◯『パナソニック』MC-PA120G と『シャープ』EC-VP510の『違い』

 掃除機 【鬼比較】

機能、容量の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

両機種ともに紙パック式掃除機タイプで同程度の価格帯を選択

パナソニック MC-PA120G

(MC-PA120G-Nシャンパンゴールド)

VS

シャープ EC-VP510

(EC-VP510-Pピンク)

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

MC-PA120Gとの比較記事・一覧へ

new! MC-PA120G の新モデル後継機種も登場!→ MC-PJ200G との違いへ

※追記 これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ソフマップ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシン、オノデンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。

EC-VP510との比較記事一覧へ



重要な『違い』

重さの違い

パナソニック MC-PA120G :  2.8kg

シャープ EC-VP510 :  ◯ 2.2kg 軽い

日常的に使う家電は軽さも重要。

クリーンセンサー

パナソニック MC-PA120G : ◯ あり

シャープ EC-VP510 : × ナシ

最近人気の機能の一つ。

ハウスダストを見つけたら赤くライトが光り
きれいになれば青く光るひと目でわかる利点は予想以上に大きい。

しっかりお掃除したつもりでも、フローリングの溝、畳の目の間、カーペットの奥に潜むダニの死がいやフンなど、目では見ることができない約20 μmのハウスダストまで検知可能!

目に見えてキレイになったかどうかがわかるので楽しい!

いままではこんなにホコリを取り残していたのだ。。。

※カタログには書かれていない隠れた盲点

便利なクリーンセンサーではあるが、人によってはクリーンセンサーの点滅が気になり目障りになる場合があるかもしれない。その場合はセンサーの感度調整が可能!ふつう、念入り、てがるの3つから選べて調整できるのでその面でも安心。

気軽なノズル

パナソニック MC-PA120G : ◯ 子ノズル

シャープ EC-VP510 : ◯ スグトルブラシ

パナソニック MC-PA120Gの場合

親ノズルのペダルをポンと踏むだけで子ノズル登場!

わざわざ掃除機を止めて先を違うノズルに差し替えなくてもいいので便利。

狭いすき間や高い所など、手の届きにくい場所を気軽に掃除可能。 大きいノズルと小さいノズルが重なっているスタイルから親子のノズルという名称。

シャープ EC-VP510の場合

立ったまま、吸込口をカンタンに着脱でき、サッとホコリを取ることが出来る便利なブラシ。

外した吸込口のパイプは自動で起き上がるので、お掃除が終わったら立ったまま、簡単に吸込口に装着でき、床掃除がすぐに再開できます。

これが便利。従来はこの動作をやるのにしゃがんだり立ち上がったり疲れる作業であった。

ふき掃除性能

パナソニック MC-PA120G : ◯ フローリングの菌までふき掃除

シャープ EC-VP510 : △ から拭きパワーブラシ

パナソニック MC-PA120Gの場合

ノズルから出るマイナスイオンの力で、静電気ではりついた微細なゴミやフローリングの菌まで引きはがすことができる。

せっかくなら菌まで効果がなければ意味がない。

フローリングの部屋がある場合はかなりおすすめ!

省エネ性能

パナソニック MC-PA120G : アイドリングオフ機能

シャープ EC-VP510 : スタンバイ機能・マジックバランス(自立)に関連

パナソニック MC-PA120Gの場合

ノズルが床面から離れると運転を停止して、電力のムダをカット。ノズルを床面につけると運転を再開します。

ヘッド面を床から離すと、スイッチをオンオフしなくてすむため節電にも良いし便利!

シャープ EC-VP510の場合

パイプを立てると自立。さらに、自立すると自動で一時停止し、パイプを寝かすと運転を再開するスタンバイ機能を搭載。

掃除機の電気代もばかにならない。ふと操作を止めたくなる瞬間は意外に訪れるもの。

掃除機をしながら部屋の移動が多い場合はアイドリングオフ機能が有利、掃除自体を一時停止する場面が多い場合はスタンバイ機能の方が良い。

付属のノズル

パナソニック MC-PA120G :  すき間用ノズル、ワンタッチ手元ブラシ

シャープ EC-VP510 : すき間ノズル、スグ換え玄関ブラシ、スグ換え玄関ブラシケース、便利ブラシ、ホースフック、スグトルブラシは上記の気軽なノズル参照

シャープ EC-VP510の場合

すき間ノズルはブラシがついていなくて細長いタイプ。持ち手部分付近に差し込んで収納可能。

スグ換え玄関ブラシとは?

意外に玄関を掃除していない家庭が多いのではないだろうか?これを期に清潔な玄関へ!

便利ブラシは手元ハンドルに装着、ホースフックはホースを束ねる輪っか形状のプラスチック。

LEDナビライト

パナソニック MC-PA120G : ◯ 子ノズルだけあり

シャープ EC-VP510 : × ナシ

ペダルをポンっと踏むだけで便利な子ノズルに。LEDナビライト搭載だから、奥にたまったほこりも見えやすく、狭いすき間のゴミもしっかりお掃除できます。

LEDナビライトがゴミの影を作り出しやすい低い角度で取り付けられているため、ゴミが見えやすくなるという工夫もあり。

今までになかった便利さ!

床面検知

パナソニック MC-PA120G : × ナシ

シャープ EC-VP510 : ◯ あり

フローリングやカーペットなどの床面を判別して運転を自動制御してくれる便利な機能。

これにより消費電力も減る利点があるので電気代が少し安くなる。

※カタログには書かれていない隠れた盲点

たたみの場合など、ブラシの回転が気になる場合は『切』で運転した方が良いようだ。この辺はまだ曖昧な表現にとどまっているため使ってみて個人で畳の状況も判断する必要がある。

生産地

パナソニック MC-PA120G : ◯ 日本製

シャープ EC-VP510 : ー



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに