エコバックス【鬼】DEEBOT OZMO T8 AIVI と【鬼】DEEBOT OZMO T8+の『違い』

 エコバックスのロボット掃除機 【鬼比較】2020年版

この2機種は自動ゴミ収集機、以外の見た目には分かりにくい違いがあった!

※わかりにくい隠れた盲点も必見!

機能、容量の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

エコバックス  DEEBOT OZMO T8 AIVI

(モデル番号 CH1822 ディーボット オズモ T8 アイビー ・ブラックDBX11-11)

VS

エコバックス  DEEBOT OZMO T8+

(モデル番号 CH1918 ディーボット オズモ T8 プラス・ホワイト DLX11-54)

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

DEEBOT OZMO T8 AIVIとの比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

※追記 これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ソフマップ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシン、オノデンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。

DEEBOT OZMO T8+との比較記事一覧へ

posted with カエレバ



重要な『違い』

自動ゴミ収集機の有無

DEEBOT OZMO T8 AIVI : ☓ ナシ

DEEBOT OZMO T8+ : ◯ あり

selling_point_1592276331dustruet.jpg

一番わかりやすい違い。自動ゴミ収集スタンドが更に進化して吸い込み口が2箇所になっている。ロボット掃除機が充電台に戻ると、ロボット掃除機本体のダストボックス内のゴミを自動で効率よく自動ゴミ収集スタンド内の密封型紙パックに収集してくれる!

スマートフォンのアプリと連携もでき、紙パック内のゴミが満杯になると、アプリで知らせしてくれる機能も搭載。

ゴミの紙パックは燃えるゴミとしてそのまま捨てられる手軽さ。

障害物回避機能の違い

DEEBOT OZMO T8 AIVI : ◯  AIVI™物体認識センサー+赤外線センサー

DEEBOT OZMO T8+ :  △ 3D物体回避(True Detect™)センサー+赤外線センサー

DEEBOT OZMO T8 AIVIの場合

selling_point_1591346013T8-AIVI+Webpage+2.0+1.jpg

最先端技術であるAIVI(アイビー)クリーニングアシストが搭載されているのでこちらの方が高性能!

AIと組み合わせて、リアルタイムに表示される物体を超高速で識別しできるので走行中の障害物を賢く回避可能となっている。

selling_point_1591842283DEEBOT-OZMO-T8-AIVI_Recognise-Wire.jpg

selling_point_1591344194T8-AIVI+Webpage+2.0+5.jpg

selling_point_1591344224T8-AIVI+Webpage+2.0+6.jpg

脚を横断しようとすると椅子の脚を認識し、方向を変えて清掃。

selling_point_1592448560DEEBOT-OZMO-T8-AIVI_rug.jpg

引用 DEEBOT OZMO T8 AIVIの特徴

敷物の上に移動すると、ブラシの動作速度を調整し、敷物の押し込みや吸い込みによる清掃トラブルを防ぐなど。

ディーボット オズモ T8+の場合

物体を立体的に検出できるので、ロボット掃除機のブラシに電源コードやUSBケーブルなどのコード類やカーテンの裾などが絡んだり、狭いスペースで立ち往生したりする走行中のトラブルが従来機種のDEEBOT OZMO 930に比べ20%~40%軽減となっている。
2㎝以上の低い段差も検出して回避、マンションの玄関などからの落下も防ぐ。

OZMO Proストロング電動クリーニングモップの有無

DEEBOT OZMO T8 AIVI : ◯ あり

DEEBOT OZMO T8+ : ☓ ナシ(別売り)

selling_point_1591868894T8-AIVI-23.jpg

備え付けの水タンクをOZMO Pro(オズモ プロ)ストロング電動クリーニングモップに付け替えることができる。圧力をかけながら床にモップを密着させ毎分480回モップを前後に振動。
床にこびりついた飲み物の跡など、頑固な汚れもキレイに拭き取ってくれる。

床についた足裏の除菌除去率99.26%!新型コロナウイルス対策にも良いのではないだろうか?

AIVI™ビデオバトラー

DEEBOT OZMO T8 AIVI : ◯ あり

DEEBOT OZMO T8+ : ☓ ナシ

selling_point_1592449362T8-AIVI-26.jpg

使い方としてはアプリでリアルタイムにペットの様子を確認することが可能となる。アプリに表示されたマップ上で任意の場所をタッチすると、ロボット掃除機がカメラを起動し、指定した場所まで移動。つまりアプリを使って、留守番中のペットや子供の様子を確認することができ、写真を撮ったりボイスメッセージまで!

以下は両機種に共通する特徴ある部分

スマホ連動機能あり

稼動モード

オート清掃 ・エリア清掃 ・カスタム清掃

selling_point_1591866086T8-AIVI-17.jpg

まず初回清掃時にこれらのロボット掃除機は部屋の形状や家具の位置をスキャンしながら、アプリ上にリアルタイムで間取り図を描き出す。レーザーマッピングよりも解像度が非常に高く、小さな物の検出精度も大幅に向上している。

エリア清掃とは?

スマートフォンのアプリのマップ上に線を引いたりタッチ操作だけで、清掃してほしくない場所(侵入禁止)の設定や特定の部屋だけを清掃する設定などが簡単に可能。

selling_point_1592449651T8-AIVI-10.jpg

※見えない壁のイメージ

カスタム清掃とは?

同じくアプリのマップ上でダイニングテーブルの周辺など、特定のスポットだけを選んで(カスタム)重点的に清掃することが可能。

スマートスピーカー対応あり

selling_point_1591865871OZMO-T8++Webpage+2.0-16.jpg

引用 DEEBOT OZMO T8+の特徴

Google HomeやAlexaと連携可能!

乗り越え高さ 2cm(モップ非装着時)

動作音  55㏈
充電時間 約6.5時間

ダストボックス容量  420 mL
最長稼働時間 最大180分

衝突防止センサー あり
落下防止センサー あり
クッションバンパー あり

以下は付属品

充電台あり

交換用高性能フィルター(1個)あり

サイドブラシ(2セット:計4つ)※1セットは交換用

クリーニングモップ(1枚)

水タンク(1個)※ロボット掃除機本体に装着済み

モッププレート(1個)

カッター付きメンテナンスブラシ(1個)



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに