家電の徹底比較

新旧【鬼比較】4T-C65CQ1と4T-C65DQ1の違い

 シャープの4K有機EL(アクオス) 【鬼比較】

機能や画質の違い、値段の差もしっかり確認。それによって、お得度が変わってくる。

※鬼比較.comはプロモーションを含み、皆様からの広告収入により成り立っています。new! 各ページ内にある型番順に平均最安価格を表示する新機能を追加しました。右下の鬼価格ボタンからチェック可能。型番が多いページでも、ぜひチェックしてみてください(在庫無しの型番だけ非表示)

new! 4T-C65DQ1 アクオスOLED 新モデル DQ1ライン

VS

4T-C65CQ1 アクオス 旧モデル CQ1ライン

どちらも65V型

最新の価格、口コミ・評判のチェックは各・公式から選び抜いた【鬼比較.com】へ

ブックマーク(お気に入り登録)も忘れずに

新モデルに進化あり!

 

new! 新開発の画像処理エンジンMedalist S2へ進化!

4T-C65DQ1 : ◯ 進化あり

4T-C65CQ1 : △ 従来のMedalist S1

コントラストを緻密に表現する独自アルゴリズムの応用により、よりメリハリのあるくっきりとした4K映像・更にリアリティあふれる映像が楽しめるようになった!

解像度や映像フォーマットを解析し、被写体が本来持つ質感や輪郭などをちみつに再現する4K 超解像アップコンバートにより地上デジタル放送やネット動画までも、更に細部まで美しく表現してしまう。

新旧【鬼比較】4T-C65CQ1と4T-C65DQ1の違い

さらに具体的には、豊かでリアルな色を表現する広色域技術「リッチカラーテクノロジープロも搭載、スマート アクティブ コントラストにより光のきらめきの白飛びや闇夜の漆黒の黒つぶれを抑えられるので、メリハリのある美しい映像を楽しむなら4T-C65DQ1がオススメ!

new! 音楽ライブ サウンドモード

4T-C65DQ1 : ◯ あり

4T-C65CQ1 : × ナシ

ボーカルや楽器の音が際立ち、音に包み込まれるような立体感を演出する専用モード。

オンラインライブなどの音楽番組も臨場感が溢れ楽しい!

new! リモコンの進化!

4T-C65DQ1 : ◯ 7つの動画サービスへのダイレクトボタン追加

4T-C65CQ1 : × ナシ

新旧【鬼比較】4T-C65CQ1と4T-C65DQ1の違い

テレビの電源がオフの状態でも、ダイレクトボタンを押すだけで動画サービスを起動できてかなり便利になった!

新モデルは軽量設計により、さらに持ちやすく進化している。

マイク搭載なので、見たい番組を音声でも検索できる!

つまり4T-C65CQ1と4T-C65DQ1の違いは、画像処理エンジンの進化とリモコンのネット動画へのダイレクトボタン・音楽ライブサウンドモードの有無である。さらに画像性能がアップして便利になった4T-C65DQ1がおすすめ!

型落ち品は安い代わりに製造年が古いため、気が付かない程度に経年劣化していることをお忘れなく!

写真は各公式へ

参照 4T-C65DQ1の特徴

型落ち 4TC65DQ1

posted with カエレバ

new! 4T-C65DQ1の新モデル・後継機種も登場!→ 4T-C65EQ1との違いへ


新モデル 4T-C65CQ1

写真は各公式へ

参照 4T-C65CQ1の特徴

posted with カエレバ



以下は4T-C65CQ1の特徴(CQ1ライン65v型)

漆黒の表現と8Kで培った映像技術が生み出す圧倒的な映像美。
前向きサウンド&回転式スタンド採用、 4K有機ELテレビ!

 

チューナー数

BS4K/110度CS4Kチューナー×2、地上/BS/110度CSデジタルチューナー×3

多様な18チャンネルを4Kで放送中!

新旧【鬼比較】4T-C65CQ1と4T-C65DQ1の違い

地上デジタル、BS・110度CS放送は、2番組同時録画、BS4K・110度CS4K放送は、裏番組録画に対応!※USBハードディスク(別売)が必要。

posted with カエレバ

※専用オプションの4R-C40B1は容量4TB

有機ELパネル

4Kの液晶パネルとは違い、有機ELパネルなので画素ごとに光量を制御できるので、深い黒と輝き、鮮やかな発色で高画質を実現!

倍速駆動パネルでもあるので動きの早い映像もなめらかに表現できる。

4Kスポーツビュー

スポーツ放送の臨場感を自宅で楽しむ「4Kスポーツビュー」

動きのボヤケを低減し、スポーツを臨場感豊かに楽しめる機能。

ネット動画

インターネットにつなぐだけで、ネット動画やゲームなどのアプリが楽しめる。

サウンド(FRONT OPEN SOUND SYSTEM プラス

独自のフロントオープンサウンドシステム(特許取得済)を進化させ、テレビ筐体の薄型化と高音質化を両立。

反射構造により大容量・薄型スピーカーBOXの音声をより効率的にテレビ前方へ導く。

FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS

ネオジウムマグネット採用のツィーターを前向きに配置。クリアで伸びやかな高域を再生し、聞き取りやすさを高め、総合出力50Wの臨場感豊かな高音質を実現させている。

Eilex PRISM 搭載

空間全体の音響パワーの変化をとらえて補正する音響補正技術。

スピーカー

ツィーター×2個、フルレンジ×4個

50W(10W+10W+15W+15W) 音声実用最大出力(JEITA)/Dolby Atmos

HDR

HDR10/HLG/Dolby Vision

ネット動画サービス対応(無線LAN対応)

本体に無線LAN内蔵。

新旧【鬼比較】4T-C65CQ1と4T-C65DQ1の違い

インターネットにつないでリモコンの専用ボタンを押すだけ。

ビジュアル番組表

放送中の番組や出演者の情報を画像付きでわかりやすく表示。

おまかせオートチャプター機能

録画をする時、音声によりシーンの切り換わり部分を検知するので自動でチャプターマークを記録できる。

AQUOSタイムシフト

大切なシーンを見逃さない「AQUOSタイムシフト」

今見ている番組をAQUOSブルーレイが自動で録画するので、大切なシーンを見逃さない!

テレビを離れるときは、AQUOSのリモコンで放送中の番組を一時停止。用事が済み次第、続きから視聴を再開できる(ちょっと待っテレビ)

見逃した場所、もう一度みたい場合は、そのシーンまでさかのぼってもう一度見られる(ちょっと戻っテレビ)

※AQUOSタイムシフト機能対応のAQUOSブルーレイとのHDMI接続すると使えるようになる機能

回転式スタンド

新旧【鬼比較】4T-C65CQ1と4T-C65DQ1の違い

テレビとスマホ・ネット連携可