナシ

original HT X8500 Atmos dtsX logo topic - 新旧【鬼比較】HT-S400 の違い4機種・口コミ・レビュー

従来のチャンネルベースに音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた、最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」に対応。

前後左右を中心とした従来のサラウンド音場に対して、高さ方向の表現力を加えた3次元の立体音響技術により、全方位からの音に包みこまれるリアルな音響空間を楽しめる。

4Kパススルー

HT-X8500 : ◯ あり

HT-S400 : × ナシ

original HT X8500 4khdr Vision logo - 新旧【鬼比較】HT-S400 の違い4機種・口コミ・レビュー

入力された4K信号をそのまま4Kテレビへ送信できるのでリアルな高音質!

new! X-Balanced Speaker Unit・サウンドフィールド機能・BASSレベル機能・ブラビアのクイック設定からサウンドバーの設定変更

HT-X8500 : × ナシ

HT-S400 : ◯ 新搭載

詳しくは上記の新旧比較へ。


HT-X8500の比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに