パナソニック、MC-RS810 とMC-RS310の『違い』

 パナソニックのロボット掃除機 【鬼比較】

機能、容量の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

パナソニック MC-RS810

(MC-RS810-Wホワイト)

VS

パナソニック MC-RS310

(MC-RS310-Wホワイト)(MC-RS310-Hメタリックブラック)

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

MC-RS810との比較記事・一覧へ

※追記 これらと全く同じ機種(または型番の違う同等品)はジャパネットたかた、ヨドバシカメラ、ビックカメラ(楽天ビック)、ヤマダ電機、エディオン、コジマ、ソフマップ、ケーズデンキ、ノジマ、ジョーシン、オノデンなどのネットショップでも現在は安く、お得に販売されている。

MC-RS310との比較記事一覧へ



重要な『違い』

走行制御の違い

パナソニック MC-RS810 : ◯ ラウンド&ルート走行

パナソニック MC-RS310 : △ ラウンド&簡易ルート&ランダム走行

パナソニック MC-RS810の場合

カメラセンサーで自己位置を認識し間取りを学習。ラウンド&ルート走行で効率よく掃除

このカメラセンサーにより効率よく掃除ができるようになり、従来の機種に比べ約50%掃除時間を短縮出来るようになった!

パナソニック MC-RS310の場合

ラウンド走行で、ゴミの多いスミ・壁ぎわを重点的に掃除。そのあとは簡易ルート走行とランダム走行を数分ずつ交互に繰り返すことで効率的な掃除を実現。

この場合はルートよりも障害物検知センサーの違いの方が重要かもしれない。

可動面積

パナソニック MC-RS810 : ◯ 約120畳

パナソニック MC-RS310 : △ 約30畳

スマートフォン連携

パナソニック MC-RS810 : ◯ 可能

パナソニック MC-RS310 : × できない

アプリ「RULOナビ」をダウンロードすることで、スマートフォンによる操作が可能です。外出先からの操作や、多彩なお掃除モードが使用できるので、効率的にお掃除ができます。

たとえばこのような事が可能となる↓

掃除の後は「ゴミマップ」でゴミのたまりやすい場所をスマホで確認することもできる!

掃除したいエリアと掃除したくないエリアの指定も可能となる。

「RULOナビ」でできることを更に知りたい方は公式サイトRUROナビへ

運転モードの違い

パナソニック MC-RS810 : ◯ 自動・エリア指定・徹底掃除・お手軽・スポット

パナソニック MC-RS310 : △ 自動・念入り・スポット・エリアメモリー

付属品の違い

パナソニック MC-RS810の場合

充電台(1個)
お手入れブラシ(1本)

パナソニック MC-RS310の場合

充電台(1個)
リモコン(1個)
乾電池(単4形2本)
お手入れブラシ(1本)

きめ細やかなお掃除を計画!お掃除サポートリモコン

掃除したい場所を3か所登録できる「エリアメモリー機能」と1週間分の掃除スケジュールを設定できる「スケジュール予約」で、あらかじめ登録した場所へ走行したり、指定したエリアから掃除を始めたりできます。
また、掃除の状況やエラーの発生を音声でお知らせする「お掃除結果レポート」機能で、きめ細かくサポートします。

動画の撮影商品はMC-RS200(2016年発売モデル)を使用とのこと。

動画をみればリモコンありの便利さは一目瞭然だが

現代はスマートフォンがあるので、いつも使い慣れたスマホで操作の方が楽である。

以下は両機種に共通する特徴ある部分

クリーンセンサーあり

目に見えない約20 μmのハウスダストまで検知する「クリーンセンサー」。ゴミが多いところでは自動でパワーアップするなど、ゴミの量に応じて動作を制御。キレイになるまで同じ場所を往復し、しっかり掃除します。

目に見えて汚れがわかるので便利な機能。

※カタログには書かれていない隠れた盲点

実は2機種ともに音声の大きさやクリーンセンサーの感度を変更することも可能! 1のてがる、から3のしっかりまで3段階で選べる。長く使っていると部屋や、その時の状況によって変えたい場合がでてくるので意外に重要。

独自の三角形状(ルーロー形状)で、部屋のスミや壁ぎわのゴミまでよく取れる

「ルーローの三角形状」によって、部屋のスミまでブラシが入り込み、本体を左右に振りながら動くので、しっかりとゴミをかき出すことができます。
また、壁ぎわを検知して走行するので、ゴミがたまりやすい壁ぎわを徹底的に掃除します。

この特徴的な形にも意味があるのだ。これがルーロ

障害物検知センサー

◯ 3種類

約110度範囲内にある障害物まで検知可能。

今まで検知できなかった幅約2 cmの物まで認識し、ギリギリまで近づいてしっかり掃除できる。

3種類の障害物検知センサーを搭載。家具のキワまでしっかり掃除

隠れたポイント

床面検知センサーが床面を見分けて、パワーやブラシの回転を自動制御。落下を防止し、約20 ㎜の段差を乗り越えることが可能になる。

連続使用時間

 ◯ 約100分

ダストボックス容量

 ◯ 0.25 L

電池寿命

◯ 繰り返し充放電 約1500回

電池は交換可能なので安心。



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに