ソニー【鬼】KJ-24W450E と【鬼】KJ-32W730Eの『違い』

 ソニーの液晶 ブラビア 【鬼比較】

※カタログには書かれていない隠れた盲点、※わかりにくい隠れた盲点も必見!

画質や機能だけでなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

KJ-24W450E 一番安い W450Eシリーズ

VS

KJ-32W730E   W730Eシリーズ

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

引用 KJ-24W450Eの特徴

KJ-24W450Eとの比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

※追記 これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ソフマップ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシン、オノデンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。

引用  KJ-32W730Eの特徴

KJ-32W730Eとの比較記事・一覧へ

posted with カエレバ



重要な『違い』

 

サイズ

KJ-24W450E : 24インチ

KJ-32W730E : 32インチ

画質・画素数(水平×垂直)

KJ-24W450E : △ ハイビジョン(1,366×768

KJ-32W730E : ◯ フルハイビジョン(1,920×1,080

X-Reality PRO(エックス リアリティー プロ)

KJ-24W450E : × ナシ

KJ-32W730E : ◯ あり

KJ-32W730Eの場合、高画質パネルに加え、テレビ番組やブルーレイなど、あらゆるコンテンツをリアリティー豊かに再現するソニー独自の超解像エンジン搭載!

無線LAN内蔵

KJ-24W450E : × ナシ

KJ-32W730E : ◯ あり

ワイヤレスで手軽にYouTube、YouTube KIDS、Netflixの動画サービスが楽しめる!

以下は両機種に共通する機能

 

ダブルチューナー搭載

外付けハードディスク(別売)を接続するだけで、テレビ視聴中も手軽に裏番組が録画できる。

音声実用最大出力

 10W(5W+5W)

出力が大きいことのメリットは、家庭での使用に限って言えば、音の鳴り方に余裕があり、ゆったり感が違う点。



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに