ダイソン【鬼】Digital Slim Fluffy Pro とDigital Slim Fluffy+の『違い』

 ダイソンの掃除機 【鬼比較】2020年版

※わかりにくい隠れた盲点も必見!

機能、容量の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

ダイソン のデジタルスリムシリーズ Dyson Digital Slim Fluffy Pro (直販モデル)

(型番SV18 FF PRO デジタルスリム フラフィプロ)

VS

ダイソン のデジタルスリムシリーズ Dyson Digital Slim Fluffy +

(型番SV18 FF COM デジタルスリム フラフィプラス)

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

Dyson Digital Slim Fluffy Proとの比較記事・一覧へ

引用 Dyson Digital Slim Fluffy Proの特徴

posted with カエレバ

※追記 これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ソフマップ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシン、オノデンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。

Dyson Digital Slim Fluffy+との比較記事・一覧へ

引用 Dyson Digital Slim Fluffy+の特徴

posted with カエレバ



重要な『違い』

予備バッテリー

Dyson Digital Slim Fluffy Pro : ◯ あり

Dyson Digital Slim Fluffy+ : × ナシ

予備バッテリー付属(¥12,100相当)。2つ使用で、最長時間が80分にもなる!

本体色の違いにも注目。Dyson Digital Slim Fluffy Proは高級感のあるゴールド。

以下は両機種に共通する特徴ある部分

重さ 1.9kg は軽い!

着脱式バッテリー


追加バッテリーと交互に使用すると、さらに長い運転時間で掃除することが出来る。ワンタッチで着脱できるのもポイント。充電時間はどちらも3.5時間

排気がきれい

引用 Dyson Digital Slim Fluffy+の特徴

0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%捕らえ、部屋の空気よりもきれいな空気を排出!

特徴的な付属品

フトンツール

布団・マットレスなどの寝具だけでなくソファ・クッションなどの布製品も掃除可。

ハードブラシ

泥汚れなどこびりついたゴミを取る時に便利な硬い毛のブラシ。

延長ホース

ホースが伸縮する仕様で、他のヘッドと組み合わせて使うと便利。

※せっかく掃除するとなった時に掃除できない部分があると不満である。

隙間ノズル

LEDあり

v8 slim fluffy plus light up crevice tool

先端にLEDライトが付いているので暗い家具の隙間やサッシなどを掃除する時は特に便利!

その他

ツールクリップあり
収納用ブラケットあり
充電スタンドあり



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに