パナ!MC-PK20G と日立!CV-SV90Gの『違い』

 掃除機 【鬼比較】

機能、容量の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

パナソニック MC-PK20G

(MC-PK20G-Nシャンパンゴールド)

VS

日立 CV-SV90G

(CV-SV90G-Rレッド)

最新の値段、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

MC-PK20Gとの比較記事・一覧へ

CV-SV90Gとの比較記事一覧へ



重要な『違い』

掃除方式の違い

パナソニック MC-PK20G :  紙パック式

日立 CV-SV90G :   サイクロン式

それぞれ良い点と悪い点があるので上の表でしっかりチェック!

パナソニック MC-PK20Gの場合

一般的な紙パック。

日立 CV-SV90Gの場合は捕集率 99.9%で綺麗な排気!

しかも、ごみダッシュはボタンを押すだけなので捨てる時ラクラク!

※カタログには書かれていない隠れた盲点

紙パックの交換を教えてくれるサインに関して。綿のゴミやペットの毛が多い場合は紙パックにゴミがいっぱいになっても点滅しないことがあるので、ペットを飼っている家庭は注意する。その場合は直接、目視確認が必要となる可能性がある。心配なようであればサイクロン式の方が良いかもしれない。

重さの違い

パナソニック MC-PK20G :  2.7kg 軽い

日立 CV-SV90G :   3.5kg

日常的に使う家電は軽さも重要。

パワフル自走ノズル

パナソニック MC-PK20G : ○ あり

日立 CV-SV90G : × 従来のタイプ

高トルクモーター内蔵の「パワフル自走ノズル」を採用。軽い力でスイスイかけられます。V字型の構造だから、吸引力の強いブラシの中央にゴミが集まり、逃がさず吸い込むことができます。また、床との接触面が多い緑色のY字ブラシで、フローリングの細かいゴミもしっかりとります。

軽くて楽な掃除が一番!

気軽なノズル

パナソニック MC-PK20G : ○ 子ノズル

日立 CV-SV90G : × 特にナシ

パナソニック MC-PK20Gの場合

親ノズルのペダルをポンと踏むだけで子ノズル登場!

わざわざ掃除機を止めて先を違うノズルに差し替えなくてもいいので便利。

狭いすき間や高い所など、手の届きにくい場所を気軽に掃除可能。 大きいノズルと小さいノズルが重なっているスタイルから親子のノズルという名称。

省エネ性能

パナソニック MC-PK20G : アイドリングオフ機能

日立 CV-SV90G : ナシ

パナソニック MC-PK20Gの場合

ノズルが床面から離れると運転を停止して、電力のムダをカット。ノズルを床面につけると運転を再開します。

ヘッド面を床から離すと、スイッチをオンオフしなくてすむため節電にも良いし便利!

付属のノズル

パナソニック MC-PK20G :  2WAYノズル

日立 CV-SV90G :  すき間用吸口、 別売り部品接続用アタッチメント、 ダストケース用お手入れブラシ

ペタリンコ構造

パナソニック MC-PK20G : ナシ

日立 CV-SV90G : ○ あり

高さ8cm以上のすき間があれば、ヘッドが浮かずに家具の下の奥までお掃除できます。

生産地

パナソニック MC-PK20G : -

日立 CV-SV90G : ○ 日本製



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の値段、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに