○パナソニック、MC-SBU630J とMC-SBU830Jの『違い』

 パナソニックの掃除機 【鬼比較】

機能、容量の違いだけではなく、値段の差もしっかりチェック。それによって、お得度が変わってくる。

両機種ともにコードレス式スティック掃除機タイプ

パナソニック MC-SBU630J

(MC-SBU630J-Rレッド)

VS

パナソニック MC-SBU830J 最高峰

(MC-SBU830J-Wホワイト)(MC-SBU830J-Hメタリックグレー)

最新の値段、口コミ・評判のチェックは各・公式サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

MC-SBU630Jとの比較記事・一覧へ

MC-SBU830Jとの比較記事一覧へ



重要な『違い』

充電台【スタンド式】

パナソニック MC-SBU630J : × ナシ

パナソニック MC-SBU830J : ○ 付属あり

 

長いこと使うことを考えれば、あった方が便利。

ロングホース

パナソニック MC-SBU630J : × ナシ

パナソニック MC-SBU830J : ○ 付属あり

以下は両機種に共通する特徴ある部分

手軽にハンディ+充実の付属ノズルで細やかな掃除が可能

運転時間ロングモードの違い

○ 約60分〜90分

コードレス掃除機もどんどん進化してここまできた!

 

軽いのにハイパワーな掃除機。
大容量のリチウムイオン電池で安定したハイパワーを実現へ!

軽量にこだわった造り

まずデザインが結構違うのだが、これにも理由があるのだ。

 

軽量素材により軽量化を実現!

新採用の握りやすい形状のグリップで、従来の機種よりも軽く使いやすくなっている。

方向転換の際や、階段掃除などの持ち上げ時の負担が約20%軽減

腰が痛くならないスティックタイプの掃除機。

ノズルタイプ

 ○ ガバとり小型軽量パワーノズル

「ガバとり」構造で、ゴミが残りやすい壁ぎわもキレイに!

 

この工夫によりブラシが壁ギリギリまで届くので「壁ぎわ」まで掃除がしっかりできるようになった!

※カタログには書かれていない隠れた盲点

最近のノズルは進化しているので従来のようにゴシゴシ力を入れて掃除する必要がなくなった。逆に床や畳を傷つけてしまう原因にもなるので軽くゆっくり動かすべし!畳の目やフローリングの木目に沿って効率よくがポイント。

親子のノズル

○ あり

 

アタッチメントがあっても使わなければ意味がない。くっついていれば便利!

付け替えの手間なく使えるのがポイント。

ワンタッチでゴミすて

○ あり

 

ワンタッチでゴミすてカンタン、手間なし!

生産地

○ 日本製

ステンレスガード

○ あり

 

ゴミが付着しにくいので清潔!

  • コードレス式
  • どちらもスティックにもハンディクリーナーにもなる!「2in1タイプ」

充電時間

約3時間

付属品

ふとん清掃ノズル

 ○ あり

かき出しブラシと抗菌W回転ローラーで、繊維にからんだダニや花粉までたたいてかき出します。

ペタすき間ノズル

 ○ あり

テレビ台のチリやホコリ、本棚のお手入れに

部屋に出したままで、使いたいときにすぐに使える。

注意点としては床や壁の材質・状態によっては滑りやすく、立てかけられない場合があるとの事。ゴムで止まりそうな壁の材質であれば大丈夫。



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の値段、口コミ・評判のチェックは各専門サイトへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに