「【TV 4K】液晶 レグザ」カテゴリーアーカイブ

新旧比較【鬼】43M550L の違い3機種・口コミ・レビュー!

43M550Lの比較記事と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

東芝の43V型 4K液晶レグザ  【鬼比較】

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

目次をクリックをクリックで比較記事へ

43M550Lと型落ち 55M550Kの『違い』

43M550Lと上位機種 43Z570Lの『違い』

43M550Lの特徴(価格は一番下へ)

(M550Lシリーズ)

視聴環境に合わせて、
さまざまなコンテンツを高画質に
迫力の大画面で楽しめる4K液晶レグザ

 

4K液晶レグザのエントリーモデル

チューナー

地上デジタル×3、BS/110度CSデジタル×3、BS/CS 4K放送×2。地デジ/BS/CSの2番組同時、4K放送を視聴しながら別の4K放送の裏番組を別売りの外付けUSB HDDで録画できる機種。(4Kダブルチューナーウラ録・BSも地デジも3チューナーW録)

new! 高画質と快適な操作性を両立する新世代レグザエンジンZR IIを新搭載へ!

美肌フェイストーンZR II

美肌フェイストーンZR II - 新旧比較【鬼】43M550L の違い3機種・口コミ・レビュー!

撮影環境の影響を受けて不自然に感じる人肌を補正し、立体感や質感を向上させ、自然で美しい肌・表情を再現する。

おまかせAIピクチャーZR II

室内の明るさと照明や外光の色温度の違いを検出し、視聴環境にあわせて適切な画質に自動調整。周囲の色温度にも合わせて画質調整され便利。

夜間に浴びると睡眠に影響があると言われるブルーライト抑制もできるので、健康的で快適なテレビライフを送れる。

地デジAIビューティZR II

テロップまわりのノイズや動きのある映像で発生しがちな動きボケを抑制。

クリアな映像に変換しクラウド上にある番組やジャンルごとの映像調整パラメータを利用しながら高画質処理。

ネット動画ビューティZR II

ネット動画の特性に合わせて高画質処理する機能。

コントラスト・精細感をアップさせ、低フレームレートコンテンツもなめらかに再生できる。

レグザナビ

人気の番組をランキング形式で表示する

レグザパワーオーディオシステム

低音から高音まで、バランスの良い迫力のあるサウンドを再現。

音声調整メニューから、サウンドのカスタマイズも出来る。

高遮断クロスオーバーフィルター

スピーカーユニットに発生する周波数帯の谷間を、高遮断クロスオーバーフィルターが補正。音域のつながりを向上させるので、より自然で高品位なサウンドが楽しめる。

スピーカー構成

フルレンジ×2

オートゲームアジャスト機能

ゲーム機の出力映像に合わせて、臨場感あふれる美しい映像を再現できる。

new! 新しく追加された機能の詳細は下記、新旧比較 55M550Kと43M550Lの違い を参照


43M550Lの価格

写真は各公式へ

posted with カエレバ

トップへ戻る(特徴紹介へ)



新旧比較

55M550Kと43M550Lの違い(画面サイズ以外)

 

55M550K 旧型番

VS

new! 43M550L 新モデル

43M550Lの型落ち・旧モデルが55M550Kである。

43型43M550Kが存在しないので55M550Kで比較。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

 

新モデルに進化あり!

 

搭載エンジン(プロセッサ)

55M550K : △ レグザエンジンZR1

43M550L : ◯ new! レグザエンジンZR2

新モデルは新開発の高画質映像処理エンジンへ進化!

4K放送などやネット動画も高精細に楽しめ、さらなる高速レスポンス、進化したノイズリダクション、快適な操作性で快適になった。

美肌高画質・地デジ高画質・ネット動画高画質・自動映像調整機能すべてにおいてレベルアップ!

リモコンのダイレクトボタン

55M550K : △ YouTube、ABEMA、Hulu、U-NEXT、 Prime Video

43M550L : ◯ new! YouTube、ABEMA、Netflix、Hulu、U-NEXT、 Prime Video、Disney+、TVer、dTV

comfortable-1-2

新レグザリモコンは動画配信サービスへのダイレクトボタンがさらに追加され便利になった!

My.Choiceボタンはどちらも搭載で、ここにはないお気に入りの動画配信等のアプリケーションのショートカットを登録することが可能

スマートアクセスの違い

55M550K : △ ざんまいスマートアクセス

43M550L : ◯ new! 新 ざんまいスマートアクセス

予約録画やおまかせ録画した膨大な番組から、お気に入りのタレントの出演番組や、好きなジャンルの番組を自動で分類。

43M550Lの場合は、あなたがよく見る番組をAIが学習しておすすめしてくれる。自分では気づかなかった番組にも出会えるようになった!

録画した番組は、サムネイルで表示されるので、ネット動画のように好きな番組を見つけられ、さらに使いやすさが断然アップ!

16万以上のタレントやジャンルが用意されているので、必ず好みのものに出会えるはず。

OS

55M550K : △ Android TV

43M550L : ◯ レグザ専用Linux OS

映像メニューや各種設定などの従来のレグザメニューが新しいプロセッサに移植されて、さらに使いやすくなり進化している。


つまり43M550Lと55M550Kの違いは、搭載エンジン(プロセッサ)・リモコンのダイレクトボタン・ざんまいスマートアクセス・OSの違いである。さらに映像が美しく操作性もアップした43M550Lがおすすめ!

型落ち品は安い代わりに製造から年数が経っていることもお忘れなく!


型落ち 55M550Kの比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

43M550Lの価格は 東芝 43M550L

 

レビュー比較

(型落ち55M550K含む)

画像もサウンドも今まで使っていたテレビとは雲泥の差で、とても素晴らしく、何よりAndroidを用いた機能にビックリ! 今どきのテレビってこんなふうになっているんだ…、とまさに浦島太郎状態でした。 使用頻度の高い寝室のテレビも買い替えたくなってしまいました。

使用頻度の低いリビングのテレビが古くなってきたので、思い切って買い替えることに。 悩みに悩んで、Panasonicの50Vサイズの4Kエントリーモデルを買うことに決め、何処のショップさんで買うか迷っていたところ、たまたまこちらの商品を見かけ、即決購入してしまいました。

注文をしてしまってから、REGZAは東芝ではなくなってしまったことを知り、商品が届くまでの間は正直、失敗したかな…、と少し不安になっていましたが、設置を終えて電源を投入してびっくり!

引用 ヤフーショッピング

家電量販店と比べて価格面でお得だったので購入しました。
10畳程度の部屋ですが、壁面近くに取り付けたので画面の大きさも丁度良いです。

十分な機能と画質。
ポイントも含めて、コスパ最高です。
長持ちしてくれることを祈ります。

引用 楽天市場

画質自体は驚くほど綺麗というわけではないが、十分綺麗であり視野角もそこそこ広い。スポーツ観戦などに支障はない。
ネットを繋げることで使用範囲が広がる。検索などにも問題ない。
わたしのようなテレビ初心者にとっては満足できるテレビである。

もうちょっと取扱説明書を詳しく
出来ないなら
せっかくAndroidTVなのでデジタル説明書でも有ればいいかな
後Netflixが無いのは残念

引用 ノジマ

こちらも参考に 東芝の液晶テレビ・一覧へ

トップへ戻る(特徴紹介へ)




43Z570Lと比較

 

倍速仕様

43Z570L : ◯ new! 新開発 直下型倍速パネル

43M550L : ✕ ナシ

驚きと感動に満ちたリアルな映像美が楽しめる高コントラストパネルと、新開発の直下型バックライトを採用へ!

120Hzの倍速駆動の搭載により、早い動きの映像もスムーズに再現し、スポーツなどの動きが速いシーンもなめらか。

ネット動画も美しく再現できる。

4K120p入力

43Z570L : ◯ あり

43M550L : ✕ ナシ

4Kのハイフレームレート映像が楽しめる。

VRR対応

43Z570L : ◯ あり

43M550L : ✕ ナシ

映像のちらつきやカクツキを軽減する。

出力・スピーカー

43Z570L : ◯ 40W・フルレンジ×2、ウーファー×1

43M550L : △ 20W・フルレンジ×2

音質・重低音も43Z570Lの勝ち。

Dolby Atmos対応

43Z570L : ◯ あり

43M550L : ✕ ナシ

sound bazooka - 新旧比較【鬼】43M550L の違い3機種・口コミ・レビュー!

前後左右に加え、高さ方向の音表現も可能にする立体音響技術ドルビーアトモス対応の場合は、映画館のように立体的で迫力のあるサウンドを楽しむことができる。


43Z570Lの比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

43M550Lの価格は 東芝 43M550L

トップへ戻る(特徴紹介へ)

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに




新旧比較【鬼】50M550L の違い3機種・口コミ・レビュー!

50M550Lの比較記事と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

東芝の50V型 4K液晶レグザ  【鬼比較】

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

続きを読む 新旧比較【鬼】50M550L の違い3機種・口コミ・レビュー!

新旧比較【鬼】55M550L の違い3機種・口コミ・レビュー!

55M550Lの比較記事と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

東芝の55V型 4K液晶レグザ  【鬼比較】

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

続きを読む 新旧比較【鬼】55M550L の違い3機種・口コミ・レビュー!

新旧比較【鬼】M550Lの違い3シリーズまとめ・口コミ・レビュー

M550Lの比較記事と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

東芝 4K液晶レグザ  【鬼比較】

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

目次をクリックをクリックで比較記事へ(特徴以外)

続きを読む 新旧比較【鬼】M550Lの違い3シリーズまとめ・口コミ・レビュー

新旧比較【鬼】Z570Lの違い3シリーズまとめ・口コミ・レビュー

Z570Lの比較記事と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

東芝の4K液晶レグザ  【鬼比較】

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

目次をクリックをクリックで比較記事へ(特徴以外)

続きを読む 新旧比較【鬼】Z570Lの違い3シリーズまとめ・口コミ・レビュー

新旧比較【鬼】Z670Lの違い3シリーズまとめ・口コミ・レビュー

Z670Lの比較記事と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

東芝の4K液晶レグザ  【鬼比較】

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

目次をクリックをクリックで比較記事へ(特徴以外)

続きを読む 新旧比較【鬼】Z670Lの違い3シリーズまとめ・口コミ・レビュー

新旧比較【鬼】Z770Lの違い3シリーズ・口コミ・レビューまとめ

Z770Lの比較記事と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

東芝の4K液晶レグザ  【鬼比較】

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

目次をクリックをクリックで比較記事へ(特徴以外)

続きを読む 新旧比較【鬼】Z770Lの違い3シリーズ・口コミ・レビューまとめ

新旧比較【鬼】75Z770L 違い3機種・口コミ・レビュー!

75Z770Lの比較記事と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

東芝の75V型 4K液晶レグザ  【鬼比較】

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

目次をクリックをクリックで比較記事へ

新旧比較 75Z770Lと65Z740XSの『違い』

上下比較 75Z770Lと50Z670Lの『違い』

75Z770Lの特徴(価格は一番下へ)

(Z770Lシリーズ)

液晶テレビは、色で決まる
豊かな色彩を極めた映像を、
大画面で楽しむ

 

チューナー

地上デジタル×9、BS/110度CSデジタル×3、BS/CS 4K放送×2。地デジ/BS/CSの2番組同時、4K放送を視聴しながら別の4K放送の裏番組を別売りの外付けUSB HDDで録画できる機種。(4Kダブルチューナーウラ録・BSも地デジも3チューナーW録)

new! 高画質と快適な操作性を両立する新世代レグザエンジンZR IIを新搭載へ!

美肌フェイストーンZR II

美肌フェイストーンZR II - 新旧比較【鬼】75Z770L 違い3機種・口コミ・レビュー!

撮影環境の影響を受けて不自然に感じる人肌を補正し、立体感や質感を向上させ、自然で美しい肌・表情を再現する。

new! 量子ドット倍速パネル

早い動きの映像もスムーズに再現し、スポーツなどの動きが速いシーンもなめらか。

詳細は下記の新旧比較へ。

おまかせAIピクチャーZR II

室内の明るさと照明や外光の色温度の違いを検出し、視聴環境にあわせて適切な画質に自動調整。周囲の色温度にも合わせて画質調整され便利。

夜間に浴びると睡眠に影響があると言われるブルーライト抑制もできるので、健康的で快適なテレビライフを送れる。

地デジAIビューティZR II

テロップまわりのノイズや動きのある映像で発生しがちな動きボケを抑制。

クリアな映像に変換しクラウド上にある番組やジャンルごとの映像調整パラメータを利用しながら高画質処理。

ネット動画ビューティZR II

ネット動画の特性に合わせて高画質処理する機能。

コントラスト・精細感をアップさせ、低フレームレートコンテンツもなめらかに再生できる。

タイムシフトマシン

地デジ番組を最大6チャンネルまるごと録画可能。

過去番組表から、見逃した番組や録画し忘れた番組が自由に選べる。
膨大な過去番組から、それぞれの人に合った番組を厳選しておすすめするスマート機能も便利。

見たかった番組はもちろん、知らなかった話題にも出会え、テレビ視聴がいっそう楽しくなる!

レグザナビ

人気の番組をランキング形式で表示する

重低音立体音響システムZ

sound bazooka - 新旧比較【鬼】75Z770L 違い3機種・口コミ・レビュー!

実用最大出力合計値60Wのマルチアンプを採用し、新開発バスレフボックススピーカー、重低音バズーカなどのスピーカーを駆動。

音域のつながりを向上させる高遮断クロスオーバーフィルターも搭載で、パワフルで臨場感あふれるサウンドを再現!

立体音響技術ドルビーアトモスにも対応。映画館のように立体的で迫力のあるサウンドを楽しむことができる。

オーディオキャリブレーション

テレビから発するテストトーンを、リモコンのマイクで測定。

リビングやベットルームなどの各部屋に最適なオーディオ設定に自動調整してくれるので、適切な設定で臨場感あるサウンドを楽しめる。

スピーカー構成

フルレンジ×4、ツイーター×2、トップツイーター×4、ウーファー×1

オートゲームアジャスト機能

ゲーム機の出力映像に合わせて、臨場感あふれる美しい映像を再現。ゲーム専用の高画質モードも搭載。

new! その他の新しく追加された機能の詳細は下記、新旧比較 65Z740XSと75Z770Lの違い を参照


75Z770Lの価格

写真は各公式へ

posted with カエレバ

トップへ戻る(特徴紹介へ)



新旧比較

 

(画面サイズ以外)

65Z740XS 旧型番

VS

new! 75Z770L 新モデル

75Z770Lの型落ち・旧モデルが65Z740XSである。

※ 75V型の75Z740XSは存在しないので、65Z740XSで比較。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

 

新モデルに進化あり!

 

搭載エンジン(プロセッサ)

65Z740XS : △ レグザエンジン Cloud PRO

75Z770L : ◯ new! レグザエンジンZR2

新モデルは新開発の高画質映像処理エンジンへ進化!

4K放送などやネット動画も高精細に楽しめ、さらなる高速レスポンス、進化したノイズリダクション、快適な操作性で快適になった。

美肌高画質・地デジ高画質・ネット動画高画質・自動映像調整機能すべてにおいてレベルアップ!

量子ドット倍速パネル

65Z740XS : △ 倍速 全面直下LEDバックライト 4K液晶パネル

75Z770L : ◯ new! 新新開発 スリム直下型高輝度
広色域量子ドット

新モデルは、かつてない広い色域で鮮やかな高画質を実現した新パネルを採用へ!

つまりリアルで鮮やかな映像美を楽しめる高コントラストパネルへと進化した!

バックライトに通常サイズの青色LEDを使用したことにより、画質の向上とコスト削減を両立させたという。

量子ドットのメリットは多いが、コストが高かったので今までは上位機種で採用されていた。

技術的にも安定し、量産体制も確立されたのでミドルクラスのZ770Lでも搭載となった。

リモコンのダイレクトボタン

65Z740XS : △ YouTube、ABEMA、Hulu、U-NEXT、 Prime Video

75Z770L : ◯ new! YouTube、ABEMA、Netflix、Hulu、U-NEXT、 Prime Video、Disney+、TVer、dTV

comfortable-1-2

新レグザリモコンは動画配信サービスへのダイレクトボタンがさらに追加され便利になった!

My.Choiceボタンはどちらも搭載で、ここにはないお気に入りの動画配信等のアプリケーションのショートカットを登録することが可能

OS

65Z740XS : △ Android/Google TV

75Z770L : ◯ レグザ専用Linux OS

映像メニューや各種設定などの従来のレグザメニューが新しいプロセッサに移植されて、さらに使いやすくなり進化している。


つまり75Z770Lと65Z740XSの違いは、画面サイズ、搭載エンジン(プロセッサ)・リモコンのダイレクトボタン・OSの違いと量子ドットの有無である。さらに映像が鮮やかに美しくなって操作性もアップした75Z770Lがおすすめ!

型落ち品は安い代わりに製造から年数が経っていることもお忘れなく。


型落ち 65Z740XSの比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

75Z770Lの価格は 東芝 75Z770L

こちらも参考に 東芝の液晶テレビ・一覧へ

トップへ戻る(特徴紹介へ)




レビュー比較

(型落ち65Z740XS含む)

有機ELと合わせて検討していましたが、パネルの寿命や消費電力等を加味した結果、液晶の中から品質が良さそうな本商品を選びました。

早送り再生でも字幕が出るので助かってます

ネットフリックス、アマゾンプライム等が直接ネットに接続して見れるので便利です。テレビ本体も今までより薄く、画像も切れが良いと思います。大変満足しています。

大変綺麗です。音も以前より非常に良くなってると思います。ただ、あとで見たい番組の録画だけで十分なのでこちらの売りであるタイムシフト機能は利用してません。

大画面のテレビを探していたところこの商品が良さそうなので購入しました。最初は、有機ELと考えていたのですが、消費電力や画面の縦筋などの不具合等が有るとの口コミがあったので、液晶の高性能モデルにしました。

選択した理由の項目としては、サイズ・画質・音質です。 他社の同じサイズに比べて値段の割には、好性能・多機能かと思います。特にタイムシフトマシーンの機能があるので、別売の録画用のハードを繋げれば、地上波放送の一週間分の録画が楽々できます。

引用 ヤフーショッピング

迫力満点 42インチから65インチに買い替えました。有機ELと悩みましたが、価格面でこちら。画質も音も気に入ってます。

商品自体は、タイムシフト録画を始め画質等に満足しています。

初めて、インターネットでテレビを購入し不安でしたが配送、設置もスムーズでした。有機ELと悩みましたが価格差で液晶にしました。大きさは迫力もあり、音もいいです。また、機会があれば、こちらの店を利用したいです。

テレビは迫力があり、工事もスムーズでよかったです。

大画面ならではの迫力と臨場感がありこれからのTVライフが楽しみです。

引用 楽天市場

改めて画像の綺麗さには驚きましたし、インターネットTVも充実しているのでこれから視聴するのが楽しみです。また、配送及び設置のスタッフの対応もとても親切でこちらで購入して良かったと大変満足しております。

13年がんばってくれたが最近HDDの機嫌が悪く購入を決断。画質、音質、13年のテクノロジー進化は素晴らしく前から欲しいと思ってた全録搭載モデルを購入して本当に良かったと思う。AI超解像技術!?時に3Dに見えるのは私だけだろうか…素晴らしい。

引用 nojimaonline




50Z670Lと比較

(画面サイズ以外)

※ 75V型の75Z760Lが存在しないので、50Z670Lで比較。

 

タイムシフトマシン

75Z770L : ◯ あり

50Z670L : ✕ ナシ

過去の番組表から番組を選べるので見逃した試合も、録画し忘れた映画も今すぐ楽しめる新しい視聴スタイルを実現!

その人に合った番組を厳選しておすすめするスマート機能もおすすめ。

詳しくはタイムシフトマシンの機能へ

※タイムシフトマシン対応のUSB HDDが必要↓

レグザ純正USBハードディスクTHD-600D3を使えば、地デジ番組を最大6チャンネル約80時間分まるごと録画可(地上デジタル放送のHD番組)

THD-600D3

posted with カエレバ


50Z670Lの比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

75Z770Lの価格は 東芝 75Z770L

トップへ戻る(特徴紹介へ)

 

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに




新旧比較【鬼】65Z770L 違い3機種・口コミ・レビュー!

65Z770Lの比較記事と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

東芝の65V型 4K液晶レグザ  【鬼比較】

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

目次をクリックをクリックで比較記事へ

新旧比較 65Z770Lと65Z740XSの『違い』

上下比較 65Z770Lと50Z670Lの『違い』

65Z770Lの特徴(価格は一番下へ)

(Z770Lシリーズ)

液晶テレビは、色で決まる
豊かな色彩を極めた映像を、
大画面で楽しむ

 

チューナー

地上デジタル×9、BS/110度CSデジタル×3、BS/CS 4K放送×2。地デジ/BS/CSの2番組同時、4K放送を視聴しながら別の4K放送の裏番組を別売りの外付けUSB HDDで録画できる機種。(4Kダブルチューナーウラ録・BSも地デジも3チューナーW録)

new! 高画質と快適な操作性を両立する新世代レグザエンジンZR IIを新搭載へ!

美肌フェイストーンZR II

美肌フェイストーンZR II - 新旧比較【鬼】65Z770L 違い3機種・口コミ・レビュー!

撮影環境の影響を受けて不自然に感じる人肌を補正し、立体感や質感を向上させ、自然で美しい肌・表情を再現する。

new! 量子ドット倍速パネル

早い動きの映像もスムーズに再現し、スポーツなどの動きが速いシーンもなめらか。

詳細は下記の新旧比較へ。

おまかせAIピクチャーZR II

室内の明るさと照明や外光の色温度の違いを検出し、視聴環境にあわせて適切な画質に自動調整。周囲の色温度にも合わせて画質調整され便利。

夜間に浴びると睡眠に影響があると言われるブルーライト抑制もできるので、健康的で快適なテレビライフを送れる。

地デジAIビューティZR II

テロップまわりのノイズや動きのある映像で発生しがちな動きボケを抑制。

クリアな映像に変換しクラウド上にある番組やジャンルごとの映像調整パラメータを利用しながら高画質処理。

ネット動画ビューティZR II

ネット動画の特性に合わせて高画質処理する機能。

コントラスト・精細感をアップさせ、低フレームレートコンテンツもなめらかに再生できる。

タイムシフトマシン

地デジ番組を最大6チャンネルまるごと録画可能。

過去番組表から、見逃した番組や録画し忘れた番組が自由に選べる。
膨大な過去番組から、それぞれの人に合った番組を厳選しておすすめするスマート機能も便利。

見たかった番組はもちろん、知らなかった話題にも出会え、テレビ視聴がいっそう楽しくなる!

レグザナビ

人気の番組をランキング形式で表示する

重低音立体音響システムZ

sound bazooka - 新旧比較【鬼】65Z770L 違い3機種・口コミ・レビュー!

実用最大出力合計値60Wのマルチアンプを採用し、新開発バスレフボックススピーカー、重低音バズーカなどのスピーカーを駆動。

音域のつながりを向上させる高遮断クロスオーバーフィルターも搭載で、パワフルで臨場感あふれるサウンドを再現!

立体音響技術ドルビーアトモスにも対応。映画館のように立体的で迫力のあるサウンドを楽しむことができる。

オーディオキャリブレーション

テレビから発するテストトーンを、リモコンのマイクで測定。

リビングやベットルームなどの各部屋に最適なオーディオ設定に自動調整してくれるので、適切な設定で臨場感あるサウンドを楽しめる。

スピーカー構成

フルレンジ×2、ツイーター×2、トップツイーター×4、ウーファー×1

オートゲームアジャスト機能

ゲーム機の出力映像に合わせて、臨場感あふれる美しい映像を再現。ゲーム専用の高画質モードも搭載。

回転スタンド

スイーベル対応のスタンド付属

new! その他の新しく追加された機能の詳細は下記、新旧比較 65Z740XSと65Z770Lの違い を参照


65Z770Lの価格

写真は各公式へ

posted with カエレバ

トップへ戻る(特徴紹介へ)



新旧比較

65Z740XSと65Z770Lの違い

 

65Z740XS 旧型番

VS

new! 65Z770L 新モデル

65Z770Lの型落ち・旧モデルが65Z740XSである。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いたこちらへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

 

新モデルに進化あり!

 

搭載エンジン(プロセッサ)

65Z740XS : △ レグザエンジン Cloud PRO

65Z770L : ◯ new! レグザエンジンZR2

新モデルは新開発の高画質映像処理エンジンへ進化!

4K放送などやネット動画も高精細に楽しめ、さらなる高速レスポンス、進化したノイズリダクション、快適な操作性で快適になった。

美肌高画質・地デジ高画質・ネット動画高画質・自動映像調整機能すべてにおいてレベルアップ!

量子ドット倍速パネル

65Z740XS : △ 倍速 全面直下LEDバックライト 4K液晶パネル

65Z770L : ◯ new! 新新開発 スリム直下型高輝度
広色域量子ドット

新モデルは、かつてない広い色域で鮮やかな高画質を実現した新パネルを採用へ!

つまりリアルで鮮やかな映像美を楽しめる高コントラストパネルへと進化した!

バックライトに通常サイズの青色LEDを使用したことにより、画質の向上とコスト削減を両立させたという。

量子ドットのメリットは多いが、コストが高かったので今までは上位機種で採用されていた。

技術的にも安定し、量産体制も確立されたのでミドルクラスのZ770Lでも搭載となった。

リモコンのダイレクトボタン

65Z740XS : △ YouTube、ABEMA、Hulu、U-NEXT、 Prime Video

65Z770L : ◯ new! YouTube、ABEMA、Netflix、Hulu、U-NEXT、 Prime Video、Disney+、TVer、dTV

comfortable-1-2

新レグザリモコンは動画配信サービスへのダイレクトボタンがさらに追加され便利になった!

My.Choiceボタンはどちらも搭載で、ここにはないお気に入りの動画配信等のアプリケーションのショートカットを登録することが可能

OS

65Z740XS : △ Android/Google TV

65Z770L : ◯ レグザ専用Linux OS

映像メニューや各種設定などの従来のレグザメニューが新しいプロセッサに移植されて、さらに使いやすくなり進化している。


つまり65Z770Lと65Z740XSの違いは、搭載エンジン(プロセッサ)・リモコンのダイレクトボタン・OSの違いと量子ドットの有無である。さらに映像が鮮やかに美しくなって操作性もアップした65Z770Lがおすすめ!

型落ち品は安い代わりに製造から年数が経っていることもお忘れなく。


型落ち 65Z740XSの比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

65Z770Lの価格は 東芝 65Z770L

こちらも参考に 東芝の液晶テレビ・一覧へ

トップへ戻る(特徴紹介へ)




レビュー比較

(型落ち65Z740XS含む)

迫力満点 42インチから65インチに買い替えました。有機ELと悩みましたが、価格面でこちら。画質も音も気に入ってます。

商品自体は、タイムシフト録画を始め画質等に満足しています。

初めて、インターネットでテレビを購入し不安でしたが配送、設置もスムーズでした。有機ELと悩みましたが価格差で液晶にしました。大きさは迫力もあり、音もいいです。また、機会があれば、こちらの店を利用したいです。

テレビは迫力があり、工事もスムーズでよかったです。

大画面ならではの迫力と臨場感がありこれからのTVライフが楽しみです。

引用 楽天市場

改めて画像の綺麗さには驚きましたし、インターネットTVも充実しているのでこれから視聴するのが楽しみです。また、配送及び設置のスタッフの対応もとても親切でこちらで購入して良かったと大変満足しております。

13年がんばってくれたが最近HDDの機嫌が悪く購入を決断。画質、音質、13年のテクノロジー進化は素晴らしく前から欲しいと思ってた全録搭載モデルを購入して本当に良かったと思う。AI超解像技術!?時に3Dに見えるのは私だけだろうか…素晴らしい。

引用 nojimaonline

42インチからの買い換えですが、不安だった起動時間もそんなになく2秒位に感じます タイムシフトは一度経験するとやめられません リモコンに字幕のボタンが欲しかったです 早送り再生でも字幕が出るので助かってます

ネットフリックス、アマゾンプライム等が直接ネットに接続して見れるので便利です。テレビ本体も今までより薄く、画像も切れが良いと思います。大変満足しています。

有機ELと合わせて検討していましたが、パネルの寿命や消費電力等を加味した結果、液晶の中から品質が良さそうな本商品を選びました。機能が多い為使いこなすまでには少し時間がかかりそうです。

大変綺麗です。音も以前より非常に良くなってると思います。ただ、あとで見たい番組の録画だけで十分なのでこちらの売りであるタイムシフト機能は利用してません。

大画面のテレビを探していたところこの商品が良さそうなので購入しました。最初は、有機ELと考えていたのですが、消費電力や画面の縦筋などの不具合等が有るとの口コミがあったので、液晶の高性能モデルにしました。

選択した理由の項目としては、サイズ・画質・音質です。 他社の同じサイズに比べて値段の割には、好性能・多機能かと思います。特にタイムシフトマシーンの機能があるので、別売の録画用のハードを繋げれば、地上波放送の一週間分の録画が楽々できます。

引用 ヤフーショッピング




50Z670Lと比較

(画面サイズ以外)

※ 65V型の65Z760Lが存在しないので、50Z670Lで比較。

 

タイムシフトマシン

65Z770L : ◯ あり

50Z670L : ✕ ナシ

過去の番組表から番組を選べるので見逃した試合も、録画し忘れた映画も今すぐ楽しめる新しい視聴スタイルを実現!

その人に合った番組を厳選しておすすめするスマート機能もおすすめ。

詳しくはタイムシフトマシンの機能へ

※タイムシフトマシン対応のUSB HDDが必要↓

レグザ純正USBハードディスクTHD-600D3を使えば、地デジ番組を最大6チャンネル約80時間分まるごと録画可(地上デジタル放送のHD番組)

THD-600D3

posted with カエレバ


50Z670Lの比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

65Z770Lの価格は 東芝 65Z770L

トップへ戻る(特徴紹介へ)

 

家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに




新旧比較【鬼】55Z770L 違い3機種・口コミ・レビュー!

55Z770Lの比較記事と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

東芝の55V型 4K液晶レグザ  【鬼比較】

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較の対象になると思われる機種の比較記事あり。

続きを読む 新旧比較【鬼】55Z770L 違い3機種・口コミ・レビュー!