『盲点』【鬼】VC-S620X との『違い』

2021年版 掃除機 【鬼比較】

※わかりにくい隠れた盲点、カタログには書かれていない隠れた盲点、も必見

機能、容量の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

下記タイトルをクリックで比較記事へ

東芝 VC-S620Xの特徴

新旧比較 VC-S620X と VC-S610Xの『違い』

VC-S620X と 上位機種 VC-SG920Xの『違い』

VC-S620X と VC-SG710Xの『違い』

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。



東芝 VCS620Xの特徴

 

写真は各公式へ

参照 VC-S620Xの特徴

posted with カエレバ

東芝のフィルターレスサイクロン式!(目詰まりするサイクロン部のプリーツフィルターをなくしたタイプ)

軽い!本体質量2.3kg 軽さを求めたキュートなデザイン

ごみ捨て時にホコリの舞い上がりが少ないのも良し。

ダストカップにゴミがない状態からゴミすてラインまでの風量の持続性が99%以上!

微細なチリや花粉まで99.9%分離※3 3つの気流がチリや花粉などの微細な粒子まで分離。※3フィルターの目詰まりによる吸引力低下を抑えます。 フィルターレスサイクロン*構造 バーティカルトルネードシステム *目詰まりするサイクロン部のプリーツフィルターをなくしたサイクロン 1.10気筒の気流で微細な粒子まで分離 吸引力を持続*※1(ミクロトルネード分離) *JIS C 9108附属書Dによる 2.高速気流でゴミと空気を分離強い吸引力を発揮(デュアルトルネード分離) 3.強力な気流でゴミを圧縮(トルネードプレス)ゴミ捨て簡単 約1/7に圧縮※4 *当社試験基準による

バーティカルトルネードシステム 水洗い可(サイクロン部、ダストカップ)

ヘッドのタイプ

自走式ラクトルパワーヘッド

吸い込み幅がワイドでパワフル ヘッドが軽い約380g 床の菌を99%除去 *菌の除去効果は床面の状態により異なります。

自走式は軽くて操作が楽!床の菌も除去する抗菌ブラシ使用。

節電ストップ機能

ヘッドを浮かせると約6秒後に一時停止、約60秒後に運転を完全停止。

※ヘッドを外して掃除する場合は節電ストップ機能は作動しないとの事

2WAYブラシ

高い所も ソファの上も

しっかり掃除をするならば最低限ほしいブラシ。

すき間ノズル

壁と家具の間など狭い所でもラクに届く。お手入れブラシの付属もあり。

トップへ戻る



新旧比較 VC-S610X とVC-S620Xの『違い』

 

VC-S610X 旧モデル

(VC-S610X-Wホワイト)

VS

new! VC-S620X

(VC-S620X-Sシルバー)

VC-S620Xの型落ちがVC-S610Xである。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

VC-S620X とVC-S610Xの違いは本体色の違いだけで、機能は同じ!色は新モデルのVC-S620Xがシルバーで、旧型番のVC-S610Xがホワイト。


VC-S610Xとの比較記事へ

写真は各公式へ

参照   VC-S610Xの特徴

posted with カエレバ

VC-S620Xの価格は 東芝 VC-S620Xの特徴へ

トップへ戻る



東芝 VC-SG920X と VC-S620Xの『違い』

 

ゴミ残しまセンサー

VC-S620X : × ナシ

VC-SG920X : ◯ あり

ゴミの有無を自動検知し、手元のランプでお知らせしてくれるセンサー。

例えばじゅうたんやベッドの下など、目の届かない場所でもランプを見れば効率よく掃除できるようになる。

ワイドピカッとブラシ

VC-S620X : × ナシ

VC-SG920X : ◯ あり

家具の下やすき間を、LEDで明るく照らす。

使ってみればわかるこの便利さ!

使いやすさの違い

VC-S620X : △ 新らくわざグリップ

VC-SG920X : ◯ らくわざフリーグリップ

VC-SG920Xの場合

握りやすいラウンド形状なのでヘッドの操作も手元で出来ラク。


VC-SG920Xとの比較記事へ

参照 VC-SG920Xの特徴

posted with カエレバ

VC-S620Xの価格は 東芝 VC-S620Xの特徴へ

トップへ戻る



VC-S620X と VC-SG710Xの『違い』

 

使いやすさの違い

東芝 VC-SG710X : ◯ らくわざフリーグリップ

東芝 VC-S620X : △ 新らくわざグリップ

東芝 VC-SG710Xの場合

自由な位置で握れて手軽に操作できるグリップを採用。
ヘッドの操作も手元で自由にできる。

東芝 VC-S620Xの場合

日常的に使う家電は使い勝手にもこだわりたい。

ゴミ残しまセンサー

東芝 VC-SG710X : ◯ あり

東芝 VC-S620X : × ナシ

これがあるだけで掃除した感が全然違うのだ!今まで取っていなかったゴミも取れるのが確認できるようになった。

ワイドピカッとブラシ

東芝 VC-SG710X : ◯ あり

東芝 VC-S620X : × ナシ

引用 東芝 VC-SG710Xの特徴

使ってみればわかるこの新しい便利さ!

VC-SG710Xとの比較記事へ

 

posted with カエレバ

VC-S620Xの価格は 東芝 VC-S620Xの特徴へ

トップへ戻る



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに