家電の徹底比較

ハイセンス50A6Hと50E6Gの違い4機種口コミ:レビュー!【鬼比較】

50A6Hの鬼比較と特徴をご紹介。新旧モデルの違いだけでなく、比較候補になる数機種との比較記事や厳選された口コミ・レビューも要チェック!

50A6Hはハイセンスの50v型4K液晶テレビで、様々な映像を高品位に再現できるシリーズである。

画質や機能、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

後半に比較候補になる機種の比較記事あり。

※鬼比較.comはプロモーションを含み、皆様からの広告収入により成り立っています。new! 各ページ内にある型番順に平均最安価格を表示する新機能を追加しました。右下の鬼価格ボタンからチェック可能。型番が多いページでも、ぜひチェックしてみてください(在庫無しの型番だけ非表示)

目次をクリックで比較記事へ

50A6Hの特徴(価格は一番下へ)

 

AIネット映像高画質処理

ハイセンス50A6Hと50E6Gの違い4機種口コミ:レビュー!【鬼比較】

ネット配信、ネット動画やVODコンテンツを分析し、色温度/色濃度/輝度/ダイナミックガンマ補正なども自動で最適な映像処理をする。

様々な映像を高品位に再現!

高音質技術(Eilex PRISM)

最先端の音響最適補正技術の事で、高精度でより明瞭度の高い臨場感あふれる高音質を実現する。

動画配信サービス

Netflix/Amazon Prime Video/ Disney+/Youtube/hulu/RakutenTV/Abema TV/U-NEXT/dTV

new! SPOOX/DMM.com/Paravi

ゲームモード

4Kの解像度のまま緻密な映像で楽しめる。

音声最大出力

10W+10W

無線LAN内蔵

IEEE802.11ac/a/b/g/n

スマートスピーカー対応

Google アシスタントやAmazon Alexaなどを搭載したスマートスピーカーに対応。

スマートスピーカーに話しかるだけでテレビの電源を消したり、チャンネルを変更も出来る。
両手がふさがりがちな料理をしている時にも便利でチャンネルを変更したり、ベッドに入った後に消し忘れたテレビを消したり、音の調整なども音声で操作可。

チューナー数

BS4K/110度CS4Kチューナー×1、地上/BS/110度CSデジタルチューナー×2

外付けHDDを使った番組録画にも対応


50A6Hの価格

写真は各公式へ

posted with カエレバ

new! A6Hの新モデル・後継機種も登場!→ A6Kとの違いへ

トップへ戻る(特徴紹介へ)



似ている50E6Gと比較

50A6Hと50E6Gの違い

50E6G : 2021年発売

50A6H : 2022年発売

その他、多少サイズが変更され、マイナーな配信サービスが増えたぐらいで、ほぼ同じ。

50E6Gの価格

posted with カエレバ

50A6Hと上位機種 50U7Hの違い

 

シリーズ

50U7H : U7Hシリーズ

50A6H : A6Hシリーズ

映像処理エンジン

50U7H : ◯ new! NEOエンジン Pro

50A6H : △ NEOエンジンLite

50U7Hは圧倒的に情報量が多い4K映像を高速処理するハイセンス最新の映像エンジン「新・NEOエンジン」を搭載へ!

地デジ、4K放送、ネット動画、ゲームもより高画質で楽しめるようになった。

以下の4つの画像処理がnew! NEOエンジン Proで新たに可能になっている↓

AI ネット映像高画質処理

ネット配信のコンテンツを分析し、コンテンツに合わせて色濃度/超解像処理/輝度/ダイナミックガンマ補正など最適な映像処理を行い、低クオリティコンテンツから高クオリティコンテンツまで、高いコントラストと自然な色彩で表情豊かに再現。

AI 放送映像高画質処理

地デジやBSの放送映像を超解像処理により高精細な4K画質に復元。さらに3次元ノイズリダクションでさまざまなノイズを低減し、グラデーション部分やテロップまでくっきりと高画質に映し出す。

つまり地デジやBSが4Kになるので大画面でも美しい!

AIシーン別超解像処理

5層のニューラルネットワークを深層学習し、通常の映像とぎらつきが目立つ映像を自動判別。シーンごとに適した超解像処理を実施し、ノイズの少ないきめ細やかな高画質を実現する。

AIモーション別超解像処理

ハイセンス50A6Hと50E6Gの違い4機種口コミ:レビュー!【鬼比較】

AIが映像の動きの“速さ”を自動判別。動きの少ないシーン、動きの激しいシーンそれぞれに適切なフレームを参照して、ノイズリダクションを実施。動きによって適切な超解像処理をし、ノイズを抑えたクリアな映像を再現する。

つまり静かな美しい風景シーンの透明感も、スポーツシーンなどの一瞬の輝きも、クリアに映し出せるのが50U7H

new! 美肌リアリティーPro

50U7H : ◯ 新搭載

50A6H : ☓ ナシ

白飛びや黒つぶれを抑えて、色調をきめ細やかに描き出し透明感のある美しい肌の質感まで再現できるようになった!

new! AI オート画質調整

50U7H : ◯ 新搭載

50A6H : ☓ ナシ

環境光センサーにより部屋の照明や太陽光の当たり方など、時間によって変化する周囲環境の明るさや色温度に合わせて、常に適切な画質によるよう自動で最適化できるようになった!

なにもしなくても画像が美しい

エリア別処理・高精細ノイズ処理

50U7H : ◯ エリア別高精細復元・高精細ノイズ処理

50A6H : △ エリア別クリア復元・クリアノイズ処理

映像を複数のエリアに分けて解析し、細かい部分はシャープネスを引き上げ、ノイズが目立つ平坦部にはノイズ処理されるので50U7Hの方が見やすく美しい。

残像感軽減処理

50U7H : ◯ SMR180

50A6H : △ SMR120

ハイセンス50A6Hと50E6Gの違い4機種口コミ:レビュー!【鬼比較】

※写真はSMR960の場合

50U7Hの方が、滑らかな映像表現が可能!

広色域

50U7H : ◯ 対応あり

50A6H : × 対応ナシ

幅広い色表現が出来るので、さらに自然な色彩を実現しデジタルシネマ規格DCI-P3のカバー率は90%を達成!

2画面表示

50U7H : ◯ あり

50A6H : × ナシ

画面の拡大・縮小は3段階で調整できて便利!

※わかりにくい隠れた盲点

左が拡大、右が縮小にのみ対応していて、右の画面に新衛星4K放送は表示できない。
また、外部入力同士の表示、録画番組、動画配信サービス視聴中は二画面表示できないので頭に入れておく必要があるかもしれない。

2番組同時録画

50U7H : ◯ 対応あり

50A6H : × ナシ

ちなみに50A6Hは裏番組録画は可能となっている。


50U7Hの比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

50A6Hの価格は ハイセンス 50A6H

トップへ戻る(特徴紹介へ)



40A40Gと50A6Hの違い

 

シリーズ

40A40G : A40Gシリーズ

50A6H : A6Hシリーズ

画面サイズ

40A40G : 40インチ

50A6H : 50インチ

40A6Hは存在しないので上記、50A6Hを参照。

映像処理エンジン

40A40G : △ NEOエンジン2K smart・フルハイビジョン(2K)

50A6H : ◯ NEOエンジンLite

50A6Hは4K で映像が美しい!

4K復元(アップコンバート)

40A40G : × ナシ

50A6H : ◯ あり

復元時に出やすいノイズを抑えながら、通常のアップコンバートより自然でなめらかな4K映像に引き上げる!

つまり画像の鮮明さが全然違う!

残像感軽減処理(SMR120)

40A40G : × ナシ

50A6H : ◯ あり

どんな速い動きでも滑らかな映像表現が可能!スポーツなどを見る時はかなり重要。

HDR再現処理

40A40G : × ナシ

50A6H : ◯ あり

ダイナミックレンジや特性を合わせ、正確なコントラスト表現で奥行きを感じるリアルな映像を再現。

明るいシーンでも白くなりにくく鮮やかさも失わず、美しい色合いを保てる特徴あり。

プラットフォーム(VIDAA)・動画配信サービス

40A40G : × ナシ

50A6H : ◯ あり

ハイセンス50A6Hと50E6Gの違い4機種口コミ:レビュー!【鬼比較】

VODのプラットフォーム「VIDAA」なので、ホーム画面でよく使うコンテンツの順番を入れ替えるなどのカスタマイズが可能!

ダイレクトボタン付きリモコン

40A40G : × ナシ

50A6H : ◯ あり

ダイレクトボタン付きリモコン。

6つのダイレクトボタンを搭載しているので便利!

使用頻度の高い十字キーと決定ボタンに大きな起伏をつけたリモコンは、ボタンの配置やサイズ、質感にまでこだわっており、
ブラインドタッチもしやすいデザインになっている。

B-CASカード

40A40G : △ miniB-CASカード

50A6H : ◯ ACASチップ内蔵

チューナー数

40A40G : △ 少ない

50A6H : ◯ 多い

40A40Gの場合

NEOエンジン2Ksmart搭載 /3波Wチューナー内蔵

50A6Hの場合

上記プラス、BS4Kと110°CS4Kが追加される。

もちろん番組を視聴しながら、裏番組も録画可。


40A40Gの比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

50A6Hの価格は ハイセンス 50A6H

トップへ戻る(特徴紹介へ)



新旧比較 50A6Gと50A6Hの違い

 

搭載VOD

50A6G : Netflix/Amazon Prime Video/ Disney+/YouTube/ABEMA/hulu/dTV/U-NEXT/Rakuten TV/ Paravi/DMM.com/スカパー! on demand/TSUTAYA TV

50A6H : Netflix/Amazon Prime Video/ Disney+/Youtube/hulu/RakutenTV/Abema TV/U-NEXT/dTV/SPOOX/DMM.com/Paravi

人気がなかったスカパー! on demandとTSUTAYA TVに変わってSPOOXが新たに追加されている。

SPOOXは、多様なコンテンツが月額見放題から単品購入まで 柔軟な商品購入ができる新しい動画配信サービス。

マルチプロフィールを使えば家族みんなで楽しめる。同一のアカウントで家族のみ、最大6名まで使える利点がある。


つまり50A6Hと50A6Gの違いは、搭載VODの数と種類の違いである。


型落ち 50A6Gの比較記事

写真は各公式へ

posted with カエレバ

50A6Hの価格は ハイセンス 50A6H

新旧 A6H・A6Gの違い4シリーズ・口コミ:レビュー!『まとめ』

口コミ・レビューをチェック!

50A6Hの口コミ:レビュー!

  • 費用対効果:値段の割に高機能であり、7年程度の使用を想定すれば特にコスパ良好との声が多い。初期不良への不安も寄せられるが、全体の満足度は高い。
  • デザイン&大きさ:洗練されシンプルなデザインと使い勝手の良い大きさで、多彩なインテリアに適応可能。乗り換える人には、サイズ感が好評。
  • 画質:地上波デジタルと4K放送それぞれで好意的ながら、期待ほどではないとの評価も。斜めから見ると若干画質が落ちるが、全体としては悪くない。
  • 音質:液晶の標準モデルとして及第点。高い迫力を期待するなら追加のサウンドシステム検討を推奨。
  • 操作性:リモコンやユーザーインターフェースが一貫してわかりやすい。ただし、リモコンはサイズやボタン配置で賛否がある様子。
  • 耐久性:元のブランド(東芝)製との長寿命商品への期待が多い。不都合が起きたケースでも、会社からの迅速な解決対応あり。
  • その他仕様:視聴目的に応じた柔転な使い方が可能。ゲーム、映画、ニュースなど様々なコンテンツにもマッチ。

価格.com

型落ち50A6Gの口コミ:レビュー!

口コミ:レビュー! 良い面

インターネット接続に手こずってしまい、ハイセンスのカスタマーにお電話しましたが、かなり丁寧に手順をご教授頂きました。
最終的にはこちら側の入力ミスで、接続できなかったことが発覚しましたが素敵な対応に感謝でした。
アマゾンプライムだけ若干切り替えに時間がかかる時がありますが、ネトフリYouTubeなどサクサクです。
設置、ゴミの回収ついていて50インチでVOD付いてて、私的にはコスパの良い買い物だったと喜んでいます。
私はあまり画質音質にこだわるタイプでないので、参考にならないかもしれませんが、凄くキレイでおすすめしたい製品です。

7年使っていたSONY BRAVIAの液晶画面をうっかり傷付けてしまい思いがけず買い換え、低予算を余儀なくされ東証一部上場のハイセンスのTVを中華製ながら安心を求めて購入。4Kチューナー内蔵でもあり低予算範囲内であまり大きな期待はせず届いたものをWi-Fi環境でYAMAHAのサウンドテーブルとSONYのDVD Blu-rayデッキ、そしてアマゾンファイアースティック(4K非対応の旧型)をセッティング。

そして電源を入れると自動的に初期設定をリードしてくれるのでその通りフォロー、思った以上に簡単に出来ました。画面は映り込みが少ないタイプでとても良い。画質、音質も期待以上、設定により好みに調節可能ですね。後は10年以上の耐用年数が有れば取り敢えず合格です。

口コミ:レビュー! 悪い面

初めての大型TV、コスパ最高でした。
少し画質が気になる所がありますが、この値段なら仕方ないのかなぁと思います。

みなさんのレビューの中に横から見ると白く見えると書いていたので気になっていましたがやはり白いですねーですがお値段を考えたら横からは基本見ないので十分です。前のTVが5年半と短期間で壊れたので少し悔しいと思っていましたが、今のテレビは便利です!YouTubeのボタンなどがあり、直ぐにTV画面で観ることができ大変助かっています。

引用 楽天市場ビックカメラヤフーショッピング

トップへ戻る(特徴紹介へ)



家電製品のような大きな買い物ではブックマーク・お気に入り登録は必須。値段の変動はよくあるので、毎日チェックして一瞬のお買い得チャンスを逃すべからず。

最新の価格、口コミ・評判のチェックは鬼比較.comへ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに