【鬼】JC-BSC2A と【鬼】JC-BSC3Aの『違い』

 ハイアールの掃除機 【鬼比較】2021年版

※カタログには書かれていない隠れた盲点、※わかりにくい隠れた盲点も必見!

機能、容量の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

両機種ともにコードレス式スティッククリーナーでハンディタイプにもなって便利!

ハイアール JC-BSC2A

(JCBSC2A-Wホワイト)

VS

ハイアール JC-BSC3A 上位機種

(JCBSC3A-Wホワイト)

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

JC-BSC2A

posted with カエレバ

※追記 これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ソフマップ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシン、オノデンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。

JC-BSC3A

posted with カエレバ



重要な『違い』

本体の重さ

ハイアール JC-BSC2A : △ 1.5kg

ハイアール JC-BSC3A : ◯ 1.4kg 軽い

日常的に使う家電は軽さも重要。

デザインの違い

ハイアール JC-BSC2Aの場合

 

JC-BSC2A 製品画像

ハイアール JC-BSC3Aの場合

JC-BSC3A 製品画像

集じん容量

ハイアール JC-BSC2A : △ 0.3L

ハイアール JC-BSC3A : ◯ 0.35L

JC-BSC3Aの方が長く掃除できる。

 自走式パワーブラシ

ハイアール JC-BSC2A : ☓ ナシ

ハイアール JC-BSC3A : ◯ あり

床面に密着したヘッドが前に進むのをサポートしてくれるので、力を入れなくてもラクに掃除できる機種!

※わかりにくい隠れた盲点

JC-BSC3Aは、ナイロンフェルト素材のソフトローラー仕様。

高速で回転する細かな毛により、ラグのすき間、フローリングの溝、たたみの編み目までスッキリ!(ダストピックアップ率99.3%)

JC-BSC2Aの場合は一般的なV字構造のブラシで、床やラグの隙間なら大丈夫。

バッテリーランプ

ハイアール JC-BSC2A : ☓ ナシ

ハイアール JC-BSC3A : ◯ あり

充電残量を確認しながら掃除できるので、掃除の途中で急に電源が切れてしまう、という心配がない。

充電時間

ハイアール JC-BSC2A : △  約6時間

ハイアール JC-BSC3A : ◯  約4.5時間

少ないに超したとこはない。6時間もかかると、もう一度掃除したい時に大変!

※カタログには書かれていない隠れた盲点

満充電になる前に使用を繰り返すと、バッテリーの寿命が短くなるので注意。

付属品の違い

ハイアール JC-BSC2Aの場合

スタンド、2Wayノズル、すき間ノズル

ハイアール JC-BSC3Aの場合

スタンド、ブラシノズル、すき間ノズル、お手入れブラシ

ブラシノズルとは?

床や階段のすみ、家具のすき間、窓のサッシなど、場所に合わせて使える便利なブラシ。2Wayノズルもブラシ状に出来るのだが、サイズが倍以上小さい。

お手入れブラシとは?

HEPAフィルタ、ダストケース、サイクロンユニットは、お手入れブラシを使えば細かなゴミを取り除ける。清潔に使うためには重要!

以下は両機種に共通する特徴ある部分

LEDライト

ヘッド部分のLEDライトが点灯するので、暗いところでもホコリがよく見えて便利!

ハンディータイプにできる

階段や車内を掃除するのに最適な大きさになる。

スタンド付き

立てて収納できるスタンドは、ゴミが気になったときにサッと取り出せる利点あり。まずは手軽に掃除しやすい環境が重要。

長く使うことを考えればJC-BSC3Aの方がおすすめ!



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに