ハイセンス【鬼】55U8F と【鬼】55U7Fの『違い』

 ハイセンスの4K液晶テレビ 【鬼比較】

※カタログには書かれていない隠れた盲点、※わかりにくい隠れた盲点も必見!

画質や機能だけでなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

U8Fシリーズ 55U8F 上位機種

VS

U7Fシリーズ 55U7F

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

55v型 55U8F

引用 55U8Fの特徴

55U8Fとの比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

※追記 これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ソフマップ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシン、オノデンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。

 

参照  55U7Fの特徴

55U7Fとの比較記事・一覧へ

posted with カエレバ



重要な『違い』

エンジン

55U8F : ◯ NEOエンジン plus 2020

55U7F : △ NEOエンジン 2020

高画質機能

55U8F : 3段階超解像処理AIシーン別超解像処理、AIモーション別超解像処理、AIネット映像高画質処理、エリア別適正露出復元、HDR再現処理plus輝き復元

55U7F : 高精度信号処理、高精細ノイズ処理、エリア別高精細復元、テクスチャー復元、HDR再現処理

3段階超解像処理とは?

[3段階超解像処理]

いつも見ている地デジを4K画質にアップコンバートして高画質にしてしまう凄い機能!

AIネット映像高画質処理とは?

[AIネット映像高画質処理]

ネット配信、ネット動画やVODコンテンツを分析し、色温度/色濃度/輝度/ダイナミックガンマ補正なども自動で最適な映像処理をする。

様々な映像を高品位に再現!

カラーマネージメント

55U8F : ◯ 64軸色彩コントロール

55U7F : × ナシ

55U8Fの方が色が鮮やか!

残像感軽減

55U8F : ◯ SMR 960

55U7F : △ SMR 180

SMR120

※右側の写真がSMR960の場合

55U8Fの方が、どんな速い動きでも滑らかな映像表現が可能!

バックライト

55U8F : ◯ ローカルディミングplus

55U7F : △ 直下型LED

[ローカルディミングplus]

右側がローカルディミングplusの場合↑

目に映る引き締まった黒とメリハリの効いた光とのコントラストによる鮮やかな描写を可能とした。

まさしく肉眼でみる星空!

ゲームモード

55U8F : ◯ ゲームモードplus

55U7F : △  通常のゲームモード

低遅延やPCゲーム対応あり。

55U8Fの方が低遅延を実現しながらも3段階超解像処理
フレーム補間処理により、高精細でなめらかな映像を楽しめる!

スピーカー構成

55U8F : ◯ ツイーター×2/フルレンジ×2

55U7F : △ フルレンジ×2

音質も55U8Fの方が上!

バランスの取れた良質なサウンドと映像との一体感で
まるでその場に居るかのような新しい体験が出来るのは55U8Fである。

以下は両機種に共通する特徴ある部分

地デジ、BS・110°CSの3波だけでなく、BS/CS 4K チューナー内蔵なので新 4K 衛星放送も見られる機種(外付けチューナーやレコーダーが不要)

2番組同時録画もできる!

2画面機能もあり。

プラットフォーム・動画配信サービス

番組一覧

スマートスピーカー対応

Google アシスタントやAmazon Alexaなどを搭載したスマートスピーカーに対応。

Google アシスタント

スマートスピーカーに話しかるだけでテレビの電源を消したり、チャンネルを変更も出来る。
両手がふさがりがちな料理をしている時にも便利でチャンネルを変更したり、ベッドに入った後に消し忘れたテレビを消したり、などなど。



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに