○『東芝』VC-C7 とVC-PH9の『違い』

 東芝の掃除機 【鬼比較】

機能、容量の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

東芝 VC-C7

(VC-C7-Rグランレッド)

VS

東芝 VC-PH9

(VC-PH9-Rグランレッド)

最新の値段、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

VC-C7との比較記事・一覧へ

posted with カエレバ

VC-PH9との比較記事一覧へ

posted with カエレバ



重要な『違い』

重さの違い

東芝 VC-C7 : 2.2kg

東芝 VC-PH9 : 2.3kg

掃除方式の違い

東芝 VC-C7 : サイクロン式

東芝 VC-PH9 : 紙パック式

 

サイクロン式の利点は吸引力の持続である。その代わり紙パック式よりも多くごみ捨てや定期的なダストカップの水洗いなどが必要になる場合もある。

使いやすさの違い

東芝 VC-C7 :  新らくわざグリップ

東芝 VC-PH9 :  らくわざフリーグリップ

東芝 VC-C7の場合

東芝 VC-PH9の場合

以下は両機種に共通する特徴ある部分

ヘッドのタイプ

自走式 カーボンヘッド

引用 東芝 VC-C7の特徴

自走式の方が軽くて操作が楽!

2WAYブラシ ○ あり

引用 東芝 VC-PH9の特徴

掃除機を使うならば最低限ほしい機能。

省エネ機能 ○ あり

長年の使用が電気代の差となる。

※カタログには書かれていない隠れた盲点

ecoモードがあるのだがカタログにも公式ホームページにも詳しくは書かれていない。今回の2機種の場合、どのような機能になっているかというとゴミのたまり具合に適した吸引力にしたい場合や移動時などの無駄な消費電力を抑えて掃除したい場合などに使用となっている。

消費電力量は約45%削減へ



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の値段、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに