ハンディ【鬼】200-CD062との『違い』

2020年版 ハンディクリーナー 【鬼比較】

※カタログには書かれていない隠れた盲点、※わかりにくい隠れた盲点も必見

機能、容量の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

後半に同価格帯で比較の対象になると思われるツインバードEX2 HC-EB53GYとの比較記事あり。

トップ

サンワ 200-CD062の特徴へ

サンワ200-CD062とツインバードEX2 HC-EB53GYの違いへ

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

※追記 これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ソフマップ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシン、オノデンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。



サンワ 200-CD062 の特徴

200-CD062との比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

(サンワダイレクト 200-CD062-W ホワイト)

ハンディ掃除機(スティッククリーナー・ハンディクリーナー・ブロワー機能付き・充電式)

とにかく軽くてスリム!

付属品

3種類のパーツを使い分け

引用 200-CD062の特徴

コードレスハンディクリーナー。すき間ノズル、床用ヘッド、四角型ブラシの3種類

ブロワー機能(エアダスター)あり

卓上に 床に 車内に

上の写真の右下を参照。

例えば写真のような窓際のすき間のゴミは風でブロワーでかき出して、そのゴミを後から吸い取るという方法もあり。

ブロワー機能は秋の木の葉を道の脇によせるのにも便利。

※カタログには書かれていない隠れた盲点

200-CD062のブロワー機能を使うにはダストボックス部分を取り外して(フィルターは付けたまま)排気口カバーを開けてすき間ノズルを装着することで使えるようになる。つまり使う方向を逆にしたイメージ。

SPEC

※ダストボックスを付けたままでもエアダスターとしても使えるが吹き飛ばす力が弱くなるとの事。ダストボックス内にゴミが入っている場合は注意。

※わかりにくい隠れた盲点

フィルター側からは吸引しているのでエアダスターを使う場合は衣類や髪の毛などが吸い込まれないよう注意する。

トップへ戻る



同価格帯で比較の対象になると思われるツインバードEX2 HC-EB53GY↓

サンワ200-CD062とツインバードEX2 HC-EB53GYの違い

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

サンワ 200-CD062

(サンワダイレクト 200-CD062-W ホワイト)

VS

ツインバードEX2 HC-EB53GY「パワーハンディークリーナー ハンディージェットサイクロンEX2」

(EX2 HCEB53GY メタリックグレー)

※カタログには書かれていない隠れた盲点、※わかりにくい隠れた盲点も必見

両機種ともに紙パック不要のサイクロン式

ツインバード EX2 HC-EB53GYとの比較記事一覧へ

画像

posted with カエレバ

重要な『違い』

電源コード

サンワ 200-CD062 : ナシ(コードレス)

ツインバード EX2 HC-EB53GY : あり

ツインバードEX2 HC-EB53GYの場合は電源コードは業界最長の約6mだが 200-CD062ならコードレス。

集塵容量

サンワ 200-CD062 : 0.48L

ツインバード EX2 HC-EB53GY : 0.7L

ツインバードの方が容量が多い。

ゴミ捨て

サンワ 200-CD062 : 3ステップ

ツインバード EX2 HC-EB53GY : ラクステ

サンワ 200-CD062の場合

ゴミ捨てかんたん3STEP!

ツインバード EX2 HC-EB53GYの場合

画像

こちらはワンタッチでゴミを捨てられるスタイルでラク。

ダストボックスは分解・丸洗いができる仕様になっている。フィルター部分の掃除に便利なお手入れブラシも付属。特に今はいつでも清潔な状態を保とう!

※わかりにくい隠れた盲点

サイクロン式は吸引力が変わらないというイメージがあると思うが、一般的に吸込性能を保つためにこまめなゴミ捨てとサイクロンボックス・各フィルターのお手入れ(水洗い)が必要。

※あまり知られていない裏技⇒

ツインバードEX2 HC-EB53GYの場合、アウターフィルターの中にはめ込むプリーツフィルターの上にティッシュペーパーをかぶせてから2つのフィルターをはめ込むと、お手入れを軽減させることが出来る。

ブロワー機能(エアダスター)あり

卓上に 床に 車内に

上の写真の右下を参照。

例えば写真のような窓際のすき間のゴミは風でブロワーでかき出して、そのゴミを後から吸い取るという方法もあり。

ブロワー機能は秋の木の葉を道の脇によせるのにも便利。

以下は両機種に共通

アタッチメント・付属品は 5種類

サンワ 200-CD062の場合

付属品

コードレスハンディクリーナー。すき間ノズル、床用ヘッド、四角型ブラシなど。

ツインバード EX2 HC-EB53GYの場合

画像

引用 HC-EB53GY の特徴

フローリングやカーペット、窓のサッシ、天井やエアコンの上などの掃除にも便利な付属品あり。



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに