新型【鬼】MC-VKS8200 と旧型【鬼】MC-VGS8100の『違い』

 パナソニックの掃除機 【鬼比較】2020年版

※カタログには書かれていない隠れた盲点、※わかりにくい隠れた盲点も必見

機能、容量の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

両機種ともにコードレス式スティック掃除機タイプ

パナソニック MC-VGS8100 型落ち品

(MC-VGS8100-Wホワイト)(MC-VGS8100-Hメタリックグレー)

VS

new! パナソニック MC-VKS8200

(MC-VKS8200-Wホワイト) (MC-VKS8200-Tエレガンスブラウン)

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

MC-VGS8100との比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

MCVKS8200との比較記事・一覧へ

 

充電式掃除機(エレガンスブラウン)「MC-VKS8200-T」

posted with カエレバ

※追記 これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ソフマップ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシン、オノデンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。



色の変化以外の重要な『違い』

新型になって進化した部分あり!

からまないブラシが新搭載された!

まず従来の機種の場合

「毛がからみやすい」従来品:MC-VGS8100

新型の場合

99%以上からみつかない実証済!,からまないブラシ

パナソニックのからまないブラシの仕組み↓

「からまないブラシ」の仕組み

中央に向かって先端が細くなる円すい形のダブルブラシ構造により混毛の密集ブラシでかき取った毛をほどきながら中央に集めて吸引させる従来にはなかった画期的なブラシが誕生!

このブラシは特許申請中との事。

ブラシに抗菌処理されている点も最近では特に重要となっている。

ノズル裏面のローラーは表面を特殊加工でなめらかに!

ローラーの新旧比較イメージ図

引用 MC-VKS8200の特徴

ここに汚れが一旦付着するとなかなか取れないのだが、なめらかにすることで、従来品よりも毛がからみにくくなった!

以下は両機種に共通する特徴ある部分

クリーンセンサー

クリーンセンサー

この機能の凄いところは単にサインで教えてくれるだけではなく、ゴミが多いところではランプが赤早点滅して吸引力が強まり、「自動」運転時にはクリーンセンサーがゴミの量を検知し、吸引力を自動制御することで節電にもなる効率の良さ。

コードレス式

どちらもスティックにもハンディクリーナーにもなる!「2in1タイプ」しかも腰が痛くならないスティックタイプで手軽にハンディ+充実の付属ノズルで細やかな掃除が可能。

ハンディ使用時

運転時間ロングモードの違い

◯ 約60分〜90分

コードレス掃除機もどんどん進化してここまできた!

本体質量(スティック時)2.6 kg,ノズルは中空ガラス配合の軽量プラスチックを採用で小回りラクラク。

軽いのにハイパワーな掃除機。大容量のリチウムイオン電池で安定したハイパワーを実現へ!

小型軽量パワーノズル

ゴミが残りやすい壁ぎわもキレイに!

壁際のゴミをかき出すイメージ図

この形の工夫によりブラシが壁ギリギリまで届くので「壁ぎわ」まで掃除がしっかりできるようになっている。

※カタログには書かれていない隠れた盲点

最近のノズルは進化しているので従来のようにゴシゴシ力を入れて掃除する必要がなくなった。逆に床や畳を傷つけてしまう原因にもなるので軽くゆっくり動かすべし!畳の目やフローリングの木目に沿って効率よく動かすのがポイント。

親子のノズル

アタッチメントがあっても使わなければ意味がない。くっついていれば便利!

「親子のノズル」のイメージ図

付け替えの手間なく使えるのがポイント。

ワンタッチでゴミすて

ワンタッチでゴミすてカンタン、手間なし!

ゴミすて時のイメージ図です

引用 MC-VKS8200の特徴

ゴミが付着しにくいので清潔!

充電台【スタンド式】

充電台(スタンド式)のイメージ図です

長いこと使うことを考えれば、あった方が便利。充電しながらすっきり収納できて使用中にサッと壁に立てかけることも。

付属品

ロングホース

車内のすき間も,ロングホース(MC-VKS8200のみ)使用時のイメージ図です

ペタすき間ノズル

テレビ台のチリやホコリ、本棚のお手入れなどに便利。例えば部屋に出したままでも使いたいときにすぐに使える利点あり。

狭い家具の下も,ペタすき間ノズルのイメージ図です

壁に立てかけても倒れにくい

「壁ピタゴム」で立てかけても倒れにくい

壁にサッと立てかけても倒れにくい接地面となっていて便利。

注意点としては床や壁の材質・状態によっては滑りやすく、立てかけられない場合があるとの事。ゴムで止まりそうな壁の材質であれば大丈夫。



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに