『東芝』VC-CL500 とVC-WL100の『違い』

 東芝の掃除機 【鬼比較】

機能、容量の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

両機種ともにコードレス掃除機タイプ

東芝 VC-CL500

(VC-CL500-Nローズゴールド)

VS

東芝 VC-WL100

(VC-WL100-Rサテンレッド)

最新の値段、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

VC-CL500との比較記事・一覧へ

(N)ローズゴールド

posted with カエレバ

VC-WL100との比較記事一覧へ

(R)サテンレッド

posted with カエレバ



重要な『違い』

本体の重さ

東芝 VC-CL500 : ○ 1.4kg 軽い

東芝 VC-WL100 : × 2.7kg

吸引力が高いモーター

東芝 VC-CL500 : ○ ハイスピードDCモーターHD25

東芝 VC-WL100 : △従来のタイプ

東芝 VC-CL500の場合

3つの気流がチリや花粉などの微細な粒子まで分離。排気フィルターの目詰まりを抑え、パワフルな吸引力が持続。

ワイドな吸い込み幅のヘッドで細かいゴミまで除去。

まさに現代のサイクロン掃除機!

連続運転時間(満充電時)

東芝 VC-CL500 : 標準:約20分~25分、強:約8分、おまかせ:約8~20分

東芝 VC-WL100 : 標準:約32分 、強:約15分

ヘッドの違い

東芝 VC-CL500 : ○ 【自走式】ラクトルパワーヘッド

東芝 VC-WL100 : × ただのパワーヘッド

しかも東芝 VC-CL500は抗菌ブラシとなっており清潔!

ハンディスタイルの違い

東芝 VC-WL100の場合

机やソファの上、車の中のお掃除に便利 - ハンディスタイル スティック本体からワンタッチで取り外してお掃除が可能。しかも、手首への負担を抑えた持ちやすいバランス設計で手軽にサッとお掃除できます。/ 握りやすいグリップでラクに方向転換 - らくわざフリーグリップ ラウンド形状のハンドルなので、ラクな位置で握ることができます。また、手首をひねるだけでヘッドが左右に約90°旋回。グリップの動きとヘッドの向きが連動するため、腕の負担を軽減します。/ アタッチメント - すき間ノズル・ハンディ縦横ブラシ / 場所を取らず立てたまま充電できる充電台

引用 東芝 VC-WL100の特徴

東芝 VC-CL500の場合

丸ブラシ

このスタイル。

充電台

東芝 VC-CL500 : × ナシ

東芝 VC-WL100 : ○ あり

東芝 VC-CL500の場合は充電台がない代わりに壁掛けホルダーあり!

東芝 VC-WL100の場合、充電台にセットしたまま充電可能。

アタッチメント

東芝 VC-CL500 : ○ すき間ノズル、エアブローノズル、丸ブラシ、お手入れブラシ

東芝 VC-WL100 : すき間ノズル、ハンディ縦横ブラシ

東芝 VC-CL500の方が便利なアタッチメントが多い。

ゴミ残しまセンサー

東芝 VC-CL500 : ○ あり

東芝 VC-WL100 : × ナシ

ゴミがある時はランプが点灯 キレイになったらランプが消灯

引用 東芝 VC-CL500の特徴

これがあるだけで掃除した感が全然違うのだ!今まで取っていなかったゴミも取れるのが確認できるようになった。

節電ストップ機能

東芝 VC-CL500 : ○ あり

東芝 VC-WL100 : × ナシ

東芝 VC-CL500の場合

長く使うほど節電になる便利な機能。

以下は両機種に共通する特徴ある部分

らくわざフリーグリップ



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の値段、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに